「魁!! 男塾」の名言・台詞まとめ

マンガ「魁!! 男塾」の名言・台詞をまとめていきます。

魁!! 男塾1巻

「わしが男塾塾長、江田島平八である」(江田島平八)

 

「フフフ、笑わせんじゃねえ」
「てめえらのその民主主義教育とやらで、どんなガキが育った。頭でっかちのひとりじゃ小便もできねえ青ビョウタンばかりじゃねえか」

「男塾は落ちこぼれの集まりなんかじゃねえ、真のエリート集団よ」
「ここできたえあげられた卒業生たちは将来、文化・政治・経済、あらゆる分野でこれからの日本のかじをとっていくことになるだろう」(江田島)

 

「おれにもわからねえ。ただわかってんのは、男塾じゃどんな理くつも通らねえってことだけだ」(剣桃太郎)

 

「やってくれるじゃねえか、飛行帽の野郎。まさかヤッちゃん(ヤクザ)のおうちとはね」
「(どこかなんて)知るかよ、そんなこと」

「続けようじゃねえか、直進を……」(剣)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「介錯、御無用。自分の人生、自らの手で完結いたし申す」(富樫源次)

 

「一死大罪を謝す。こ、これが男の死に様じゃーーっ!!」(富樫)

 

「う、うるせえぞ、チビ。てめえみてえなヒネたガキになめられてたまるか」
「みさらせ。これが富樫源次の根性じゃーーっ!!」(富樫)

 

「ほっとけ。ぶらさがり族だかなんだか知らねえが、てめえのうらみ晴らすためにまでわしらつかわれてたまるか」(剣)

 

「わるいな。おれはボクシングやるつもりはねえ」
「カウントを数える必要はなさそうだな」(剣)

 

「体力と根性だけの男塾にも、知性の光がちったあみえてきたぜ」(富樫)

 

「その(集める)必要はない」
「ひさしぶりに青春の血がたぎってきたわい」(江田島)

 

「奴隷の一号、鬼の二号に閻魔の三号……どんな鬼がでてくるか楽しみなこったぜ」(剣)

 

「押忍! 一号生筆頭・剣桃太郎。一号生を代表し、御挨拶させていただきます」
「手を上げるだなんておそれ多い……根性の曲った先輩がたには、足一本で十分であります」(剣)

 

「まてよ富樫。ハンチクな気持ちで男塾はつとまりゃしねえ。この際、白黒ハッキリさせたほうがやつのためだぜ」(剣)

 

「やったじゃねえか。これでおまえは男塾をやめるも自由だぜ」
「椿山、おまえは本当は強かったのさ。ただ自分でおく病だと思いこんでただけさ」(剣)

 

「どんな苦難にもなん回失敗してもたちむかう……それが男塾魂だ」(江田島)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
魁!!男塾 全34巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

02_マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました