「PERSONA(ペルソナ)3」の名言・台詞まとめ

劇場版アニメ「PERSONA(ペルソナ)3」の名言・台詞をまとめていきます。

#1 Spring of Birth

「時は全ての者に結末を運んで来る。たとえ耳と目を塞いでいてもね」(ファルロス)

 

「知るだけの資格が彼にあるか。それを見極めるためにも、必要なことなんだ」(桐条美鶴)

 

「どうでもいい」
「死ぬって、そんなに怖いこと?」(結城理)

 

「私はこんなとこで死ねない。まだ何も知らないのに、死にたくなんかない!」(岳羽ゆかり)

 

「別にボクシング自体に思い入れは無い。素手の格闘技ならなんでもよかった。昔自分の無力さを思い知ったことがあってな……もうああいう後悔はしたくないんだ」(真田明彦)

 

「背中は預けた」(理)

 

「実際の被害を目の前にすると思い知る。奴等は確かに、人間を狙ってるんだ。シャドウ、まぎれもなく人類の敵だ」(美鶴)

 

「助かる可能性があるのに放っておくなんて、俺には出来ない。後悔したくないんだ」(真田)

 

「どうやら、今夜君達に訪れる試練は一つじゃないみたいだ」
「乗り越えるのは困難ということさ。このままだとみんな、死ぬよ」(ファルロス)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

#2 Midsummer Knight’s Dream

「ともあれ、季節は夏。噂によると、夏とは人を開放的にさせる魔性の季節と伺いました。お客様にはぜひとも、欲望の限りを開放し、青春を謳歌していただきたいと思っております」

「ただし、忍びよる気配にはくれぐれもお気をつけ下さい」(エリザベス)

 

「実戦なら、死んでいたな」(真田)

 

「美鶴、人を信じてみろ。どれだけ己を殺しても、所詮は個の力。この世には、1人ではなせないことがある」(桐条武治)

 

「あなたが自覚している悪意と、相手が感じている悪意は無関係。人はみな、聞きたいように聞き、信じたいことだけ信じるものです」(タカヤ)

 

「岳羽には意味なくても、俺にはあったよ」
「岳羽やみんなと一緒にいると、飽きない、悪くないって思う。こういうのを、楽しいっていうのかな?」(理)

 

「ようやく見つけた」「あなたをずっと探していました」
「私の一番の大切は、あなたのそばにいることであります」(アイギス)

 

「やります。それが父さんのやったことの、償いになるのなら」(ゆかり)

 

「こんな日が、これからもずっと続けばいいのに」(天田乾)

 

「いいことなんて一つも無かった。生きてくなんてつらいだけだった」

「死んじゃおうって思った時もあったけど、このまま母さんに会うことなんて出来ない。だから決めたんだ、かたきを討つまで生きようって!」(天田)

 

「憎しみを、すぐに捨てなくていい、力にすりゃいい。お前はまだガキなんだから……これからのために、生きろ」(荒垣真次郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
劇場版ペルソナ3 #1 Spring of Birth [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました