「ダンまち」ベル・クラネルの名言・台詞まとめ

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」ベル・クラネルの名言・台詞をまとめていきます。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

1話

「大丈夫ですって、神様。僕はヘスティア・ファミリア唯一のメンバーですよ」
「神様を露頭に迷わせるようなことはしませんから」

 

「僕は許せない。何もしなくても、何かを期待していた、僕自身を!」
「やらなければ、何もかもやらなければ、そこに立つことさえ出来ないんだ!」
「やるんだ! そこにたどり着きたいのなら!」

 

「神様。僕、強くなりたいです!」

 

2話

「ダメなんだ! 僕の力じゃ、神様を守れない!」

 

「ごめんなさい、神様。僕が時間を稼ぎます。神様はこのまま逃げて下さい」
「神様。僕はもう、家族を失いたくないです」

 

3話

「神様が、そこにいた。僕の、神様」

 

「今度は来てくれないよね、アイズさんも」
「もう一度会いたかったけど、よかったのかもな。またこんな姿、見られずにすんで」

 

「無理です」
「少しくらい強くなった所で、僕の攻撃じゃ、あのモンスターに致命傷を与えられません」

「それに、僕じゃあいつを、倒せません」

 

「これって……」「僕の、成長」「信じる、信じる、信じる、信じる!」
「神様の、ために!」

 

4話

「えっ? (助けるのは)お…女の子だから?」

 

「どうして? 僕1人じゃ、こんなに稼げなかったよ。リリがいてくれたからでしょ」

 

6話

「神様。僕はそれでも、あの子が困っているなら、助けてあげたいです」
「寂しそうなんです、その子。神様と出会う前の、僕みたいに」

 

「じゃあ、リリだからだよ」
「僕、リリだから助けたかったんだ。リリだからいなくなってほしくなかったんだ」
「理由なんて見つけられないよ。リリを助けることに、理由なんて」

 

「サポーターさん、サポーターさん。冒険者を探していませんか?」
「混乱しているんですか? でも今の状況は簡単ですよ」
「サポーターさんの手を借りたい半人前の冒険者が、自分を売り込みに来ているんです」

「また僕と一緒に、ダンジョンに潜ってくれないかな…リリ?」

 

7話

「どうしても追いつきたい人がいて。何が何でも、たどり着きたい場所があるから」

 

8話

「追いつけるかどうかは分からない」
「けどやらなきゃ。追いかけるんだ、手が届くように。そして……」

 

「これでいい。これで僕も逃げられる……訳、ないだろ!!」
「今、こいつを行かせたらリリは、死ぬ!」

 

「ここで立ち上がらなくて、ここで高みに手を伸ばさないで、いつ届くって言うんだ!」
「いかないんだ。もう、アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる訳には、いかないんだ!」

 

「僕は今日、初めて冒険をする!」

 

「これが僕の冒険! 僕はなりたい、英雄になりたい!」

 

9話

「遅い? いや、僕が早くなってる」
「魔法も強くなってる。近づいてる、絶対、あの人、アイズ・ヴァレンシュタインに!」

 

「ごめん、ごめん。でも、こういうのワクワクしてこない?」
みんなで力を合わせて冒険をしようって」

 

11話

「 そ…そんなことないよ。リリがいなかったら、18階層まで降りるなんて考えられなかったし。ヴェルフがいなかったら、きっとヘルハウンドに丸焼きにされてた」

「二人のおかげて、いやパーティー全員がいたから、だから生き残れたんだよ!」

 

「僕も、もし、リリやヴェルフの、仲間の命がかかっていたとしたら、同じことをした、かもしれません」

 

12話

「リューさん。自分を貶めるような真似は止めて下さい」
「僕も、怒ります!」

 

13話

「動け! 動け! 動けよ!!」
「戦わなきゃならないんだ、神様のために! みんなのために!」

 

「あの人に、恥じないように。何よりも、大切な仲間たちを救うために」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅡ

5話

「神様が僕を見つけてくれたんだ。神様が僕に居場所をくれた」

「僕のオラリオに来てからの日々は、全部神様がくれたんだ。ダメな神様って言われちゃうこともあるけど、でも僕にとっては、何よりも大切で、最高の神様なんだ」

 

6話

「走れ! 走れ走れ! 分るんだ、捕まればきっと、僕は僕でいられなくなる!」

 

8話

「同じファミリアの団員を、家族を、何だと思ってるんです! 戦いの道具にして、使い捨てにして、そんなの、絶対に間違ってる!!」

 

9話

「見透かされていたんだ、全部。覚悟の無さを……」(ベル)

 

「分かりません。でも、神様もヴェルフもリリも、きっと分かってくれます。春姫さんを連れて、みんなで逃げて、逃げて。またいつか、強くなってこの街に帰って来ましょう」

 

「あの人に伝えよう。僕達の憧れた、本当の英雄を」

 

「かっこ悪くていい、泥だらけになっても構わない、これっきりでいい。なろう、あの人の英雄に!」

 

10話

「だけど、僕とあなたが憧れた英雄は、そんなんじゃない」

「たとえ娼婦でも、恐ろしい敵が待ち受けていたって、英雄は見捨てない。そんな英雄に憧れた僕が、僕達が、あなたを守ってみせる!」

 

「一番恥ずかしいことは、何も決められず、動けないでいることだ! 僕はまだ何も願いを聞いちゃいない。あなたの本当を教えて下さい!」

 

「あなたを、助けに来ました」

 

12話

「神様のことはもちろん尊敬している。僕にとって一番大切な存在だ。でも……」
「神様と僕は、後どれくらい一緒にいられるんだろう」

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ

1話

「僕はこの子を助けたい」
「それでも、見捨てたくない!」

 

3話

「大丈夫です。ウィーネは、僕が絶対守ります」

 

4話

「神様。ダンジョンって何なんですか?」

 

5話

「普通のモンスターと、ウィーネやリドさん達ゼノスは違う。確かに、モンスターは人を殺す。だからって、モンスターを殺していいんだろうか?」

「お金を稼ぐために、憧れに追いつくために」

 

「アイズさんは、モンスターに生きる理由が合ったとしたら、僕達と変わらない感情を持っているとしたら、どうしますか?」

 

6話

「ごめんなさい、リューさん。あのモンスターを追います。追わなくちゃ!」

 

7話

「誰かを救うことに、人も怪物も関係ない! 助けを求めてる、それだけで十分だ!!」

 

9話

「助けるって決めた、後悔は無い。誰に何を言われても構わない。でも……」

 

「僕は、決めてる。僕は、ウィーネやリドさんやゼノスを助ける。これだけはやるって決めた。でも、みんなは……」

 

10話

「エイナさん。ごめんなさい、後でいっぱい怒られますから」

 

11話

「僕は何も変わっていない。あの時と同じ弱いまま……」

 

「約束するよ。いつかウィーネ達と暮らせる居場所を作るって」

 

12話

「強くなりたい。もう、何も失わないように」
「僕は、英雄になりたい!」

 

「負けたんだ……でも、これでよかったんだ。戦った意味は、あったんだ」
「嘘だ……負けてよかったなんて、嘘だ……僕は、勝ちたかった……」

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅣ

1話

「ダンジョンへの挑戦を再開するつもりです…強くなるために」

 

「僕は…もっと前に進みたい。ウィーネ達ゼノスのためにも、自分達のためにも、みんなで強くなりたい!」

 

「分かったんです。エイナさんが、僕に教えてくれた意味が」
「未知の階層では、知識がパーティーを守ることにもなる。だから、僕のやれるだけのことはしておきたいんです」

 

2話

「偽善者になるって決めました」
「ゼノスを救うために他のモンスターを倒す。これが悪いことで誰かに罵られることだったとしても…偽善者になるって、そう決めました」

 

「怖くないって言ったら嘘になります。でも…僕は先に進みたい」

 

3話

「思いつきで構いません! どうしたら千草さん達を助けられるか、カサンドラさんの意見を聞かせて下さい!」

「まだ誰も死んでない! みんながいます。みんなで考えれば助けられる!」

 

「あのモンスターを倒します」

 

「まさかイグアス? 下層最速のモンスター。見えない、しかもこの数」
「あの人なら、きっとこうする…勝負だ!」

 

4話

「僕はやられない。あのモンスターを倒してみせる。信じて、マリィ。もうマリィに怖い思いはさせない。だから、力を貸して」

 

5話

「イグアスより遅い」
「それに力なら…あの人はこんなものじゃなかった」
「あの人に勝ちたい。あの人に、今度こそ!」

 

「勝負だ」
「アルゴ・ウェスタ」

 

6話

「ファミリアは違っても僕達は仲間です」
「足りない何かをみんなで補う、誰かが失敗しても支え合う。それがパーティーで、あの冒険を乗り越えた。それが全てだと思います」

 

7話

「後はどうしても、リューさんがあんなことをしたとは僕には思えない。リューさんは何かに巻き込まれているのかもしれない」

「もしそうだとしたら…助けたい」

 

9話

「リューさんは殺してないって言った。僕はそれを信じる」

 

10話

「守りは薄い。速さと力に特化したモンスター、それなら!」
「初撃が勝負!」

 

「避けられた! あの大きさで、イグアスより速い」
「でもボールズさんやみんな、リューさんだっている。逃げるわけにはいかない!」

 

11話

「勝負だ」
「ヴェルフとカサンドラさんが託してくれたゴライアスのマフラーがあれば、そしてこの神様のナイフがあれば」

「僕は戦える! 立ち向かえる!」

 

「ここで逃せば、こいつはリリ達や他の冒険者を襲いにいく。そんなことは絶対にさせない」
「ここで倒す!」

 

「あの人なら、ひいたりしない。あの人なら、最後まで斬り結ぶ」
「だから僕は…」

 

「暗い? ラムトンは階層間を移動する。どこか、違う階層に連れてこられた?」
「それじゃ、ここは…」
「まさか…まさか…”ホワイトパレス”」
「ここは、深層…」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ダンまち 1-10巻 セット (コミック)

 

→ダンまち
→ダンまちⅡ
→ダンまちⅢ
→ダンまちⅣ
→ダンまちーオリオンの矢ー
→ダンまち(ヘスティア)
→ダンまち(リュー)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました