「幽遊白書」飛影の名言・台詞まとめ

アニメ「幽遊白書」飛影の名言・台詞をまとめていきます。

幽遊白書

8話

「剛鬼は詰めを誤った、蔵馬はくだらん情にほだされた。これだから下等な妖怪は信用できん」

 

「ルールは守らんとゲームがつまらないからな」

 

「今のが不意打ちのつもりか!? あまりに遅くて驚いたぞ!」

 

「なるほど、自分の仲間に危険が迫ると実力以上の力を発揮する。お前はもっとも厄介な、そしてもっとも俺の嫌いなタイプの人間のようだな!」

 

15話

「奴等に言っておけ! 命乞いをするなら今のうちだとな!」

 

「貴様は蔵馬の強さを知らんからな」
「なぜ俺が奴と組んだか教えてやろう。敵に回したくないからだ」

 

18話

「言いたいことはそれだけか?」
「土下座するのは、お前だ!」

 

「その程度の氷を操る力じゃ、俺には通じない」

 

「もう一度は無い!」

 

21話

「全く不可解だな。なぜ自分を削ってまで他人に尽くすんだ?」
「俺には到底真似はできんがな。他人のために、しかも勝敗の見えない戦いなんぞにな」

 

25話

「呪いの札の結界に閉じ込めていたとは。邪眼で探しても見つからなかった訳だぜ。しかし、そこから出したのが運の尽きだ!」

 

「この程度で許されると……思うなよ!!!」

 

「分かった。こんな奴のことで、お前が悲しむ必要は無い」

 

「仲間さ……あいつらのな」

 

「そんな必要がどこにある」
「だったらこのままでいい」

 

26話

「雪菜は俺を知らん、これからも知る必要は無い。元々母親だって違うんだ」
「俺は霊界から指名手配をされたことがある男だぞ。そんな兄がいると知っても、あいつが喜ぶと思うか?」

「俺は、影からあいつを見守ってやればいいのさ」

 

27話

「その時は俺達でこの船の妖怪共を皆殺しにすればいいだけの話だ。そうすれば誰も文句を言う奴はいなくなる」

 

「予想通りの展開だ。準備運動にもならんがじっとしているよりマシか」

 

29話

「蔵馬。ちょっと痛い目に合わせてやるなんて考えるな。二度と歯向かう気にならんようにしてやれ」

 

30話

「俺が行く。あいつは昨日、なめたマネをしてくれたからな!」

 

「いい腕だ……」
「殺すには惜しいくらいだ」

 

「喜べ! 貴様が人間界での、邪王炎殺拳の犠牲者第一号だ!」

 

「邪眼の力をなめるなよ!」

 

「全て焼き尽くしてしまった。この世に残ったのは、あの影だけだ」

 

40話

「ルールなんぞくそくらえだ。文句のある奴は殺す、皆殺しだ」

 

41話

「ここからは俺のルールでやってやる。本当に強い奴だけが生き残るサバイバルゲームだ」

 

57話

「俺の望みを教えてやろう、この大会の黒幕全員の命だ。こんなくだらんゲーム、二度と呼ばれんようにな」

 

「本気を出せ! 反撃する気も起こらん!」

 

「そうか、そんなに見たいか? 後悔するぜ」

 

「もう後戻りは出来んぞ。巻き方を忘れちまったからな」

 

58話

「見せたいものは、これからだぞ」

 

「死にたきゃ勝手に死ね。俺は指図されるのが嫌いでな」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
幽遊白書 全19巻セット (コミック)

 

→幽遊白書(蔵馬)
→幽遊白書(戸愚呂弟)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました