「新世紀エヴァンゲリオン」の名言まとめました

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の名言をまとめていきます。

新世紀エヴァンゲリオン

1話 使徒、襲来

「そのためのNERV(ネルフ)です」(碇ゲンドウ)

 

「そっか。苦手なのね、お父さんが」
「あたしと同じね」(葛城ミサト)

 

「起動確率は、0.000000001%。オーナインシステムとは、よく言ったものだわ」
「あら失礼ね。ゼロでは無くってよ」(赤木リツコ)

 

「乗るなら早くしろ。でなければ帰れ!」(碇)

 

「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!」(碇シンジ)

2話 見知らぬ、天井

「希望的観測は、人が生きていくための必需品よ」(ミサト)

 

「やっぱ人生、この時のために生きてるようなもんよね~!」(ミサト)

 

「ちと、わざとらしくはしゃぎ過ぎたかしら?」
「見透かされてるのはこっちかもね」(ミサト)

 

「ダメです! 完全に制御不能です」(伊吹マヤ)

 

3話 鳴らない、電話

「人の言うことには大人しく従う。それがあの子の、処世術なのよ」(リツコ)

 

「ヤマアラシのジレンマって話、知ってる?」
「ヤマアラシの場合、相手に自分の温もりを伝えたいと思っても、身を寄せれば寄せるほど、身体中のトゲでお互いを傷つけてしまう」(リツコ)

 

5話 レイ、心のむこうに

「もう慣れましたから」(シンジ)

 

「いい子よ、とても。あなたのお父さんに似て、とても不器用だけど」
「生きることが」(リツコ)

 

6話 決戦、第3新東京市

「もっとも高い数値です!」(ミサト)

 

「じゃあ、寝てたら」(綾波レイ)

 

「あなたは死なないわ。あたしが守るもの」(レイ)

 

「自分には……自分には他に何も無いって、そんなこと言うなよ。別れ際にさよならなんて、悲しいこと言うなよ」(シンジ)
「何、泣いてるの? ごめんなさい、こういう時どんな顔すればいいのか分からない」(レイ)
「笑えばいいと思うよ」(シンジ)

7話 人の造りしもの

「仕方ないわよ。人はエヴァのみで生きるにあらず」
「生き残った人達が生きていくには、お金がかかるのよ」(リツコ)

 

「奇跡を待つより、捨て身の努力よ!」(ミサト)

 

8話 アスカ、来日

「なんで男の子って、ああバカでスケベなのかしら!!」(惣流・アスカ・ラングレー)

 

「あんた、バカ!? 決まってるじゃない。弐号機であれをやっつけんのよ!」(アスカ)

 

「無茶かもしれませんが、無理ではないと思います」(ミサト)

 

9話 瞬間、心、重ねて

「私たちは選ぶ余裕なんて無いよの。生き残るための手段をね」(ミサト)

 

「無様ね」(リツコ)

 

「傷つけられた、プライドは、10倍にして返してやるのよ!」(アスカ)

 

10話 マグマダイバー

「ばか、無理しちゃって」(アスカ)

 

11話 静止した闇の中で

「所詮、人間の敵は人間だよ」(冬月コウゾウ)

 

「それに、ひいきもされてない。自分で分るもの」(レイ)

 

「不潔」(マヤ)

12話 奇跡の価値は

「さっきの気になる?」
「そうして、人の顔色ばかり気にしているからよ」(ミサト)

 

「いえ。ただ苦手なんです、人が多いのって」
「何でわざわざ、大騒ぎしなきゃならないんだろ?」(シンジ)

 

「奇跡ってのは、起こしてこそ初めて価値が出るものよ」(ミサト)

 

「それに、分かったんだ」
「僕は、父さんのさっきの言葉を聞きたくて、エヴァに乗ってるのかもしれないって」(シンジ)

 

13話 使徒、侵入

「大丈夫。1秒近く余裕があるわ」(リツコ)

 

14話 ゼーレ、魂の座

「感心しないのは分るわ。しかし備えは常に必要なのよ。人が生きていくためにはね」
「潔癖症はね、辛いわよ。人の間で生きていくのが。汚れたと感じた時分るわ、それが」(リツコ)

 

15話 嘘と沈黙

「これから分るのよ。最初の一歩だけじゃなく、その後に続けることも大切だってことが」(ミサト)

 

「人は思い出を忘れることで生きていける。だが決して忘れてはならないこともある」
「全ては心の中だ。今はそれでいい
」(碇)

 

「俺もガキだったし、あれは暮らしって言うより、共同生活だな」
「ままごとだ。現実は甘くないさ」(加持リョウジ)

 

16話 死に至る病、そして

「あなたは、人に褒められるためにエヴァに乗ってるの?」(レイ)
「違うわ。他人じゃない、自分で自分を褒めてあげたいからよ!」(アスカ)

 

「確かに独断専行だわ。だから、帰ってきたら叱ってあげなくちゃ」(ミサト)

 

「ただ会いたかったんだ、もう一度」(シンジ)

 

17話 四人目の適格者

「でも、私達にはそういう子ども達が必要なのよ。みんなで生き残るためにはね」(リツコ)

 

「ありがとう……感謝の言葉、初めての言葉」
「あの人にも言ったことなかったのに……」(レイ)

 

「けど、つらいことを知ってる人間の方が、それだけ人に優しく出来る」
「それは弱さとは違うからな」(加持)

18話 命の選択を

「優しいところ……」(洞木ヒカリ)

 

「それは違うな。分かった気がするだけさ」
「人は他人を完全には理解できない。自分自身だって怪しいものさ」(加持)

 

「いいよ、人を殺すよりはいい!」(シンジ)

 

19話 男の戰い

「そんなの関係ないよ」「そんなこと言って、これ以上僕を怒らせないでよ」
「初号機に残されてる後185秒。これだけあれば、本部の半分は壊せるよ」(シンジ)

 

「子供の駄々に付き合ってる暇は無い」(碇)

 

「僕はもう、エヴァには乗りません」(シンジ)

 

「構いません、行きます。私が死んでも変わりはいるもの」(レイ)

 

「もう二度と負けらんないのよ、この私は!」(アスカ)

 

「僕は……僕は、エヴァンゲリオン初号機のパイロット・碇シンジです!!!」(シンジ)

 

20話 心のかたち 人のかたち

「何も……何も出来なかったなんて。あのバカシンジに負けたなんて……悔しい」(アスカ)

 

22話 せめて、人間らしく

「でも嫌いって訳じゃないのよ。ちょっと苦手なだけ」(アスカ)

 

「私は人形じゃない」(アスカ)

 

「私の心まで覗かないで! お願いだから、これ以上心を侵さないで!!」

「汚された……私の心が。加持さん、汚されちゃった、どうしよう、汚されちゃったよ……」(アスカ)

 

「時計の針は元には戻らない。だが自らの手で進めることは出来る」(碇)

 

23話 涙

「私、勝てなかったんだ、エヴァで。もう私の価値なんて無くなったの、どこにも」
「嫌い、大っ嫌い、みんな嫌いなの、でも一番嫌いなのは私。何かもう、どうでもよくなっちゃったわ」(アスカ)

 

「これが、涙……泣いてるのは、私?」(レイ)

 

「鳴らない電話を気にしてイラつくのは、もう止めるわ」
「あなたの心、受け取ったもの」(ミサト)

 

「エヴァに取り憑かれた人の悲劇。私も、同じか」(ミサト)

 

24話 最後のシ者

「他人を知らなければ裏切られることも、互いに傷つくことも無い」
「でも、寂しさを忘れることも無いよ」(渚カヲル)

 

「ガラスのように繊細だね、特に君の心は」(カヲル)

 

「生と死は等価値なんだ、僕にとってはね」
「自らの死、それが唯一の絶対的自由なんだよ」(カヲル)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました