「冴えない彼女の育てかた」加藤恵の名言まとめました

アニメ「冴えない彼女の育てかた」加藤恵の名言をまとめていきます。

冴えない彼女の育てかた

2話 フラグの立たない彼女

「ありがとう。でも安芸くんが気づかなかったのって、私がかわいいとかじゃなくて、私の存在そのものだよね」

 

「それ、地味っていうよりもひどくない?」

 

「そこまで言われる筋合いは無いってのはさておき、私が無個性で安芸くんが困ることがあるの?」

 

「えっと、今私って告白されてる?」
「だよね。今の安芸くん、私に話しかけてても、どこか遠くを見てるような感じだったし」

 

「絵に描いたようなオタク部屋だね!」

 

「いきなりそんなドン引きな態度とられて、どうやって緊張しろっていうのかな?」

 

「うん、ホント面白いよ。解説もネタバレも無しに1人で静かにプレイしてたら泣いたかもしれないね」

 

「でも安芸くんだし、どうせ徹夜でゲームやるだけだよね」

3話 クライマックスはリテイクで

「ねえ、安芸くん。ううん、倫也くん。あなたが求めていた私は、こんな感じだったかな?」
「アニメの中の、ゲームの中の、そしてラノベの中、あなたの理想の女の子は、こんな風に話して、こんな風に動いて。そして、こんな風に恋に落ちたのかな?」

 

「合格かな? 今の私は、あなたの作ろうとしている物語のヒロインになれるかな?」
「あなたの力になれるかな?」

 

「それでも、あなたが本気で夢を叶えたいって思ってることだけは、どうしようもなく分かるよ」
だから頑張って、倫也くん。私を、誰もがうらやむような、幸せなヒロインにしてね!」

 

4話 予算と納期と新展開

「ラノベって完全に男の子向けかと思ってたけど、これは女の子が読んでも泣ける作品だよね」

 

「ゴメン。私まだオタクの常識ってものに慣れてなくて」

 

「あ~、分かる。今の安芸くん、信者の目をしてるよ」

 

「何、その過去のトラウマをえぐられたみたいな反応」

 

「えっとゴメン。その、かもしれないっての要らない」

 

「安芸くんて本当に妄想たくましいよね。悪い意味でも、悪い意味でも」

5話 すれ違いのデートイベント

「そういう態度や言葉遣い、現実で使うシチュエーション無いよ」

 

「うん、いい感じ、似合ってるよ。えと、多分」
「今日付き合ってくれたお礼。ありがとね、安芸くん」

 

7話 敵か味方か新キャラか

「女の子の髪型をそこまで否定されると、少しは思う所があるよね」

 

8話 当て馬トラウマ回想モード

「それに、どうせなら最初の作品から触れてみるのもいいよね」

 

「全然信じて無いから分かるんだけど」

 

9話 八年ぶりの個別ルート

「そうかな? エロ同人作家だからこそ夢見がちなんじゃないかな」

 

11話 伏線回収準備よし

「まあ、いろいろと思うところもあってね」

 

「だからこそ、だよ。見栄はるよ、女の子ならさ」

 

「まあ安芸くんなら、そういうこともあるって知ってるし。それでも土壇場で何とかするって気もするし」

 

「無理でも仕方なくでも無い。本気でゲーム作ろうって思ってるんだよ、私」
「だから頑張って! 倫也くん。私を誰もがうらやむような、幸せなヒロインにしてね」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
冴えない彼女の育てかた Blu-ray Disc Box

 

→冴えない彼女の育てかた
→冴えない彼女の育てかた(霞ヶ丘詩羽)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました