「風の谷のナウシカ」の名言まとめました

マンガ(原作)「風の谷のナウシカ」の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

風の谷のナウシカ 1巻

「フフフ。こわくないこわくない」
「ホラ、こわくない、ねっ……おびえていたんだね。でももうだいじょうぶ」(ナウシカ)

 

「ハイ。それが腐海のほとりに生きる者の定めとか……」(ナウシカ)

 

「この谷に来ると心がなごむ……しかしここでも……訪れるたびに人の数が少しずつ減っている」(ユパ・ミラルダ)

 

「おろかな戦とはわかっている。しかしツバメもタカとして生きねば、とぶこともかなわぬ世なのだ……」(ジル、ナウシカの父)

 

「でもなんてみにくい船かしら。私はメーヴェのほうが好き。ガンシップは風を斬り裂くけど、メーヴェは風にのるのだもの……」(ナウシカ)

 

「トルメキアの男どもめ。よくもわが身をいまわしき蟲で恥ずかしめたな!!」
「ゆるさん!!」(ナウシカ)

 

「双方、動くな!! 動けばこの王蟲の甲皮より削り出した剣が、セラミック装甲をもつらぬくぞ…」(ユパ)

 

「みごとな仲裁だ。わが方から剣をひこう、ユパ殿」(クシャナ)

 

「相手は単独行動の少戦隊なのだ、証拠などすぐ消せる。ガンシップで皆殺しにすべきであった。将来に禍根を残すよりましだ……」(ジル)

 

「野心以外に財産とてない貧乏軍人にやっとめぐってきた幸運か…それとも破滅かな」(クロトワ)

 

「兄たちは父におとらず軟弱で暗愚だが、だからこそ陰謀にだけはたけた者たちだ」(クシャナ)

 

「そうです。敵は前にいるとはかぎりませんよ、忘れぬように」(ババ)

 

「姫さまのおかげで心がどれほどなごんだか……」
「わしらはみんな姫さまを恋しておるのです。なんとかお力になれたらと……」(ミト)

 

「ユパさま、わたし戦場へいきたくない。わたしのなかに恐しい憎しみがひそんでいて、自分でもおさえられなくなるんです」(ナウシカ)

 

「顔もイイが頭もイイ。かわいいぜ、クシャナ……」(クロトワ)

 

「後席、エンジンを切って!!」「エンジン音がじゃまだ、いそいで!!」
「みんな落ち着いてよくきいて。かならず救出する、積荷をすててかるくしなさい」(ナウシカ)

 

「どけ。コルベットのあやつり方をおしえてやる。ちょっとふりまわしますぜ、殿下」(クロトワ)

 

「盾となってわたしをかばったそなたたちの忠誠を忘れぬぞ」(クシャナ)

 

「きみは殺しすぎた、上を見ろっ!!」
「もう光弾も蟲笛もきかない」(ナウシカ)

 

「味はともかく長靴いっぱい食べられたらと思うね」(アスベル)

 

「そうだとすると、ぼくらは滅びるしかなさそうだな。蟲さえ住まない死の世界じゃ、きれいになってもしょうがない」(アスベル)

2巻

「オレたちの国、小さい……トルメキアは大軍だった。たくさん殺され焼かれた……オレたち帰る国ない。でも闘う、みろ」(ケチャ)

 

「かわいそうに。お前さんの氏族の者があそこにいるんだね」
「しかたがないのだよ。もう包囲の輪は閉じられてしまった戦争だからね……」(マニ族僧正)

 

「王位継承のためなら身内でも平気で売りわたす……王族とは元来そのような人々なのさ」(僧正)

 

「風の谷も戦場になるのさ。戦場がいつも自分の国の外にあると思うのはまちがいだ」(アスベル)

 

「王蟲の子だわ!! なぶり殺しにして、王蟲の群を宿営地に呼びよせているんだ!!」
「なんてひどいことを……仲間を守ろうとする蟲の心を戦争に利用するなんて…」(ナウシカ)

 

「ひともみしてみよう。敵の意図が判るだろう」(クシャナ)

 

「いい勘してるぜ、クシャナ。わずかな兵の動きでそれに気づくとはさすがだよ。だが血をわけた兄たちに裏切られているとは、まだ知るまい」(クロトワ)

 

「ごめん……ごめんね。何もしてあげられない。せめて苦しみをおわらせてあげようとしたんだけど……」(ナウシカ)

 

「そなたたちの無念忘れぬぞ。うけとれ、たむけだ!!」(クシャナ)

 

「撃てないよ!! どんなに苦しくても、お前は生きているんだもの!! 生きようとしているもの!!」

「いてあげるね……ズーッといっしょにいてあげる……」(ナウシカ)

 

「何がおころうとしているのか判らない……でも何かとてつもないおそろしいことがどこかが始まっている。あれはその最初のきざしだわ」(ナウシカ)

 

「おろかなやつだ…たったひとりで……世界を守ろうというのか……ナウシカ……」(ジル)

 

「姫さまはやさしすぎて身を滅ぼしかねん…それも…失礼ながら…人間よりも王蟲の運命にずっと心をひかれておられるようだ…」(ミト)

 

「風の谷のわたしが王蟲の染めてくれた土鬼の服を着て、トルメキアの船で出かけるのよ」

「……わたし王蟲がすき…世界でいちばん偉大で高貴な生物だと思うの。でも同じように谷のみんながすきよ、忘れたことないわ。このほうたいをしてくれた人のことも」(ナウシカ)

 

「蟲使いも人間だよ。あまり忌みきらうのはよくないな」(ユパ)

 

「その者青き衣をまといて金色の野におりたつべし。失われた大地との絆をむすばん」(僧正)

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

3巻

「あの子の気持ちはよくわかるんです。ぼくも国をなくしたから……」(アスベル)

 

「ひどいもんだ。目がさめたときが死ぬときなんて」(アスベル)

 

「ひとつオレを使ってみませんか? 忠実で血筋もよいが融通の効かねえ貴族出の士官よりずっとつかいでがあると思うんですがね」(クロトワ)

 

「王位にしがみつく老いた化け物め。それほど執着する王位なら、血まみれのわが手でひきむしってやる」(クシャナ)

 

「死ばかり……行く先々、死ばかりだ……」(ナウシカ)

 

「フン、虫ずがはしるぜ!! ここはな、戦場なんだ! この先そんな子は何百もゴロゴロしてるんだよ!! そいつらをみんなひろって歩くつもりかよ!!」(クロトワ)

 

「あの娘には不思議な力があるのだ。お前のような男すら、娘の危機を聞いて井戸にとびこんでいったではないか」(クシャナ)

 

「わたしの部下たちが死んでいく。バカな!! 第三軍は神速の機動攻撃を旨とする装甲集団だぞ。このような拠点防衛には最も不向きな兵種をムザムザと!」(クシャナ)

 

「ナウシカ、よく見ておけ。これが戦場だ」(クシャナ)

 

「おやじや兄どもがクシャナをおそれる理由がわかるぜ。全トルメキア軍の中でも、これほど兵に支持される奴はひとりもいねえ」(クロトワ)

 

「そなたたちの最後、見届けた!!」

「わたしから第三軍を奪い精兵を虚しく犬死にさせた者どもへのわが復讐を、バルハラにて見守るがよい!!」(クシャナ)

 

「お礼は受けとめてくれた管蟲の巣にいいなさい。森があなたたちをたすけた、だから安心していい」(セルム、森の人)

 

「盗るのではないもの。お願いして少しだけもらうんだ」(セルム)

 

「どうした。私はもどって来たのだ」(クシャナ)

 

「なんという戦争!! いかがわしい正義すらカケラもないなんて。滅びの道をいそいでいるだけなのが判らないの!!」(ナウシカ)

 

「よいか。この戦は祖国への旅の第一歩と思え。犬死は無用、蛮勇も許さん。速力が武器だ。襲撃の先頭には私が立つ、以上!!」(クシャナ)

 

「わたしが拒否したらどうする」(クシャナ)
「ここを去って土鬼軍に加わり、あなたと戦う」(ナウシカ)

 

「だとするとお前は私だけでなく世界を相手に戦うはめになるぞ」
「ナウシカ、いっしょに来い」(クシャナ)

 

「ナウシカ。これからが本物の戦だ」(クシャナ)

 

「ナウシカ。お前はお前の道をいくがいい、それも小気味よい生き方だ。私は私の血みどろの道をいく。親兄弟と殺し合う、呪われた道をな……」(クシャナ)

 

4巻

「いま立ち止ったら悲しみにおぼれてしまう。進まなきゃ」(ナウシカ)

 

「わが苦しみは帝国の苦しみだ」(ミラルパ、皇弟)

 

「青き人は救ってはくれないのだよ。ただ道を指し示すだけさ」(セルム)

 

「森がそのように望むなら、私たちは出会います」(セルム)

 

「あいつが……死んだというのか。あの肉塊が、あの化物が!?」(クシャナ)

 

「あなたとあなたの娘を苦しめた毒蛇どもの牙をこれから砕きにまいります。どうか心安らかな日々を……」(クシャナ)

 

「お前が私の死か……」

「それにしてもずいぶんあっけなくあいつを殺してくれたではないか。あいつたちを殺せるなら、この生命など惜しくもないと思いつづけて生きていたものを……」(クシャナ)

 

「おちつくんだ、ナウシカ。泣くな、今は泣くな」(ナウシカ)

 

「さがれ。お前、悪い心もってる。チククの針は鋭いぞ」(チクク)

 

5巻

「俺のおそれることはただひとつ、この血を一度もたぎらせることもなく終わることだ」(ナムリス、皇兄)

 

「恐怖と歓喜の火のような日々を生きるために、俺は穴グラで待ちつづけてきたのだ」
「俺は祖父がしたように、自らの帝国を自分で斬りとってやる!」(ナムリス)

 

「もうなにもかも手おくれだ。しかし姫さまはわしらのはるか先を読みとって、あきらめずに戦っていなさる」(ミト)

 

「とどまれ、アスベル」
「いま、世界の半分が失われようとしているのだ」(ユパ)

 

「憎しみも怒りも消すことはできない。だが今は決闘の權利を保留する」(アスベル)

 

「同じ立場にいたらトルメキア王も同じ道を選んだにちがいない。愚かなのは土鬼皇帝だけではない、私とて同じことだ」

「慾望に翻弄されるのも、憎悪に捕らわれるのもたいしてかわりはない」(クシャナ)

 

「いつの間にか、私はナウシカのいうとおりにしていた。憎しみと恐怖をすてれば、蟲は襲って来ないという」(クシャナ)

 

「トルメキア王も土鬼皇帝も無慈悲で邪悪な小心者にすぎない。状況が困難になればなるほど、愚行もひどくなるだろう」

「新しい王が要るのだ。真の王道を進む者が出現せねば人間は滅びる」(クシャナ)

 

「ナウシカは伝道者ではない、使徒だ」「白い翼の使徒だ」
「チククはナウシカが好きだ」(チクク)

 

「もう何もかも手おくれだ……ここが私の旅の終わりだろうか」
「こんなに世界は美しいのに。こんなに世界は輝いているのに……」(ナウシカ)

 

「それでこそ血まみれの花嫁だ。憎悪と敵意こそ真の尊敬を生む源となろう。二人してたそがれの王国を築こうではないか」(ナムリス)

 

「虚無にいわれるまでもなく、私達が呪われた種族なのは判っている」

「大地を傷つけ奪いとり、汚し焼き尽くすだけのもっとも醜いいきもの。蟲達の方が私達よりずっと美しい……」(ナウシカ)

 

「わたしも森になろう……」(ナウシカ)

6巻

「食べるも食べられるも、この世界では同じこと。森全体がひとつの生命だから……」(セルム)

 

「蟲達の犠牲で世界は最後の機会を人間に残してくれました。これ以上の愚行のくり返しは、なんとかやめなければ……」(チヤルカ)

 

「でも……闇は私の中にもあります」(ナウシカ)

 

「きれい。まるで生まれかわったみたい……涙がとまらない」
「いいえ。こんなにしあわせでいいのかなって……」(ナウシカ)

 

「あなたが清浄の地を汚すまいともどって来てくれてほんとうにうれしかった。その時、判ったんです。この旅はあなたと会うためだったと。私と共に生きて下さい」(セルム)

 

「私はこちらの世界の人達を愛しすぎているのです。人間の汚したたそがれの世界で私は生きていきます」(ナウシカ)

 

「テパや。ナウシカならどうすると思うね」(大ババ)
「姫姉さまなら、もう助けにいってる」(テパ)

 

「その通りだ。凡俗はそう考えて当然だ」
「わしらはもう姫さまのなさることに口ははさまん。ただどこまでもお伴させてもらうだけだ」(ミト)

 

「きけっ。お前達の王と話すためにルワ・チクク・クルバルカは使徒をつれて来た」(チクク)

 

「憎しみより友愛を」(ナウシカ)

 

「ナウシカは去れといってる。もうこれ以上、死んでも殺してもいけない、生きろ……と」(チクク)

 

「ヤレヤレ、ふしどを共にする前に叛乱とは。俺が見込んだ女だけのことはある」(ナムリス)

 

「俺はもう生きあきた。何をやっても墓所の主のいうとおりにしかならん。あとはあの小娘がしょっていけばいい」(ナムリス)

 

7巻

「世界を敵と味方だけに分けたら、すべてを焼き尽くすことになっちゃうの」(ナウシカ)

 

「ではあなたに名前をあげます。わたしは風の谷の族長ジルの子・ナウシカ」
「そなたはナウシカの子・オーマ」(ナウシカ)

 

「わたしはあなた方の名をたずねない、ですから名乗りません」(ナウシカ)

 

「いまはあの二人が生かすにあたいするかどうか観察している。あの者達が母さんと同じ種族だなんて嘘みたいだ……」

「ぼくは、オーマ。調停者にして戦士……そして裁定者……裁きを行う者……」(オーマ)

 

「俺達はナウシカの守人だ。あの方は俺達を友人だといってくれた。俺達のにおい、イヤがらなかった、手を握ってくれた」

「ナウシカ守るため、財産すてた!! 蟲使い、蟲すてた!! だから乗せてくれ」(蟲使い)

 

「すまん、返す言葉がないわい。あんた達はわしらと同じだ。わしからもたのむ。姫さまの行かれるところ、たとえ地の果てまでも共に行ってくれ」(ミト)

 

「ナウシカが……みんなをつなぐ糸なんだ。ぼくらも土鬼の人々も、クシャナや蟲使いまで。ナウシカがいなければバラバラにいがみあうだけだった」

「なんという重荷が、あの少女の肩にのしかかっているのだろう」(アスベル)

 

「クソッ、死なしてたまるか」
「まっていてくれ、ぼくの愛する風使い」(アスベル)

 

「同じ予言が時には希望となり、時には彼岸へのあこがれになる」(ユパ)

 

「とめたけど、だめだ。みんな心底、トルメキア人を憎んでいる。だめだ、みんなとてもナウシカのようにはなれない」(ケチャ)

 

「なんとか止めねばならん。ナウシカにはなれずとも同じ道はいける」(ユパ)

 

「決まったようだな。しょせん……血塗られた道か……」(クシャナ)

 

「この片腕、わしの心のあかしだ。たのむ、判ってくれ」(ユパ)

 

「クシャナ……」
「血は、血はむしろそなたを清めた……王道こそ、そなたにふさわしい……」(ユパ)

 

「クシャナのこともナウシカが教えてくれた。クシャナは深く傷ついた鳥だといった。本当は心の広い大きな翼をもつやさしい鳥だって……」

「チククとクシャナ、友達になろう」(チクク)

 

「あなたはわたしの生命を救ってくれました。でも下僕になって平安を得たいとは思いません」(ナウシカ)

 

「みな自分だけは誤ちをしないと信じながら、業が業を生み、悲しみが悲しみを作る輪か脱け出せない」(庭園の主)

 

「判りました。今回はあなたが私の案内者です。肉体は遠く離れていても、あなたと共に行きましょう。たとえ絶望に砕かれようと…」(セルム)

 

「……沈黙もまた答です。お別れです」(ナウシカ)

 

「私は何のために……ひょっとすると…人間を亡ぼしにいくのかもしれない……」
「だとしても……」(ナウシカ)

 

「裁定は下っている。和平とは、お前達の終わりのない愚行を意味する言葉であろう。それを断ち切るために私は力を与えられた」

「私は私を産み、私を導き、私に名を与えた小さき母にのみ従う」(オーマ)

 

「私達はなんて沢山の事を学ばなければならないのだろう」(ナウシカ)

 

「セルム、私は嘘をつきました。これからもつきつづけます。人間は汚染にあわせて身体をつくりかえてしまった……でもそれをみんなに伝えて何になるでしょう」(ナウシカ)

 

「世界はよみがえろうとしていました。たとえ私達の肉体がその清浄さに耐えられなくとも」
「次の瞬間に肺から血を噴き出しても、鳥達が渡っていくように、私達はくり返し生きるのだと……」(ナウシカ)

 

「姫さまに伝えてくれ。どんなことがあっても生きて下されと……」(ミト)
「わかった。わかったけど、生きのびた方がそう伝えることにしようよ」(アスベル)

 

「否!! あなた達はただの影だ!!」(ナウシカ)

 

「真実を語れっ。私達はお前を必要としない」(ナウシカ)

 

「ちがう。いのちは闇の中のまたたく光だ!!」(ナウシカ)

 

「私達はみな、あまりに多くのものを失いました。でもすべては終わったのです。いまはすべてを始める時です」(ナウシカ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

アマゾンリンク
風の谷のナウシカ 全7巻セット

 

→風の谷のナウシカ(ナウシカ)
→風の谷のナウシカ(クシャナ)
→風の谷のナウシカ(アスベル)
→風の谷のナウシカ(ユパ)
→風の谷のナウシカ(クロトワ)
→風の谷のナウシカ(ミト)
→風の谷のナウシカ(ジル)
→風の谷のナウシカ(セルム)
→風の谷のナウシカ(オーマ)
→風の谷のナウシカ(ナムリス)
→風の谷のナウシカ(チヤルカ)
→風の谷のナウシカ(マニ族僧正)
→風の谷のナウシカ(ケチャ)
→風の谷のナウシカ(チクク)
→天空の城ラピュタ
→ルパン三世 カリオストロの城
→マンガの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

マンガの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました