「魔法科高校の劣等生」司波深雪(しばみゆき)の名言・台詞まとめ

アニメ「魔法科高校の劣等生」司波深雪(しばみゆき)の名言・台詞をまとめていきます。

魔法科高校の劣等生

1話

「魔人とかして、お兄様は戦場を闊歩する。ただ、私のために。私は、お兄様に、どう報いればいいのだろうか? 何をお返し出来るというのだろうか?」

「今の私は、この命すら、お兄様から頂いた物だというのに」

 

「お兄様、そんな……『想っている』なんて!?」

 

「ところで、お兄様。さっそくデートですか!!!?」

 

「美月ったらいったい何を……何を勘違いしているの?」

 

3話

「美人の先輩に囲まれて鼻の下を伸ばされていたお兄様は、お仕置きです」
「申し訳ありません。悪ふざけが過ぎました!」

 

4話

「ええ。お兄様に勝てる者など、いるはずが無いもの」

 

「それはもう、お兄様のことならば、深雪は何でもお見通しですよ」

 

「深雪は不安です。お兄様が名声を博するのは、とても嬉しいことなのですが、お兄様の本当のお力を、その一端でも知れば、私利私欲に役立てようと群がって来る輩は大勢います」

「どうか、お気をつけ下さい」

 

「お兄様、いったい何をされていらっしゃったのかしら?」

 

 

「そんなことはありません!」

「お兄様には、誰にも真似の出来ない才能があるのに、唯他の人達と同じ才能が無いというだけで、それこそ何十倍もの努力を積み上げてこられたではありませんか!?」

 

5話

「でも、お兄様。壬生先輩のプライベートナンバーをわざわざ保存していらした件については、後ほど、詳しくお話を聞かせて下さいね」

 

6話

「愚かなマネは止めなさい! 私がお兄様に向けられた害意を見逃すことなど、ありません」

 

「私はお兄様を蔑んだりはしません。たとえ私以外の全人類がお兄様を中傷し、誹謗し、蔑んだとしても、私は、お兄様に、変わることのない敬愛を捧げます」

 

「結局、誰よりもあなたのことを『ウィード』とさげすんでいたのは、あなた自身です!」

 

7話

「この、ゲス共!」

 

「愚か者!」

 

「お前たちも運が悪い。お兄様に手出しをしようとさえしなければ、少し痛い思いをするだけで済んだものを」

「祈るがいい。せめて命があることを」

 

「お兄様。深雪は、いつまでもお兄様について行きますから。例えお兄様が、音の速さで駆け抜けて行かれても。空を突き抜け、星々の高みへ駆け登られても」

 

8話

「お兄様はまたしても、不可能を可能にされました。私はお兄様の妹であることを、誇りに思います!」

 

9話

「ほのかと雫は、お兄様のお友達よ」「ええ、お友達よ」「お友達よ」

 

 

10話

「何を期待しているのか知らないけど、私とお兄様は実の兄弟よ。お兄様を、恋愛対象として見たことなんて無いから」

 

11話

「そんな! お兄様ったら、私の方が大切だなんて!」

 

13話

「私は、味方ですから」「私はいつまでも、お兄様の味方ですから」

「その時はきっとやって来ます、必ずやって来ます。その時まで、その後も、私はずっと、お兄様の味方ですから」

 

14話

「北山さんが私との試合を望むのであれば、私の方に、それをお断りする理由はありません」

 

「残念だけど、甘いよ、雫」

 

15話

「エリカって、ブラザーコンプレックスだったのね!」

 

16話

「制限した側の人間である私が、このようなことを申し上げるのは、筋違いでありご不快かもしれませんが……それでも私は、お兄様は誰にも負けないと信じております」

 

17話

「いけませんか? 深雪は、お兄様に甘えたいのです」

 

24話

「お兄様、ご存分に」

 

26話

「一度で、ではありませんよ、吉田くん。一瞬でです」

 

「ありとあらゆる負傷を無かったことにする。そんな魔法が、何の代償もなく使えるとお考えですか?」

 

「お兄様は他人の傷を治すたびに、そのような代償を支払っているのですよ。それでもまだ、他人のためにそのお力を使うべきだとおっしゃるのですか?」

 

「とにかく、あなたがのぞきの張本人なら、あなたにいなくなってもらえれば、しばらくは安心できるというものです」

 

「しばしお休み下さい。私もいろいろと上達しましたので、ずっと目が覚めなくなるということは無いはずです」

 

「ご懸念には及びません。兄の力は、常に私を守護しておりますので」

魔法科高校の劣等生(2期) 来訪者編

1話

「いつもいつも、その手でごまかせるとは思わないで下さい」

 

3話

「はい、その時は一緒に。約束ですよ、お兄様」

 

4話

「リーナ、あなたのことはライバルだと思ってる。でも、たとえそれが口先だけのものだったとしても、お兄様を殺そうとしたことは、断じて許せることでは無いわ」

「私の手で、その罪を思い知らせてあげる。安心なさい、殺しはしないから」

 

「この程度では通用しません」

 

「お兄様、お優しくなられましたね」
「いえ。お兄様は元々お優しかったのでしたね。ただそれが、見えにくかっただけで」

 

「お兄様、深雪は嬉しいです。お兄様が私以外の者にも、情けをかけてくださることが。お兄様はご自分でお考えになっているよりずっと、人間らしい感情をお持ちなのです」

 

6話

「そうですよ、お兄様。お兄様ならば必ずや、余人には考えも及ばない、素晴らしいアイデアを実現することが可能です」

 

「どうか、そのようなお気づかいは御無用に願います。ほのかも私も、ただお兄様に喜んでいただきたい一心なのですから」

 

「最後の最後で上手く行かないなんて……」
「なぜ、私はお兄様の妹なのかしら?」

 

7話

「お兄様に、お人形遊びのご趣味がおありとは、存じませんでした」

 

「兄の心配をするのは、妹として当然です。リーナが何度挑もうと、お兄様には勝てないということも承知しております」
「お兄様に勝てる者など、世界中を探してもいるはずが無いのですから」

 

8話

「さっきのニュース、私は事前におばさまから聞かされていた。なのに、何も知らない無邪気な妹のフリなんかして……」
「でも、ダメな妹だと思われてもいい。それでお兄様が側にいてくださるのなら」

 

「私は、お兄様以外の人に触れられたくはない。身も心も、私の全てはお兄様のものなのだから」

 

「お兄様! 何を平然と見ておられるのですか?」

 

10話

「これが、お兄様の見ている世界。見えます、お兄様」

 

「それでもお兄様は、手を差し伸べられらのですよね。なぜなのですか?」
「お兄様は、なぜリーナを助けようとなさるのですか? リーナに、特別な感情を持たれているからなんですか?」

 

「余計なお世話なんかじゃありません。お兄様のお心使いは、いつかきっと……いいえ、遠くない未来に、リーナの心へ届くに違いありません」

「だってリーナは、この度の一件で、今の自分に疑いを持ったに違いありませんもの。少し単純ですけど、リーナは賢い子ですから」

 

11話

「そうね、一種の告白かも? あなたは、私のライバルよ、リーナ」

 

「あなたはきっと、お兄様が差し伸べられた手を取ることになるわ。あなたはきっと、お兄様の仲間になる。そこからが、私達の本当の勝負」

「だから、さようならは言わない。また会いましょう、リーナ」

 

13話

「無理もありません。お兄様、ほどよいころに起こしてさしあげますので、しばしお休み下さい」

劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女

「お兄様にとっても、それは決して悪いことでは無いと思います」

 

「お兄様のようには上手く出来ないけれど。動きを封じるにはこれで充分です」
「凍てつきなさい」

 

「おまかせ下さい、お兄様。私の全てに代えましても、お兄様を無事、この場所へお迎え致します」

 

「さすがです……お兄様」

 

魔法科高校の劣等生(3期) ダブルセブン編

1話

「そう、私達は3年前とは違う」
「私とお兄様の関係も…お兄様に向ける、私の気持ちも」

 

「兄と同じく…副会長の司波深雪です」

 

「(好戦的?) お兄様に対する彼の態度はあまりにも不遜でした」

 

2話

「すみませんお兄様、少し昔のことを思い出しまして」
「(楽しかったこと?) いいえ。昔の私があまりに愚かだったので、それがおかしくて」

 

「私はお兄様の妹でありながら、お兄様のことを何1つ分かっていませんでした」
「いえ、理解しようとしませんでした」

 

3話

「お兄様がここにいて下さることに感謝します」

 

4話

「それに…私もそろそろ」
「お兄様にお力を示していただきたいと思っていたところです」

 

スティープルチェース編

5話

「お兄様のほかの女の子に優しくしすぎないところ、深雪は好きですよ」

 

6話

「どうしても私を置いていかれるのですか?」
「決して足手まといにはなりません」
「深雪はお兄様のお役に立ちたいのです」

 

7話

「お兄様…私はお兄様にどこまで許されているのだろう」

 

「お兄様、行かないで下さい」
「お兄様が今、敵のもとへ向かわれる必要がありますでしょうか?」

 

「お兄様、深雪は今からわがままを言います」
「とてもあさましいことを申し上げます」

 

「お兄様は私を守って下さればそれでいいのです」
「お兄様が責任を負う相手は、私だけでいいのです」

 

「解放された本体は、競技が終了したあとで私がまとめて始末します」
「それでも行くとおっしゃるなら…僭越ながら力ずくで止めさせていただきます」

 

「これではいくらお兄様でももちません!」
「お兄様が…壊れてしまいます!」

 

古都内乱編

9話

「そうですか…藤林さんのプライベートな電話番号ですか」
「お兄様、どこで手に入れられたのですか?」

 

「お兄様!」
「そんなご自分の身をおろそかにするようなことをおっしゃらないで下さい!」

 

「死ななければいい、傷が残らなければいいというものではないと」
「ご自分でもお分かりのはずです!」

 

「何より、お兄様が傷を負われたという事実を前にして」
「私がどのような気持ちになるか…お願いですからお考え下さい」

 

10話

「”仮装行列(パレード)”…忍術の要素を取り入れた九島家の秘術よ」
「すごいわ、あの精度…(九島光宣は)リーナより上じゃない」

 

12話

「お兄様が一緒にいて下さらなかったので、深雪は不安でした」

 

13話

「お兄様が何にお悩みなのか、深雪にお聞かせ下さい」
「お兄様の悩みを私に分けて下さい」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

魔法科高校の劣等生 [Blu-ray]
劇場版 魔法科高校の劣等生 [Blu-ray]
魔法科高校の劣等生(3期) 1巻 [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→魔法科高校の劣等生のインデックス