「BLEACH(ブリーチ)」涅マユリの名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」涅マユリの名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 尸魂界・救出篇

43話

「ダメだよ。放たれた爆弾は手元に戻ってくるんじゃあない」

 

「そうだ、最高級の待遇で迎えようじゃないかね」
「薬物投与は1日8回、機械実験も1日5回までにしよう。改造だって死ぬような命の危険があるものは、極力控えよう」

「どうだね? 研究体としては破格の待遇だと思うがね」

 

「ほう、滅却師(クインシー)か。希少種だな。生存個体を見るのは何年ぶりになるかな」
「だがね、悪いが私は、もう君等の研究は終えたんだよ。もう君等には興味がないんだ」

 

「覚えなくてもいいよ。どうせすぐに何も分からなくなる」

 

「痛い…痛いねえ。痛くて痛くて…頭がとろけてしまいそうだよ」

 

「はあ…早く捕まえてドロドロになるまで調べたいね。1分1秒も惜しいよ」

 

「私はこの後、あの女を捕まえて研究しなければいけないんだ。忙しいんだよ」
「だからここは1つ、一番手間のかからない方法で、君を殺すとするよ」

 

「気味の悪い正義感など振りかざさんでくれたまえ。私がこれ(副官)をどう扱おうが、他人の君が口を出すことじゃあない」

 

44話

「私はお前を殺さずに連れていく方法などいくらでも知っているのだよ」
「地獄の苦しみを味わっても構わないと言うのなら、今からそのうちの1つを試してやろうか」

 

「人間に許された力の領域を超えているよ、小僧」

 

「惜しかったね、クインシー…」
「最後の切り札というものは、よくよく考えて出さないとね」

 

「さようならクインシー。多少面倒なことになったが、私は生き、君は死ぬ」
「その結末は変わらんのだよ」

 

千年血戦篇

2話

「現世でホロウが大量に消滅したことで、魂魄のバランスが大きく崩れた」
「これは現世とソウル・ソサエティが崩壊する可能性を示唆している」

「魂魄を消滅させる…懸命な隊長諸兄には既に判断がついていることと思うが」
「賊軍の正体は…クインシーだ」

 

3話

「現世で賊軍共が行ったホロウの大量消滅は、意図的に現世とソウル・ソサエティのバランスを崩すもの」

「流魂街の民の命で2つの世界の崩壊を食い止めたと考えれば、大きな損失ではない」
「許可を待って緊切以上の事態になった場合、それこそ責任を取りかねますのでね」

 

「この事態を招いた元凶の全ては、総隊長のあなたが千年前のあの時、あの男を殺しきれなかったせいではないのか!」

 

4話

「バカが! なぜこちらの解析が済むまで待てなかった! 信じられんバカ共だよ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました