「BLEACH(ブリーチ)」朽木白哉の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」朽木白哉の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 死神代行篇

17話

「そう言うな。私とていつも見物してばかりでは、腕が錆びる」

 

19話

「お前と言葉を交わすのも、これが最後だな」
「ルキア、次に会うのは処刑台だ」

 

尸魂界・潜入篇

34話

「1人で戦いに臨むということは、決して敗北は許されぬということだ」
「それすら分からぬ愚か者に用などない。目障りだ、さっさと連れていけ」

 

41話

「四深牢へのかすかな霊圧の移動を感じたので、どんなつわものが霊圧を潜めて潜り込んだかと思いきや…羽虫か」

 

「失せろ。私の剣は貴様のごとき羽虫を潰すためにない」

 

「そうか、貴様は志波家の者か」
「ならば手を抜いてすまなかった。貴様はここから生かして帰すまい」

 

「(誰?) 無関係だ。少なくとも今、兄(けい)の頭をよぎった男とはな」
「奴は何者でもない、ただの旅禍だ。私が消す、それで終わりだ」
「そしてこの些細な争いの全てが終わる」

 

「誰に向かって口を利いている。私に貴様ごときの隙をつけと言うのか?」
「大層な口を利くな、小僧」

 

「仕方がない。貴様がその力に自惚れる前に見せておいてやろう」
「千年あがいても埋めようのない、決定的な力の差というものを」

 

尸魂界・救出篇

42話

「何をしようと無駄だ。ここから逃げることは出来ん」

 

49話

「(話は)聞いている」
「それがどうしたというのだ?」
「処刑は明日…それが決定ならば、私はそれに従うまでだ」

 

「ともかく、あれは私の家の者だ」
「たとえ死のうと殺されようと、兄(けい)の知ったところではない」

 

52話

「随分と饒舌だな。何をそんなに舞い上がる?」
「その程度で、私の剣をしのいだつもりか」

 

「(斬る?) 不可能だ。貴様では私に片膝すらつかせることは出来ぬ」

 

「なるほどな、卍解というだけの圧はある。だが、ここまでだ」
「散れ、千本桜」

 

「”幕を引く”か…よかろう。ならばその幕、私の剣で引くまでだ」

 

「卍解の欠点は、霊圧に比例したその巨大さにある」
「刀剣としての常識を超えた形状と巨大さゆえに、その動きの全てを完全に把握するためには、卍解を会得してなお十余年の鍛錬が必要だ」

「恋次。貴様はまだ、卍解で戦うには早すぎる」

 

「散れ、千本桜景厳」
「足元より立ち昇る千本の刃。その千本が散ることによって生まれる無数の刃は、もはやその数を知ることさえ叶わぬ」

「軌道を読むことは出来ぬ、かわすことなどなお出来ぬ」
「風を見送るがごとく、全てはただ立ち尽くし、チリに帰すのみ」

 

「私と貴様で何が違うのか教えてやろうか?」
「格だ」

「猿猴捉月(えんこうそくげつ)。けだものの目に映るのは、しょせん水に映った月まで。それを取ろうともがいていても、ただみな底に沈むのみ」

「貴様の牙は私に届くことはない、永遠にな」

 

「誇るがいい。この刃をその身に受けてなお、人の形を保っていることを」

 

「見事だ。貴様の牙、確かに私に届いていたさ」

 

55話

「くだらぬ問いだ。その答えを貴様ごときが知ったところで、到底理解など出来まい」

 

「もはや私の取る道は1つ。黒崎一護、貴様を斬る」
「そしてルキアをもう一度、次は私の手で処刑する」

 

57話

「安い挑発だ。なんとわめこうが私の心は変わりはせぬ」
「ルキアと、そして貴様の運命もな」

 

「卍解だと? 図に乗るな、小僧。貴様ごときが私の卍解を受けて死ぬなど、千年早い」

58話

「よかろう。それほど強く望むのならば、私の卍解、その目に強く刻むがよい」
「案ずるな、後悔などさせぬ。その前に貴様は私の前からチリとなって消え失せる」

 

「千本桜の真髄は、数億にも及ぶ刃による、死角皆無の完全なる全方位攻撃」
「貴様の斬魄刀の能力は確かに高い。だが…」
「鈍重極まる大技だけでは、千本桜をかわすことなど永劫叶わぬ」

 

「なるほど…きょく刑といい卍解といい、貴様はよほど我々の誇りを踏みにじるのを好むと見える」

「ならば、その身に刻んでやろう。誇りを穢すということは、どういう報いを受けるのかをな」

 

「悔いるがいい。今の一撃で私の喉を裂かなかったことをな」
「奇跡は一度だ。二度はないぞ、小僧!」

 

「よかろう。ならばその(卍解の)力ごと、全て押し潰してくれる!」

 

59話

「見るがいい、黒崎一護」
「これが、防御を捨て、敵を殺すことだけに全てを捧げた…千本桜の真の姿だ」
「殲景・千本桜景厳」

 

「案ずるな。この千本の葬列が、一度に貴様を襲うことはない」
「”殲景”は、私が必ず自らの手で…斬ると誓った者にのみ見せる姿」
「見るのは貴様で2人目だ」

 

「貴様はよく戦った。幾人もの隊長格を退け、千本桜の斬撃をその身に受けながら、よくぞここまで耐え抜いたものだ」

「だか感じるだろう? もはやその肉と骨が死んでいるのだ」
「所詮は人間、いくら耐えようとも限界がある」

「ここが貴様の限界…終わりだ、黒崎一護」

 

「兄(けい)が私を倒せたなら、その問いにも答えよう」

 

「掟に比すればあらゆる感情に価値などない。そんなくだらぬ感情など元より持ち合わせておらぬ」

「我が朽木家は四大貴族の一、全ての死神の規範にならねばならぬ」
「我等が掟を守らずして、誰が守るというのだ」

 

「黒崎一護…私の刀は貴様のその奔放さに砕かれた。私はもはやルキアを追わぬ」
「この勝負…兄の勝ちだ」

 

62話

「お前のきょく刑が決定された時、私は分からなくなっていた」
「掟を守るという父母への誓いと、妹を守るという緋真との約束、どちらを守るべきなのか」

「黒崎一護、礼を言う」
「ルキア…すまぬ」

 

破面・出現篇

124話

「戦う意志のない者に、我が剣は防げぬ。終わりだ」

 

破面・虚圏潜入篇

142話

「手向かうな。力ずくでも連れ戻せと命を受けている」

 

146話

「私が受けたのはお前達を連れ戻せという命だけだ」
「連れ戻した後どうしろという命までは受けていない。好きにするがいい」

 

千年血戦篇

4話

「様子を見る必要などない、恋次」
「この者共は、ソウル・ソサエティをなんらの容赦なく殲滅せんとする明確なる敵だ」
「全力で叩き斬れ!」

 

「分かっている」
「だがその者共は、雀部副隊長の仇であり、前触れもなく廷内に血を流す卑劣の輩」
「そして、卍解を使わずして倒せる相手ではない」

「ならば、その封印を破る術(すべ)を編み出すことこそが、戦いの鍵となる」
「故に恋次…私の卍解が封じられたら、兄(けい)の卍解で倒せ」

 

「違う…封印ではない。卍解を…奪われた」

 

5話

「来るな!」
「兄(けい)は私の戦いを見て、奴の能力を見極めろ」
「千本桜を奪われた今、兄の卍解が最後の切り札なのだ」
「じきに奴の底を引きずり出す。今しばらくそこで見ていろ」

 

「くだらぬ。恐怖の存在しない戦いなどない」
「私は戦いの中で恐怖を受け入れ、それを叩き伏せて、進む力を手にしてきたのだ」
「恐怖など…」

 

「恋次…ルキア…すまぬ…」

 

7話

「ルキアと、恋次は…生きて、いたか?」
「(生きてる) そうか…よかった」

 

「私はもう、長くはもたぬ」
「護廷十三隊隊長として、瀞霊廷を踏みにじる卑劣の輩を倒すことも出来ず、多くの隊士達を死に至らしめ、その部下や家族達を悲しませ、あげく、無様に敗北し死することを…」

「心より恥じる」

 

「引き換え兄(けい)は人間だ」
「本来ならこの戦いに巻き込まれることはおろか、ここにいることすらなかったはずの者だ」
「その兄に最後の頼み事をする私の、おぞましき無様を許してくれ」
「頼む…ソウル・ソサエティを守ってくれ、黒崎一護」

 

「答えはなかった…それでいい、奴はそういう男だ。答えなくとも分かっている」
「任せたぞ…黒崎一護」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました