「DEATH NOTE(デスノート)」の名言まとめました

アニメ「DEATH NOTE(デスノート)」の名言をまとめていきます。

DEATH NOTE(デスノート)

1話 新生

「全く、こうなるとどいつもこいつも、殺した方が世の中のためになる奴ばかりに見えてくる」(夜神月)

 

「しいて言えば、そのノートを使った人間にしか訪れない苦悩や恐怖。そしてお前が死んだ時、俺がお前の名前を、俺のノートに書くことになるが」
「デスノートを使った人間が、天国や地獄に行けると思うな。それだけだ」(リューク)

 

「なぜかって? 退屈だったから」(リューク)

 

「世の中に知らしめるんだ。僕の存在を、正義の裁きを下す者がいるってことを」(月)

 

「何を言ってるんだ、リューク。僕は日本一と言ってもいいくらいの、真面目な優等生だよ」
「そして僕は、新世界の神となる」(月)

2話 対決

「世の中を悪の無い理想の世界に変えるんだ。時間はいくらあっても足りない」(月)

 

「危険? また変なことを言うね、リューク。僕は最初から危険を犯しているじゃないか」(月)

 

「殺せない人間もいる。いいヒントをもらった」(L)

 

「キラ。お前を死刑台に送るのもそう遠くないかもしれない」(L)

 

3話 取引

「学生が犯人な訳がないといった、固定観念は捨てて下さい。あらゆる可能性を模索すること。それがキラ逮捕への近道になるはずです」(L)

 

「何を言ってるんだ。どんなことでも事実は、どんどん発言しろ。人が言いにくそうなことなら尚更だ」(夜神総一郎、本部長)

 

「この人間社会で、本当に信頼しあってる人間なんて、ほんの僅かさ。それが警察という枠の中でも」(月)

 

「死神の目玉の値段は、その人間の残りの寿命の、半分だ」(リューク)

 

4話 追跡

「安心しろ。そんなことしなくても、月。お前はもう、立派な死神だ」(リューク)

 

「Lも警察も、僕の真意には絶対に気づけない。名探偵は当分、犯罪者の残した絵や文章の謎解きに、夢中でいるに違いない」(月)

 

「デスノートに狂いなし」(月)

 

5話 駆引

「5人か……私を入れて6人。いや、6人も命を張って悪に立ち向かう者がいたと考えよう」(夜神部長)

 

「いいだろう。私は初めて、Lとして人前に姿を現そう。もしお前がこのことを知ることが出来たなら、必ずお前は接近してくる。望む所だ」(L)

 

6話 綻び

「キラは幼稚で負けず嫌いだ」
「そう。私も幼稚で負けず嫌い、だから分かる」(L)

 

「悪いのは私じゃない。私に逆らい悪人を隠す、お前らが悪だ。これがキラの思考回路です」(L)

 

「そうです。顔を出してしまったことも、FBI12人を犠牲にしてしまったことも負けです」
「しかし、最後は勝ちます。私も命を賭けた勝負は初めてです。ここに集まった命がけの人間で、見せてやりましょうよ。正義は必ず勝つということを」(L)

 

8話 目線

「遠隔で死を操れるキラがわざわざ現場にいるはずが無い。しかし、そう考えるであろうことを逆手に取って、大胆な行動に出たのかもしれません」(L)

 

「首どころか命まで賭けて私達は捜査していたはずです」(L)

 

9話 接触

「これは、神の裁きでは無く、神の裁きを気取った子供じみた者がいる、そういうことだ」(L)

 

「夜神月、キラである可能性は5%未満。しかしあの中では一番何かを感じさせた。お前は完璧すぎる」(L)

 

「これはいい、何も悲観することは無い。これは向こうも何もつかんでいない証拠だ。あいつも僕も直に接しての騙し合い、知恵比べだ」(月)

 

10話 疑惑

「私は夜神くんをキラじゃないかと疑っているんです。それでも聞けることなら何でもお聞きします」(L)

 

「なるほど。これは推理力では無く、反応を見ているんだ」(月)

 

「キラは悪だ、それは事実だ。しかし、最近私はこう思うようにもなっている」
「悪いのは人を殺せる力だ。そんな力を持ってしまった人間は不幸だ。どんな使い方をしても、人を殺した上での幸せなど、真の幸せであるはずがない」(夜神部長)

 

「僕はノートを拾ってこの力を得たことを、不幸だなんて一度も思ったことは無い。この力を得た僕は、最高に幸せだよ。そして最高の世界を創る」(月)

 

「ノートを持ったことで、月が幸せになろうが不幸になろうが、そんなことは俺はどうでもいい。ただ、普通は死神に憑かれた人間は、不幸になるらしい」(リューク)

スポンサーリンク

11話 突入

「命を賭けることと、命をやすやす奪われる可能性のあることをするのは正反対のことです」(L)

 

「やはり神は僕の味方をしている。神と言っても今回は、死神だけどね」(月)

 

「私も不愉快ですから。キラに便乗した者に殺されるのは」(L)

 

12話 恋心

「死神……そんな者の存在を、認めろとでもいうのか?」(L)

 

13話 告白

「正直、バカっぽいだけに、どう対処すればいいのか分からなくなりました」(L)

 

「私はあなたの目になる。だから……彼女にして下さい」(弥海砂)

 

14話 友達

「出来るかじゃなくて、やれでいいよ。私は月の言いなりになるから」(海砂)

 

「月くんはキラじゃない。いや、月くんがキラでは困ります。月くんは、私の初めての友達ですから」(L)

 

「女を殴りたいと本気で思ったのは、生まれて初めてだ」(月)

 

15話 賭け

「流河は夜神月の上辺の友達、Lはキラの敵だ」(月)

 

「私にも私の本心が分かりません。こんなこと今まで無かった」
「キラと第二のキラがつながったとすれば、私は大ピンチです。ですから自分を、冷静に分析できなくなっているのかもしれません」(L)

 

16話 決断

「僕は自分の自由を封じることで、自分の中に潜むキラの恐怖に勝つ」(月)

 

「夜神月らしくない。いや、キラらしくない」(L)

 

「どんな結果になろうと、ここから出る時は息子と一緒だ!」(夜神部長)

 

「何が何だか分からない」(L)

 

17話 執行

「しかしこれだと第二のキラが海砂さんであることは間違いないんですが、あまりに間違いなさすぎてそう思いたく無くなってきました」(L)

 

「つまり私はこの事件、どんなことをしても解決したい、そういうことです」(L)

 

「人間って生き物は、実に醜い」(レム)

 

18話 仲間

「今、気づきました。月くんがキラであって欲しかった」(L)

 

「先か……考えていないが、キラを捕まえたその後は、再就職だな」(夜神部長)

 

19話 松田

「幸いまだ生きているので助かるかもしれません。それには、殺される前に死ぬことです」(L)

 

20話 姑息

「いいえ。残念ですが、いま挙げられた者が死んで初めて間違いないです」(L)

 

「夜神くんなら出来るかもしれません。もし私が死んだら、Lを継いでもらえますか?」(L)

 

「この事件はキラを捕まえなければ解決しない。目の前の何人かの死を阻止することが、意味の無いことだとは言いません」
「しかし全ての真相を解明しなければ、またキラは現れ犠牲者は結果的に増える。ならば、何よりもキラを断定すべきということが、私の考えです」(L)

 

22話 誘導

「夜神くん。おかげで99%スッキリしました」(L)

 

23話 狂騒

「息子に大丈夫か等と言われたくない。大丈夫だ」(夜神部長)

 

24話 復活

「夜神くんらしくないですね。科学なんて超えてますよ、それは」(L)

 

「ルールとはいつの世界も、神とされる者によって作られるものだ。お前は僕の作ったルールに平伏し、新世界の神に逆らおうとした罪で、死ぬんだ」(月)

 

25話 沈黙

「すみません。私の言うことはみんなデタラメですので、一言も信じないで下さい」(L)

 

「しかし、それはお互いさまでしょ」
「生まれてから一度でも本当のことを言ったことがあるんですか?」(L)

 

「寂しいですね」「もうすぐお別れです」(L)

 

「邪魔者は全て消えた。僕は、新世界の神だ」(月)

 

26話 再生

「こんな簡単に……やはり竜崎がいないと、ぬるい」(月)

 

「これからは、新世界の創生を見せてやるよ」(月)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
アニメ「デスノート」 Blu-ray BOX

 

→DEATH NOTE(夜神月)
→DEATH NOTE(L)
→DEATH NOTE(リューク)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました