「BLEACH(ブリーチ)」四楓院夜一の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」四楓院夜一の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 死神代行篇

19話

「人が剣を握るのは何かを守ろうとする時じゃ。それは己の命であったり、地位であったり、名誉であったり、愛する者、信ずること」

「善し悪しはあれど、守るという意志に変わりはない」
「思い出せ。その時おぬしが何を守ろうと思うたのか?」

 

20話

「案内役はわしが務めよう。ただ前に進むのみ、それが出来る奴だけついて来い」

 

尸魂界・潜入篇

23話

「頭に血が上って当初の目的すら失念したか?」
「バカ者め! この旅にはルキアの命が懸かっておること、よもや忘れたわけではあるまいな?」

 

「(面倒事?) おそらくは」

 

25話

「(砲弾?) こんなもの、わしにとっては呼吸に等しく容易いわ」

 

「よいか。瀞霊廷に入ったら決してはぐれるな。隊長格と出会ったら、迷わず逃げる」
「わしらの目的はルキアの奪還、それのみじゃ。絶対に無駄な危険を冒してはならん」

 

「案ずるな、奴なら必ず生き延びる」
「それよりも下で奴を捜したくば、まず自分達の無事を考えろ」

 

40話

「すまぬ一護、少し遅れた。派手にやられたのう。じゃが相手があの更木剣八では仕方あるまい。相打っただけでも大殊勲じゃ」

「それにしても、よう戦う、よう耐える、大したものよ。案ずるな、死なせはせぬ」

 

41話

「いいじゃろう、ここまで来れば隠すこともあるまい」
「見せてやろう、わしの真の姿を」

「どうやら相当驚いておるようじゃな。無理もない。大方おぬしも、言葉遣いだけでわしを男と思い込んでおったクチじゃろう」

「こうして真の正体を明かす時というのは、何度味わっても愉快なものじゃのう」
「どいつもこいつも、あほうのように驚くばかりじゃ」

 

尸魂界・救出篇

42話

「倒す? おぬしがあやつ(白哉)を? 愚か者」

 

「ほう。大層な口を利くようになったのう、白哉坊」
「おぬしが鬼事で、わしに勝ったことが一度でもあったか?」

 

「その程度の瞬歩で、捕らえられると思うたか?」

 

「3日じゃ。3日でこやつをおぬしより強くする。それまで勝手じゃが、しばしの休戦とさせてもらうぞ」

「追いたくば追ってくるがよい。”瞬神”夜一、まだまだおぬしらごときに捕まりはせぬ」

 

「100年も実戦から遠のいておったツケか。100や200瞬歩を続けただけで息が上がるとは」
「わしも衰えたもんじゃな」

 

「うぬぼれるな。あそこにおった誰1人、白哉を相手に生き残れる者なぞおらぬ」

 

「確かに、あの時あそこにおった者の中で、白哉を倒せる可能性のある者なぞ皆無じゃった」
「じゃがおぬしだけはその可能性がある。そう思うたからわしは、おぬしを連れ帰った」

 

「おぬしはここで強くなれ。今のままでは白哉には勝てぬ」
「じゃが、勝てるよう鍛え上げてやる。そしてもう一度、おぬしの手で、皆をまとめて助け出せ!」

 

47話

「おぬし、相変わらず期待通りの反応をするのう。浅い男じゃ」

 

51話

「恋次。おぬし、自分が初めて立って歩いた時のことを覚えておるか?」
「覚えておらぬということは、意識しておらぬということじゃ。ならばなぜ立ち上がった?」

「人は皆、生まれながらに立ち上がることを知っておる。鳥は皆、飛ぶことを知っておる。魚は皆、泳ぐことを知っておる。それは本能というやつじゃ」

「本能で知っておるからこそ、皆迷いなくその力を手にしようとする」
「それを思わせるのじゃ」

「奴は恐らく本能的に分かっておるのじゃろう。自分がその力を持っておることを」
「じゃからわしは信じる。奴が、卍解に至るものじゃということを」

 

56話

「(砕蜂)おぬしの方は、いささか腕が鈍ったようじゃがのう」

 

「隠密機動総司令官殿。わしの後釜は、そんなにおぬしには荷が重かったかのう?」

 

「なめられたもんじゃの」
「確かに軍団長の名は捨てたが…もう1つの名まで、捨てた覚えはないぞ」

 

「いや…(技の)名ならある」
「瞬閧という」
「その刑戦装束になぜ、背中と両肩の布がないか知っておるか?」
「あっても意味を成さぬからじゃ」

 

「やれやれ。本当はおぬしとこの技で戦いとうはなかったんじゃがのう」
「気をつけろよ、砕蜂。この技はまだ、わしも上手く加減が出来んからのう」

 

57話

「なぜ…なぜわしがこの技を今までおぬしに見せなかったか、分かるか?」
「それはこの技が、あまりに危険すぎるからじゃ」

 

「わしはおぬしの力を見込んでここへ呼んだのじゃ。呼び方などなんでもよい」
「働きに期待しておるぞ、砕蜂」

 

「気にする必要はない」
「わしがもうよいと言うたら、もうよいのじゃ」

 

「もうよい」
「お前は、わしと似ている。まるで妹のような気さえすることがある」

 

「(砕蜂)しばらく会わないうちに、強くなったのう」

 

63話

「わしもお前(浦原)も、ロクな死に方をせんじゃろうな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました