「進撃の巨人」アルミン・アルレルトの名言・台詞まとめ

アニメ「進撃の巨人」アルミン・アルレルトの名言・台詞をまとめていきます。

進撃の巨人

1話

「その日、人類は思い出した」
奴等に支配されていた恐怖を」

 

「鳥籠の中にとらわれていた、屈辱を」

 

「(殴り返せ?) そんなことするもんか」
「それじゃお前らと同レベルだ!」

 

「僕が言ったことを正しいと認めているから」
「言い返せなくて殴ることしか出来ないんだろう?」

 

それは、僕に降参したってことじゃないのか?」

 

「確かに、この壁の中は未来永劫安全だと信じきってる人はどうかと思う」

 

「100年壁が壊されなかったからといって、今日壊されない保証なんか…」
「どこにもないのに」

 

「そんな…あの壁は…50メートルだぞ!」

 

「もう、ダメなんだ…この街は、もう…無数の巨人に占領される!」

 

2話

「僕達は壁の中で生きるしかないんだ」
「無茶をすれば死ぬ、僕の父さん母さんみたいに」

 

「今は…今はしょうがないよ!」

 

3話

「僕はエレンと違って、直接巨人の脅威を目の当たりにしたわけじゃないんだ」

 

ただ…あんなメチャクチャな奪還作戦を強行した王政があることを考えると」
「じっとしてられなかっただけで」

 

「目で”どうだ”って言ってるよ」

 

4話

「お荷物なんて、死んでもごめんだ!」

 

「僕は調査兵団に入る!」
「死んでも足手まといにはならない!」

 

5話

「穴を塞げない時点で、この街は放棄される」
「ウォール・ローゼが突破されるのも、時間の問題だ」

 

「そもそも、奴等はその気になれば」
「人類なんかいつでも滅ぼすことが出来るんだ!」

 

「なんで、僕は…仲間が食われてる光景を眺めているんだ?」
「どうして、僕の体も…動かないんだ?」

 

「この本によるとこの世界の大半は、”海”っていう水で覆われているんだって」
「しかも、海は全部塩水なんだって」

 

「取り尽くせないほど、海は広いんだ」
「塩が山ほどあるだけじゃない」

 

「炎の水・氷の大地・砂の雪原」
「きっと外の世界は、この壁の中の何倍も広いんだ」

 

「ねえ、エレン」
「僕達もいつか、外の世界を探検できるといいね」

 

6話

「僕の役立たず! 死んじまえ!」

 

「地獄だ…いや、地獄になったんじゃない、今まで勘違いをしていただけだ」
「最初からこの世界は、地獄だ」

 

「強い者が弱い弱い者を食らう、親切なくらい分かりやすい世界」
「ただ、僕の友達は…この世界で、強くあろうとした」

 

「弱い僕を、助けてくれた」
「それが耐えられなかった」

 

「2人にとって、僕は守られる存在なんだ」
「僕も2人のように強く、2人と肩を並べて、この世界を生きていきたかった」

 

「その結果があのざまだ」

 

「もう…やめてくれ」
「これ以上は…もう、無理だ」
「これ以上は…」

 

7話

「ミカサ…ダメだ、会わせる顔がどこにあるっていうんだ」

 

「僕なんか無駄に生き延びただけだ」
「こんなことなら…あの時一緒に死んどくんだった」

 

「僕達…訓練兵34班、トーマス・ワグナー、ナック・ティアス、ミリウス・ゼルムスキー」
「ミーナ・カロライナ、エレン・イェーガー」

 

「以上5名は、自分の使命を全うし…壮絶な戦死を遂げました!」

 

「ごめん、ミカサ」
「エレンは、僕の身代わりに…僕は…何も出来なかった」
「すまない…」

 

「いや…ガスを吹かし過ぎだ」
「あれじゃすぐになくなる」

 

「いくら腕があっても、機動力がなくちゃ僕等は無力だ」

 

「やはりいつもみたいに冷静じゃない」
「動揺を行動で消そうとしている」

 

「このままじゃ、いずれ…」

 

「と…とどめを刺した?」
「弱点を理解して殺したのか?」

 

「こうする以外にない!」
「僕が持っていても意味がないんだ」
「でも…」

 

「今度は大事に使ってくれよ、みんなを助けるために」

 

「ただ…これ(刃の欠片)だけはここに置いていってくれ」
「やっぱり…生きたまま食われることだけは避けたいんだ」

 

8話

「ダメだ…よしてくれ」
「このままじゃ僕は、また友達を死なせてしまう」

 

「無茶だと思うけど…あの巨人を利用できないかな?」

 

「あいつは巨人を襲う、僕達に興味を示さない」
「だから…あいつを上手く補給所まで誘導できないかと思って」

 

「あいつがほかの巨人を倒してくれれば、みんな助かるかもしれない」

 

「でも、成功したらみんなが助かるよ」

 

「つまり、この作戦では1回のみの攻撃に全てを…全員の命を賭けることになる」

 

「エレンだ…切断されたはずの、腕と足がある…」

 

「エレンはあの時、巨人に飲み込まれた」
「あの時…一体…何が…」

9話

「ミカサ、人と戦ってどうする?」
「この狭い壁の中で、どこに逃げようっていうんだ?」

 

「話し合うんだよ!」
「誰にも、何も状況が分からないから、恐怖だけが伝染しているんだ!」

 

10話

「今のところ、駐屯兵団が白兵戦を仕掛けてくる気配はない」
「そんな気配があれば、ミカサが野良猫よりも早く察知しているだろう」

 

「結局僕は最後まで…臆病者以外の何かにはなれなかった」

 

「僕は何度も2人に助けられたけど」
「僕が2人を助けたこと、とうとう一度もないままだ」

 

「これでどうやって、対等な友人と言えるだろうか?」
「どうやって、僕も一緒に行くなんてことが言えるんだ?」

 

「ついていける自信もないのに」
「もう、これで…3人がそろうこともないだろう」

 

「僕が勝手に思い込んでただけだ」
「勝手に、自分は無力で足手まといだと…」

 

「2人はそんなこと思ってなかったのに」

 

「僕に命を預けると言っている2人は、僕がこの世でもっとも信頼している人間だ」
「これ以上の説得力が…どこにある?」

 

「必ず説得してみせる」
「2人は極力、抵抗の意思がないことを示してくれ」

 

「エレンが巨人になって戦っていた時から、ずっと引っ掛かってたことがある」

 

「まだ考えがまとまってないけどやってやる」
「しゃべりながらでも考えろ!」

 

「彼は人類の敵ではありません」
「私達には、知り得た情報の全てを開示する意志があります」

 

「証拠は必要ありません!」
「そもそも我々が、彼をどう認識するかは問題ではないのです!」

 

「大勢の者が、彼を見たと聞きました」
「ならば彼が、巨人と戦う姿も見たはずです」

 

「周囲の巨人が、彼に群がって行く姿も」
「つまり巨人は、彼のことを我々人類と同じ、捕食対象として認識しました」

 

「我々がいくら知恵を絞ろうとも、この事実だけは動きません!」

 

「ダメだ…考えることを放棄してる」
「考えることが怖いんだ」

 

「私はとうに、人類復興のためなら心臓を捧げると誓った兵士!」
「その信念に従った末に、命が果てるのなら本望!」

 

「彼の持つ巨人の力と、残存する兵力が組み合わされば」
「この街の奪還も不可能ではありません!」

 

「人類の栄光を願い、これから死にゆくせめてもの間に」
「彼の戦術価値を説きます!」

 

12話

「巨人の弱点部分からエレンは出てきた」
「それは、巨人の本質的な謎と恐らく無関係じゃない」

 

「大丈夫、真ん中さえよければ…死にはしない」
「ただ、ほんのちょっと…痛いだけだ!」

 

「ミカサ!」
「今自分に出来ることをやるんだ!」

 

「ミカサが行けば、助かる命があるだろ!」
「エレンは僕に任せて行くんだ!」

 

「壁から1歩外に出れば、そこは地獄の世界なのに」
「父さんや母さんのように、無残な死に方をするかもしれないのに」

 

「どうしてエレンは、外の世界に行きたいと思ったの?」

 

13話

「ミカサ!」
「エレンが勝ったんだ!」

 

「今、自分の責任を果たそうとしている」
「あとは、エレンを扉まで援護すれば…僕等の勝ちだ!」

 

16話

「でもこれじゃ、巨人に手を貸したようなもんだよ」
「その人の復讐心は満たされたかもしれないけど、人類にとっては打撃だ」

 

「僕は…死ぬ理由が理解できたら、そうしなきゃいけない時もあると思うよ」
「嫌だけどさ、そう…決めたんだ」

 

「前からそのつもりではあったんだけど」

 

「いくら兵士を集めたいからって、そのことまで公にするなんて…」
「それとも、何か意図が?」

 

「団長は一体、何を見ようとしているんだ?」

 

17話

「違う…違うぞ、奇行種じゃない」
「奴には知性がある」

 

「鎧や超大型、エレンと同じ…巨人の体をまとった人間だ!」

 

「こいつは…いや、こいつらは…何が目的なんだ?」

 

「殺さない…のか?」
「なんだ? 今の…フードをつまんで、顔…顔を確認した?」

 

「巨人は人を食うことしかしない」
「その過程で死なせるのであって、殺す行為自体は目的じゃない」

 

「しかしあいつは、急所を狙われた途端に、先輩を握り潰し、叩きつけた」

 

「食うためじゃなく、殺すために殺したんだよ」
「ほかの巨人とはその本質が違う」

 

「超大型や鎧の巨人が壁を破壊した時に、大勢の巨人を引き連れてきたのは」
「きっとあいつだ」

 

「目的は一貫して、人類への攻撃だ」

 

「奴はうなじの弱点を把握してる」
「ほかの巨人とは全くの別物、仕留めるのは不可能だろう」

 

「少なくとも、人間の常識に当てはめた限りではそうだろう」
「けど、あの2人なら…もしかしたら」

 

「ジャン! 死に急ぎ野郎の仇を取ってくれ!」

18話

「僕が残る」
「でも、その代わりに僕に代わって報告して欲しいことがある」
「出来ればエルヴィン団長にだけ…」

 

「(クリスタは)神様」

 

「(意図が)分からなくても、今の状況じゃやることは決まってる」
判断に従おう」

 

「分からない…分からないけど、エルヴィン団長の判断だ」
「何か意図があってのことだと思うけど…」

 

「なぜ陣営をこんな所へ来させたんだ?」
「エルヴィン団長は、一体何を考えている?」

 

「いや、違う…考えるのはそこじゃない」

 

「女型の巨人はエレンを追っている、そして団長もそのことを知っている…」
「そう仮定する、そこから考える」

 

20話

「いや、間違ってないよ」

 

「ジャン、あとでこうするべきだったって言うことは簡単だ」
でも…結果なんて誰にも分からないよ」

 

「分からなくても選択の時は必ず来るし、しなきゃいけない」

 

「100人の仲間の命と、壁の中の人類の命」
「団長は選んだんだ、100人の仲間の命を切り捨てることを選んだ」

 

「大して長くも生きてないけど、確信していることがあるんだ」

 

「何かを変えることの出来る人間がいるとすれば、その人はきっと」
「大事なものを捨てることが出来る人だ」

 

「化け物をもしのぐ必要に迫られたのなら」
「人間性をも捨て去ることが出来る人のことだ」

 

「何も捨てることが出来ない人には、何も変えることは出来ないだろう」

 

21話

「あの時、あの場所で、エレンの巨人化を見ていた者の誰か?」
「そいつが…巨人だ!」

 

22話

「(慣れない?) 誰だってそうだよ…」

 

「僕は考えないようにしてるんだ」
「自分の最期なんて想像したら、多分…戦えなくなるから」

 

23話

「アニ、お願いだ」
「このままじゃエレンは殺される!」

 

「なんにも分かってない連中が自分の保身のためだけに」
「そうとは知らずに人類自滅の道を進もうとしている」

 

「説得力がないことは分かってる」
「でもそれでも、もう大きな賭けをするしかないんだ」

 

「いい人か、それは…その言い方は、あまり好きじゃないんだ」

 

「だってそれって」
「自分にとって都合のいい人のことをそう呼んでいるだけのような気がするから」

 

「全ての人にとって、都合のいい人なんていないと思う」

 

「だから、アニがこの話に乗ってくれなかったら…」
「アニは僕にとって、悪い人になるね」

 

「大丈夫だって」
「2人(エレンとジャン)は目つきが凶悪で、似たような悪人ズラだから」

 

24話

「賭けたんだ…エレンは死なないことに賭けて穴を開けた」
「メチャクチャだけど、こうなったら手強い」

 

「そうなったらアニには悪いと思うよ」
「でも…だからって何もしなければ、エレンが中央の奴の生け贄になるだけだ」

 

「化け物をしのぐために必要なら、人間性さえ捨てる」
「きっとアニは、それが出来る」

 

「なんのためかは分からないけど、でも…それが出来る者が勝つ!」

 

「アニ! 今度こそ僕を殺さなきゃ」
「”賭けたのはここからだ”なんて負け惜しみも言えなくなるぞ!」

 

25話

「戦いは、気合でどうにかなるもんじゃないよ」

 

「ジャンだって知ってるでしょ?」
「あのアニをしのぐには…もっと!」

 

「逃したのはエレンだ」
「そうでしょう? エレン」
「あの一瞬がなければ…」

 

「簡単には越えられない」

進撃の巨人 Season2(2期)

28話

「賭ける価値は大いにあると思います」
「それにそのやり方が可能なら、ウォール・マリアの奪還も明るいですよね」

 

36話

「何を…何を捨てればいい?」
僕の命と…ほかに何を?」

 

「いいの? 2人共…仲間を置き去りにしたまま故郷に帰って?」

 

「アニを置いていくの?」
「アニなら今、極北のユトピア区の地下深くで、拷問を受けてるよ」

 

「彼女の悲鳴を聞けばすぐに」
「体の傷は治せても痛みを消すことが出来ないことは分かった」

 

「死なないように細心の注意が払われる中、今この瞬間にもアニの体には休む暇もなく」
「さまざまな工夫を施された…拷問が」

 

37話

「でも、帰りには損害がなかった」
「巨人が僕等を無視して、ライナー達に向かい続けていったからだ」

 

「あの時、巨人達にそうさせたのは…エレンじゃないの?」

 

進撃の巨人 Season3(3期)

38話

「はい、自分でも最初から雲をつかむような話だとは…」

 

39話

「そうだったんだ…」
「僕が殺した人は、きっと優しい人だったんだろうな」

 

「僕なんかよりずっと人間らしい人だった」
「僕はすぐに引き金を引けたのに、僕は…」

 

「僕等はもう、犯罪者だよ」

 

「今相手にしている敵は、僕等を食べようとしてくるから殺すわけじゃない」

 

「考え方が違うから…いや、所属が違うってだけかも?」
「それだけで命を…」

 

「僕等はもう、いい人じゃないよ」

 

42話

「巨人になれる人間を、巨人が食べることによってその能力が継承される」
「もしそれが本当だとしたら…」

 

「エレンは、いつどうやって巨人になり、誰を食べて能力を得たんだろう?」

 

45話

「そうだよ!」
「あのイェーガー先生が、なんの考えもなくそんなことするわけがないよ」

 

46話

「まさか今日、あの壁よりでかい巨人が襲って来るとは思っていないだろうから…」
「あの日の僕達と同じ光景を見ることになるだろうね」

 

「でも、あの日と違うのは、壁の上に巨人を迎え撃つ兵士がいて…」
「それが僕等だってことだ」

 

49話

「それだけじゃないよ…海だ」
「商人が一生かけても取り尽くせないほどの、巨大な塩の湖がある」

 

「壁の外にあるのは、巨人だけじゃないよ」

 

「炎の水、氷の大地、砂の雪原」
「それを見に行くために調査兵団に入ったんだから」

 

「だから、まずは海を見に行こうよ!」

 

50話

「ウォール・マリアを奪還したなら、人類は何を叫ぶだろう?」
「人類は生きていいのだと、信じることが出来るだろうか?」

 

「自らの運命は自らで決定できると、信じさせることが出来るだろうか?」
ウォール・マリアさえ、奪還すれば…」

 

「僕達、帰ってきたんだ」
「あの日、ここから逃げて以来…僕達の故郷に」

 

「敵はいつもありえない方法で、僕等の予想外から攻めてくる」
「僕等がいつも不利なのは、いつだって僕等が巨人を知らないからだ」

 

「いつも…」

 

「(なぜ分かる?) 勘です」

 

「しかし敵は、いつだってありえない巨人の力を使って」
「僕達を追い込んできました」

 

「誰でも思いつく常識の範疇にとどまっていては」
「到底敵を上回ることは出来ないのです!

 

52話

「交渉…出来る余地なんてなかった」

 

「なんせ僕達は圧倒的に情報が不足してる側だし」
「巨人化できる人間を捕まえて拘束できるような力もない」

 

「これは、仕方なかったんだ」

 

「待って下さい」
「これが最後の交渉のチャンスなんです」

 

54話

「作戦がある、みんなでライナーを引きつけてくれ」
「ベルトルトは、僕とエレンで倒す」

 

「僕達2人で勝ってみせるから」

 

「この作戦が上手くいけば、僕はもう、海を見には行けないな」
「僕はなぜか外の世界のことを考えると、勇気が湧いてくるんだ」

 

「エレン起きろ!」
「海を見に行くよ」

 

「エレン、作戦は以上だ」
「あとは全てを実行に移し、ベルトルトをだますことさえ出来れば…」

 

「この勝負、僕達の勝ちだ」

 

「自分で考えた作戦だけど」
「成功は僕がどれだけ耐えられるかでほとんど決まるな」

 

「エレン、悪いけど僕は海を見るまでは死ねない」
「だから大事には至らない辺りで切り上げるけど、あとは任せたよ」

 

「ほら、僕ってそんな勇敢じゃないから」

 

「エレン、分かってるよね」
「一緒に海に行くって約束しただろ」

 

「僕がエレンに嘘ついたことあった?」
「だから何があっても、僕の作戦守ってくれよ!」

 

「息が…これ以上はもう…いや、まだだ!」
「この程度じゃ足りない!」

 

「もっと時間を稼ぐんだ!」

 

「耐えろ…まだ離すな」
「エレンに託すんだ」
「僕の夢、命、全て!」

 

「僕が捨てられるものなんて、これしかないんだ」

 

「きっと…エレンなら…海にたどり着く」
「海を…見てくれる!」

 

56話

「どうして、僕なんですか?」
「誰がどう考えたって、エルヴィン団長を生き返らせるべきじゃないですか」

 

「兵長、どうして僕に打ったんですか?」

 

「ぼ…僕が、エルヴィン団長の代わりをですか?」
「そんな、バカなことが…」

 

58話

「僕はあと13年、エレンは…」

 

59話

「ほら…言っただろ、エレン」
「商人が一生かけても取り尽くせないほどの、巨大な塩の湖があるって」

 

「僕が言ったこと、間違ってなかっただろ?」

 

進撃の巨人 The Final Season(4期)

66話

「これが、君の見た景色なんだね…ベルトルト」

 

「そうであってほしいですよ、僕等に力を下さるのなら」

 

「こうなってしまった以上はもう、みんなとエレンを回収できなければ」
「僕等に未来はありません」

 

68話

「君はこんなことを聞かされても困ると思うけど、聞いてほしいんだ」
「3年前のあの時…あの時ならまだ、何かを変えられたかもしれない」

 

「あの頃は楽しかった…確かに僕達エルディア人は世界から恐れられ、憎まれている」
「まだ顔も知らない海の向こうにいる人達から」

 

「でも海の向こうにいる人達は敵だけじゃなかった」
「そして、世界はずっと複雑で知らないことだらけだった」

 

「このままイェレナ達の作戦どおりに進めていいのかな?」

 

「本当に”地鳴らし”で世界を脅すことでしか、エルディア人を守る術はないのかなって」
「それじゃあ本当に世界を恐怖に陥れる悪夢だ」

 

「そうなる前に話し合えないのかな?」
「マーレや世界中の人と話し合って、誤解を解けば…」

 

「そう、(誤解を解くには)時間が必要だ」

 

「本当に、僕達は正しかったのかな?」
「もしかしたら別の道があったんじゃないかって…そればかり考えてしまう」

 

「僕は誰よりもエレンを理解しているつもりだった…ミカサよりも」
「でも、もう分からない」

 

「エレンは1人でもやるつもりだった」
「エレンに協力しても見放しても、最悪の選択になっただろう」

 

「とにかく、大勢の人間を殺した」
「戦艦も軍人も民間人も全てを巻き込んで、突然、全てを奪った」

 

「でも、あの軍港が健在だったら」
「すぐさまマーレ軍はこの島に報復攻撃しただろう」

 

「和睦の道は断たれた」
「けど、やるしかなかった…あの日の君達のように」

 

「ねえ、アニ…何か答えてよ」

 

69話

「そんな…こちらの意図も図らず、勝手に悪魔って決めつけて」
「どうしてみんなが平和になる道を考えられないんだ」

 

「僕達が平和を望んでいることを世界が知れば、何かが変わるかもしれない」

 

「巨人化の薬を入手した兵団には選択肢がある」
「信頼できるほかの誰かを巨人にして、エレンの始祖を継承する選択だ」

 

71話

「しかし総統。エレンが黙秘するのでしたら」
「なおのこと僕達2人がお役に立つのではないでしょうか?」

 

「確実にエレンから真意を聞き出せるとは申しませんが」
「試して損はないはずです!」

 

72話

「もう…殺す殺すって、君はそればっかりだね」
「誰かとそっくりだ」

 

73話

「それで…結局なにが言いたかったんだよ?」
「ミカサを傷つけることが君の求めた自由か?」

 

「どっちだよ?」
「クソ野郎に屈した奴隷は!」

 

80話

「やったんだ、エレンが!」
「僕達が勝った!」
「エレンが始祖を掌握した!」

 

「真っ先に”地鳴らし”を発動したなら、それはきっとエレンの意思だ」
「このままマーレにノコノコ集ってる連合軍を潰すつもりなんだよ!」

 

「エレンは味方だ!」
「そうに決まってる!」

 

81話

「でも、これは…度が過ぎている」
「前代未聞の大虐殺だ」

 

「司令…ここまで僕達を導いてくれたのは、あなたです」
「ゆっくりとお休み下さい…」

 

82話

「最悪なのは、この巨人の力を巡って争い続けた二千年の歴史を繰り返すことだ」
「この小さい島の中で」

 

「正直いますぐベッドに入って2日間程度眠りこけたいくらいには疲れてるけど」
「とにかく今できるだけのことをしなくちゃ」

 

「こじんまりした今後の人類史に大きく影響するだろうから」

 

「だから、もうどうしようもないエレンのことなんか考える余裕はないよ!」
「それぐらい分かるだろ?」

 

「今、答えが出た」
「生き返るべきだったのは、僕じゃなかった」

 

85話

「断ります」
「手も汚さず正しくあろうとするなんて」

 

進撃の巨人 完結編(前編)

88話

「それは…違うよ」
「会いたかったからだ、アニに」

 

「あと前にも言ったけど、”いい人”って言い方がやっぱり嫌いだ」

 

「大勢の人を殺した」
「軍人じゃない人も、子供も」

 

「そして今、生まれ育った島のみんなを裏切る選択をして、仲間を殺した」
「僕もとっくに化け物だよ」

 

「(未知の世界は)僕等が夢見た世界とは違ったよ」
「でも…まだ僕等が知らない壁の向こう側があるはずだと信じたいんだ」

 

89話

「よかったよ、アニは…アニのままでいいんだから」

 

90話

「ずっと疑問に思ってた」
「エレンは全ての巨人とエルディア人に影響を与えることが出来る」

 

「なのに僕等は、変わりなく巨人の力を使えるままだ」

 

「(放任?) そう、自由にやらせてる」
「まるで、僕達がどうするのかを試すみたいに」

 

「捜す手間が省けた」
「攻撃目標、獣の巨人!」

 

「これに全ての力を用いて撃滅!」
「”地鳴らし”を食い止める!」

 

「エレン…もう一度質問させてくれ」
「”君のどこが自由なのか”って」

 

「そこから引きずり出したあと」

 

完結編(後編)

91話

「僕の攻撃を想定してるエレンが、これで死ぬとは思えない」

 

「でも…この骨をバラバラに吹き飛ばせば」
「エレンやジークの位置が分かるかもしれない!」

 

「捨てなきゃ何も変わらない、甘い希望は捨てなきゃいけないんだ」
「エレンを、僕が…」

 

92話

「僕は僕が嫌いだ」
「ずっとお前は、僕を裏切り続けてきた!」

 

「もらった命も、期待も責任も! 何も、何1つ…何も返せなかったじゃないか!」
「なのになんで死んでんだよ!」

 

「ここは夢でも幻でも死後の世界でもない」
「ここは”道”。ここは…現実だ!」

 

「僕は巨人の口の中にいるはずなのに、なぜみんなの状況が分かる?」
「エルディア人がみんな”道”を通じてつながっているから?」

 

「それなら、何かここで出来るかもしれない」

 

「僕は、何も諦めてません!」

 

「このなんでもない一瞬が、すごく大切な気がして」

 

「僕にとってこれは、増えるために必要でもなんでもないですけど」
「すごく大切なものなんですよ」

 

93話

「生も死もない、”道”の世界で眠ってたみんなを呼び覚ました」
「全てのエルディア人は”道”でつながっている」

 

「それは恐らく…始祖ユミルがつながりを求めているからだ」
「僕等に何かを求めて」

 

「ありがとう…みんなの力がなければ、地鳴らしは止められなかった」
「さよなら…エレン」

 

「本当に地獄が好きなんだな、エレン!」
「いいよ、最後までとことん付き合ってやるよ!」

 

「それは僕じゃなく、ミカサに言うべきだよ」
「あんなデタラメ言って傷つけて」

 

「全ては突き放した僕等を、エレンを討ち取り」
「人類を滅亡から救った英雄に仕立てあげるため?」

 

「僕達が英雄になれるわけないだろ」
「残念だけど、僕もみんなも君の思いどおりに英雄を演じるつもりはないよ」

 

94話

「(ミカサが)エレンのことを忘れて、誰かと幸せに生きていけると思う?」
「君が望んだとおりに」

 

「”分かんね”じゃないだろ!」

 

「命懸けでずっとエレンだけを見てきたミカサに」
「”俺のことは忘れろ”で済まされると思っているのか!」

 

「少なくともミカサは、こんな女泣かせのことは忘れて幸せになるべきだね」
「まあ案外すぐにいい人見つけて、あっさりくっつく気もするなあ」

 

「そこまでかっこ悪いことを言うとは…」

 

「エレン…確かにこの戦いは終わりが見えないし」
「僕達が体験した地獄は何度も何度も繰り返されたよ、きっと」

 

「それでも、いつか…いつの日かきっと分かり合えるって…」
「そんなささやかな願いさえ、もう誰も信じない」

 

「残された教訓は、殺すか殺されるか…それだけだよ」
「全ては僕達のためにやったって言うのか?」

 

「ありがとう、エレン」
「僕に壁の向こう側を、この景色を見せてくれて」

 

「これは僕達がやったことだ」
「だから…これからはずっと一緒だね」

 

「(どこで?) あればだけど、地獄で」
「8割の人類を殺した罪を受けて苦しむんだ…2人で」

 

「ああ、次は殺し合いだね。そしてその次に会う時は…」
「(先に地獄で?) うん。ずっと…一緒だ」

 

「ああ…聞いたよ」
「ミカサがもたらした選択の結果が、巨人の力をこの世から消し去ることになるって」

 

「こちらがいまだ巨人の力を有しているなら、力を使って抵抗するでしょう」

 

「ですが、銃口を向けられた今も無力なままであることは」
「我々が人である何よりの証明です」

 

「パラディ島のエルディア人、アルミン・アルレルト」
「進撃の巨人、エレン・イェーガーを殺した者です」

 

「またこうして地獄に向かってることが答えさ」
「調査兵団は夢見がちで、諦めの悪い連中だから」

 

「とりあえず、まだ殺されないさ」
「パラディ島のみんなは知りたいはずだから」
「僕達の物語を」

 

「僕達が見てきた物語」
「その全てを話そう」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

進撃の巨人 全34巻セット (コミック)
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→進撃の巨人のインデックス