アニメ「機動戦士ガンダム」シャアの名言まとめました

アニメ「機動戦士ガンダム」シャア・アズナブルの名言をまとめていきます。

機動戦士ガンダム

1話 ガンダム大地に立つ!!

「私もよくよく運の無い男だな。作戦が終わっての帰り道で、あんな獲物に出会うなどとは」
「向こうの運が良かったのかな?」

シャアは作戦の帰還途中、連邦軍の新造戦艦を発見する。
運の無い男と言いながら、口元には笑みすら浮かべていた。

「認めたく無いものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」

連邦の新型モビルスーツの存在を確認するが、ザク2機を失ってしまう。
その状況にシャアは失敗をつぶやく。

2話 ガンダム破壊命令

「戦いとは、いつも2手3手先を考えて行うものだ」

補給を受けるため待機するが、その時間を利用して別作戦を考えるシャア。
驚く部下に対して、敵の裏をつくことを話していく。

「慌てるな。下手に動くとかえって当たる」
「人間みたいな小さな目標に、そうそう当たるもんじゃない」

発見され宇宙空間を逃げるシャア達に、ガンダムが攻撃をしてくる。
叫ぶ部下に対して、シャアは当たらないことを話していく。

「見せてもらおうか。連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」

旗艦に連絡し、ザクを受け取るシャア。
歴戦のパイロットのため、ガンダムに対しても余裕を見せる。

「バカな? 直撃のはずだ!」

ガンダムを翻弄し、ライフルを直撃させることに成功するシャア。
しかしダメージを受けたように見えないガンダムに驚いてしまう。

「一撃で、一撃で撃破か!」
「何ということだ。あのモビルスーツは、戦艦なみのビーム砲を持っているのか!」
「火力が、違いすぎる!!」

ガンダムの攻撃により、味方のザクが一撃で撃破される。
その破壊力を見るシャアは、自分の常識が通用しないことを叫ぶ。

スポンサーリンク

3話 敵の補給艦を叩け!

「3機のザクを要求してこれか」
「敵のモビルスーツの性能が、皆目わからんのに」

3機のザクを要求したが、2機しか送らないことを聞くシャア。
さらに補給艦が老朽艦と知り、上層部が今回の問題を軽く考えていると感じてしまう。

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差では無いということを、教えてやる!!」
「遅い!」「甘いな!」

補給中をガンダムに攻撃されたため、ザクで迎撃に向かうシャア。
前回は驚くばかりだったが、今回は経験の違いを見せつけていく。

「ええい、連邦軍のモビルスーツは化物か!」
「これだけの攻撃でも!」

ガンダムを翻弄し格闘攻撃に成功するシャア。
しかし撃破できず、いらだちを見せる。

4話 ルナツー脱出作戦

「敵を目の前にしても捕捉されぬとは奇妙なものだな」
「科学戦もつまるところまで来てしまえば、大昔の有視界戦闘に逆戻りというわけだ」

ルナツーにホワイトベースが入港しているため、潜入を計画するシャア。
ミノフスキー粒子によりレーダーに映らないことから、奇妙な感覚を覚える。

「ドレン。貴様も言うようになったな」
「あれだけの装備を誇っているルナツーだ」
「並の軍略家ならば、このムサイごときが仕掛けてくるとはよもや思うまい」

強気なことを話す部下のドレンに返すシャア。
ルナツーが強固だからこそチャンスがあると考えていた。

5話 大気圏突入

「戦いは非情さ。そのくらいのことは考えてある」

大気圏突入前にホワイトベースとガンダムを攻撃するシャア。
作戦は失敗するが二段構えとして、自軍の勢力下に進路を変えさせることには成功する。

7話 コアファイター脱出せよ

「地球での自由落下というやつは、言葉でいうほど自由では無いのでな!」

飛行中のホワイトベースから出撃するガンダムを攻撃するシャア。
不慣れなアムロに対して余裕を見せる。

8話 戦場は荒野

「どうもお坊ちゃん育ちが身にしみ込みすぎる」
「甘いな!」

ホワイトベースからの一時的な休戦協定に対して、ガルマに意見するシャア。
もっともな考えのためガルマは採用するが、シャアは不敵な笑みを浮かべる。

「これで勝てねば、貴様は無能だ!」

時間を稼ぐことが出来たため、戦力の補強に成功するガルマは勝利を確信する。
しかしシャアは冷たくつぶやく。

スポンサーリンク

9話 翔べ! ガンダム

「ただのパトロールだ。だとすれば、木馬はかなり焦っている」
「木馬がパトロールを出すなど初めてだ」
「弱点が有るからこそ、我々の動きを知りたがっているんじゃないのかね?」

コアファイターの接近を許したが、攻撃せずに見逃すことを提案するシャア。
ここからホワイトベースの状況を予測する。

10話 ガルマ散る

「穴に逃げ込んだネズミを燻り出すのは、絨毯爆撃に限るな」

廃墟と化した市街地でホワイトベースを見失うガルマ。
シャアは見つけるために絨毯爆撃を提案する。

「モビルスーツめ! やるようになった!」

夜間の廃墟でガンダムと戦うシャア。
アムロの戦いのレベルが上がったことを感じる。

「ガルマ。聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい!」
「君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ」

ホワイトベースの作戦を利用し、ガルマを罠にはめるシャア。
騙され叫ぶガルマに対して、真実を伝え高笑いをする。

12話 ジオンの脅威

「坊やだからさ」

ガルマの国葬が行われ演説するギレンは、「死んだ、なぜだ!?」と叫ぶ。
聞いていたシャアは真実をつぶやく。

26話 復活のシャア

「私は。これだけは私の手で倒したいと思ってるくらいなのだ」
「子供じみているだろ」
「そう。私のプライドを傷つけたモビルスーツだからな」

味方のモビルスーツが撃退されても、むしろ当然とばかりに話すシャア。
今までの戦いでプライドを傷つけられたとして、復讐を語っていく。

29話 ジャブローに散る!

「あれがか? 見掛け倒しでなけりゃいいがな」

ジャブローに来たシャアは新型モビルスーツ・ゾックを見る。
数字的な性能は優れているが、シャアは少し不安を覚える。

「更に出来るようになったな、ガンダム!」

ズゴックでガンダムと戦うシャア。
久しぶりの直接戦闘になるが、アムロが戦い慣れてきたのを実感する。

30話 小さな防衛線

「構うな、全員脱出する。作戦が失敗となれば直ちに撤退だ、いいな!」

ジャブローに潜入したが、作戦は失敗に終わる。
判断に迷う部下に対し、シャアは明確に指示を出す。

スポンサーリンク

31話 ザンジバル追撃!

「木馬の射程距離とどちらが長いか。神のみぞ知るという所か」

お互いに接近するホワイトベースとザンジバル。
有効射程距離がつかめていないため、シャアでもこの後は計算できなかった。

「木馬にぶつかるつもりで、突っ込め!」
「ウロウロ逃げるより当たらんものだ。私が保証する!」

お互いに至近距離までくるホワイトベースとザンジバル。
シャアは突っ込むように指示を出し、相手が逃げることを予言する。

32話 強行突破作戦

「ドレン。私を誰だと思っているのだ」

元部下のドレンと合流を予定しているシャア。
追いつけるかを確認された時、軽い感じで返していく。

34話 宿命の出会い

「アムロ? 不思議と知っているような名前だな」

サイド6の中で偶然、アムロと出会うシャア。
今までもパイロットの情報は無かったため、シャアはこの時点では気づかない。

「よおく見ておくのだな。実戦というのは、ドラマのように格好の良いものではない」
「ララァはかしこいな」

サイド6の外側で戦闘を行っているガンダム。
シャアはララァとテレビ放送を見ながら、いろいろと話していく。

37話 テキサスの攻防

「私はモビルスーツに乗っても、必ず帰って来る主義だ。死にたくない一心でな」
「だから戦闘服だのノーマルスーツなどは着ないのだよ」

出撃時にララァより、ノーマルスーツを着るように促されるシャア。
しかし主義として着ないことを語っていく。

38話 再会、シャアとセイラ

「間違いなさそうだな」
「私の射撃は正確なはずだ。それをことごとく外すとは!」

シャアは攻撃が当たらないことに驚愕し、アムロをニュータイプと確信する。

「マスクをしている訳が分かるか?」
「私は、過去を捨てたのだよ」

テキサスコロニー内でセイラと出会うシャア。
セイラにホワイトベースを降りて欲しいことを伝え去っていく。

「私にも、悲しいことはあるのだよ。聞かないでくれるか」

ララァは戻ってきたシャアに何か合ったのを感じ取る。
しかしシャアは聞かないで欲しいことを話していく。

スポンサーリンク

39話 ニュータイプ、シャリア・ブル

「戦いは危険を犯してはならぬ。少なくとも、ソロモンにいるガンダムは危険だ」

シャリア・ブルのブラウ・ブロは撃破されたが、今ならガンダムを倒せると話すララァ。
しかし今の段階では危険なのをシャアは指摘する。

「ニュータイプは万能ではない」
「戦争の生み出した、人類の悲しい変種かもしれんのだ」

ニュータイプについてララァに話すシャア。
決してニュータイプになることが幸せとは考えていなかった。

40話 エルメスのララァ

「ガンダム! 昨日までのガンダムと、まるで違うぞ!」

アムロの反応速度に対応するため、マグネット・コーティングを実施するガンダム。
今までとの違いにシャアは驚愕する。

41話 光る宇宙

「私もゲルググで出るが、今度は私がララァの命令に従う」
「今はララァの方が優れている」

出撃前、ララァに声を掛けるシャア。
ララァのニュータイプとしての能力を認めていることを伝える。

「ララァ! 奴とのざれごとは止めろ!!」

戦うことで意識を通わせるアムロとララァ。
しかしシャアは戦場に到着し、2人を現実に引き戻す。

「ララァ、私はガンダムを討ちたい。私を導いてくれ!」

ニュータイプとして目覚めたアムロを相手に、苦戦が続くシャア。
しかしどうしても自分でガンダムを討ちたいため、ララァに協力を仰ぐ。

「ララァを手放す訳にはゆかん!」

突っ込んでくるガンダムに対して、迎撃するシャア。
ララァと心を通わせるアムロに、複雑な気持ちを感じていた。

42話 宇宙要塞ア・バオア・クー

「見えるぞ! 私にも敵が見える!」

出撃前は自分のニュータイプ能力に疑問を感じていたシャア。
しかしジオングに乗り戦闘を続けていくうち、ニュータイプの能力が目覚めていく。

「しかし、私もニュータイプのはずだ!」

ニュータイプとしての能力は目覚めているが、ガンダムには遅れを取るシャア。
改めて自分もニュータイプであることを信じようとする。

43話 脱出

「どうする? あのニュータイプに打ち勝つ方法は」
「ララァ、教えてくれ。どうしたらいいのだ?」

ジオングは大破し退却するシャア。
どうしても勝つ方法が見えないため、亡きララァに問いかける。

「今、君のようなニュータイプは危険すぎる」
「私は、君を殺す」

お互いにモビルスーツを失うシャアとアムロ。
少し会話をした後、シャアは白兵戦でアムロを倒すことを語る。

「ザビ家打倒なぞ、もうついでのことなのだ、アルテイシア」

戦いが終わった後、セイラは本来の目的を思い出させる。
しかしシャアの目的は変わってきていた。

スポンサーリンク

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア

「地球に住む者は、自分たちのことしか考えていない。だから抹殺すると宣言した!」
「私シャア・アズナブルは粛清しようというのだ、アムロ!」
「地球が持たん時が来ているのだ!」

サザビーで出撃するシャアはアムロと対決する。
暴挙を止めるように話すアムロに、シャアは自分の考えを貫くことを叫ぶ。

「これでは道化だよ」

作戦終了後、次の作戦に向けて演説するシャア。
道化と感じるが、総帥として必要なことに手は抜かなかった。

「アムロ。私はアコギなことをやっている」
「近くにいるのなら、この私を感じてみろ」

サイド1のスペースコロニー・ロンデニオンで地球連邦と取引をするシャア。
自分の悪辣さに対して、少なからぬ心の迷いを持っていた。

「地球は、人間のエゴ全部を飲み込めやしない!」
「ならば、今すぐ愚民ども全てに叡智を授けてみせろ!」

ロンデニオンで偶然、アムロと出会うシャア。
アムロが飛びかかり格闘状態になりながら、自分の考えを叫んでいく。

「私は、宇宙に出た人類の革新を信じている」
「しかし、人類全体をニュータイプにするためには」
「誰かが、人類の業を背負わなければならない」

小惑星アクシズを地球に落とそうと考えるシャア。
ナナイに「悪行」と言われるが、それを受け入れる覚悟は出来ていた。

「似すぎた者同士は、憎み合うということさ」

過去のアムロとララァの心のつながりを思い出すシャア。
どうしてもアムロと分かり合うことは出来ないことを話していく。

「父の名前を継ぐのはつらいな。君のような支えがいる」

ナナイに対して弱さを語り、甘えるような仕草を見せるシャア。
ただこれが本心かは分からない。

「私は、ネオ・ジオンの再建と打倒アムロ以外に興味は無い」
「ナナイは私に優しいしな」

ギュネイはクエスに気があるため、いろいろ自分の悪口を言ってるのを知るシャア。
出撃前にクエスには興味が無いことを話していく。

「アムロ。地球上に残った人類などは、地上のノミだということがなぜ分からんのだ!」

アムロによって予定していた作戦の一部を潰されてしまう。
人類全ての粛清が困難になったため、シャアは怒りを叫ぶ。

「ララァが死んだ時のあの苦しみ、存分に思い出せ!」
「貴様こそ、その力を無駄に消耗してると何で気がつかん!」

戦いながらララァのことを叫ぶシャア、情けないと叫ぶアムロ。
お互いがお互いの行動を理解できなかった。

「私は、世直しなど考えていない!」

シャアの世直しは間違っていることを語るアムロ。
しかしシャアは自分の目的しか考えていないことを叫ぶ。

「戻れというのか、ナナイ。男同士の間に入るな!」

アムロと死闘を繰り広げているが、ナナイから帰還命令が入る。
しかしそんな余裕は無く、シャアは割り込んできたナナイに怒りを叫ぶ。

「結局、遅かれ早かれこんな悲しみだけが広がって、地球を押しつぶすのだ」
「ならば人類は、自分の手で自分を裁いて」
「自然に対し、地球に対して、贖罪しなければならん」
「アムロ。何でこれが分からん!」

アクシズの落下を単機で止めるνガンダムを見て、敵味方とも協力して止めようとする。
ただ多くの機体が爆発していく光景を見て、シャアは悲しみをつぶやく。

「ララァ・スンは、私の母になってくれるかもしれなかった女性だ」
「そのララァを殺したお前に言えたことか!」

クエスの扱いについてアムロに批判されるシャア。
しかしクエスに対する想いは無く、過去のララァに対する想いを叫ぶ。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム Blu-ray Box
機動戦士ガンダム 逆襲のシャア [Blu-ray]

→機動戦士ガンダム
→機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
→新機動戦記ガンダムW(ヒイロ)
→機動戦士ガンダムSEED DESTINY
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク