「銀魂」坂田銀時の名言・台詞まとめ

アニメ「銀魂」坂田銀時の名言・台詞をまとめていきます。

銀魂

1話

「廃刀令のご時世に、チャンバラなんて流行らねえっつうの」

 

「一事が万事、金さえもらえば何でもやるよ! 万事屋銀ちゃんとは、俺達のことだ」

 

「金がねえのは慢性の鼻炎みたいなもんだろうが。俺達は金欠と付かず離れず、生ぬるーく付き合っていかなきゃいけねえデスティニーなんだよ」

 

「楽して儲けるか。いつも手が届きそうになるたびにこぼれ落ちてんだよな」

 

2話

「おいおい、青春ですか? 夕日に向かって駆け出したいのを抑えるのでいっぱいいっぱいか、コノヤロー!」

 

「まぁ、そんなもんだろ。タダ働きはいつものこってえ」

 

「酒はいいな。嫌なことを一時、忘れさせてくれる」
だが明日になればいやでも思い出す。そしてそれは昨日よりも、もっとつらくなってるんじゃねえのか」

「逃げても逃げ切れるもんじゃねえ。特に、ホントに忘れたいことからわな」

 

 

「忍び込むんじゃねえよ、殴り込むんだよ。殴り込みってのはよ、正面から堂々と入っていくもんだろうが!」

 

「それでも行かなきゃならねえ理由があんだよ!」

 

「露払いご苦労、真打ちの登場だ!」
「後は任せろ! 万事屋銀ちゃんが、万事解決してやっからよ!」

 

「まずお前が変われ! でなきゃ、何も変わらねえ!」

 

3話

「自分だけが不幸とか思ってんじゃねえ。世の中にはな、ダンボールをマイホームと呼んで暮らしてる侍もいるんだよ」

 

「侍が動くのに、理屈なんていらねえさ。そこに守りてえもんがあるなら、剣をぬきゃあいい」

 

「俺にはもう何にもねえがよ、せめて目の前で落ちてるもんがあるなら、拾ってやりてえのさ」

 

4話

「この国じゃあよ、パンチパーマの奴と赤い服着た女の言うことは信じちゃダメよ」

 

5話

「何かよく分かんねえけど、するべきことはよく分かるよ」

 

「美しく最後を飾り付ける暇があるなら、最後まで、美しく生きようじゃねえか」

 

「お膳立てされた武士道貫いてどうするよ。そんなもんのために、また大事な仲間を失うつもりか!?」

「俺はもうそんなのゴメンだ。どうせ命張るなら、俺は俺の武士道を貫く。俺の美しいと思った生き方をし、俺の守りてえもんを守る!」

 

6話

「あいつらが嫌いだってのもあるけどよ、見届けてえのかもしれないな」
「特別な日ってやつをよ」

 

「人生楽しく生きるコツは、童心忘れねえことだよ」

 

7話

「ペットぐらいで滅ぶ国なら、滅んだ方がいいわ」

 

「いくら万事屋っていってもな、お上に尻尾振って、お偉い様の下らねえ使い走りさせられるほど、自分を見失っちゃいねえ」

 

「幕府が滅ぼうが、国が滅ぼうが関係ねえ!」
「俺は、自分の肉体が滅ぶまで、背筋伸ばして生きてくだけよ!」

 

8話

「決闘は夕日に限るぜ」

 

「悪いが、人の人生賭けて勝負できるほど、大層な人間じゃあないんでね。代わりと言っちゃあ何だが、俺の命を賭けよう」

 

「こんなことのために、誰かが何かを失うのは馬鹿げてるぜ!」

 

9話

「喧嘩ってのはよ、何か守るためにやるもんだろうが」
「(守るのは)俺のルールだ」

 

10話

「凶暴な犬とマニアの世界には、心を奪われちゃダメだ」

 

12話

「人間なんて、みんな醜い生き物さ」

 

13話

「いっそ捨てちまえば楽になれるんだろうが、どうにもそういう気になれねえ。あいつらがいねえと、歩いててもあんまり面白くなくなっちまったからよ」

 

「いいか、てめえらが宇宙のどこで何しようと構わねえ。だが俺のこの剣、こいつが届く範囲は、俺の国だ!」

 

16話

「つまずき転んだのを石のせいにしたところで、何か変わるか!?」

 

「信念持ってまっすぐ生きるのも結構だがよ、そいつのせいで身動きとれなくなるくらいなら、いっぺん曲がってみるってのも手なんじゃねえの」

 

17話

「見くびってもらっちゃ困るぜ。獣くらい俺だって飼ってる」(銀時)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
銀魂 全77巻セット (コミック)

 

→銀魂

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました