アニメ「殺戮の天使」の名言まとめました

アニメ「殺戮の天使」の名言をまとめていきます。

殺戮の天使

1話 kill me. please.

「君は一体誰で、何者か、自身で確かめてみるべきである」
「本来の姿か、望む姿か? 天使か、生贄か? 己を知れば、門は開かれる」

目覚めたレイチェルは、知らない場所にいた。そして地下なのに、偽物みたいな青い月。
扉を開けた先は自分の知らない通路につながり、天井には無数の監視カメラ。
通路の先の壁に、この言葉が書かれていた。

「お前は満ちた顔をしやがったな? でも、今は絶望だ!」
「3秒数えてやる。だからさ、逃げて見ろよ!」
「そして、泣いて、叫んで、命乞いをしろ!」
「もっと見せろ! 絶望の顔を!」

小鳥に話しかけていたレイチェルの前に、突然、鎌を持った男が現れる。
レイチェルを絶望の渕に叩き落とす。

「おい、出てこいよ! て、出てくる訳ね~か!」

逃げて隠れているレイチェルを追い詰める、包帯男のザック。
自分で言って、自分で否定している。

「俺はまともな成人男性だが、お人形さんを切り裂く趣味はねぇんだよ」

ダニーの階まで上がってきたザックは、ダニーを殺した後、レイチェルも殺そうとする。
しかし感情が死んだようなレイチェルを殺すのに、ザックは興味が持てなかった。

「あのね、お願いがあるの」「お願い。私を、殺して!」

ザックの元に近づいたレイチェル。
不思議に思うザックに対してレイチェルは、自分を殺すことをお願いするのだった。

スポンサーリンク

2話 Your grave is no here.

「気持ち悪こと言ってんじゃねぇ」
「てめぇみたいな頭おかしい奴に、かまってる時間はねぇんだ!」

「殺して」と言うレイチェルに対して、「頭おかしい奴」と言うザック。
自分を棚上げして、一体、何がなんだか。

「お前、頭いいんだな。さっき、殺して欲しいって言ったよな」
「俺、バカなんだよ! だからよ~、ここから出る手助けをしてくれよ」

ザックが開けれないエレベーターの扉を、簡単に開けるレイチェル。
自分を自覚?しているザックは、レイチェルに条件付きで協力を要請する。

「私は逃げない。殺されてないから」

先を一人で見てくると提案するレイチェル。
逃げることを警戒するザックだが、レイチェルはあっさりと否定する。

「しょうもねえな。お前のことが分かった所で、それ以上でも以下でもねえだろ!」

ザックにレイチェルは、置かれていた自分の履歴書を見せようとする。
しかしザックは見ようともせず、まったく興味を示さなかった。

「これは、あなたのことが書かれた紙。それ以上でもそれ以下でもない」
「怖くはないよ」

ザックの履歴書を読み上げた時、ザックはレイチェルにどう思ったか聞いてくる。
しかしレイチェルも内容には何も感じなかった。

「その話、私と関係あるの? 逃げたら殺してくれるの?」
「その手順を踏めば、殺してもらえるの?」

「怖くない」と話すため、同じことを言った人の例を出してザックは怖がらせようとする。
しかしレイチェルはまるで「いいことを聞いた!」みたいな反応を見せる。

「自殺はダメだから。神様が、そうおっしゃったから?」
「私もよく分からない。でも、神様が言うなら、そうなの」

ザックはレイチェルに自殺について聞いてくる。
あいまいな記憶だが、自殺は神様に止められていることをレイチェルは守っていた。

「笑う。どうやって?」

殺してほしければ笑えというザック。
しかしレイチェルは笑うという表情が分からなかった。

スポンサーリンク

3話 I swear to God.

「僕の美学と彼女はピッタリなんだ。だから...僕があの子を殺すんだ」

B4フロアの主であるエディ。
エディはザックに対して、自分がレイチェルを殺すことを宣言する。

「勝手に殺されようんなんざ思うんじゃねえぞ」
「このビルには、てめえを殺したい奴がたくさんいる」
「でも、絶対に俺がお前を殺してやる!」

「神に誓ってな!」

ザックと別行動をしてる時、エディーに追い詰められるレイチェル。
あと壁一枚を残したところまで来たザックは、レイチェルに他の誰かではなく自分が殺すことを神に誓う。

「バ~カ。問題ありありなんだよ!」

レイチェルに対して、ザックでも自分でも殺されることは同じと話すエディ。
しかしザックはいつもの調子で反論する。

「この人は、神様に誓ってくれた。私を殺してくれるって。それだけで、私の中の全てなの」

エディに対して、改めてザックに殺されることを選んだレイチェル。
それはザックの話した一言が全てだった。

「そんな自由は、ここには無いよ。勝手なことをしちゃいけないんだ」
「僕たちが与えられているのは、それぞれのフロアで、人間を殺していい権利だけだ」

「そして、ここは僕のフロアだ!」

レイチェルの言い分を認めないエディ。
建物に関わる根幹的なことを話しながら、自分の権利を主張する。

「その、『あなた』って言うの止めろ。サブイボが立っちまう」
「ザックでいい、ザックで!」

ザックは「あなた」と呼ぶレイチェルに対して、呼び方を変えるように命令する。
「アイザック」と呼んだレイチェルに対して、「ザック」と言い変えさせた。

スポンサーリンク

4話 A sinner has no right of choice.

「お前に分かんねえこと、俺に分かるはずねえだろ!」
「お前、鍵開けるの得意じゃねえか。がんばれよ!」

B3エリアに上がってきたが、鉄格子に行く手を遮られてしまう。
戸惑うレイチェルに対して、ザックは素直?に自分を評価する。

「あなたは、素敵な罪人になると思っていたの。期待感ですっかり目が覚めちゃったわ!」

B3フロアの主であるキャシーが、カメラ越しにレイチェル達に話しかけてくる。
初めの攻撃を避けられて、むしろ期待感が出てきていた。

「てめえの寝起き事情なんて、心底知らねえよ! それより、さっさとここを通せ!」

レイチェル達に目が覚めたと話すキャシーに対して、ザックは全く興味が無かった。

「化物のようなあなたが、私の罰にどれだけ耐えられるかしら」
「楽しみで、胸がドキドキしてるわ!」

ザックはレイチェルの注意も聞かず、電気椅子に座ってしまう。
それを見て現れたキャシーは、まるでショーが始まるかのように興奮する。

「止めて。さすがに死ぬ」

キャシーの要求を聞き、さすがのザックでも死ぬと思ったレイチェル。
カメラ越しに訴えるが聴き入れてもらえるはずもなく。

「ビビってたら先に進めねえだろ!」
「グズグズしてねえで、さっさと行った方が早えだろうが!」

レイチェルが見るからに危ないのを指摘するが、不用意に扉を開けるザック。
こういう考えが良い結果を生むこともあるが。

「レイチェル。罪人は苦しみもがく姿こそが、ふさわしいのよ!」

レイチェル達が謎と毒ガスに苦しみもがく姿を見て、興奮するキャシー。
気が触れたような笑いが止まらない。

スポンサーリンク

5話 Don’t let me kill you just yet.

「おい。死ぬにはまだ早え!」
「生きてここから出るんだろ。てめえの目的があるんだろうが!」

毒ガスが回り始め、倒れそうになるレイチェルを支えるザック。
マスクを被らせ目的を再確認させる。

「カードキー、折れちまった!?」

レイチェルは天井の扉の先で、脱出用のカードキーを見つけることに成功する。
毒が回り動けなかったのでザックにキーを渡したのだが、なんと折ってしまう。

「キャシー特製、スペシャル毒ガスの時間で~す! さあ、死んで頂戴!!」

カードキーが折れたことも許されず、キャシーの高笑いは止まらない。
そしてマスクでも防ぐことが出来ない、強力な毒ガスが噴射されてしまう。

「ザック。ザックとの約束、ここから出ないと叶わないんだっけ?」「答えて!」
「分かった。私、がんばる!」

絶体絶命のレイチェルは、改めてザックに約束を確認する。
危険だが可能性のある方法を実行しようとする。

「何だっていい、やれ!」

レイチェルは助かるかどうか分からない方法のため、ザックに確認する。
ザックはレイチェルを信頼し迷わず許す。

「お前かしけいのに人形みたいに同じこと繰り返して、ばっかだな!」
「人間だったら、自分で考えろ!」

ガスのダメージが抜けず普通に歩けないレイチェルは、ただがんばるを繰り返した。
それを聞いたザックは、自分の意見を言うように伝える。

「うるせ~! 俺は、道具じゃねえ~!」

次の謎は簡単に解いたレイチェルとザック。
しかしそれはザックの昔の記憶を呼び起こす残酷な物だった。

「教えないし、忘れちゃった!」

2人に対して注射を打つように指示するキャシー。
1本は危ない薬が入っているが、当然教える気など無かった。

「つまんねえよ。お人形さんに道具にされんのは!」
「でもな、今は、お前のいいように使われてやるよ!」

レイチェルの感情の無い表情と態度にいらだつザック。
そして自分が危険を犯す選択をする。

「今は命令もしない。お願いもしない。ただ、あなたに聞くの」
「ザックは、いいの!?」

注射を打った後のザックは、昔の記憶から殺人衝動に襲われる。
レイチェルにつかみかかるのだが、レイチェルはザックの望みを聞く。

「だからよ~、頼むわ! 今だけ、俺に殺されるな!」

レイチェルに対して、お願いをしたザック。その願いは誰のためだったのだろうか?

スポンサーリンク

6話 Zack is the only one who can kill me.

「あの時とは違う。私が生き延びるためじゃない。ザック自身のために」
「今だけ、ザックに殺させない!」

危ない注射を打ったことにより、レイチェルへの殺人衝動が収まらないザック。
それはザックの本心ではないため、レイチェルは今は逃げることを選択する。

「あなたは模範的で、私の理想の罪人ね~!」
「あがいた所で結局は衝動が抑えきれない所なんて、ホント素敵!」

ザックとレイチェルの仲間割れを見て、面白くてたまらないキャシー。
そしてザックたちに新たなる課題を渡す。

「意味なんか求めてどうすんの? それで何かが生まれると思って?」
「罪人が何かを生み出すなんてことあり得ない!」
「だから意味なんてもの、求める必要は無いのよ~!」

レイチェルに銃を渡し、ザックと対決させようとするキャシー。
意味を問いかけるレイチェルに、その無意味さを語っていく。

「何度聞いても答えは同じ。私はザックを撃たない。これは私の意志」
「ザックに殺されるのはいい。でも、あの女の思い通りになんかならない!」

「だって、私も、ザックも、道具じゃない!」
「殺すのも、殺されるのも、私とザックの、意志だよ!!」

拳銃を渡されても、絶対にザックを撃とうとしないレイチェル。
キャシーに道具扱いされていることへの反抗だった。

「へたくそ! ホント目が死んでんだよ、お前は」
「でもな~、それが本物になったら、最高だ!」
「そのお前を殺す想像しただけで、俺は誰よりも、いい笑顔になれるぜ!」

レイチェルの笑顔を見て、何かを感じたザック。そして選んだ行動は。

「ただ、私に拳銃を向ける態度が、ちょっと気にいったわ~! バーン!!」

ザックが生きていることが分かり、改めて踏みにじるキャシー。
止めようと銃を向けるレイチェルだが、キャシーには撃てないことが分かっていたのだが。

「現実だ! 目、覚ませや!!」

とても動けるような状態ではなかったザック。
キャシーも信じられなかったが、これが現実だった。

7話 Who are you?

「どうでもいい! 私が今やらなきゃいけないのは、ザックを助けること!」

レイチェルの目の前に、両親の亡霊が現れる。
しかしそれに反応せず、やるべきことを遂行する。

「鎌が重めえ! んだこれ! 訳わかんねえ!」
「勝手に死ぬとか決めんな! そう簡単に死なねえって、お前も知ってるだろ!」

何とか立ち上がったザックだが、鎌すら持てない状態。
心配するレイチェルに対して、あくまでザックは動こうとする。

「ああ、邪魔だな!」

キャシーのフロアーで試練を受けるレイチェル。
囚人に追いかけられた時、迷わず銃で撃ち抜く。

「消さなきゃ! お願い、私の邪魔をしないで!」

キャシーが使っていた部屋にたどり着いたレイチェル。
そして邪魔な物を排除し始める。

8話 Yeah,I’m a monster.

「いた。でも、全部撃った!」「邪魔だったから」

邪魔をした囚人たちを、どのように対処したか聞くグレイ。
先ほどと同じ様にただ結果を淡々とレイチェルは話していく。

「私が?」「イレギュラー? この人は私の何を知ろうと。でも、そんなこと、関係ない」

審議と言われて、少し不満げなレイチェル。
しかし今は、薬を見つけることだけを優先する。

「動くぬいぐるみ? おもちゃ、かな?」「気持ち悪い!」「うっとうしいな!」

エディのフロアに降りきたレイチェルの前に、無数の手が出現する。
足をつかまれたレイチェルは、まるでおもちゃを壊すように踏みつけて行く。

「哀れな子羊か、それとも、悪魔か?」

レイチェルの行動を見て、判斷に迷うグレイだった。

「いいえ」「だって、あれはぬいぐるみ」

レイチェルが踏み潰した物が、「泣き叫んでいなかったか」と聞くグレイ。
しかしレイチェルにとって、そんなものは聞こえない。

「ここ、ザックと誓った場所」
「そうだ。たとえ目に見えるものが変わっていても、この誓いだけは」

ダニーのフロアに降りてきたレイチェルだが、一度通っているのに違和感を感じていた。
しかしザックと約束した場所なのは間違いなく、その不変の物を感じている。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク