「キングダム」昌平君の名言まとめました

マンガ「キングダム」昌平君の名言をまとめていきます。

キングダム

11巻

「戦の強さには二種ある。”攻”と”守”だ」

「本土が手薄な中、前線地帯が崩壊しつつある今のこの戦いは、紛れもなく”守”を求められる戦い。その戦いに”守”のない蒙武が挑めば、大敗する恐れがある」

 

「率いれずとも大将が務まる場合はあります。しかもそういう変則的な戦い方は、万能な王騎将軍に対して極めて有効と考えられる」

 

13巻

「腕力で強わぬ相手を討つために武器を使う。強き武人を討つために人数を集める。大人数の戦いを有利にするために策を練る。万を超す規模の今の戦場では策が全てだ」

「だがそうあるが故に、全く逆のものを見て見たいと願うこともある」

 

「蒙毅よ。おそらくそれが体現できるのはお前の父だけだ。ひょっとしたらこの戦いで、お前は目の当たりにするやもしれぬ。”力”が”策”を凌駕するところを」

17巻

「子供じみた感情は捨て去れ。奇妙な形ではあるが、こうなってはもはやこれは、戦だ」

 

19巻

「多少の無理は承知の上だ。趙との同盟が在る今しかない。秦が本気で中華を狙うのなら、何としてもこの戦で山陽をとらねばならん」

 

25巻

「斉離脱の狙いは敵の戦力減少だけが目的ではありません。合従軍の背後に奴らが憂う存在を出現させること──これが最大の狙いです」

 

「元々詰んでいる盤面。対する上策など存在しませぬ」

 

「これは文字通りの”総力戦”であり、失敗すれば秦はこの中華から消え去るであろう」

 

29巻

「汗明はお前よりも強い。だが俺は信じている、それを打ち破るのが蒙武という漢だと。お前に理屈は必要ない。この一戦で示せ、誰が最強の漢であるかを」

 

31巻

「状況をお考え下さい、相国。私は秦軍の総司令官でもあります。今──それ以外のことは、取るに足らぬ小事です」

 

39巻

「……相国、余計な問答は必要ない。察しの通りだ、世話になった」

 

40巻

「蛮勇だ。追う手間が省けた」

 

「私も中華を統べることを夢に描く男の一人だ。そして、現秦王はその夢を預けるに足る器の王だからだ」

 

45巻

「あれ(合従軍)程、大がかりなものを興せる人物は今の中華には見当たらぬし、そもそも──あんなものはこの俺が二度と作らせはせぬ」

 

「そうなる前にこちらはお前を討つと言っておるのだ、李牧」

 

46巻

「鄴と邯鄲は目と鼻の先。手前の攻略を無視しての鄴攻めが、童の夢想の如き話であることは重々承知です」

「しかしこれ程、突飛な作戦でなくては、あの李牧を出し抜くことはできません」

 

「誰にも見えておらぬ道を探すのだ。必ずどこかに答えにたどり着く道の入り口がある」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
キングダム 1~最新巻

 

→キングダム
→キングダム(信)
→キングダム(漂)
→キングダム(政)
→キングダム(河了貂)
→キングダム(羌瘣)
→キングダム(王騎)
→キングダム(呂不韋)
→キングダム(蒙武)
→キングダム(蒙恬&蒙毅)
→キングダム(王翦)
→キングダム(王賁)
→キングダム(桓騎)
→キングダム(昌文君&壁)
→キングダム(麃公)
→キングダム(騰)
→キングダム(楊端和)
→キングダム(李牧)
→キングダム(廉頗)
→キングダム(媧燐)
→キングダム(紫夏)
→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました