「ノーゲーム・ノーライフ」白の名言まとめました

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」白の名言をまとめていきます。

ノーゲーム・ノーライフ

1話 素人(ビギナー)

「栄養、大事」「効率厨乙。でもその他の栄養も無きゃ、おっきくならない」
(カロリー○イトを食べる白に空が食パンがコスパ最強と話したため)

「えっと、夜中の、午前8時」「ニートに関係あるん」

「にいなら出来る」「ファイ、ト!」

「チェスなんて、ただの、マルバツゲーム」

「こんな苦戦、久しぶり。相手、本当に人間?」

「にい、ズルい。あんな分かりやすいイカサマ」

「にい。あれに、勝てる?」「愚問だった」
(異世界の魔法か超能力のような分からない現象を見たため)

2話 挑戦者(チャレンジャー)

「にい、『俺の所有物になれ』なら、全部手に入った。にい、願望入った?」
(ステフに対して空がまさかの要求をしたため)

「にい、彼女いらないって。白がいればいいって言ってた」

「ひらひら多い、動きにくい」
(ステフから小さい時の服をもらって)

「にい、覚えた」「もっと褒める」「音声言語が一致しているから簡単。にい、遅い」
(少し本を読んだだけで異世界文字を覚えてしまう)

「うん。約束通り、どこへでも」

3話 熟練者(エキスパート)

「(原理的に勝てないゲームでさえなければ)空白に敗北の二文字は無い」

「ごめん、なさい……にい、負けた、よ……ごめんなさい……」
(イレギュラーなチェスに対応できずに謝るが)

「にい。2人で空白。だいじょうぶ!」

「余裕、です!!」

4話 国王(グランド・マスター)

「にい、女の子泣かせた」「彼女いないくせに」

「異議あり! にいが王様なったら、ハーレム作れる。白いらなくなる」
「建前上なら、王様は白。それで意義なし」

「ステフ、キモい」

「最高!」
(絶望的な状況を空に聞かれた時)

「勝ち逃げは、許さない」

スポンサーリンク

5話 駒並べ(ウィークスクエア)

「まだ深夜36時」

「リア充なんて、そもそも都市伝説」

「ステフのくせに生意気」

「ステフやるべし、慈悲は無い」

「ステフ、できる子」

6話 一手(インタレスティング)

「うん。超健全!」

「にい。オメガグッジョブ!」

7話 死に手(サクリファイス)

「にいのプレイスタイル、うざい!」

「ホント、空っぽ」
(過去の回想、空の名前を始めて聞いた時)

「大丈夫。にいと白なら」

9話 解離法(スカイ・ウォーク)

「そこで彼女は、ゲームを知った。知能検査と称し、いくつものゲームをやらされたが、退屈過ぎて、誰とやっても楽しくない」
(過去の回想)

「偽りの、存在。本当に、あれは偽り? だから、消えていく?」
「全部……全部、消えていく」
(なぜか誰も空を知らない世界になっていた)

「空白……空白に、空白に、敗北は、無いのぉぉぉーーー!!!」
「にいは、空は、いる。絶対、絶対いるの!!!」
(世界を解除するためゲームに負けるよう言われるが、それだけは出来なかった)

「お礼。ステフいなきゃ、気づけなかったから」

「ゲームだったら?」「盟約によって行われるゲームに、そんな仕掛け合ったら?」

「分からない……けど、分かる。にいは言った」「にいは、白は1人にしない。だから……」

「焼ききれてもいい。考えて、この状況。にいが託した、この状況。残ってる記憶を、全部使って!」

「その、どちらでも無いとしたら?」

「そんなの、簡単。にいは言った、2人で1人。このゲーム、白も参加してる」

「見えない、けど見える。にいなら、どうするか」

「どうやって、相手を騙し、そして、どうやって勝つのか?」

「にい、凄いよ。こんなの誰にも分からない。にいと白以外はね」

「残りの石に入っている、にいを構成する要素。それは……参、ゲームに勝つ方法。弐、白に対する絶対的信頼。そして壱、白、個人の全て」

「さあ、にい。帰って、来てぇぇぇーーー!!!」

「うん。白の、自慢のにい」

11話 誘導法(キリング・ジャイアント)

「にい。白を、信じる?」「じゃあ、にい。今度は、にいの番、ね!」

12話 収束法(ルール・ナンバー10)

「控えめに言って、サイコー、じゃね!」

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ノーゲーム・ノーライフ NEET Blu-ray BOX

→ノーゲーム・ノーライフ
→ノーゲーム・ノーライフ(空)
→ノーゲーム・ノーライフ(ジブリール)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク