「機動戦士Zガンダム」クワトロ・バジーナの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士Zガンダム」クワトロ・バジーナの名言・台詞をまとめていきます。

機動戦士Zガンダム

1話

「その過信は自分の足をすくうぞ」

 

「この感触……アムロ・レイ? ララァ・スンか……」

 

「(接近しても)全く応答なし? まあ、平和な時はこんなものか」
「やってみるさ」

 

「こんな小さな目標(人間)を狙えるものか」

 

「自分達のコロニーの中でバルカンを使う? 正気か!?」

 

「まだまだ組織は出来上がっていないということか?」

 

2話

「連邦軍は、いつになったらここが地球と地続きでないってことが分かるんだ」

 

3話

「ニュータイプはエスパーではありません。ですから目に見えて違うところはありませんが、(カミーユには)資質は感じます」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

4話

「何があったのかね、ティターンズで? いや、違うな……君の中でだ」

 

5話

「自分の手で父親を撃てるのか?」

 

「迷いは自分を殺すことになる。ここは戦場だぞ!」

 

「君が撃たなくても、いずれ誰かが撃っていたさ」

 

「俗人は、ついつい『自分はこういう人を知っている』と言いたくなってしまう、嫌な癖があるのさ」

 

6話

「人間は他人を信じないから(暴動を起こすの)さ」
「信じないから疑い、疑うから他人を悪いと思い始める。人間を間違わせるのさ」

 

7話

「なぜ軍人?」
「他に食べる方法を知らんからさ。だから未だに嫁さんももらえん」

 

「直接、刃物を持って殺さないからさ。手に血が付かない人殺しでは、痛みは分からんのだ」

 

「中尉は(虐殺されたのは)、ここで反地球連邦のデモを起こしたエゥーゴが悪かったと言うかもしれん」

「しかしな、地球の人々は地球を復興させることしか考えずに、宇宙に住むスペースノイドのことを一切考えてくれなければ、デモの一つも起こる」

 

「地球連邦の人々は宇宙という新しい環境を手に入れて、そこに適応してゆこうとする人間を恐れたのだ」

「ニュータイプをエスパーのように考えているから、いつかそのニュータイプに主権を侵害されるのを恐れているのさ」

 

8話

「しかし、1機のモビルスーツの動きにあれほど巻き込まれるとは、若すぎるな」
「でないと……今度は君が死ぬ番だ」

 

「出資者は無理難題をおっしゃる」

 

9話

「軍隊っていうのは、ああいったものだ。アーガマでは君に甘すぎた、反省をしている」

 

「殴られたくなければ自分のミスをなくせ」

 

12話

「妙だな? ジャブローの抵抗はこんなものではない。何があるのだ?」

 

「私は貴官らの命を考えて助けるのではない。人質は使いようがある、だから助ける、それだけだ」

13話

「今の私は『クワトロ・バジーナ大尉』だ。それ以上でもそれ以下でもない」
「これが若さか……」

 

「いいパイロットだったが……これが戦争だ」

 

14話

「(宇宙へ)帰ってみせるのがロベルト中尉に対しての手向けだ。戦場での感傷はやめろ!」

 

「何をする気だ、アムロ! アムロだと……」

 

15話

「肉親は身内の能力を過小評価する癖があるというが、本当だな」

 

「君(アムロ)を笑いに来た、そう言えば君の気が済むのだろ」

 

「籠の中の鳥は鑑賞される道具でしかないと覚えておいてくれ」

 

「誤解の生んだ想念が放出されたと思いたいな」

 

16話

「ララァに会うのが怖いのだろう?」
「死んだ者に会えるわけがないと思いながら、どこかで信じている。だから怖くなる」

 

「生きてる間に、生きている人間のすることがある。それを行うことが死んだ者への手向けだ」

 

「私は怖い。動いている方が怖くなくていい」

 

23話

「攻撃されてからでは遅すぎます。戦争などは所詮はその前後の戦術の優劣によって決します」

 

24話

「今日の都合で魂を売った人々の決定などは、明日にも崩れるものさ」

 

32話

「人の心の中に踏み込むには、それ相応の資格がいる」
「いくつになってもそういうことに気づかずに人を傷つけるものさ」

 

「それは出来ないな。人は誰も、引きずっているものは死ぬまで捨てられんよ」

 

「目標は大きいが……」
「なまじ大きいと、一発で致命傷というわけにいかんのが問題だ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

33話

「もともと私は裏切りは一切していないよ、ハマーン」

 

「私は、ザビ家とは関係ない。私は、いつも独りの男だった」

 

「こんな無様な戦い……私はあの女に惑わされている。ハマーン・カーン、ジオンの亡霊め!」

 

34話

「(レコア)私に、何をしろと?」

 

35話

「ええい。打ちどころが悪いとこんなものか!」

 

36話

「これは戦争だぞ、カミーユ!」
「こんな所で子供の理由を振り回すな! 戦いの中で人を救う方法もあるはずだ。それを探せ!」

 

「戦士は、生きている限り戦わねばならんのだ」

 

37話

「自分に道化を演じろということか」

 

「議会の方と、このテレビを見ている連邦国国民の方には、突然の無礼を許していただきたい。私は、エゥーゴのクワトロ・バジーナ大尉であります」

「話の前に、もう一つ知っておいてもらいたいことがあります。私はかつて、シャア・アズナブルという名で呼ばれたこともある男だ!」

 

「しかしな……これ(演説)で私は自由を失った」

 

38話

「彼等(一昔前の人々)は宇宙(そら)にこそ希望の大地があると信じた。自分達を宇宙に追いやった地球のエリート達を憎むことより、その方がよほど建設的だと考えたからだ」

「地球の重力を振り切った時、人は新たなセンスを身に付けた。それがニュータイプの開花へとつながった。そういう意味では、確かに宇宙に希望はあったのだ」

 

41話

「いい子でも、味方とは限らんのだぞ」

 

「今更なぜかとは聞かん」
「それが理由か、レコア少尉。ならば、せめて私の手でその業を払わせてもらう!」

 

「また外れた、なぜ落とせん! 私にためらいがあるのか?」

 

43話

「これ(頭を下げるだけ)でいいなら安いものさ」

 

47話

「危険だな、カミーユ。それではアムロ・レイの二の舞いになる」

 

50話

「まだだ、まだ終わらんよ!」

 

「ハマーン。私はただ、世界を誤った方向にもってゆきたくないだけだ」

 

「私が手を下さなくとも、ニュータイプへの覚醒で人類は変わる。その時を待つ」

 

「また同じ過ちを繰り返すと気づかんのか!?」

 

「君のような若者が命を落として、それで世界が救えると思っているのか!?」
「新しい時代を作るのは老人ではない!」

 

「(ハマーン)そんな決定権がお前にあるのか!?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士Zガンダム Ⅰ [Blu-ray]

 

→機動戦士Zガンダム
→機動戦士Zガンダム(カミーユ)
→機動戦士Zガンダム(ジェリド&ヤザン)
→機動戦士Zガンダム(シロッコ&ハマーン)
→機動戦士Zガンダム(エマ&レコア)
→機動戦士ガンダム
→機動戦士ガンダム 第08MS小隊
→機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY
→機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
→機動戦士ガンダムF91
→新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
→機動戦士ガンダムSEED
→機動戦士ガンダムSEED DESTINY
→機動戦士ガンダム00
→機動戦士ガンダムNT
→機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました