「BLEACH(ブリーチ)」斬月の名言・台詞まとめ

アニメ「BLEACH(ブリーチ)」斬月の名言・台詞をまとめていきます。

 

BLEACH 死神代行篇

19話

「そうか、お前にはまだ届かないのか…悲しいことだ」
「いったい幾度声を枯らせば私の声はお前に届く?」
「お前以上に私を知る者など、この世のどこにもいはしないのに」

 

20話

「お前の耳を塞いでいるのは取るに足らぬ恐怖心」
「敵は1人お前も1人、何を恐れることがある」

 

「恐怖を捨てろ、前を見ろ。進め、決して立ち止まるな」
「退けば老いるぞ、臆せば死ぬぞ」

 

尸魂界・潜入篇

39話

「戦いたいか? 勝ちたいか? それとも生きたいか? どれだ?」

 

「これからお前が私を持つに足る者かどうか試す」
「もう一度私を手にしたくば、自分の手で奪い取ってみせろ」
「敵はお前自身だ」

 

「一護、信じろ。お前は1人で戦ってはいない」

 

「信じ合わぬ者同士、共に戦えば、互いの力を損なうのみ」
「己の力しか信じぬ奴には、それが分からない」

 

千年血戦篇

12話

「私が世界には危険が満ちていると信じ、その危険からお前を護りたいと願うのは」
「私の中にその危険と同質の衝動があるからにほかならない」

 

13話

「聞いた通りだ。そして私は…斬月ではない」

 

「私は、お前の中のクインシーの力の根源」
「ユーハバッハであり、ユーハバッハではないもの」

 

「敵ではない、味方でもない。だが、言葉にも嘘はない」
「お前に名乗った名以外は」

 

「私はお前を、死神にさせたくはなかった」
「どうして?」
「お前を危険から…戦いから遠ざけたいと願うことの、どこに疑問がある?」

 

「そして、私は今こうして…身を引けることに喜びさえ感じている」

 

「一護、お前は強くなった。お前の成長を、私はずっとかたわらで見守ることが出来た」
「これ以上の幸せがあるものか」
「満足だ」

 

「一護。お前が今まで使ってきたのは」
「私が抑え込みきれなかった、お前の力の欠片に過ぎぬ」
「お前はもう、お前自身の力で戦っていいのだ」
「持っていけ。それがお前の真の斬魄刀…斬月だ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
BLEACH 全74巻セット (コミック)

 

→BLEACHのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました