「ダイヤのA(エース)」沢村栄純の名言・台詞まとめ

アニメ「ダイヤのA(エース)」沢村栄純の名言・台詞をまとめていきます。

ダイヤのA(エース)

1話

「大丈夫でしょ。バットとボールがあれば野球は出来るし。今まで俺達、そうやってきたじゃん」

 

「だってそうだろ。学校が統合されて無くなったって、俺達が集まる限り、赤城中の魂は無くならねえんだ。中学で果たせなかった夢、もう一度みんなでリベンジしようぜ」

 

「野球はテレビで見るより、自分らでやる方が100倍おもしれえじゃん」

 

「どうせ目指すもんは同じなんだ。だったら俺は、こっちの仲間と甲子園を目指したいよ」

 

「たとえ世間が認めても、俺は絶対認めねえ。たった1人じゃ、野球は出来ねえんだ」
「名門と呼ばれるこの学校じゃ、そんな大切なことも忘れてんのかよ!」

 

2話

「俺はいつでもストレート一本だ!」

 

「俺はきっと投げられる。あのミットさえ信じれば、今より凄い球が。今より、もっと、もっと!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

4話

「こんな時にこそやらなきゃ、いつまで経ってもそっちには行けねえっすから!」

 

5話

「自分以外の誰かが、マウンドに立ってる姿なんて、見たくねえっす」

 

「やっぱダメだ。野球は見る側じゃなく、プレーしないと」

 

「戦う前から相手にのまれてちゃ、自分の力なんて出せねえよな」
「俺は自分の力をぶつけてみてえ! そのためにこの学校を選んだんだからな!」

 

「プレーが続く限り、諦めてたまるか!」
「エースがどうとか、一軍がどうとか、今はそんなもんどうだっていい! ただこのまま、何もしないまま、終わりたくねえんだ!」

 

8話

「こんな馬鹿な1年と練習だなんて、時間の無駄かもしれません。けど、無理を承知でお願いします。俺に……俺に、野球を教えて下さい!」

 

10話

「けど、このままじゃ俺、あの人に何も返せない」
「あの人が引退する前に、少しでも成長した姿を見せたいんです!」

 

「認めさせるんじゃない。この人達に、チームメイトに認められてこそ、エースなんだ!」

 

12話

「いくらでもバントしろよ。俺はもう、クリス先輩のミットしか見ねえ!」

 

13話

「今はただ、最高のボールを、あの人のミットに!」

 

14話

「今やれることを全てやる! それが、俺がクリス先輩に出来る、唯一の恩返しなんだ!」

 

18話

「ムカつくけど……」
「俺は、この人に受けてもらいたくて、この学校を、青道を選んだんだ」

 

27話

「お前の悔しさは、俺が引き継いで投げてやる。後は俺に任せろ!」

 

44話

「そうか、後ひとつで甲子園か……」「正直、あんまり考えてなかったよ」
「一試合一試合、自分の役割を果たす。ただそれだけに、必死だったからな」

 

61話

「そうだ、勝負。勝つか負けるかの、真剣勝負。生き残るには、相手を倒すしかない」

 

63話

「同じ涙でも、気持ちが違う、重さが違う。先輩達の前で、同じように泣いちゃいけない。そう思うことだけが、俺達下級生に出来る、ただ一つのことだった」

 

70話

「チクショー……俺は、弱い」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ダイヤのA 全47巻セット (コミック)

 

→ダイヤのA
→ダイヤのA(御幸一也)
→ダイヤのA(結城哲也)
→ダイヤのA(クリス)
→ダイヤのA(片岡監督)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました