マンガ「キングダム」の名言まとめました

マンガ「キングダム」の名言をまとめていきます。

キングダム

1巻

「戦いで全てを奪われた分、俺達も戦いで奪い取る!!」
「俺達は天下最強の大将軍になるのだ!!!」

信と漂は、日々訓練に明け暮れていた。
そして訓練中に偶然出会った位の高そうな士族に、自分たちの目標を語っている。

「信、俺達は力も心も等しい。二人は一心同体だ」
「お前が羽ばたけば、俺もそこにいる」
「信...俺を天下に連れて行ってくれ」

王宮に士官した漂だったが、傷ついた状態で信の元に戻ってくる。
そして最期の力を振り絞り、信に未来を託す。

「当たり前だ。お前らチンピラの剣とは違うんだ」
「俺の剣は、俺達の剣は、天下に轟く剣だ!!」

黒卑村のチンピラは、全員で信に向かってきた。
しかし信は圧倒的な力を示し、相手の戦意を喪失させる。

「ああ、下らねェ!! 俺たち底辺の人間には、誰が王かなんて興味ないんだよ!!」

秦内部の抗争に興味を示さない信。
そんな自分たちに関係のない世界のために、漂が死んだことが許せなかった。

「お前の罪(とが)とお前の子は、関係ない」

政を暗殺に来た朱凶だが、信により敗北する。
最期に子供がいることを理由に命乞いするが、政は聞く耳を持たなかった。

「お前は今、二つの岐路にある」
「里に帰って下僕を続けるか、薄弱の王を援け、共に凶刃の野を行くか」
「お前らのバカげた夢にどちらが近いかは、言うに及ばんな」

助けてもらった信に対して、選択を迫る政。そしてその結論は決まっていた。

「ああ、ついて行く。だが勘違いするなよ」
「漂のことを忘れるわけじゃない。王であるお前にひざまずくわけでもない」
「俺と漂の”路”のために、お前を利用するだけだ」

政と一緒に行動し、王座奪回に力を貸すことを決めた信。
それは何物でもない、自分たちが誓った目標のためだった。

スポンサーリンク

2巻

「退がるな、信っ!! 不退こそが、お前の武器だぞ!!」

強敵を前にして、心の底で弱気になっていた信。
その状況を見越して、政は信に対して檄を飛ばす。

「血沸き肉踊る世界!」

王宮で望みを聞かれた時、王騎将軍が答えたこと。
過去の激戦を知っている将軍には、現代がつまらない物に映っていた。

3巻

「復讐よりも前にやるべきことは山ほどある」

王宮奪還のため、山の民に協力を依頼に来た政。
山の王である楊端和は過去の復讐にこだわるが、政は未来を語る。

「俺は中華を統一する最初の王になる。その協力を得に、山の王に会いに来た」

政の言葉を聞いても、過去と現在にこだわる楊端和。
しかし政は改めて、自分の最終目標を伝える。

「無念無念って、うっせェんだよ!!」
「だいたい一番の無念は、夢見てたものが幻に終わったことだろうが!!」
「...もし本気で死んだ奴らのことを想うのなら」
「奴らの見た夢を現実のものに変えてやれよ!!」

山の民に協力を求めているが、一向に話を聞く気配を見せない。
そして処刑されそうになり、抵抗した信は山の民の本当の無念を叫ぶ。

「感謝の言葉は、勝利の後に言うものだ」

王宮に入り、後少しで戦闘に入る時、政は楊端和に協力を感謝した。
しかしそれを聞いた楊端和は、勝利と感謝を一緒に考えていた。

スポンサーリンク

4巻

「俺たちは、ただ耐えしのげばいい。耐えしのげ!!」
「剣が折れても、腕を失くしても、血を流し尽くしても耐えしのげ!!」
「耐えしのげば、俺達の勝ちだ!!」

王宮に侵入した信たちの勝利を信じて、屋外で敵と戦っている政と山の民。
苦しくなってきた時、政は檄を飛ばして士気を上げる。

「オイオイ、お前こそ頭おかしいんじゃねェか?」
「秦の大王は政だ!! お前はただの反逆者(クソ)だ!!」

政の弟である成蟜は、信たちが入ってきても動じる気配も見せない。
そして信を罵るのだが、信の怒りが爆発する。

5巻

「戦意のねぇ奴は、寝てろ!!」

敵のランカイに対して致命傷を与えたが、それでも立ち向かって来た。
しかしその目にもう戦意はなく、信は相手に対して怒りを覚える。

「おどしじゃ檄にはならねェよ。そいつはもう立たねェ。今度こそ終わりだ!」

闘いを諦めたランカイに対して、恐怖を持って立ち上がらせようとする成蟜。
しかしそれを見ていた信は、おどしが役に立たないことを指摘する。

「あるんだよ、戦争だからな。しかもお前が始めたんだ! 大人しく観念しろ」

成蟜を追い詰めた信たちだが、成蟜は自分が害されることを理解できない。
そんな甘い考えを信は打ち砕く。

「いや、やめとく。行くのは二人の夢がかなってからだ」

漂の墓参りをしていないことを指摘された信。しかし信は二人の夢を優先する。

6巻

「弱者には弱者の戦い方があります。これは卑怯ではなく戦法です」

信が属する五人組「伍」のリーダーである澤圭は、自分が弱者であると理解していた。
そのため個人技ではなく集団戦を得意とし生き残ってきた。

「そんなもん、最初から期待してんじゃねェよ」
「自分の生きる道は、自分で切り開く。それだけだろ」

敵の装甲戦車隊により、壊滅状態の信たち歩兵部隊。
味方の援軍もなく不満が溜まって来た時、信は自分たちの力で抵抗する道を選ぶ。

スポンサーリンク

7巻

「”知略”対”本能”! これは武将の中の永遠の題目ですよォ」

今回の戦いは、知略の将軍と本能の将軍に分かれていた。
その状況を認識していた王騎は、信や壁に問いかける。

「今ここにある状況は全て、あの二人が勝つために描き導いたもの!!」
「そうそれが”将軍”という存在です」

戦いの経緯より、将軍という存在の大きさを信に説明する王騎。
それは信にとって、とてつもなく大きなことだった。

「下らん負け犬の感傷だな!!」
「将ならば、敵軍にどうやって勝つか!! それ以外に心囚われることはない!!」

一騎打ちの途中、呉慶は自分の身の上を語りだす。
それを聞いた麃公は下らないと一蹴する。

8巻

「養父は言いました」
「”月がいつも以上に輝いているのは、くじけぬようにはげましてくれているのだ”と」

趙の国で極貧の生活をしている、幼き頃の政。
その政に対して商人の紫夏は、月の見え方について語っていく。

「何の迷いがあろう。我々がすることは明白ではないか」

政の趙脱出は危険を伴うが、協力することを決断する紫夏。
それは幼き頃の自分が、養父に助けられた記憶から来ていた。

9巻

「はぁ? バカか、お前。そんなもん、俺にあるわけねェだろ」
「戦友だからだよ。共に汗と血を撒き散らしながら戦ったなァ」

眼の前に刺客として現れた羌瘣は、信が政を守る理由で「忠義」という言葉を使う。
それに対して信は、自分の感じたままを語っていく。

「蚩尤(しゆう)じゃねェ」
「こいつは秦国麃公軍第4縛虎申隊歩兵、羌瘣。俺の伍の仲間の羌瘣だ!」

協力して刺客を撃退した羌瘣だが、力尽きて動けなくなる。
危険人物として壁などは捕らえようとするが、信はそれを許さなかった。

「数じゃねェ。戦は”数”じゃねェ、”人”だ」

呂氏との争いを考えた時、圧倒的多数の呂氏陣営。
しかし戦争を経験した信は、数が全てでは無いことを知るが、その人の質も...

スポンサーリンク

10巻

「武の証明だ。この蒙武こそ中華最強!! その証明以外、一切の興味無し!!」

秦王政に対して、昔の六大将軍の復活を上奏する蒙武。
周りが謀反を警戒する中、「武」以外なにも興味が無いことを宣言する。

「...李斯よ。確実(それ)のどこが面白い」

政の暗殺が失敗したことに対し、呂不韋の部下である李斯は「自分なら確実」と言ってくる。
しかし呂不韋は、政の暗殺にすら「面白み」を求めていた。

「いや違う。俺はあんたを超える」
「俺は天下で最強の大将軍になって、歴史に名を刻むんだ!!」

王騎に自分の最終的な目標を語る信。
あまりの大きさに王騎は笑い出すが、そのバカさ加減が気に入りもしていた。

11巻

「あの大広間で大臣共の見ている中、お前に任命されるのは、悪かねェ」

王騎が政により将軍に任命される姿を、目の当たりにする信。
未来に自分が任命されることをイメージする。

12巻

「戦を効率よく進めるためには、より有利に戦える地を相手より奪うことが定石です」
「しかし場所獲り以外にも、良い方法があります。敵の有能な武将を殺していくことです」

今回の戦いの総大将である王騎将軍は、地の利より人の利を優先する。
それは何も、味方の有能な人材を増やすだけではなかった。

「だが──豆つぶには、豆つぶなりの強さがある」
「すき間を抜く身軽さがあり結集すれば、決して砕けねェ石にもなる」

百人隊で2万の敵の将を討つ任務を、王騎は信に命令する。
全員が無理と断言するが、信だけは可能性を感じていた。

「お前ら、頭にたたき込んどけ。これはそういう戦いなんだ」

敵軍を前にして萎縮している、信の百人隊。
しかし信は自分たちの失敗が住民への虐殺につながることを、みんなに再認識させている。

スポンサーリンク

13巻

「ンフフフ。その通りです。こういう時こそ大騒ぎですよォ」

大勢の死者が出て、少し落ち込んでいる信。
そんな時に飛信隊の前に突然現れた王騎将軍は、大騒ぎの大切さを指摘する。

「馬鹿が!! 貴様はただ相手に恵まれていただけだ」
「俺が本当の”武”というものを教えてやる」

守備を得意とする敵将李白と対峙する秦の蒙武は、昨日戦った時は苦戦をしていた。
しかしそれはわざとであり、本当の”武”を見せつける。

「李白よ、何を勘違いしている。貴様如きの首に興味はないわ!!」
「全軍に告ぐ、蹂躙しろ!!」

逃げる敵将に対して、追いかけない蒙武。
相手の誘いを見抜いたのもあるが、興味自体も無かった。

14巻

「言われなくても危ねェことは分かってる。だがそれでも、戦るしかねェ」
「ここで逃げてるようじゃ、天下の大将軍なんて夢のまた夢だ」

龐煖に立ち向かうのが危険なのは分かっているが、大将首を前に逃げるわけには行かない信。
しかし部下にまでは強要しない。

「今は深く考えねェようにしてる」
「今、そこを考えると、この場にうずくまって足が前に出せそうにない」
「だけど死んだ奴は、んなこと望んでねェんだ。絶対に」
「だから今は、この36人でどうやって武功をあげるか...それしか考えてねェ」

先の戦いにより、半数以上を失った飛信隊。
王騎が現状について聞いて来た時、信は未来のことしか語らなかった。

15巻

「そこが大きな間違いだ。”策”でこの俺は止められぬわ!!」

敵に誘い込まれ、策により半数近くを失った蒙武軍。
しかし蒙武は、自身の武により策を打ち破る自信を叫ぶ。

「多分お前はちゃんと理解していない。その本質」
「軍師とは前線で血を流す兵士よりも、はるかに苦しくつらいもの」
「そして、恐ろしいものだ」

戦いを見ている河了貂は同じく見ているカイネに、自分が軍師を目指していることを話す。
その時にカイネは自分の近くにいる軍師の李牧を頭に描き、貂に語っていく。

「しかし少々、つめが甘かったようですねェ。私がその気になれば、趙荘軍など瞬殺ですよ」

敵の策にかかった秦軍だが、王騎将軍はそれも予期して行動していた。
そして本当の実力を発揮する。

16巻

「命の火と共に消えた彼らの思いが、全てこの双肩に重く宿っているのですよ」
「もちろん、摎の思いもです」
「山で一人でこもっているあなたには理解できないことでしょうねェ」

王騎から感じる重さが理解できない龐煖。
それに対して王騎は、自身の重さの意味を語っていく。

「皆、ただの獣と化して戦いなさい。いいですか、ここからが王騎軍の真骨頂です」
「この死地に力ずくで活路をこじあけます。皆の背には、常にこの王騎がついてますよ」

李牧の策にはまり絶体絶命の王騎軍。しかし王騎将軍に「諦める」という言葉は無かった。

「この戦の目的は秦の侵攻でもなく、王騎軍の壊滅でもありません」
「目的は王騎の死。これが達せられた今、これ以上、血を流すことに全く意味はない」
「無意味な死だけは、絶対に許しません。戦はここまでです」

王騎に致命傷を与えたが、逃亡は許してしまう趙軍。
全軍による追撃を進言するが、李牧は目的が達成した後の被害を好まなかった。

「果てなき漢共の命がけの戦い。ンフフフ、全く。これだから乱世は面白い」

命が尽きようとしている王騎は、自分を打ち破る程の存在をむしろ喜んでいた。
そしてその強者をも打ち破る存在が現れることにも、期待しているのだった。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク