「ぼっち・ざ・ろっく!」喜多郁代の名言・台詞まとめ

アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」喜多郁代の名言・台詞をまとめていきます。

ぼっち・ざ・ろっく!

3話

「(ギターって)初心者が1人で始めるには難しすぎるのよね」
「メジャーコード? マイナー? 野球の話?」

 

「だってバンドって、第2の家族って感じしない?」
「本当の家族以上にずっと一緒にいて、みんなで同じ夢を追って、友達とか恋人を超越した不思議な存在な気がして」

 

「そう、私は結束バンドに入って(リョウ)先輩の娘になりたかったの!」
「友達より深く! 密に!」

 

「あっ…先輩分のノルマ、貢ぎたい!」

 

4話

「後藤さんってすぐ調子乗っちゃうのね」

 

「でも先輩になら、むしろ振り回されたい!」

 

「でも先輩の言う通りにすれば間違いなんてないですよ」

 

5話

「私ね、あれから考えてみたんだけど…」
「バンドとしての成長って、つまり頑張ってることが伝わればいいと思うの」

「私、その時に心から”頑張った”って言えるように、後悔しないようにしたくて」
「だからオーディションの日まで、お付き合いよろしくお願いします」

 

6話

「(学校での後藤さん?) ん~、そうですねえ」
「クラスが違うので教室での様子とかはあまり分からないですけど、誰かと一緒にいるところは見たことはないですね」

「あっ、いじめられてるとかではないですよ」
「後藤さんが引っ込み思案なのもあって、みんな接しづらそうというか、どう扱っていいか分からないって感じで」

 

「(後藤さん)ギターの練習とかは一緒にしてくれるんですけど」
「でも、私の友達とお昼食べようって誘うと、もうダメで」
「教室に行ってもいなくて…」

 

7話

「そんなスラスラとバラエティ豊富な嘘が思いつくなんて…」
「さすが先輩! 悪女ですてき!」

 

「なんだか嬉しいですね!」
「後藤さんも今日楽しみにしてくれてたって分かって」

 

「(Tシャツの)コンセプトは友情・努力・勝利で~す」

 

「んっと、ノリです!」
「だって、こういうの着たら、みんなの心が1つになる気がしません?」

 

「(体育祭と聞いて) 後藤さん、溶けちゃいましたね」

 

「(後藤さんのデザイン) 中学生男子の服によくある謎フォントだわ」

 

「(後藤さんはかわいい) 普段の奇行で忘れるところでしたね!」

 

「顔をさらされたことへの急激なストレスに、体がついていけなかったんだわ!」

 

「後藤さんの呪い…だわ…」
「ギター上手くならなくてごめんなさい。かわいすぎてごめんなさい」

 

8話

「私ってロックのことまだぜ~んぜん理解してないみたいです」

 

「イソスタです。私、大臣なので」
「(何が楽しい?) 楽しい気持ちのおすそ分けっていうか」
「友達が楽しそうだと楽しくないですか?」

 

「ひねくれ? 店長さん優しいじゃないですか」

 

「(郁代?) へっ、へへへ…誰でしょうね?」
「そんなしわしわネーム、だ…誰のことかな?」

 

「あ~あ、ずっと隠してたのに! この名前嫌なんですよ!」
「店長さんみたいに”星の歌”なんて書く素敵ネームの人には分かりませんよ!」

 

「だって、ダジャレみたいでしょ?」
「”きた~”、”いくよ~”って。アハハ、アホか~い!」

 

「私のフルネームは”喜多喜多”です」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ぼっち・ざ・ろっく! 1-4巻セット (コミック)

 

→ぼっち・ざ・ろっく!のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました