「BLEACH(ブリーチ)」ウルキオラの名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」ウルキオラ・シファーの名言・台詞をまとめていきます。

BLEACH 破面・出現篇

113話

「1人だ。それ以外を殺す必要はない」
「今、現世でまともに戦えるレベルの霊圧を持ってるのは、多くて3人だと聞いている」
「それ以外はゴミだ。捜し出すのはたやすい」

 

「よく見ろ、バカ。お前が近づいただけで、魂が潰れかかっているだろう」
「ゴミの方だ」

 

「ヤミー。お前もうちょっと探査神経(ペスキス)を鍛えて、自分で判断できるようになれ」
「ひと目見れば分かるだろう。そいつも、ゴミだ」

 

114話

「バカが。相手の力量も測らんうちに飛び出すからだ」
「だからペスキスを鍛えろというのだ」

 

「らしくない挑発だな。貴様ら2人がかりで、死に損ないのゴミ共を守りながら俺と戦って、どちらに分があるか分からんわけじゃあるまい」

「さしあたっての任務は終えた。藍染様には報告しておく」
「『あなたが目をつけた死神もどきは、殺すに足りぬゴミでした』と」

 

116話

「グリムジョー。我々にとって問題なのは、今のこいつじゃないってことは分かるか?」
「藍染様が警戒されているのは、現在のこいつではなく、こいつの成長率だ」

「確かにこいつの潜在能力は相当なものだった」
「だがそれは、その大きさに不釣り合いなほど不安定で、このまま放っておけば、自滅する可能性も、こちらの手駒に出来る可能性もあると俺は踏んだ」

「だから殺らずに帰ってきたんだ」

 

「(盾突いたら?) その時は、俺が始末するさ」

 

破面・虚圏潜入篇

139話

「存外、ソウル・ソサエティも無能だな」
「最も危険が高いのは、移動の時だということを知らんらしい」

 

「話をするのに、時間を急ぐのは性に合わんからな」

 

「俺と来い…女」
「しゃべるな」
「言葉は『はい』だ。それ以外をしゃべれば…殺す。お前をじゃない…お前の仲間をだ」

 

「何も問うな、何も語るな、あらゆる権利はお前にない」
「お前がその手に握っているのは、仲間の首が据えられたギロチンの紐、それだけだ」

 

「理解しろ、女。これは交渉じゃない…命令だ」

 

140話

「終わりだ。もはや貴様らに術(すべ)はない」
「太陽は既に、俺達の手に沈んだ」

 

141話

「12時間の猶予をやる」
「その間に、1人にのみ別れを告げることを許可する」
「ただし、相手に気づかれれば、その時点で命令違反とみなす」

「刻限は0時。それまでに全て片付けて、指示した場所に来い」
「忘れるな。別れを告げていいのは、1人だけだ」

 

150話

「心配するな。あの女は既に、ウェコムンドに入る以前から、藍染様の術中だ」
「女にはこちらへ招いた時点で、多重に心理の檻をかけてある」

 

「よく考えられている?」
「遊びだ。こんなものは藍染様にとってはな」

 

破面・激闘篇

159話

「藍染様のお声がかかるまで、命を保つのもお前の務めだ」

 

「くだらん。俺はお前をあやすためにここにいるわけじゃない」

 

「分からんな。なぜそうまでして生き死ににこだわる?」
「いずれにしろ、程なくお前の仲間は全滅する」
「それが1人早まったからなんだというんだ?」
「こうなることは最初から予測できたはずだ」

 

「出来なかったとすれば、その責任は奴等の愚かさにある」
「”バカな連中だ”と笑えば済むことだ。なぜそれが出来ない?」

 

「俺なら、自分の力量も測れずに、このウェコムンドに乗り込んだ、奴等の愚昧に怒るがな」

 

162話

「やれやれ…両手を使っても止めきれんとはな。少し驚いた。今のが全力か?」
「どうやらそうらしいな」
「残念だ」

 

「(俺がトップ?) そうか…そいつは残念だったな」
「ああ、第4十刃(クアトロ・エスパーダ)、ウルキオラ・シファー」
「エスパーダ内での力の序列は…4番目だ」

 

「黒崎一護…お前が俺を倒すことはない」
「たとえ倒せたとしても、俺の上には更に3体のエスパーダ」
「お前が千度立ち上がろうと…」
「お前らの前に勝利はない」

 

「どうやら、俺はお前を買いかぶっていたらしい」
「お前の進化は、俺のもくろみには届かなかった」
「ここまでだ」

 

「その体でまだ動けるなら、すぐにここから立ち去れ。動けないなら、そこで死ね」
「お前の道はここで終わりだ、死神」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました