「BLEACH(ブリーチ)」藍染惣右介の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」藍染惣右介の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 尸魂界・潜入篇

23話

「阿散井君。君は彼女…朽木ルキアさんとは親しいんだったね?」
「隠さなくていい。流魂街の頃からのよく知った仲間だと聞いているよ」

「単刀直入に聞こうか。君の目から見て、彼女は死ぬべきか?」

 

25話

「随分と都合よく、警鐘が鳴るものだな」
「それで通ると思っているのか? 僕を…あまり甘く見ないことだ」

 

34話

「僕が無礼を理由に追い返すと思うのかい?」
「日頃僕は、そんなに冷たく見えてるのかな」

 

尸魂界・救出篇

46話

「よく頑張ったね。怖かったろう、もう大丈夫だ」
「後は、我々に任せて休んでいるといい」

 

60話

「ありがとう、雛森君。君を部下に持てて、本当によかった」
「ありがとう、雛森君、本当にありがとう…」
「さようなら」

 

「なんの話? ただの戦術の話さ。敵戦力の分散は戦術の初歩だろう?」

 

「(いつから?) もちろん最初からだよ」
「私が隊長になってから、ただの一度も彼(市丸)以外を副隊長だと思ったことはない」

 

「騙したつもりはないさ。ただ、君達が誰1人理解していなかっただけだ」
「僕の本当の姿をね」

 

「憧れは、理解から最も遠い感情だよ」

 

「あまり強い言葉を使うなよ、弱く見えるぞ」

 

「いつの間に? この手に持っていたさ、さっきからずっとね」
「ただ、今この瞬間まで、僕がそう見せようとしなかっただけのことだ」
「すぐに分かるさ」

 

61話

「君は強情だからね、阿散井君。朽木ルキアだけ置いて下がるのが嫌だというなら、仕方ない。こちらも君の気持ちをくもう」

「抱えたままでいい、腕ごと置いて、下がりたまえ」

 

「随分上手くかわすようになったじゃないか、阿散井君」
「成長したんだね、嬉しいよ。だけど出来れば、あまり粘ってほしくはないな」
「潰さないように蟻を踏むのは、力の加減が難しいんだ」

 

「彼女は、僕なしでは生きられない。そういう風に仕込んだ」
「殺していくのは情けだと思わないか?」

 

「払う埃が1つでも2つでも、目に見えるほどの違いはない」

 

「かわいそうに、まだ意識があるのか」
「実力にそぐわぬ生命力がアダになっているね」
「もうよしたまえ、君達は十分役に立った。君達の役目は終わりだ」

 

62話

「鏡花水月の完全催眠は無欠。たとえ分かっていても逃れる術などありはしない」

 

「高みを求めて」

 

「おごりが過ぎるぞ、浮竹。最初から誰も天に立ってなどいない。君も、僕も、神すらも」
「だが、その耐え難い天の座の空白も終わる」

「これからは…私が天に立つ」

 

破面・出現篇

122話

「私は何も怒ってなどいないよ」
「グリムジョーの今回の行動は、御し難いほどの忠誠心の表れだと私は思っているんだ」
「違うかい、グリムジョー?」

 

「グリムジョー」
「お前がそこで要を攻撃すれば、私はお前を許すわけにはいかなくなる」

 

「問題ないさ。所詮は、最下級のギリアンだ。予定には寸分の狂いもない」
「最上級のヴァストローデをそろえて、十刃(エスパーダ)が完成すれば…」
「我々の道に敵はない」

 

破面・虚圏潜入篇

138話

「(覚醒は)5割だ、予定通りだよ。尸魂界(ソウル・ソサエティ)にとってはね」

 

143話

「これは、事象の拒絶だよ」
「彼女(織姫)の能力は、対象に起こったあらゆる事象を限定し、拒絶し否定する」

「何事も起こる前の状態に返すことの出来る能力だ」
「それは時間回帰や空間回帰よりも更に上、神の定めた事象の地平をやすやすと踏み越える」

「神の領域を侵す力だよ」

 

145話

「侮りは禁物だよ」
「彼等はかつて”旅禍”と呼ばれ、たった4人でソウル・ソサエティに乗り込み、護廷十三隊に戦いを挑んだ人間達だ」

 

「十刃(エスパーダ)諸君。見ての通り敵は3名だ」
「侮りは不要だが、騒ぎ立てる必要もない。各人自宮に戻り、平時と同じく行動してくれ」
「奢らずはやらず、ただ座して敵を待てばいい」

「恐れるな。たとえ何が起ころうとも、私と共に歩む限り、我等の前に敵はない」

 

150話

「君にこれ(崩玉)を見せたことは、私から君への信頼の証だと思ってくれ」
「君の力は”事象の拒絶”。起こった物事を否定し、事象そのものを消滅させる」

「とてつもない力だ。私には君の力が必要だ」
「織姫。君のその力を、私のために使ってくれるね?」

 

破面・激闘篇

153話

「理由があるなら、それでいい。罪には問うまい」
「ただ…報告はもう少し正確に頼むよ、ザエルアポロ」

 

「”楽しむ”か…なぜかな? 確かに、それに似た感情は感じているよ」
「おかしいと思うか? ギン」

 

千年血戦篇

6話

「ユーハバッハか?」
「名前を知る手段はいくらでもある。この目で見ることが出来るとは思わなかったが」
「用件は問うまい。地上に満ちた不快な霊圧が、語らずとも教えてくれる」

 

「クインシーの王が、私をヴァンデンライヒに迎えようというのか?」
「”道は同じ”か…断る」
「死神の後をついて歩くクインシーの王を見るのは忍びない」

 

「(殺さない?) 正しい判断だ。同じ道を歩く時間は短いにこしたことはない」
「いずれ消すべき相手なら、なおさらな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました