「冴えない彼女の育てかた」加藤恵の名言・台詞まとめ

アニメ「冴えない彼女の育てかた」加藤恵の名言・台詞をまとめていきます。

冴えない彼女の育てかた

2話

「ありがとう。でも安芸くんが気づかなかったのって、私がかわいいとかじゃなくて、私の存在そのものだよね」

 

「それ、地味っていうよりもひどくない?」

 

「そこまで言われる筋合いは無いってのはさておき、私が無個性で安芸くんが困ることがあるの?」

 

「えっと、今私って告白されてる?」
「だよね。今の安芸くん、私に話しかけてても、どこか遠くを見てるような感じだったし」

 

「絵に描いたようなオタク部屋だね!」

 

「いきなりそんなドン引きな態度とられて、どうやって緊張しろっていうのかな?」

 

「うん、ホント面白いよ。解説もネタバレも無しに1人で静かにプレイしてたら泣いたかもしれないね」

 

「でも安芸くんだし、どうせ徹夜でゲームやるだけだよね」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「ねえ、安芸くん。ううん、倫也くん。あなたが求めていた私は、こんな感じだったかな?」
「アニメの中の、ゲームの中の、そしてラノベの中、あなたの理想の女の子は、こんな風に話して、こんな風に動いて。そして、こんな風に恋に落ちたのかな?」

 

「合格かな? 今の私は、あなたの作ろうとしている物語のヒロインになれるかな?」
「あなたの力になれるかな?」

 

「それでも、あなたが本気で夢を叶えたいって思ってることだけは、どうしようもなく分かるよ」
だから頑張って、倫也くん。私を、誰もがうらやむような、幸せなヒロインにしてね!」

 

4話

「ラノベって完全に男の子向けかと思ってたけど、これは女の子が読んでも泣ける作品だよね」

 

「ゴメン。私まだオタクの常識ってものに慣れてなくて」

 

「あ~、分かる。今の安芸くん、信者の目をしてるよ」

 

「何、その過去のトラウマをえぐられたみたいな反応」

 

「えっとゴメン。その、かもしれないっての要らない」

 

「安芸くんて本当に妄想たくましいよね。悪い意味でも、悪い意味でも」

 

5話

「そういう態度や言葉遣い、現実で使うシチュエーション無いよ」

 

「うん、いい感じ、似合ってるよ。えと、多分」
「今日付き合ってくれたお礼。ありがとね、安芸くん」

 

7話

「女の子の髪型をそこまで否定されると、少しは思う所があるよね」

 

8話

「それに、どうせなら最初の作品から触れてみるのもいいよね」

 

「全然信じて無いから分かるんだけど」

 

9話

「そうかな? エロ同人作家だからこそ夢見がちなんじゃないかな」

 

11話

「まあ、いろいろと思うところもあってね」

 

「だからこそ、だよ。見栄はるよ、女の子ならさ」

 

「まあ安芸くんなら、そういうこともあるって知ってるし。それでも土壇場で何とかするって気もするし」

 

「無理でも仕方なくでも無い。本気でゲーム作ろうって思ってるんだよ、私」
「だから頑張って! 倫也くん。私を誰もがうらやむような、幸せなヒロインにしてね」

冴えない彼女の育てかた Fine

「そんなの謝る必要なんてない。出海ちゃんはサークルのために死にものぐるいで頑張った。なら、私達がカバーするのは、サークルメンバーとして当然のことだよ」

 

「それはほら……いつのまにか勝手にサークルに混入していた異物は、消毒すべきというか」

 

「なんかちっとも頼られてるように聞こえないのは気のせいってことでいいんだよね」

 

「とにかく次から次へと、書いて書いて書きまくるとか?」
「まあ、そういう手が試せる時間はとうに過ぎたけどね……」

 

「ていうかさ。私みたいな藁じゃなくて、お釈迦様に聞いてみたら?」
「今の安芸くんの悩みなんか、何度も経験してるんじゃないかな、霞ヶ丘先輩なら?」

 

「つまり、今よりもっとキモい文章書くってこと? なんか耐えられそうにないんだけど?」

 

「このイベントは問題あるね。主人公の行動・言動・態度、ようするに全部」
「あのさ、こんなに自分勝手でわがままな男子に、好感もつ女子なんていないよ」

 

「それにしてもさ、限度ってものがあると思うんだよね」
「もうちょっとヒロインに寄り添って欲しいよね。たまにでいいから、優しくして欲しいんだよね」

 

「ホントにわがままで勝手で、強引なんだよなぁ、安芸くんは……」

 

「違うよ、全然違う。もうとっくにフラグは立ってる。だからここは、主人公を、思う存分泣かせてあげようよ」

「それで伝わらないようなら、永久に巡璃ルートには入れないよ」

 

「忘れてないけど、忘れたいだけだよ」

 

「で、この口にするのもはばかられるくらい恥ずかしいテキストを、私にどうして欲しいって?」

 

「そんなの、分かんないよ」
「やってみないと……分かんないよ」

 

「物足りないなんて思わないけどな。好きな人と恋人同士になっていくのって、結構勇気がいるものだよ。それを生ぬるいって言われても、なんだかなぁって思っちゃうけどな」

 

「その日が何の日か、分かってて言ってるんだよね?」

「あ~あ、し~らないよ、倫也くん」
「どうなっちゃっても、し~らないよ」

 

「それが倫也くんのやりたいことなんだ? 私達のゲーム作りを投げ出してまで、やりたいことなんだ?」

「でも……私達のゲームは、私達のチャンスだよね? 一年間、一生懸命がんばって、たどり着いた、晴れ舞台だよね?」

 

「ねえ、倫也くん。私はどうしたらいいのかな? わがままな三次元の女の子みたいに、怒って、泣いて、倫也くんをリアルで困らせたらいいのかな?」

「それとも、二次元のメインヒロインみたいに、笑って、手を振って、送り出した方がいいのかな……ごめんね……」

 

「ごめんね、倫也くん。私、やっぱり……あなたの、メインヒロインに、なれないよ……」

 

「それは……無理だよ。代表がいない以上、サークルとしては、何も決められない」

 

「手伝うんじゃない」
「ただ、私の仕事をやるだけだよ。だって、代表1人のせいで失敗したなんて思われたくない。あんな人、いなくてもどうでもいいって証明してあげる」

 

「愚痴じゃないから、正当な怒りだから」

 

「ほっといてくれないかな! 私が倫也くんのこと、どう思っていようが、霞ヶ丘先輩には関係ないんじゃないかな?」

 

「みんなにとって、倫也くんはものすごく特別な人だったのかもしれない。けれど私には、全然特別じゃなかった、普通だった。だからこそ、私は……」

 

「すっごくキモいね、これ」

 

「こんなひどいラブレターもらって、喜ぶ女の子がいると思ってるのかな?」

 

「これだけ怒ってるのに、他人行儀の呼び方なんか、出来ないよ!」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「もう、知らないよ……」
「知らないよ、倫也くん……何もかも、知らないよ……許せないけど、そんなの知らないよ! だって、だってさ……」

 

「どうして、私なのかな? どうして、あの人達じゃなくて?」

 

「そんなこと言われて喜ぶ女の子、いると思ってるのかな?」
「普通は、いないだろうね」

「でも……合格、だよ」

 

「どうすれば、いいんだろうね?」

 

「違わないよ、倫也くん。タイミングが合わなかっただけだよ。それ以外は、何一つ、間違ってないよ。私の、望んだ通りだよ」

 

「ごめんね、英梨々」

「ひどいことしたって、自覚してる。倫也くんと英梨々が、10年間、いろんな気持ちを抱え続けてきたこと、知ってた。そこにはつらい気持ちとか、嫌な気持ちとかもあったけど……」

「でも、それ以上にたくさんの、大切な気持ちがあったこと、知ってた」
「だから私、批判は受け止める。英梨々には10年分怒られてもしかたな……」

 

「確かに倫也くんは、普通じゃなかったかもしれない。けど、英梨々や霞ヶ丘先輩ほど特別でもなかったんだよ」

「だからね、2人に追いつかない同士、ちょうどよかったんだよ。私と、倫也くんは」

 

「確かに私、普通の男の子を好きになるような、普通の女の子じゃ、ないのかもね」

 

「どうかな? 私は、あなたが望むメインヒロインに、なれたかな?」
「たくさんのユーザーのためじゃない。たった1人の……あなただけのメインヒロインに、なれたかな?」

 

「本当に久しぶりだね、この6人が集まるの」
「さあ、始めようか。久しぶりの合宿を」

「あっ、でも邪魔されたのだけは癪だから……これだけは、回収しとくね」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
冴えない彼女の育てかた 全13巻セット (ノベル)

 

→冴えない彼女の育てかた
→冴えない彼女の育てかた Fine
→冴えない彼女の育てかた(霞ヶ丘詩羽)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました