「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」クルシュの名言まとめました

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」クルシュ・カルステンの名言をまとめていきます。

Re:ゼロから始める異世界生活

12話 再来の王都

「格式を重んじるのは大事なことだが、時間が有限であるのも事実だろ」

 

14話 絶望という病

「今日は夜風が涼やかでいい。夜空を見ながら酒をたしなむのに、絶好の日和だ」

 

「下を向くなよ、ナツキ・スバル。瞳が曇れば、魂が陰る。それは未来を閉ざし、生きる意味を見失うということだ。己の正しきに従う時、下を向いて行う者にどれほどのことが出来る」

「顔を上げ、前を向き、手を伸ばせ。私は卿のことを、つまらぬ敵とは思いたくないのでな」

 

「ナツキ・スバル。ここを出るのであれば、卿は私にとって敵ということになる」

 

16話 豚の欲望

「話題をすり替えるな、ナツキ・スバル。領地を守る力が無いのはエミリアであり、無能さで民草を失うのもエミリアだ。断じて私では無い」

 

「今、卿の瞳に宿る光を、殺意であると呼ばずして何とする」
「言ったはずだぞ、ナツキ・スバル。自分すら騙せない嘘では、他者は欺けない」
「分からないのか? 卿は一度も、エミリアを助けたいと口にしていない」

 

「卿は嘘を言ってはいない。妄言を真実だとかたくなに信じ込んでいる。それはもはや狂気の沙汰。狂人というものだよ、ナツキ・スバル」

19話 白鯨攻略戦

「同盟を結ぶかどうかと、その情報を信じる信じないかは別個の問題だ」

 

「疑問はある、疑念もある。腑に落ちない点も多く、即座にうなずくのは難しい。だが、この状況を作った卿の意気と、この目を信じることにしよう」

 

「椅子に腰掛けて、ただ吉報を待つことが私に出来ると思うか?」

 

「だが、その無為の日々は今日をもって終わる。ここにいる我らが終わらせる。白鯨を伐ち、あまたの悲しみを終わらせよう。悲しみにすらたどり着けなかった悲しみに、正しく涙の機会を与えよう」

「出陣する! 場所はリーファウス街道、フリューゲルの大樹。こよい我らの手で、白鯨を伐つ!」

 

「総員、あのバカ共に続け!!」

 

20話 ヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

「よそ見とは、随分と安く見られたものだ」

 

21話 絶望に抗う賭け

「何とかするぞ。撤退など、もはや選択肢に無いのだから!」

 

「立て! 顔を上げろ! 武器を持て! 卿らは、恥に溺れるために、ここまで来たのか!」

 

「ナツキ・スバル。一つ考えを正そう。雌雄を決する機会が来たとしても、私は卿に対して、友好的であろう」
「いずれ必ず来たる決別の日にあっても、今日の日の卿への恩義を、私は忘れまい。ゆえに、敵対する時が来たとて、私は卿に最後まで、敬意を払い、友好的である」

 

「私の心は、夢の果てに預けてある」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 1 [Blu-ray]

 

→Re:ゼロから始める異世界生活
→Re:ゼロから始める異世界生活(レム)
→Re:ゼロから始める異世界生活(ラム)
→Re:ゼロから始める異世界生活(エミリア)
→Re:ゼロから始める異世界生活(クルシュ)
→Re:ゼロから始める異世界生活(ヴィルヘルム)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました