「王様ランキング」の名言・台詞まとめ

アニメ「王様ランキング」の名言・台詞をまとめていきます。

王様ランキング

1話

「(なぜ)僕の言ってること分かるのだと? まあな、なぜだか分からんが分かるな」(カゲ)

 

「初めて会うタイプだな。まああいつの服は金になるし、待っててやるか」(カゲ)

 

「あいつ、ずっと平気なふりして、我慢してたのか……」(カゲ)

 

「追い剥ぎに会ったのか? それともいじめられたか? そんなことはどうでもいい。そうなる状況を作ったお前に問題が……」(ボッス)

 

2話

「命令があれば、女子供、老人も病人も関係なく暗殺するわよ」
「だから私達は、誰に殺されても文句は言えないわね」(カゲの母)

 

「私達は、自分を必要としてくれたその人のために尽くすの。それが私達の灯りなのよ」(カゲの母)

 

「それは、王の剣では無い」(ドーマス)

 

「別に恥ずかしがることないぜ。試合見てたけど、かっこよかったぜ。あれはお前の勝ちだ、誇っていい。人に何を言われようが、お前のスタイルはあれでいいと思うぜ」(カゲ)

 

「お前からは、もう何も貰わない。いきなりこんなこと言われて、戸惑うかもしれないけど……俺は、これからどんなことがあっても、お前の味方になりたいんだ!」

「俺本気で言ってんだぜ。俺、本気だぜ、ボッジ!」(カゲ)

 

3話

「ボッジ様の御恩は忘れていません。しかし、同じように恩のある、ベビン様も裏切れないのです」(ミツマタ)

 

「でも、確かなことがあります。あなたを慕う者はたくさんいます、それを忘れないで下さい」(ミツマタ)

 

4話

「でも俺は、自分自身の可能性に賭けたい」(ダイダ)

 

「口出し御無用。あなたのミスは我々の責任なのです」(ドーマス)

 

「君は、上からのどんな命令にも従う覚悟はあるか?」
「たとえなど無い。命令に従うかどうかだ」(ドーマス)

 

「神秘だ、しかしこれこそが生命の本質。私達は他のものを殺し、食べ、生きているのだ」(謎の男)

 

5話

「泣くなボッジ、男同士の再会だ」(カゲ)

 

「ダイダ様、何事も決して楽な道などありませぬ。この時間こそがあなたを作る。周りにも、そして何より己自身に騙されないように」(ベビン)

 

「俺は……己の力でランキング1位を目指す!」(ダイダ)

 

7話

「彼は確かに才能は平凡でしたが、大事なものを持っていましたよ」
「それは、勇気」(デスパー)

 

「力なんて無くても、私達にはね、いろんな可能性があるんですよ。大丈夫、あなたは強くなれますよ、誰よりも」(デスパー)

 

「巨人は大抵の物を丸呑みする大食漢です。そのため胃が恐ろしく頑丈で、大抵の毒は効かない」

「そうです! 彼に料理をさせてはいけないのです! それは、我々の命に関わることです!」(デスパー)

 

「強くなるためにはまず、自分をよく知らなければなりません。そして、相手を知ること。人は武器で何倍も強くなれる。そして武器を持ち、自分を知ることにもなる」

「まず、自分に合う武器を見つけなさい」(デスパー)

 

「1人で悩み考え、集中し、腕を磨く。孤独なことも、成功のスパイスなんです。でももしボッジ君がくじけそうになったら、何も聞かず元気づけてあげて下さい」(デスパー)

9話

「ミランジョ、今この時を楽しもうではないか」(ボッス)

 

「大丈夫、大丈夫だよ……私がいる」(ボッス)

 

10話

「インチキでも嘘でもありませんよ。これは、ハッタリと言うんです」(デスパー)

 

「それとカゲ君、安心なさい。ボッジ君の腕前は確かですから。それに、あなたが疑ってどうするんですか?」(デスパー)

 

「弟子の悪口は許しますけど、私の悪口は許しませんよ!」(デスパー)

 

「私達には、いろんな弱点があるんですよ」(デスパー)

 

「武器を手にしたということは、己自身も殺される覚悟があると理解してよろしいか!?」(デスパー)

 

「違うでしょう? カゲ君、あなたが(ボッジに)本当に求めていた強さとは」
「あなたが求めていたのは、誰かを守れる大きな力。弱きを助け強気をくじく、王の剣。そんな強さのあり方ではないのですか?」(デスパー)

 

「確かに、ボッジ様は王の器では無いかもしれません。けれど、あの方が成長したら、きっとこの先、多くの者を救うでしょう。それは、ダイダ様とて例外ではありません」(ミツマタ)

 

11話

「それは、同じ(不自由な)境遇ならば生きていく自信が無い、ということですか?」
「ならば、彼はそれを乗り越え今を生きている強者ですな」(ベビン)

 

「ボッジ君、あなたが気にしていることは、もしかしたらあなたの長所なのかもしれない」

「あなたはその欠けたもので、普通の人には無い、いろんなことを経験しています。それは苦しいけれど、きっと自分の道を切り開く力になるでしょう」

「だから、自分の全てを愛しなさい!」(デスパー)

13話

「いくら奮闘しても、死からは逃れられないだろう」(ミランジョ)

 

「これから惨劇が始まる。それを、お前はただ眺めていられるか?」(ミランジョ)

 

14話

「ボッジ様の心がお優しいのは、常に抱きしめてくれる存在があったからですね」(ミツマタ)

 

「俺も疑われても仕方ねえ奴だ。それだけのことをしてきたもんな……でも、俺はボッジが一番大事だ」(カゲ)

 

「ようするに……お前の夢は面倒くせえ! でも、かっちょいいぜ!」(カゲ)

 

「不老不死の弊害でしょうね。自分が不幸になることは、オウケンが一番分かっていました」

「病気も無く年も取らず、まして死なないなら、生物から一番初めに失われていくものが、心だと。我々は死にます。だからこそ、子孫を残し命をつなげていく」

「それが悲しみや思いやりにつながり、人間性をはぐくんでいくのではないでしょうか。不老不死を得た者に、そんなものは必要ない」(デスパー)

 

「もはや自我すら失われている。もう人間ではないんですよ……でも、見捨てませんよ」(デスパー)

 

15話

「大丈夫、お前は強くなったんだ。もうあの時のお前じゃないさ。それに……俺が、俺達がついてる!」(カゲ)

 

「あの子は……私の子ですもの、当たり前じゃない」(ヒリング)

 

「お前、私とボッスを比べているのか?」
「小さくなったボッスなど、私の敵ではないぞ!」(デスハー)

 

「もっと、強くあれ」(デスハー)

 

「ボッジの、ぐちゃぐちゃな気持ちが伝わってくる。今までボッジから感じたことない気持ち、これは……恨み、憎しみ。ボッジには、俺みたいになって欲しくない」

「(ドーマス)お前! 恥を知れ!!」(カゲ)

 

16話

「ギガン、お前の怒りは理解できる。だが……それが戦争だ!」(デスハー)

 

「兄者、言いにくいのですが……あなたではボッジ君に敵いませんよ。そしてボッスにも……」(デスパー)

 

「大局を見れば、仕方ないのかもしれない。だが、これでは父上がやっている非道となんら変わりない。私は兄者を軽蔑する!」

「私が、卑怯なのは分かっています……」(デスパー)

 

17話

「ボッジは変わった、とてつもなく強くなったんだ。つらいことをたくさん乗り越えて、冥府のデスパーさんに鍛えてもらってな。ボッジをなめんな!」(カゲ)

 

「自分の可能性を純粋無垢に信じてくれる者がいれば、人はなんでも出来るようになるのだな。だが時として、それがあだとなるか」(ミランジョ)

 

「違う! ボッジは……ボッジは、自分がやんなきゃみんながやられちゃうって……ボッジは、自分のことなんて考えてないんだ!」

「ボッジはいつだって、ずっとみんなのことを……バカヤロー!」(カゲ)

 

18話

「鏡の名はミランジョ。私が誰よりも大切に思う人だ」(ボッス)

 

「お前の表情は、自信にあふれているな。理由はなんだ?」(アン)
「あの子が……ボッジがきっと、みんなを救ってくれるから」(ヒリング)

 

「ミランジョ。人の幸せの上に、自分の幸せを築きなさい」(ミランジョの母)

 

「ボッジ君、あなたはこれから成長していけばいいんです。自分を無力だなんて思わなくていい!」(デスパー)

 

19話

「これが……お前達の、正義か……」(ボッス)

 

「かあちゃん……俺、ボッジを助けたい」(カゲ)

 

「かあちゃん、俺やり残したことがあるんだ。戻ってやってくる」(カゲ)

 

「お前が戻ったところで、誰も救えないぞ?」(ミランジョ)
「なんで俺を助けるんだ? よく分かんないけど、礼は言っとくぞ」
「ありがとう」(カゲ)

 

「まだまだです。鍛錬は裏切りません。ピンチの時こそ、その真価が発揮される。ピンチは……最大の好機ですよ」(デスパー)

 

20話

「このまま進むのか? いろんな人を傷付けて、誰も応援してくれない道を進むのか? そんな道、必ずつまずいて途切れるのに……お前、悲し過ぎる」(シーナ)

 

「これが……私が望んだことなのか?」(ミランジョ)

 

「落ち込まない。誰かに頼ることは、とても大切なことです」(デスパー)

 

「私に普通の剣が通ると思うか?」(ボッス)

 

21話

「私は、お前に他の道も示さず頼り切っていた。ミランジョ、やはりお前の苦しみは全て帰そう」

「そして、もし私が負けたら一緒に行こう」(ボッス)

 

「さあ決めろ! 私に忠誠を誓うか、ダイダのために死ぬか、道は二つに一つだ!」(ボッス)

 

「俺とお前は一心同体。これが正しい道だな……死ぬ時は一緒だぜ!」(カゲ)

 

「いいえ、ボッジ君の剣は活人剣」
「すなわち、人を殺めない王の剣なのです」(デスパー)

 

「なんだ、この感情……迷い、罪悪感、愛しさ、そして……嬉しさ……」(ボッス)

 

「愚かな弟だが信じられる。あいつがオウケンの不老不死の呪いを解いてくれるだろう」(デスハー)

 

「あなたは王様になるのでしょ? 自ら決断し、実行しなければなりません」(ミランジョ)

 

22話

「お前(ミランジョ)と一緒にいられて幸せだ。俺は昔、世界一強い男を目指して、ただただ荒れ狂う日々だった。こういう生き方もいい」(ボッス)

 

「ボッス様、私はもう大丈夫です」
「今度はあなたの夢を叶えてあげたい」(ミランジョ)

 

「私は命のやり取りをする戦いがしたい。お前が選んでくれるのは、確実に勝てる相手ばかりだ。いるんだろ、凄いのが?」

「上を知らなければ強くなれない」(ボッス)

 

「(勝ったのに)なんだ、この虚しさは……あの高ぶりは、どこへ行ってしまった?」(ボッス)

 

「ダイダ? あの子をよろしく頼むぞ。あれは一番私に似ているんだ」
「間違った選択もするだろう。だが必ず、お前の力になる。あの子がきっと、お前を……」(ボッス)

 

「(ミランジョ)もう大丈夫だ」
「さあ、行こうか」(ダイダ)

 

「何言ってやがる。おかげで、俺は成長できた!」(ダイダ)

 

「あなたの過去を見ました。苦しみの過去を……」
「なぜあなたが罪を犯すことになったのか、もうそんな悲しいことが起こらないよう教訓を次の世代に伝える」

「それがあなたの使命。罪滅ぼしになるかもしれないですね」(デスパー)

 

「兄上が、俺を助けてくれました」(ダイダ)
「私には分かっていたわ。ボッジと再会して、この子なら大丈夫だって」(ヒリング)

 

23話

「母上、私はこの者と結婚します」
「彼女(ミランジョ)は罪を犯した。でも、それだけの不幸が彼女にはあった。俺がその罪も、不幸も受け止める」

「俺が許す!」(ダイダ)

 

「もう泣くな。俺が必ず幸せにする。お前が、たくさん笑顔になれるように」(ダイダ)

 

「すまなかった」
「俺のくだらぬプライドのために、みんなに大きな迷惑をかけてしまった。償いをさせてくれ」(ダイダ)

 

「兄上、ごめんなさい。そしてありがとう。あなたこそ、王様にふさわしい!」(ダイダ)

 

「(自信がない。自分はそんな器じゃない)」(ボッジ)
「ボッジ! 俺には見えるぜ、立派な王様になったお前が!」(カゲ)

 

「あばよ、ボッジ」
「もうボッジのそばには、俺みたいな悪党がいちゃダメだ。ボッジに俺はもう必要ない」(カゲ)

 

「ボッジに俺は必要ない? 何言ってんだよ……本当は、俺にボッジが必要なんだ」(カゲ)

 

「時がくれば違う道を歩むのは珍しいことじゃない。いつまでも同じ道を進み続けるなんて……そんなの、奇跡みたいなものだろう……」(ドーマス)

 

「思い出すな……振り返るな……寂しくなるだけだ……」(カゲ)

 

「王様はこの国に暮らすみんなを幸せにする、とっても大事な仕事なの」

「でもね……あなたが、あなたにとって本当に大事なことを見つけたのなら、我慢することなんてないのよ。自分が輝ける居場所を必死で探して、そこで頑張りなさい」(ヒリング)

 

「カゲでしたっけ? あの子は、あなたを輝かせる太陽に見えたわ。そしてあの子は、あなたのお守り」

「お守りというのはね、守ってもらうものであると同時に、守ってあげるものなの」
「それを守るためにあなたがよく考えて行動すれば、それが結局あなた自身を守ることになる」(ヒリング)

 

「あなたは、自分の人生を生きなさい」
「行きなさい。私の、ボッジ」(ヒリング)

 

「お前の親父みたいに、自分で国を創るだ?」
「確かに、お前なら出来るんだろうけどさ……」(カゲ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
王様ランキング 1-12巻セット (コミック)

 

→王様ランキング(カゲ)
→王様ランキング(デスパー)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました