「幽遊白書」蔵馬の名言・台詞まとめ

アニメ「幽遊白書」蔵馬の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
幽遊白書 全19巻セット (コミック)

幽遊白書

7話

「なぜかな? 自分でもよく分からない。でも、一つだけハッキリしてることがある。俺は彼女にとても世話になった。俺の本性を知らないで、健気に俺を育ててくれた」

「彼女が病気になった時、初めて思ったんだ。恩返しがしたい、と」

 

8話

「平気さ。こないだの借り、返させてくれ」
「俺も妖怪の端くれだ、そう簡単には死なんさ」

 

15話

「俺がやろう」
「敵の正体が分からない以上、全員で行くのは危険だ。それに、飛影ばかりにいいかっこさせる訳にもいかないしな」

 

「隠そうとするものを見つけるのは得意なんだ。本業は、盗賊だからね」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

25話

「じっとしているのは、私の性分じゃないので」

 

29話

「大した使い手でもなさそうだ。いま楽にしてやるよ」

 

「うんざりだが、今まで呆れ返るほど言い続けた台詞を繰り返そう。もっとも危険な賭けなんだよ、お前が一番てっとり早いと思っている手段は」

 

「お前が悪党でよかった、遠慮なく残酷になれる」

 

「皮肉だね。悪党の血の方が、きれいな花が咲く」

 

34話

「痛みくらいは教えておくべきだったな。機械も生物も、小さな傷が命取りとなることは」

 

「機械は説得が楽でいい。君はどうする? 服従か、死か?」

 

35話

「マニュアル通りの心理作戦も結構だが、人間ってやつは何がきっかけで強くなるか分からないからね」

 

37話

「俺で全員片付けると言いたいが、奴等の妖気がそうさせてくれそうもない」

 

「悪いな。使えるのは手足だけじゃない」

 

46話

「まさかまた、この姿に戻る日が来るとは……妖狐の姿にな」
「さあ、お仕置きの時間だ。俺を怒らせた罪は重い!」

 

47話

「確かに、前ほどの妖気は俺には無い。だがな、代わりに守るべきものが出来た。その人達のためになら、前以上に強くなれる」

 

55話

「一口飲むだけで、15分くらいは元の姿に戻れる。奴を倒すのには十分な時間だ」

 

「じきに変わるさ。貴様を倒すためなら、何にでもなってやる」

 

「爆弾を作り出すか……妖怪の中でも、支配能力を持つ階級・クエストクラスと会えたのは嬉しいが……お前は、殺すぞ!」

 

56話

「お前は大きな勘違いをしている。俺は、この姿でも魔界の植物を呼べるのさ。死と、引き換えにな!」

 

57話

「奴を倒すだけで、精一杯だった……」
「奴には、勝てなかったってことさ」

 

60話

「場違いのクズはすぐ消える」
「壇上の2人が、そう言ってる」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
幽遊白書 全19巻セット (コミック)

 

→幽遊白書(飛影)
→幽遊白書(戸愚呂弟)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました