「東京喰種トーキョーグール」真戸呉緒の名言まとめました

アニメ「東京喰種トーキョーグール」真戸呉緒の名言をまとめていきます。

東京喰種トーキョーグール

2話 孵化

「いい雨だね。雨は奴らの感覚を鈍らせる。絶好の仕事日和じゃないか」

 

「この雨に一つだけ難点を挙げるとすれば、クズどもの断末魔が聞けない所だな」

 

3話 白鳩

「十分さ、糸の端はつかんだんだ。後はたどり着くまで、残らず駆逐するだけだよ」

 

「亜門くん、感覚だよ。五感を使うんだ」

 

「クズを釣るにはクズをエサにするに限るね」
「さてこのクズは、どんなクズに引き合わせてくれるのかな」

6話 驟雨

「待ったかいがあったというものだね、亜門くん。雑魚をエサに、外道を釣る。もっとも、こいつは本当の意味での外道だけれど」

 

「さてと。このクズにはどんな使い道があるかな?」

 

「親子愛のつもりか。ヘドが出る」

 

7話 幽囚

「母が子のために命を捨てる、むしずが走るわ。滑稽だな、貴様ら喰種が人間の真似事をしている姿は」

 

「いい、いいぞ最高だ。絶望、恐怖、憎悪。その表情だ、もっとだ、もっと見せろ!」

 

「残念、時間切れだ」

 

「私は仕事以外脳の無い人間だよ」

 

「ああ、すまんすまん、忘れてしまったよ。昨日のことなのに、あまりに弱くて惨めで。あれは笑えた」

 

「馬鹿め。私がこれまでどれだけのゴミを葬って来たと思っている。貴様もその内の一匹に過ぎん!」

8話 円環

「流言で我々をおびき寄せようなど、哀れなほどチープな作戦。幼ちい幼ちい」

 

「やはりそこらの雑魚とは違うな。跳ねろ、もっと跳ねろ、羽虫め!」

 

「クインケが、消えた……いや、消えたのは、私の右手か」

 

「しくじったか。貴様らに、生きる価値などあるものか。笑わせるな、まだだ、貴様らに報復を。私は、奴を、隻眼を、この手で葬るまでは……まだ、死ねな……」

 

9話 鳥籠

「勘だ!」「勘はバカにならんぞ、亜門くん。私は勘には自信が」

 

「こんなものはいくらでも偽造できる。何の証拠にもならないよ」
「これも作戦だよ、尻尾を出させるためのね。君は私からじっくり学びたまえ、まだまだひよっこなのだから」

 

「ダメだね、亜門くん。クズを前に油断しては」

 

「敵を前にしたら手足をもがれても戦え。それが捜査官というものだ」

 

11話 衝天

「亜門くん。身体能力で劣る人間が、いかにして喰種との戦いに勝利を収めると思う?」
「狡猾であることだよ、亜門くん。正義の下であれば、どんな卑怯も許される」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
東京喰種トーキョーグール 【Blu-ray】 vol.1

 

→東京喰種トーキョーグール
→東京喰種(霧嶋董香)
→東京喰種(月山習)
→東京喰種(芳村)
→東京喰種(神代利世)
→東京喰種(ヤモリ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました