「彼女、お借りします」の名言・台詞まとめ

アニメ「彼女、お借りします」「彼女、お借りします(2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

彼女、お借りします

1話

「バカなの!? レンタル彼女だって言ってるじゃん! そういう約束じゃん! あなただよね申し込んできたの。利用規約に同意ってとこにカチカチってやったよね!?」(水原千鶴)

 

「なに考えてんの!? レンタル彼女だっつってるでしょ! あんたとそういう関係になるなんて、天地がひっくり返ってもないから!!」(千鶴)

 

「寂しくない人なんていないのよ」
「隠せる人が多いだけ。みんな、心に空いた穴を仕事とか恋人とかで埋めてるよの」(千鶴)

 

「くっさ! キモ! その恥ずかしい自己陶酔シーンに私を巻き込まないでくれる!」(千鶴)

 

「まあ、今日みたいなのは勘弁だけど。自分うさぎかよって思ったら、また呼んで」(千鶴)

 

2話

「嘘をつくならケジメを持って。後回しにした時に人は子供になるの」(千鶴)

 

「1時間だけ。毎週水曜日、1時間だけならレンタルされてあげる。あなたのためじゃない、おばあさんのためよ!」(千鶴)

 

 

「じゃ、先にいい?」
「事務的なのはここで終わらせちゃった方がお互い楽でしょう」(千鶴)

 

「どういうつもり!? あなたどれだけ嘘を重ねたら気が済むの!」(千鶴)

 

「私、人見知りしちゃって、彼女さんみたいに強くいえないから。私、彼女失格だね」(七海麻美)

 

3話

「ごめん、あれ嘘」
「和くんがかわいい彼女連れて来たから、少し見栄はっちゃった」(麻美)

 

「別に怒ってないから」
「言ってるでしょ、私はレンタル彼女。あなたがどう使おうと勝手。元カノの方が大切って当然だわ」(千鶴)

 

「くだらなくなんかないわよ」
「簡単に忘れられないから大切なんでしょ。ボイできちゃう関係よりいくぶんマシよ」(千鶴)

 

「レンタル、続けてみたら?」
「寂しくて死にそうな夜もあれば、またねでしか溶けないバイバイもある。私でよければ、相手するから」(千鶴)

 

「一か月で彼女つくるとかあてつけ?」
「ぜってー別れさす」(麻美)

 

「大学一年の夏なんて、遊ばないと命への冒涜だよ」(麻美)

 

4話

「だから、さ……下手同士、一緒に行こ!」(麻美)

 

「和ちんてめえ、ち○こで恋してんじゃねえぞ」

「見損なったぞ、和ちん。てめえいつからそんな打算的なクズになったんだ!?」
「クズならクズらしく、今カノにデレデレしやがれ! 目の前の女も大切に出来ねえ奴に、守れるもんなんかねえぞ!」(木部芳秋)

 

「みんなすぐ忘れるわ、私達のことなんて」(千鶴)

 

「別れの告白だって、れっきとした次への一歩よ」
「周りがどう思おうと私には、勇気ある一歩に見えたわ。少しは男らしいところ、あるじゃない」(千鶴)

 

 

「あいつのクズさに嫌気がさしたってだけなら、もう少しチャンスくれねえか?」
「あいつ、悪い奴じゃねえんだよ。きっとあんたのこと最後は、幸せにしてくれると思う」(木部)

 

「元カノが忘れられないんでしょ? だったら全力で取りにいきなさい。欲しいものがあるなら、何もかもかなぐり捨ててつかみにいくぐらいの方が、人生は楽しいわよ」(千鶴)

 

5話

「どういうつもりよ!?」
「ホント、バカじゃないの!? レンタル彼女だって、言ってんじゃん!」(千鶴)

 

「当然でしょ、彼女なんだから」(千鶴)

 

「お前が思っているほど、人生は簡単じゃねえが、世間が思ってるほど、複雑でもねえよ。相手のために命賭けたんだ。これが好きじゃなかったら、何が好きなんだよ」(木部)

 

「忘れるな、俺! 金を要求する時の、冷酷な眼差しを! 笑顔なのに決して笑ってはいない、あの瞳を!」(木ノ下和也)

 

「嘘の無い人間などおらん」
「わしは千鶴さんが宇宙人でも、千鶴さんが好きじゃ」(木ノ下和)

 

6話

「少しでも手を出してきたら、東京地裁に訴えてやるから」(千鶴)

 

「いいよ」
「もう少しだけ、レンタルされてあげる」(千鶴)

 

「まぁ、簡単にはいかないでしょうね」
「でも前向きに、じゃないと出会いが逃げてくわよ」
「安心して。私が彼女でいる間は、放っておいたりしないから」(千鶴)

 

「気にする必要ないわよ。目的がなんであれ、全力で何かを取りに行こうとする姿は、清々しいものよ」(千鶴)

7話

「恋人偽装、ストーカー、セクハラ! これで前科3犯です! 執行猶予は期待しないで下さい! 回れ右です!」(更科るか)

 

「レンタル彼女にこんなに本気になれる人なら、本当の彼女は、もっともっと、凄く凄く、大切に出来る人だって」(るか)

 

「隣は私です! 和也くんの隣は譲れません!」(るか)

 

「恋人に必要な絶対的要素は、恋心でしょ。レンタルじゃないんだから、はいそうですかなんていかないわよ」(千鶴)

 

「千鶴さんには分からないんです」
「私がどんだけ和也くんを探してたかなんて、分からないんです!」(るか)

 

「急に好きになれなんて言いません。最初はお試しでもいいんです。和也くんの彼女に、して下さい!」(るか)

 

8話

「プ、プレゼントとかじゃ、ないから……お詫び、お詫びだから」(千鶴)

 

9話

「和也くんのこと好きなんじゃないですか?」
「私に取られるのが寂しいんですよ、だから!」

「和也くんの彼女でいたいのは、千鶴さんなんじゃないですか?」
「私、和也くんのこと本気ですから。その気が無いなら身を引いて下さい、レンカノらしく」(るか)

 

「彼女は私……彼女は私がいいです」(るか)

 

「私、諦めませんから。いつかおばあちゃんにも認めてもらって、私が本当の彼女になるって……持久戦でいきます、覚悟して下さい。ベェー」(るか)

 

10話

「確かに、(男って)子供っぽいなって思うことあるけど、それって、裏を返せばロマンチストってことですよ」

「現実的に生きることは難しいけど、そんな中、夢を持つことはきっともっと難しい」
「私達に出来ることは、本当の彼女よりは少ないけど……傷口に貼る、絆創膏くらいにはなりたいなって」(千鶴)

 

「いつかみんなにバラすんだ、これは恥かく予行練習さ。水原千鶴はみんなのもの、だろ? 俺だけS級彼女持ちなんて、やっぱフェアじゃねえよ」(和也)

 

「本気、か……そう、だね……どう、かな?」(千鶴)

 

「(麻美ちゃんは)一度は幸せにするって心に誓った女性だし、その気持ち、1クリックでデリートするのは、なんかちょっとチャラい気がして……」(和也)

「そう、せいたっていいことないわよ。付き合うわ、忘れるまで」(千鶴)

 

11話

「私も始めは緊張したし、急に人は変われない。でもそんな墨ちゃんを好きっていってくれるお客さんは必ずいる。そう思えた時、勇気を出せるんじゃないかな」(千鶴)

 

「私、何も見てないから。和くんの秘密は守るよ、元カノとしてね」(麻美)

 

12話

「本当ですよね。会ったばかりなのに、なんでこんなに嬉しいんでしょう」(るか)

 

「私、学んだんです。自分の好きを押し付けるばっかりじゃダメだって。だって、本当に好きになって欲しいから」(るか)

 

「あなたの仕事にケチを付ける気は無いの。でも一個だけ」
「もう恋人ごっこは、やめて」(麻美)

 

「レンタル彼女がいる限り、本当の彼女も出来ないし、好きでもないのに恋人とか……お金を払って、和くんがあなたを彼女だっていい張るのとか……」

「あなたの嘘を張り付けた笑顔とか……ほんのちょっとだけ、うんざり」(麻美)

 

「レンタル彼女やってると分かるんです。人の恋心は凄く尊いものだって! 誰かをちゃんと好きになるって、実は難しいことなんだって!」

「あなたは和也さんの気持ちに、本気で向き合ったことがありますか? 彼の恋心を、真剣に受け止めようとしたことはありますか?」

「この人が、私を一生幸せにしてくれる人かもしれないって、考えたことはありますか?」(千鶴)

彼女、お借りします(2期)

13話

「何よ、あなたに演技の違いなんて分かるの?」
「……ありがとう」(千鶴)

 

「私もあなたと同じなのよ…」
「見切りつけろとか、ケジメつけろとか言って、結局は私も何かを諦めきれないわけ。お客さんの恋人をしてもらったお金を、私はまた夢につぎ込んでいる」

「私に才能が無ければ、なんの意味も無い夢に……」(千鶴)

 

14話

「惚れたら全部負け戦だ。情熱しか武器は無い」(牛出博、店長)

 

「彼女として私を雇う以外の目的でレンタルされるのは不健全だと思うの。あなたにとっても不経済すぎる」(千鶴)

 

「なーに正面突破で浮気宣言してるんですか! 彼女の私がかわいそうだと思わないんですか!?」(るか)

 

「そんなの、和也君じゃなくても他のお客さんが支えてくれます!」(るか)

 

「(普通?) ダメよ」
「言ったでしょ? これは演技の練習にもなってる。あなたの理想でいないと意味がないわ」(千鶴)

「理想なんだ…いつも通りの水原が理想なんだ!」(和也)

 

「な…何よ! 恥ずかしいこと言わないでよ! まあ、あなたがそう言うなら仕方ないわね」
「じゃあ、あくまで自然体でいかせてもらうわ。それが発注ってことで」(千鶴)

 

「言っとくけど…デートじゃないから!」
「たまたま利害関係が一致しただけ」(千鶴)

 

「いいのかよ? こんな感じで…普通に会って?」(和也)
「えっ? だってあなた、変な人じゃないでしょ?」(千鶴)

 

「これからは対等。フェアなお隣さんでいましょ」(千鶴)

 

「人間は誰しも完璧ではないわ。時に迷い、時に失敗もする」
「自分は弱くもろいと知り、膝を付き、それでも幸せを得たいと立ち上がることの繰り返しを、人は人生なんてさらりと呼ぶの」

「人間の器とは、自分は弱いと傷付きながらも、人は凄いと感動できる、そんな素直さのことだわ」(一ノ瀬小百合)

 

「支えたい。彼氏じゃなくも、必ず力になりたい」
「なれるんだろうか? 俺は…そんな男に?」(和也)

 

15話

「約束なの…いつか女優になるって、おじいちゃんとの。だから残されたおばあちゃんに、私がスクリーンに立っている姿を見せたい…」

「それが私の夢…引いた?」(千鶴)

 

「実際あなたがお金払ってデートしてる相手なんて、大したことないの。売れない女優で、子供っぽい夢を引きずってる…ただの大学生」

「だから…あまり肩入れしないことね」(千鶴)

 

「俺、見たいんだよ…君が夢を叶える姿を…心の底から」
「だから…そばにいたい、ずっと…君のそばに…ダメ、かな?」(和也)

「ずっと?」
「バカ…そばに居て欲しいって言われて、断れるわけないでしょう」
「それがレンタル彼女なんだから」(千鶴)

 

16話

「聞いたよ。千鶴さん、レンタル彼女なんだって?」
「ねえ、それって…私のせい?」(麻美)

 

「和君、人生は一回なんだよ。本当の彼女作って遊ばなきゃ損だよ。社会出たらもう遊べないし、大学は精一杯楽しいことしとかなきゃ」

「水原さんの仕事のこと悪く言うつもりはないけど、やっぱりそれは仕事だし、そこに時間もお金も費やしちゃうのももったいないよ…ね!」(麻美)

 

「和也君はそこで見てて下さい。私のかわいい料理姿を」
「よし…がんばるぞ!」(るか)

 

「こんな気持ちなんですね…」
「私、恋するのとか初めてだから…彼氏にご飯作るのってこんな気持ちなんだな~って」(るか)

 

「嘘だろ? こんなかわいい生き物と一晩中一緒なのか? ピンチがいくつも…」(和也)

 

「分かってるんです。あんなこと言ったって、私には和也君が求める魅力はないんだって」
「千鶴さんみたいに大人の女じゃないし、多分色気もないから、きっと和也君にはガキが背伸びしているようにしか見えなくて…」

「迷惑なのは分かってるんです。和也君を引かしてるかもって…」
「でも…我慢できないんです。変な奴だと思われても、痛い子だって引かれても、こうしてるだけで私、涙が出るほど幸せで…」(るか)

 

「本当は、飛び跳ねるくらい嬉しいんだ。俺でも君みたいな子に、好きって言ってもらえるんだって!」(和也)

 

「私、嬉しかったんです。和也君、私のことずっと迷惑なんだって思ってたから…」
「ここにいていいよって、言われた気がして」(るか)

17話

「にしても…この(水原の)かわいさ今だに慣れねえ。ボロアパートがまるでそこだけ異空間だ!」(和也)

 

「嘘…いいよ、嘘つかなくて」
「気を使わせたなら悪いわね、でも杞憂よ。男の人がそういうものだって分からないわけじゃないし」(千鶴)

 

「承認欲求が…ヤバい! 分かる! 分かるぞ!!」
「自分の中の乾ききった自尊心の器が、墨ちゃんというかわいい液体で満たされていくのが! ハッキリ言える、気持ちいい! それもどうしようもなく!」

「マジ理性の壁が悲鳴あげてる…」(和也)

 

「プレゼントは物じゃなくて気持ち」
「気持ちが伝われば、何を貰っても私なら嬉しいな」(桜沢墨)

 

18話

「分かったわよ」
「信じてあげるわよ…うるさいな」(千鶴)

 

「思ったんだ…」
「水原には、いつも迷惑かけてばっかだから…一ノ瀬だけは、俺が死んでも守んなきゃって…」(和也)

 

「うるさい。かっこつけなくていいから」(千鶴)

 

19話

「無理だ…(水原と)お友達だなんて、俺にはとても…」(和也)

 

「何か言いたいことは?」
「そろそろ覚悟を決める頃かと思いまして?」
「そんな私に言わせないで下さいよ!」
「あの続きですよ。あの、つ・づ・き!」(るか)

 

「私…3番目! ダメ! そんなの、絶対ダメ!」
「彼女です! 私、和也君の彼女です!」(るか)

 

「好きだもん…私が一番、和也君のこと、好きだもん!」(るか)

 

「なんなのあのガキ? やべぇ奴じゃん」(麻美)

 

「マジなに意味ないこと考えてんだ?」(麻美)

 

「一つだけ聞かせて。もう和君とは会ってない?」(麻美)
「はい」(千鶴)

 

20話

「まぁ安心して下さいよ。私が寂しい思いなんてさせませんから!」(るか)

 

「てかなんか、さっきからジロジロ見てない?」
「あなたが(制服)着てこいって言ったんでしょ? 変とか言ったら怒るから」(千鶴)

 

「一口、いる?」(千鶴)

 

「で、次はどうするの?」
「他にもあるんでしょ? やりたいこと」(千鶴)

 

「ちょっと早くしてよ。ハグくらい普通だし、変に意識しなきゃどうってことないって」(千鶴)

 

「私に出来るのはフリだけだけど、そんな嘘が誰かを幸せにすることもあるって思えるのは、なんだか素敵な瞬間ね」(千鶴)

 

21話

「別にあなたのためじゃない。レンカノ辞めるまでは彼女だし…」
「お誕生日、おめでと」(千鶴)

 

「ハッピーバースデー!」
「深夜0時のバースデーコール。彼女としては当然です!」(るか)

 

「あの人にはもう来なくていいって言われたのに…」
「バカね、私も…」(千鶴)

 

「ひっくり返る…私のこれまでの頑張りが、無に!」(るか)

 

22話

「ごめんなさい。迷惑ですよね、こんなの?」
「でも…負けたくなくて」(るか)

 

「私、後悔してませんから」
「レモンとかイチゴとか、嘘なんですね。なんだか少し、お酒の味」(るか)

 

「どのみち覚悟はもう決まってた。水原にこれ以上迷惑をかけられねえって」
「レンカノのことは言えなくても、時間がないならなおさら嘘ついたまんまじゃダメだろう」

「俺に出来る誠意は、もうこれくらいしか…」(和也)
「待って…待ってよ。私、言いたくない。私、おばあちゃんに別れるって言いたくない」(千鶴)

 

「もう、ただの嘘じゃないの。この期に及んでまでおばあちゃんを悲しませるなんて出来ない」

「いいじゃない。おばあちゃんの思い出の中では、私に素敵な人が見つかったって…それでいいじゃない」(千鶴)

 

「休戦です、千鶴さんとの関係」
「そりゃ和也君のホントの彼女になりたいけど、こんな時まで現状ひっかき回すようなことしたくないし…」(るか)

 

「私は好きな人とキスできて、2人の関係も一歩進んだんだから、これは前進でしかありません!」(るか)

 

「それに、これからはしたい時はいつでも言っていいですから」
「キス、解禁でしょ?」(るか)

 

23話

「言ったでしょ。おばあちゃんのために出来ることは全部してきた」
「後悔なんて愚か者のすることよ」(千鶴)

 

「したくて…」
「今日は私が和也君をおもてなししたくて…」(墨)

 

「こんなハプニングも含めてイルカショーじゃん」
「心配しなくても俺すっげぇ楽しいよ!」(和也)

 

「聞きたい…今度は、私が壁の番」(墨)

 

「悩まないで! 私も、いるから」(墨)

 

24話

「夢は見るものではなく取り憑かれるもの…そう知ったのはその(中学の)頃だった」
「私も、あんな風になれるのかな…」(千鶴)

 

「知ってた? 私の名前、どんな願いも叶える…千羽鶴から取ったんだよ。だから私がお願いするば…きっと効果てきめんだよ!」

「だって言ったでしょ、おじいちゃん…強く願えば、どんな夢でも叶うんだって…」(千鶴)

 

「俺が金集める! 水原は(映画に)出ろ!」(和也)
「やっぱり…男はバカだ」(千鶴)

 

「出来る? 本当に…残された時間、無駄にしたくない」
「途中で諦めるなら…出来ないなら…今言って欲しい」(千鶴)

「出来る…やってみせる!」(和也)

 

「お願い…作って、私の映画。おばあちゃんに…見せて」(千鶴)

 

「私…どんな顔してたかな…」
「ああもう…バカ」(千鶴)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

彼女、お借りします [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→彼女、お借りしますのインデックス