「氷菓」の名言まとめました

アニメ「氷菓」の名言をまとめていきます。

氷菓

1話 伝統ある古典部の再生

「いわゆる灰色を好む生徒というのもいるんじゃないのか。まぁ、それって随分寂しい生き方だとは思うがな」(折木奉太郎)

 

「やらなくてもいいことならやらない。やらなければいけないことなら手短に」(奉太郎)

 

「ジョークは即興に限る。禍根を残せば嘘になるってね」(福部里志)

 

「たまたまです。試験なんてただの要領ですし」(千反田える)

 

「私、気になります」(える)

 

「姉貴よ、満足か。伝統ある古典部の復活。そしてさようなら、俺の安寧と省エネの日々。いや、まだ別れは言わない。俺は安寧を諦めない。省エネのために全力を尽くそう」(奉太郎)

 

「それは1年生の発想だ。不慣れな奴ほど奇をてらう。気の利いた秘密クラブなら堂々と裏をかいてくるとにらんだんだ」(奉太郎)

 

「もちろんそうさ。あれは現状に対するただの保留だね」(里志)

2話 名誉ある古典部の活動

「こんな陰気な男、ナメクジの方がまだましよ」(伊原摩耶花)

 

「うかつだった。これ以上の拒絶や言い逃れは、むしろエネルギー効率が悪い。ならば」(奉太郎)

 

「福ちゃん。折木って頭よかったっけ?」(摩耶花)
「あんまり。でもこういう役に立たないことだと、時々役に立つんだ」(里志)

 

「大事なのは真実では無い。千反田が納得することなのだ」(奉太郎)

 

「いえ。いくら成績が取れても、それはパーツの集合体に過ぎません。私は、そういうパーツでは無く、思考を生み出すシステムが知りたいんです」(える)

 

3話 事情ある古典部の末裔

「私は、過去を言いふらして回る趣味はありません。こんなの、誰にでもする話じゃありません」(える)

 

「俺はお前に対して、責任を取れない。だから、お前の頼みを引き受けるとは言わない。だがその話を心にとどめておいて、ヒントになるようなことを見かけたら、必ず報告しよう。その解釈に手間取るようなら、その時も手助けする」(奉太郎)

 

「でも、覚えていてはならないって書いてあります。もし調べたら、不幸なことになるかも知れません。忘れられた方がいい事実というものは、存在するでしょう」(える)

 

「違うさ。ここに書いてあるじゃないか。全ては、歴史的遠近法の彼方で、古典になっていく。時効ってことさ」(奉太郎)

 

4話 栄光ある古典部の昔日

「まあ謎が解けなかったとしても、いつかお前の中で時効になっていくのかもな」(奉太郎)

 

「違うよ、何をしていたって僕は僕だからね。染まってる訳じゃない。僕が貶める時には、君は無色だって言うよ」(里志)

 

「でも……だったら私は、どうして、泣いたのでしょうか?」(える)

 

5話 歴史ある古典部の真実

「でもな、隣の芝生は青く見えるもんだ。お前らを見てるとたまに落ち着かなくなる」(奉太郎)

 

「分からない……本当に分かってないのか? 誰も受け取れなかったというのか?」
「あの、くだらないメッセージを!」(奉太郎)

 

「確かに、10年後の私は気にしないのかもしれません。でも、今感じた私の気持ち、それが将来どうでもよくなってるかもなんて、今は思いたくないんです」(える)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
「氷菓」BD-BOX [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました