「BLEACH(ブリーチ)」井上織姫の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」井上織姫の名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 死神代行篇

2話

「(車にひかれた?) あっ、うん、たぶん」
「うん。ちょこんって当たっただけだから、もう復活、復活!」

 

3話

「ごめんね…お兄ちゃん。私のせいだ。私があの時、1人にしないでって言ったから」
「だから、行けなかったんだよね…天国に」

 

「でも私…いつまでも甘えてちゃお兄ちゃんゆっくり眠れないから、だから見せたかったの」
「私は幸せです、心配しないでねってことを」

 

「だから、ちゃんと言わせて。お兄ちゃん、いってらっしゃい」

 

6話

「健全な女子高生たるもの、学校にはお弁当食べに来てるようなもんですぞ」

 

7話

「もし…もし私が雨だったなら…それが、永遠に交わることのない空と大地をつなぎ止めるように、誰かの心をつなぎ止めることが出来ただろうか?」

 

13話

「最初に思ったのは、気づかなきゃよかった。次に思ったのは、”ここから離れなきゃ”」
「1つだけ分かることは、あれは危険だということ。全身の細胞がビリビリ震えて、私に伝える」

 

「この髪をもう一度伸ばせるようになったのは、たつきちゃんのおかげ。私はもうきっと髪を短くすることはない」

「だって私の髪が長いのは、たつきちゃんへの信頼の証だから」
「ありがとう、今まで私を守ってくれて。だから…泣かないで!」

 

「たつきちゃんは言った。あなたは、ケンカを売る相手を間違えたって」
「でもそうじゃない。あなたは、傷つける相手を間違えたのよ!」
「たつきちゃんを傷つける人を、私は許さない!」

 

18話

「黒崎君の気持ちは決まってるんでしょ?」

 

「私も、もう一度よく考えてみる。今私に、何か変化が起こってるのは確かで…怖いけど、それがなんなのか知りたいのも確かだから」

 

20話

「たつきちゃんと約束したの、『黒崎君について行く』って」
「それから…『絶対帰って来る』って」

 

尸魂界・潜入篇

22話

「うん、よし! 安心して。兕丹坊さんの傷は、私が治すわ」

 

28話

「ううん。私は逃げちゃいけない、戦わなくちゃ。戦って、黒崎君を助けなくちゃ」

 

尸魂界・救出篇

42話

「それにしても、すごいなあ」
「ここまですんなりいくとは…私って切れ者!」

 

58話

「ありがとう、心配してくれて。でも、ダメだよ、私達は行かなくちゃ」

 

59話

「でも、分かるよ」
「霊圧がどんなに大きくなっても、根っこの匂いは変わってない」
「黒崎君の他に、こんな人いないよ」

 

「ただの仲間じゃないよ」
「黒崎君にとって、朽木さんは大切な人」
「だって、朽木さんは黒崎君の…世界を変えた人だから」

 

「(離れた方がいい?) でも、ごめん。ここにいたいの」

 

「ご…ごめんね、黒崎君。大丈夫?」
「私、石頭でごめんね。受け止めようとしたんだけど…」

 

「私なんて全然! 私なんて全然役に立ってないのに、石田君が守ってくれたり、更木さんとかおんぶしてくれたりして、だから全然…全然、危なくなんかなくて」

「ただ…ただ黒崎君のことがずっと心配だっただけで…」
「ごめんね黒崎君、守ってあげられなくて。ありがとう黒崎君、生きててくれて」

「黒崎君が、無事でよかった…」

 

63話

「すごいな私、気づいちゃったよ。井上織姫15にして、初めて冴え渡る女のカン!」

破面・出現篇

110話

「うん。ぶっちゃけ『便所っす』って嘘ついて学校抜け出すの、やってみたかっただけなの」

 

112話

「黒崎君に聞いても、きっと黒崎君は『なんでもない』って答えると思うから、あなたに直接聞きにきたの」

「平子君、あなた達は何者?」
「黒崎君を、どうしたいの?」

 

113話

「きっと茶渡君は分かってたんだ」
「この人達がすごく強くて…自分でも私でも歯が立たないってこと」
「そう思ったから茶渡君は、たつきちゃんと私をかばって…1人で戦ってくれたんだ」

 

「なんとか…なんとか持ちこたえなきゃ、黒崎君が来るまで」
「ダメ! どうしてすぐ黒崎君に頼ろうとするの?」

「2回もソウル・ソサエティに行ったのに…私は、何も出来ずに帰ってきた」
「せめて、今の黒崎君には負担をかけたくない」

 

「黒崎君が何に悩んでるのかは分からないけど、黒崎君に頼らずに、この人達を追い返して、少しでも安心させてあげなくちゃ!」

「私に出来ることは、きっとそれぐらいだから」

 

「椿鬼! 孤天斬盾(こてんざんしゅん)」
「たつきちゃん、茶渡君、石田君、黒崎君。私は…みんなみんな、私が守るから!」
「拒絶する!」

 

114話

「ダメダメ、ダメ! 私が落ち込んでどうする?」

 

「謝らないで。私が勝手に飛び込んで、私が勝手にケガしただけだから」
「全然痛くなんかないから。だから、そんな顔して謝らないで」

 

115話

「ありがとう、黒崎君」
「ありがとう、朽木さん」
「おかえり」

 

116話

「やっぱり、朽木さんはすごいな。ちょっとだけ、羨ましいや…」

 

「私、嫌な子…ですよね」
「黒崎君が元気になればそれだけでいいって…そう思ってたはずなのに…」

「朽木さんが戻ってきて、黒崎君を元気にしてくれて、すごく嬉しかったはずなのに…」
「なのに…なのに…私、朽木さんに嫉妬してる」

「朽木さんは優しくて強くてきれいで、黒崎君を元気にしてくれて、大好きなのに…」
「なんで私、こんな…学校ではそんなこと思わないのに、家に帰って1人になると全然ダメなの…」

「やだ…私、かっこ悪い。いやらしいよ…」

 

「(美味しい?) よかった! いくら作っても誰も食べてくんないから、もしかしたら私の舌の方がおかしいのかと思ってたの」

 

126話

「そうか。黒崎君が驚かなかったのは、頭がついていかないからなんかじゃない」
「強くなってるからだ。相手の目的は関係ない」

「黒崎君には、自分の力とやるべきことが見えてるから、動揺は心の芯までは揺らさない」

 

127話

「私も…強くなりたいです!」

 

「ありがとうございます、浦原さん。ハッキリ言ってくれて、よかった…」
「失礼します!」

 

「嘘じゃないもん! 悔しくなんかないもん!」
「ただ…みんなと一緒に戦えなくて、寂しいだけだもん…」

 

「でも、寂しいのより嫌なの…足手まといになるのは、もっと嫌」
「黒崎君や、みんなの足手まといになるくらいなら…寂しい方がずっといいよ」

 

「はい、戦いたいです」

 

「私は弱くて、いつも黒崎君の方を振り返りそうになるけど、今は振り返らずに行くよ」
「次に会う時は、黒崎君の背中を見ずに戦えるように」

 

破面・虚圏潜入篇

139話

「急がなきゃ…大丈夫。私もこの1ヶ月で少しは強くなった。きっと今なら役に立てる」
「だから待ってて。黒崎君、みんな!」

 

141話

「来ちゃった…」

 

「あのね、黒崎君。私、お別れに来たの」
「ホントはね、たつきちゃんとか、茶渡君とか、石田君とか、朽木さんとか、他にもお別れ言いたい人はいっぱいいたんだけど…」

 

「黒崎君の…部屋。そういえば…私、黒崎君の部屋1人で来るの初めてだ」
「黒崎君の…匂いがする」

 

「ダメだ…やっぱり、出来ないや…」
「ダメだね私、最後なのにこんなことして…」

 

「あーあ…人生が5回くらいあったらいいのにな」
「そしたら私、5回とも違う町に生まれて、5回とも違うものをおなか一杯食べて、5回とも違う仕事して」

「それで5回とも…同じ人を、好きになる」

 

「ありがとう、黒崎君…さよなら」

 

「good bye , halcyon days.」

 

143話

「私、ホントにここに来てよかったのかな?」
「私があの人達の傷を治すことで、戦いの渦が大きくなるんじゃないのかな?」

 

「ううん…でも今はどんなことをしても、私に利用価値があると思わせなくちゃいけない」
「せめて、みんなの戦いの準備が整うまで…」

 

150話

「ありがとう黒崎君、助けに来てくれて」
「だけど、私はここでやるべきことを見つけたの。それはきっと、私にしか出来ないこと」
「私の力で、崩玉を存在する前の状態に返す」

 

破面・激闘篇

159話

「茶渡君は死んでないよ。死んでない」

 

165話

「大丈夫、黒崎君は勝つよ」
「だって『絶対勝つ』って言ったでしょ」

 

「怖いからとか、自分をごまかしたりとか、そんな理由で黒崎君は『勝つ』なんて言わない」
「黒崎君は、優しい人だよ」
「強い言葉を使う時は、いつも何かを誓うように言うの」

 

「あれは私達を安心させるためもあるけど、何よりきっと自分に誓ってるんだと思う」
「自分に誓って、その願いを叶えるために言葉にしてるんだと思うの」

「だから大丈夫。黒崎君が『勝つ』って言ったら、それは絶対勝つ時だよ」

 

「だから…だから、待とうよ…信じて」

 

166話

「怖がっちゃ…ダメ」
「あの目を思い出すと、黒崎君が知らない誰かになってしまったように感じてしまう」
「黒崎君の目のどこにも、私なんて映ってないと感じてしまう」
「あの時の、お兄ちゃんのように…」

 

「死なないで…」
「死なないで、黒崎君!」

 

「勝たなくていい…頑張らなくていいから…もうこれ以上、ケガしないで…」

 

千年血戦篇

2話

「石田君、黒崎君と仲良くなったなーっと思って」
「私、石田君のそういうところ好きだよ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました