「ゆるキャン」犬山あおいの名言・台詞まとめました

アニメ「ゆるキャン」犬山あおいの名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
ゆるキャン△ 1-11巻セット (コミック)

ゆるキャン

1話

「斉藤さん。あんま火に近づけるとマシュマロ燃えるで」
「でもなかなか我慢ができひんわ」

 

「もう11月や」
「まあ寒いからな。寒さ対策で(冬キャンプの)敷居が上がっとるんやと思うわ」

 

2話

「へぇー、それでアウトドアに興味でて、うちらのサークル来てくれたんや」

 

「ちょっと何で(入部)断るんよ?」
「人が増えたら、部に昇格して大きな部室もらえるやん」

 

「ちゅ~訳で、私は犬山あおい、こっちが大垣千明」
「野クルへようこそ~!」

 

「(部室なんで)狭いかって? 元々、使っとらん用具入れだったんや。4月にうちらが作ったばかりのサークルで、部員も2人しかおらんし」

 

「(いつもは)校内の落ち葉とか燃やして、コーヒー飲んだりしとるんよ」

 

「それ夏休みにキャンプやろうとしてネット注文したのに、9月に届いてほったらかしになっとった激安テント(980円)やないの」

 

「(しまりんって)ゆるキャラみたいな言い方、止め~や」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「これ(バイト採用)でとりあえず、今後の活動資金は確保できそうやね」

 

「富士山尽くしやな。そんなに好きなら、登ってみたらええんやない?」
「(見るだけでいいって)片思い少女やね」

 

4話

「(野クルの)シュラフは夏用のこれしか持っとらんしね」

 

「それな、冬用はかさばるから、圧縮に優れたダウンの方が小さく出来ていいんやけど……」
「同じ体感温度で、化繊の物より2・3諭吉ほどお高くなっております」

 

「そっか。夏用シュラフでも、着込んで更に断熱する何かがあれば、何とかなるかもしれんな」

 

「そっかそっか。空気の層を作れば、断熱効果が得られるんやね。梱包用のプチプチシートがいいらしいわ」

 

「この上から、断熱効果のダンボール巻けば完璧やないかな?」

 

「儂らも昔はああ(元気)じゃった」

 

「疲れとると甘いもんがうま~やな!」

 

「あかん。お尻に根が張ってもうた」

 

「そやな。(このくつろぎスペース)お尻に根が張るなんてレベルやないわ」

 

「(長野って)さすがソロキャン少女やね」

 

「にしても、ライブカメラで返事なんて、おもろいことすんね」

 
スポンサーリンク
→Amazon端末ならFireタブレット
→Amazon Fire TV Stick(テレビで映画)

5話

「冬の温泉、たまらんわ~!」

 

「あかんわ。悪魔のささやきや」

 

「ここで食べたら、キャンプご飯食べれんくなるわ!」
「せやな、温泉おそろしいわ!」

 

「これ湯上がりに食ったら、あかんやつや!」

 

「にしても、管理人さんのリビングスペース、ええなあ」
「余生よりまず、進路決めなあかん時期やわ」

 

「(キレイな景色と美味しい外ごはん)キャンプの醍醐味や」

 

6話

「この辺、富士山と五湖のおかげで、ええキャンプ場だらけやしな」

 

「せやな、(キャンプ場を)ざっくり分けると、まず、林間キャンプ場」
「次に、臨海キャンプ場」
「で、芝生キャンプ場」
「これは、展望キャンプ場」
「最後に、河川・湖畔キャンプ場。富士五湖周辺はだいたいこれやな」

 

「なんや、都市伝説か?」

 

「それはちゃうで」
「あれホンマは、『そばうどん』やなくて、『そばう・どん』やったんよ」

「そばうのうは、鳥の鵜や。エサに蕎麦を混ぜて育てた鵜の肉を、あまから~いタレで煮て、山菜まぜご飯の上に乗せた、とある山間部の郷土料理、これが『蕎麦鵜丼』や」

「うそやで~」

 
スポンサーリンク
→アフィリエイトを始めるならA8.net
→アニメ好き異性との出会い【ヲタ婚】

8話

「アキ見せたいもんがあるっていうてたけど、何なんやろ? 明後日からテストやし、はよ帰らなあかんのになぁ」

 

「芋虫がのたうっとる!」

 

「バーンいうても、準備しとるん丸見えやったし」

 

「いや、(前回のキャンプ)もっと楽しそうにしとったやろ?」

 

「どのタイミングでキレとんねん」

 

「あっ、今のって……一学期も、中学ん時も、何度も聞いとるセリフや。ん、これもしかして帰れんくなるパターンじゃ?」

 

「やっぱ、やってみると楽しいな、キャンプ。またすぐ行きたなるわ」

 

「私はクリスマス、彼氏と過ごすから無理やな」
「うそやで~」

 

「いつもは家族とクリスマスやけど、みんなでキャンプするのもええかもな?」

 

「そうだ、斎藤さんもキャンプどう?」
「デイキャンプにすれば寝袋とかもいらんし、一緒にやらん?」

 

「(今年最後の野クルキャンプは)クリスマスキャンプで決まりやー!」

 

「今からカリブー行くで、なでしこちゃん!」

 

「心奪われまくりやな」

 

「せやな。イーストウッドの時は底冷えして起きてもうたし」

 

「なでしこ、強い子、元気な子やで」

 

「せやな~。(キャンプ椅子)座るって言うより、埋まるって感じがええよな~これ」

 

「死亡フラグやめーや」

 

「せやな~。(身延まんじゅう)歌とか作ったら流行るんやない?」

 

「バイト代が胃の中に消えるタイプや」

 

10話

「お肉(国産A5黒毛和牛)……当たってもうた!!」
「そやで。これつこうて、キャンプご飯作ろうやないか」
「1人4000円ずつや」「うそやで」

 

「高すぎて体が拒絶反応起こしたんか」

 

「確かに、今のままやとクリスマスにやるだけで普通のキャンプや」

 

「いい話風にゆうても騙されへんで」

 

11話

「私達に遠慮しなくてええですよ。先生もキャンプ楽しんで下さい」

 

「(しまりんの)上半分が名字や」

 

「(先生お酒)もう始めとる……」

 

「これがグビ姉」

 

「せやね。今日はクリスマスっちゅうことで、すき焼きや」

 

「こっからは、こいつ(トマト)でお色直しや」

「アキがあらかじめ炒めておいた玉ねぎに、トマトとバジルを加えてさらに火にかける。そうんでのうなった鍋に移して煮込めば……トマトすき焼きの出来上がりや!」

 

「けどな、まだ終わりやあらへんねん」
「トマすきの締め、チーズパスタが残っとんのや!」

 

12話

「(掃除)終わった~!」
「(部室狭いの)こういう時は助かるわ」

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

ゆるキャン(2期)

4話

「あっ、あそこ年末から薪有料になったらしいで。ブログに書いてあったわ」
「アキがやぐら組んで、むっちゃ燃やしたせいやろなあ」

 

「あかん。あの(温玉揚げ)サクサクトロトロがフラッシュバックしてまう」

 

5話

「温泉を外さない所がナイスやで、アキ」

 

「(アキは)ホンマ悪い奴やで」

 

「あっ、カリブー君や!」
「モフモフやぁ」

 

「いや、夏に汗を流して入る温泉も捨てがたいで!」
「つまり、温泉はいつ浸かっても最高ってことや!」

 

「何かキャンプ前のアイス習慣になってもうたな」

 

「行儀悪! ていうか、こんなとこで横になると、ほっとけや温泉の二の舞になるで!?」

 

「なでしこちゃん、鍋スキル高いな」

 

「そや、こっからキャンプの始まりや!」

 

6話

「にしても、こんなええとこ、よう見つけたな、アキ?」
「冬キャンはええねえ」

 

「この包まれるような(椅子の)座りごこち……買ってよかったわ~!」

 

「山のキャンプもええけど、湖畔のキャンプもええもんやなぁ」

 

「アキはほんまええ奴やな」
「な~んや。やっぱり(アキは)悪魔やな」

 

「な、なあ。さっきからむちゃくちゃ寒うなっとる気せえへん?」

 

「あっ、そうや!? クリキャンしたあさぎりのキャンプ場は標高600mやけど、山中湖はほぼ1000m、もっと寒いに決まっとるやん!」

「いまー2℃ってことは……夜になったらどんだけ……」

 

「うちら、ちょっと冬キャンに慣れ始めて油断しとったんかも……」

 

「とりあえず、何が出来るか考えよ。なぁ、アキ」

 

「あったか~」
「は~、薪ストーブ様!」

 

「(死んでまうって)笑えへんわ」

 

10話

「(グルキャンは)なんだかんだいうて、クリキャンぶりなんやな」

 

「(なでしこちゃん)キャンプ終わって、山梨帰るところやで」

 

「(トンボロは)豚トロの仲間やで」

 

「(先生)お酒はまだダメです」

 

11話

「なんやこれ、(露天風呂)最高やないか……」

 

「さっきからリンちゃん静かやな?」
「温泉に飲まれとる……」

 

「おっさんがおる」

 

12話

「(温泉入って)さっぱリンちゃん」

 

「朝早くに、地元の料理人が船で島に食材を持って渡り、干潮で道が出来ている間だけ屋台を開きます」

「その屋台で出される料理こそ、三四郎島のとんぼろと呼ばれる、幻の西伊豆B級グルメなのです」

 

「なあ、アキ。さすがに渡るの早かったんやない? 全然水びたしやん」

 

「すまん。あんたがあまりにもトンボロを楽しみにしとんの見とったら、言い出せんかったんよ。けどなあかり、これはキャベツとレタスと同じなんや」

「子供の頃、キャベツとレタスの区別がつかん子っておるやん。でも大人になると、ちゃんと分かるようになる」

「トンボロもそう、トンボロが食べもんやないと分かるようになるなんて……あかり、あんたも大人になったんやなぁ!」

 

「(伊豆を)全部回るには何度も来ななぁ」

 

「ここまでしっかり祝ってもらうと、何か照れてまうなぁ」

 

「口ん中、全部エビや!」

 

「(達磨山)まるで龍の背中みたいや」

 

13話

「恵那ちゃん、そろそろちくわ不足やな」

 

「(カピバラの)あの寝とんのか起きとんのか分からんまったり顔が」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ゆるキャン△ 1-11巻セット (コミック)

 

→ゆるキャン
→ゆるキャン(2期)
→へやキャン
→ゆるキャン(志摩リン)
→ゆるキャン(各務原なでしこ)
→ゆるキャン(大垣千明)
→ゆるキャン(斉藤恵那)
→ゆるキャン(各務原桜&土岐綾乃)
→ゆるキャン(鳥羽美波&鳥羽涼子)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました