「可愛いだけじゃない式守さん」の名言・台詞まとめ

アニメ「可愛いだけじゃない式守さん」の名言・台詞をまとめていきます。

可愛いだけじゃない式守さん

1話

「それにしても……今日も朝から大変だったみたいですね。大丈夫ですか?」(式守)
「いつものことだから」(和泉)

 

「ごめんじゃないの!」
「全く……あんまり困らせないで」(式守)

 

「やっぱり式守さんと同じクラスになりたいから」(和泉)
「大丈夫ですよ。違うクラスになっても、たくさん会いに行きますから」(式守)

 

「大丈夫です。和泉さんにケガがなくてよかったです」(式守)

 

「私、ちょっと心が狭いのかもしれません」(式守)

 

「僕の彼女はかわいい。でも……もし僕のせいで式守さんがケガでもしたら……嫌だな」(和泉)

 

「(ボウリングは)あんまり……2~3回くらいです」
「でも、楽しみです」(式守)

 

「女の下手は、可愛いに変換されるもんなんだよ」(八満結)

 

「かわいい……言われたい。かわいいって言われたい」(式守)

 

「かわいいよりもかっこいいを取ったか」(結)

 

「じゃあ(おごりは)、私と一緒に帰って下さい」
「それ(いつもと一緒)がいいんです」(式守)

 

「ごめんはいらないって、いつも言ってるじゃないですか」(式守)

 

「和泉さんは……ずっと私のそばにいればいい。周りがなんて言おうと、私には関係ないです。これからも、私が勝手に和泉さんを守りますから」(式守)

 

「やっぱり、僕の彼女はかっこいい。そんな彼女が……好き」(和泉)

 

2話

「離れてても、ずっと式守さんを応援してるからね」(和泉)

 

「それにしても……ボールがあんなきれいに顔面に入るなんて……」
「今回のは不幸じゃなくて、ドジでしたね」(式守)

 

「やっぱり(バレーに)戻るのはやめます」
「じゃあ……ここに隠れてようかな?」
「う・そ!」(式守)

 

「攻めすぎた……」(式守)

 

「でも……かっこいいところを知ってるのは、僕だけでいたかったな」(和泉)

 

「こら……何勝手に帰ってんの?」(式守)

 

「何言ってるんですか……私が一緒に帰りたいのは、君だけだって分かってるくせに……」(式守)

 

3話

「今日は式守さんが見たい映画を見よう」
「式守さんのこと、もっと知りたいからだよ!」(和泉)

 

「(お母様)とっても血筋を感じます」(式守)

 

「何言ってるんですか……好きな人の家に来たんだから、(緊張)するに決まってる」(式守)

 

「私の前でイチャつくとは、ときめきで泣くよ」(和泉の父)

 

「私から一つお願いしてもいいかしら?」
「あの子に、愛想尽かさないであげて欲しいの。ほら、不幸体質のせいで、あなたも嫌な思いするかもだけど……」(和泉の母)

「不幸だと思ったことは一度もないです。あの体質は欠点じゃない。彼の優しさはきっと、人より不幸だからこそだと思うんです」

「それに、和泉さんは誰よりも痛みを知っている。それでも決して自分を憐れむことなく、他人の心配をすることが出来る」

「和泉さんは、とっても強くてかっこいいんです。心配しないで下さい、彼は私が守りますから」(式守)

 

4話

「気なんか使うかよ。みんなで楽しめるとこ行った方が楽しいから話し合ってるんだろ」(犬束秀)

 

「でも、川と和泉の組み合わせも危険そうだよな」(八満)
「大丈夫。私がついてる」(式守)

 

「まあ落ち着けよ、気持ち悪いぞ」(八満)
「可愛い子の前だと、人間みんな気持ち悪くなるものなの」(猫崎享)

 

「じゃあ、僕は式守さんの行きたい所に連れていきたいな」
「そんなの……式守さんの喜ぶ顔が見たいからに決まってるよ」(和泉)

 

「私……(行きたい所)全く思いつかないんですよ」
「きっと私、和泉さんが行く所に付いていきたいだけなんです」(式守)

 

「君と行ければどこでもいい。和泉さんが楽しそうだと、私も楽しくなれるんです。だからこれからも、和泉さんは行きたい所に行ってね。そして、私も一緒に連れてって」(式守)

5話

「そんなに料理できたら、恐ろしくモテるんじゃね?」(犬束)
「変なこと言わないで下さい! 狙ってるんですか?」(式守)

 

「舌が吹き飛んだと錯覚するくらい壮絶な味がする……」
「式守さん、料理苦手なんだ……」(和泉)

 

「絶対…美味しいの作れるようになってみせるから……待ってて」(式守)

 

「実はね……(スモア)式守さんに食べて欲しかったんだ」(和泉)

 

「美味しいですよ」
「ホント…毎日食べたいくらい」(式守)

 

6話

「実は私…甘いの苦手だったんです」
「でも、最近は美味しく感じるんですよ。どこかの誰かさんが、いつも嬉しそうに食べるところ見てたからかな」(式守)

 

「やっぱ真剣勝負しなきゃ面白くねえだろ、何事も!」(犬束)

 

「私、行きたいです!」
「まだ戦えます!」(式守)

 

「仕方ないですよね……」
「また来年、来ればいい話ですしね」(式守)

 

「そんなの、簡単だよ。式守さんには、心から笑ってて欲しいんだ」(和泉)

 

「いつもちゃんとしているんだからさ…僕の前でくらい、肩の力抜いたって恥ずかしくないと思うけどな」(和泉)

 

「(去年は)もういいんです。だって…今年の花火は、こんなにきれいだから」
「ありがとう! 連れてきてくれて」(式守)

 

7話

「バカ。みんながいるんだから、1人で暴走しないの」(式守)

 

「クラスも部活もいつも騒がしいから、たまに来る静かな時間が好きなんだ。たとえば、この(図書室の)時間とかね」(狼谷)

 

「終わった……おかしいと思った。僕にしては運がよすぎるって思ったら…上げて落とすためだったんだ」(和泉)

 

「なら、今日変えましょう!」(式守)

8話

「でもダメだね。待ってばかりの女の子なんて、今どき流行らないね」
「みんな、そうあって欲しいからかもね。いつか、白馬の王子様が迎えに来てくれて幸せになる」(狼谷)

 

「大事なことは、他人には言わずに心に秘めておくもの…だそうだ」
「映画の中で、恋が叶わなかった少女の言葉だよ」(狼谷)

 

「これを返しに来たんです。ズルいかと思って」
「いえ、そうじゃなくて…これはもらってはいけないものだからです。そうですよね、狼谷さん」(式守)

 

「違います。失礼なことをしたくなかっただけです」
「私の好きな人を好きになってくれる人に、悪い人はいないと思うから」(式守)

 

「本当に何の感情もなく譲ってくれていたならいいんです。でも…あなたに嘘をつかせて傷つけてたなら、こんなのズルいじゃないですか!」(式守)

 

「私も…分からないんだ。彼の静かな優しさが、他の誰といるより心地いいって…それだけだったんだ」

「友人だと思ってくれている彼を裏切っている。君という相手がいるのに、どうして…ただの友達になれなかったんだろう」(狼谷)

 

「ごめんなさい…あなたを傷つけるつもりはなかったんです。私は謝られる立場ではないし、あなたの心を決めることも出来ない」

「狼谷さんのことは何も知らないけど、私にも分かることがあります。あなたは、和泉さんと私のために心を殺そうとしてる」

「傲慢だと思われても構いません。それでも私は嬉しいんです。やっぱりあなたが優しい人で……だからその気持ちは、あなたが大切にしてあげて」(式守)

 

「式守さん。たとえ何があっても、僕は君の味方だからね」(和泉)

 

「式守さんは変わらないって言うけど…僕は自分が変わったと思ってるよ。1年前、君が変えてくれたんだ」

「今の僕が不安なら強くなるよ。君みたいにかっこよくはないけど、僕は…強くなりたい。僕が君を信じてるくらい、僕が君を安心させられるように」

「君が隣で、安心して笑っていられるように」(和泉)

 

「私、決めました!」
「どんなにいい人で、美人で魅力的な人が現れても、私…和泉さんのこと、絶対離さないから」(式守)

 

9話

「大丈夫ですよ。だって、狼谷さんに渡したくて取ったから」(式守)

 

「(したいのは)狼谷のこと、もっともっと知りたいだけ。友達だもん」(猫崎)

 

「狼谷、ゆっくりでいいんだよ。もっとたくさん、自分の気持ちを見つけてあげて。それでいつか、押し殺す以外の方法が見つかったら…」

「どうか…どうか、心の底から笑ってね……なんてね!」(猫崎)

 

10話

「でもこの5人(でリレー)なら、きっと最高の思い出になるよ!」(猫崎)

 

「そもそも私は、ただ走ったって何も得るものがないから嫌いなんだ。でも今回は…お前達が喜ぶから、疲れたってそれは私のためだ」(八満)

 

「髪ギシギシだし、砂まみれで最悪だ。でも…まあ…いつも(の体育祭)よりは楽しい気がする」(八満)

 

「緊張してるもん」
「だって…実際の勝敗は関係なく、楽しんだもん勝ちでしょ」(式守)

 

「大丈夫。みんなが…私がいるよ」(式守)

 

「ダメだ。今回だけは僕の不幸には絶対…負けちゃダメだ!」(和泉)

 

11話

「(中学生時代)ずっと、こんなこと繰り返すのかな…」
「神様、僕の毎日はもっとよくならないのでしょうか? ならないなら…痛いのも悲しいのも、耐えられる強さを下さい」

「あーあ…僕の前にヒーローが現れないかな…」(和泉)

 

「だって、2人きりで話すの久しぶりだから…もっと式守さんと話したい」(和泉)
「まずいですよ…」「ホントにダメですって…」(式守)

 

「あのCMみたいなデート…失敗は許されない!」(式守)

 

「(小学生時代)兄以外の男子が苦手。好きとか、よく分からない…」(式守)

 

「お前、やりたいことないの? ホント、主体性ないよな」
「俺や母さんばかりを追いかけるなよ。自分が本当にやりたいこと、ちゃんと見つけて自分で選べよ」(式守の兄)

 

「(中学生時代)恋って、すごい…」(式守)

 

「私、高校に入ったら…空手やめるんだ!」
「自分がなりたいもの見つけた。可愛い女の子になりたい。可愛い女の子になって…優しくてかっこいい男の子と恋がしてみたい」(式守)

 

「なりたいものなんて、本当は分からないのかもしれない」
「でも…本当の私じゃなくていい。私は、なりたい私になるんだ」(式守)

 

「(入学式)だから、あの…君が無事でよかった。また君に会えて嬉しい…です」(和泉)

 

「こういうの(口紅)付けたら、強くなれそうじゃん。いつだって勇気は必要だもの」(式守)

 

12話

「式守さんは僕に可愛いところ見せたいって言ったけど、僕は可愛いだけじゃないいろんな式守さんが見たいな」

「まぁ、もう知ってるけどね」(和泉)

 

「(夢は)昔少女マンガを読んで…その、恋愛ものの。恋ってすごいなあって思って…そんな恋をするのが私の夢です」

「もう叶ってますけどね」(式守)

 

「別に、私はいくらでも並べますよ」
「だって和泉さんとなら、並んでいる時間もすごく楽しいから!」(式守)

 

「私、和泉さんと一緒にいると、いろいろなものがね、いつもよりきれいに見えるんです」
「だからたまに思うんですよ。和泉さんから見た世界は、どれだけきれいなんだろう…ってね」(式守)

 

「ねえ、和泉さん…私の目には、何が映ってる?」
「私、ホントに和泉さんばかり見てるんです」(式守)

 

「どうしたら…君を、安心させられるだろう?」(和泉)

 

「好き…式守さんが好き。大好きだよ、式守さん。僕は、ずっと君といるよ」
「だから、安心して欲しい」(和泉)

 

「でも今、私…夢より幸せ」(式守)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
可愛いだけじゃない式守さん 1-14巻セット (コミック)

 

→可愛いだけじゃない式守さん(式守)
→可愛いだけじゃない式守さん(和泉)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました