「機動戦士ガンダム」マ・クベの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム」マ・クベの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム

16話

「ランバ・ラルに教えてやれ」
「奴が木馬を早く始末してくれれば、この辺りにウロウロされることもなくなる」
「とにかく私が発掘した鉱山の実態をドズル中将に知られるのはまずい」

 

18話

「キシリア様、成功です」
「なんといってもモビルスーツの研究に関しては、こちらの方が長いですからな」

 

「ザクならとっくに弱ってるはずですが…もう一度行きます!」

 

20話

「ランバ・ラルはこの辺りの私の鉱山を知りすぎた」
「キシリア様がジオンを支配する時にこの鉱山は役立つ」
「実態はギレン様にも知らすわけにはゆかんのだ」

 

「次の手は分かってるな?」
「心配ない。ランバ・ラルはそうは考えはせん」

 

22話

「なんのためにレーダーを(壊さずに)残したのかも知らんで」
「なまじレーダーがあるからこそ、自分で勝手に状況を判断して我々の網にかかってくれる」

 

23話

「連邦軍め、しびれを切らしたな。この戦い、先に動いた方が負ける」

 

25話

「仇討ちではない!」
「我が軍の後ろを乱そうとする木馬を叩く、これは作戦だ!」

 

「オデッサ作戦の総司令官・レビル将軍! 聞こえるか? 私はマ・クベだ」
「ここで手を引いてくれねば、我が方は水素爆弾を使う用意がある」
「無論、核兵器を使わぬと約束をした南極条約に違反はするが、我々も負けたくないのでな」

 

「連邦軍は強硬手段に出たのか。ならば望み通り…」
「これは駆け引きなのだよ! 連邦側は我々の要求を無視したのだ!」
「彼等はその報いを受けるのだよ」

 

「戦いはこの一戦で終わりではないのだ。考えてみろ、我々が送り届けた鉱物資源の量を」
ジオンは後10年は戦える」

 

37話

「(出る理由が)あるのだな」
「ギャンは私用に開発していただいたモビルスーツだ」
キシリア少将へ男としてのメンツがある」

 

「それにシャアには例のモビルスーツが届いていないという話だ」
「きゃつの前で木馬とガンダムを仕留めてみせるよ」

 

「さて、来てもらおうか…ガンダム」

 

「戦いをまともにやろうとするからこういう目に遭うのだよ、ガンダム!」

 

「シャア! 引けーーい!!」

 

「今の貴様の任務は、ガンダムを倒すことではないはずだ!」
「私なりの戦い方があるからこそ、ガンダムを引き込んだのだ!」

 

「シャアを図に乗らせないためには、ガンダムを倒さねばならんのだよ!」

 

「ウラガン! あの壺をキシリア様に届けてくれよ」
「あれは、いいものだ!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム [Blu-ray]

 

→機動戦士ガンダムのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました