「進撃の巨人」の名言まとめました

アニメ「進撃の巨人」の名言をまとめていきます。

進撃の巨人

1話 二千年後の君へ

「その日、人類は思い出した。奴らに支配されていた恐怖を。鳥カゴの中に囚われていた、屈辱を」

 

「でもそうやって安心してる時が一番危ないって、父さんが言ってたんだ」(エレン)

 

「でも、それじゃまるで……まるで家畜じゃないか」(エレン)

 

「知りたいんだ、外の世界がどうなっているのか。何も知らずに、一生壁の中で過ごすなんて嫌だ!」(エレン)

 

「100年壁が壊されなかったからと言って、今日壊されない保障なんか、どこにもないのに」(アルミン)

2話 その日

「お前が母さんを助けられなかったのは、お前に力が無かったからだ」(ハンネス)

 

「俺が、人間が弱いから、弱い奴は泣くしかないのか。あいつら、この世から……駆逐してやる! この世から、一匹残らず!!!」(エレン)

 

「私たちはまだ生き残った訳じゃない」(ミカサ)

 

「アルミンが弱虫なら、エレンと私も同じ。私たちは巨人から逃げるのも、街から逃げるのも、何一つ自分でやっていない。今日食べる物さえ助けてもらった」
「そんな力の無い人間が、あの巨人を一匹だって倒せるわけない」(ミカサ)

 

「大切なのは生き延びること。食べて、ちゃんと生き残るの。エレンを餓死なんかさせない!」(ミカサ)

 

「そう。だから、あなたを死なせないために行く!」(ミカサ)

 

3話 絶望の中で鈍く光る

「お前、いいことしようとしてるだろ? それは芋女のためにやったのか。お前の得たものは、その労力に見合ったか?」(ユミル)

 

「でも、その覚悟の程は関係無い。兵士になれるかどうか判断するのは、エレンじゃ無いから」(ミカサ)

 

「やる! 俺はやる! 俺には素質がねえかもしれねえけど、根性だけは誰にも負けねえ!」
理屈なんか知らん! 根拠も無い! でも、俺にはそれしかねえ! これが、俺の武器だ!」(エレン)

 

4話 解散式の夜

「そりゃ無責任ってもんだ。俺たちは兵士だ。いくら不利な状況でも、逃げては行けない時がある。相手が何であろうと、大砲でも格闘術でも使いこなしてな!」
「それが、力を持つ兵士としての責任だと思う」(ライナー)

 

「なぜかこの世界では、巨人に対抗する力を高めた者ほど巨人から離れられる。どうしてこんな茶番になると思う? それが、人の本質だからでは?」
「とにかく私は、このくだらない世界で兵士ごっこに興じられるほど、バカになれない」(アニ)

 

「俺は、巨人を一匹残らず駆逐して、狭い壁の中から出る! それが俺の夢だ! 人類は、まだ本当に敗北した訳じゃ無い!」(エレン)

5話 初陣

「今日だって、きっと生き残れる。今日生き残って、明日内地に行くんだろ!」(エレン)

 

「一つだけ、頼みがある。どうか、死なないで!」(ミカサ)

 

「決して楽観視していた訳じゃ無かったが、これはあまりにも!」(エレン)

 

6話 少女が見た世界

「死体がどうやってしゃべるの?」(ミカサ)

 

「戦え! 戦うんだよ! 勝てなきゃ、死ぬ。勝てば、生きる! 戦わなければ、勝てない!」(エレン)

 

「いつだって、目に入っていた。でも、見なかったことにしていた。そうだ。この世界は、残酷なんだ!」(ミカサ)

 

「有害な獣を駆除した! たまたま人と格好が似ていただけの獣だ!」(エレン)

 

「勝者しか生きることは許されない、残酷な世界。でも私には、この世界に帰る場所がある。エレン、あなたがいれば、私は何でも出来る!」(ミカサ)

 

7話 小さな刃

「出来る! 私は、強い。あなた達より、強い。凄く強い……ので、私はあの巨人共を蹴散らすことが出来る。例えば1人でも」
「あなた達は腕が立たないばかりか、臆病で腰抜けだ。とても残念だ! ここで指をくわえたりしてればいい。くわえて見てろ」(ミカサ)

 

「出来なければ、死ぬだけ。でも、勝てば生きる。戦わなければ勝てない!」(ミカサ)

 

「俺に資格があるのか? 責任のある立場になる資格が!」(ジャン)

 

「ごめんなさい、エレン。私はもう諦めない。二度と諦めない。死んでしまったらもう、あなたのこと思い出すことさえ出来ない」
「だから、何としてでも勝つ! 何としてでも生きる!」(ミカサ)

 

8話 心臓の鼓動が聞こえる

「やってみる価値はありそう。いずれ死を待つだけなら、可能性に賭けた方がいい」(ミカサ)

 

「奇行種でも何でも構わない。ここであの巨人に、より長く暴れてもらう。それが、現実的に私たちが、生き残るための最善策」(ミカサ)

 

「誰がやっても失敗すれば全員死ぬ。リスクは同じだ!」(アニ)

 

「巨人に、屈服してしまった! みんなに合わせる顔が~!!」(サシャ)

 

9話 左腕の行方

「そろいもそろって、おもしれえ面しやがって!」(リヴァイ)

 

「お前は十分に活躍した。そして、これからもだ。お前の残した意思が、俺に力を与える。約束しよう。俺は必ず、巨人を絶滅させる!」(リヴァイ)

 

「私の特技は、肉を、削ぎ落とすことです。必要に迫られればいつでも披露します。私の特技を体験したい方がいれば、どうぞ一番先に近づいて来て下さい」(ミカサ)

 

「どこの誰が相手であろうと、エレンが殺されるのは阻止する。これ以外に理由は必要ない!」(ミカサ)

 

10話 応える

「僕に命を預けると言っている2人を。僕がこの世で、もっとも信頼している人間だ。これ以上の説得力が、どこにある!」(アルミン)

 

「私はとうに、人類復興のためなら心臓を捧げると誓った兵士! その信念に従った末に、命が果てるのなら本望!」
「人類の栄光を願い、これから死にゆくせめてもの間に! 彼の戦術価値を、説きます!」(アルミン)

 

「お主はやるのかやらんのか、どっちだ!?」(ピクシス)

 

11話 偶像

「敵は、巨人だけじゃない」(エレン)

 

「一度巨人の恐怖に屈した者は、二度と巨人に立ち向かえん。巨人の恐ろしさを知った者は、ここから去るがいい」
「そして、その巨人の恐ろしさを、自分の親や兄弟、愛する者に味あわせたい者も、ここから去るがいい!」(ピクシス)

 

「ならば彼に賭けるしかなかろう。おぬしらの言う、恐ろしく曖昧な根拠だけが、巨人に勝ちうる唯一の可能性なんじゃからな」(ピクシス)

 

「当然兵士である以上、死は覚悟の上だ。だがな、彼らは物言わぬ駒じゃ無い」(リコ)

12話 傷

「これが俺たちに出来る戦いだ! 俺たちに許されたあがきだ!」(イアン)

 

「家族です……」(ミカサ)

 

「いや、よそう。私が考えても分かる訳が無い。今は、私に出来ることをやる!」(ミカサ)

 

13話 原初的欲求

「みんな、死んだかいが、あったな。人類が今日、初めて、巨人に勝ったよ!」(リコ)

 

「このままでは伝染病が蔓延する恐れがある。二次災害は阻止しなくてはならない。仲間の死を嘆く時間はまだ無いんだよ、分かったか!」(救護班)

 

14話 まだ目を見れない

「これは持論だが、しつけに一番効くのは痛みだと思う。今お前に必要なのは、言葉による教育では無く、教訓だ!」(リヴァイ)

 

「殺すことに関しては間違えなく。問題はむしろ、その中間が無いことにある」(リヴァイ)

 

15話 特別作戦班

「それはもう、最高にたぎるやつをだよ~!」(ハンジ)

 

「私は思うんだ。私たちに見えている物と実在する物の本質は、全然違うんじゃないかってね」(ハンジ)

 

「君には何が見える? 敵は何だと思う?」(エルヴィン)

 

16話 今、何をすべきか

「あんたさ、人に死ねって言われたら死ぬの? なら、自分に従ったらいいんじゃないの」(アニ)

 

「俺はな、誰かに説得されて自分の命を賭けてる訳じゃない。こればっかりは、自分で決めずに務まる仕事じゃねえよ!」(ジャン)

 

「あのチビは調子に乗りすぎた。いつか私がしかるべき報いを!」(ミカサ)

 

「きっちり値踏みさせてくれよ。自分の命に、見合うのかをな!」(ジャン)

 

17話 女型の巨人

「こいつは……いや、こいつらは、何が目的なんだ!?」(アルミン)

 

18話 巨大樹の森

「分からなくても、今の状況じゃやることは決まってる。判断に従おう!」(アルミン)

 

「分かりきったことをピーピー喚くな! もうそんなこと出来るわけねえだろ! そして考えろ。お前のその大したこと無い頭でな。死にたく無きゃ、必死に頭まわせ!」(リヴァイ)

 

19話 噛みつく

「お前らの仕事は何だ? その時々の感情に身を任せるだけか? そうじゃ無かったはずだ」
この班の使命は、そこのクソガキに傷一つ付けないよう、尽くすことだ。命の限り!」(リヴァイ)

 

「選べ! 自分を信じるか、俺やこいつら調査兵団組織を信じるかだ。俺には分からない、ずっとそうだ」
「自分の力を信じても、信頼に足る仲間の選択を信じても、結果は誰にも分からなかった。だから、まあせいぜい、悔いが残らない方を自分で選べ!」(リヴァイ)

 

「分からないことがあったら、分かればいい。自分らの命を賭ける価値は、十分ある」(ハンジ)

 

20話 エルヴィン・スミス

「後でこうするべきだったって言うことは簡単だ。でも、結果なんて誰にも分からないよ」
「分からなくても選択の時は必ず来るし、しなきゃいけない。100人の仲間の命と、壁の中の人類の命。団長は選んだんだ。100人の仲間の命を、切り捨てることを選んだ!」(アルミン)

 

「何かを変えることの出来る人間がいるとすれば、その人はきっと、大事なものを捨てることが出来る人だ」
「化物をも凌ぐ必要に迫られたのなら、人間性をも捨て去ることが出来る人のことだ。何も捨てることが出来ない人には、何も変えることは出来ないだろう!」(アルミン)

 

「いつもより100倍、注意して下さい! 森なめたら死にますよ、あなた! 野菜作ってた子には分からないですよ!」(サシャ)

 

21話 鉄槌

「俺が……俺が選んだ。俺がした選択で、みんな、死んだ。俺のせいで、みんなが。だけど、やっぱり、お前が悪い!」(エレン)

 

「絶対、生きてる! 絶対に、エレンは生きてる! どこにいたって、その女殺して、身体中かっさばいて、その汚い所から、出してあげるから」
「ごめんね、エレン。もう少しだけ、待ってて!」(ミカサ)

 

22話 敗者達

「作戦の本質を見失うな。自分の欲求を満たすことの方が大事なのか! お前の大切な友人だろ!」(リヴァイ)

 

「僕は、考えないようにしてるんだ。自分の最後なんて想像したら、多分、戦えなくなるから」(アルミン)

 

23話 微笑み

「やれば! 不正に手をそめる奴には、相応の報いを受けさせるんでしょ。私も、付き合ってもいいけど」(アニ)

 

「でも、それも普通の人間なんじゃないの。私はただ、そうやって、流されるような弱い奴でも、人間と思われたいだけ」(アニ)

 

「だから、アニがこの話に乗ってくれなかったら、アニは僕にとって、悪い人になるね」(アルミン)

 

「もういい! これ以上、聞いてられない! 不毛。もう一度ズタズタに削いでやる、女型の巨人!」(ミカサ)

 

24話 慈悲

「本当に? まだアニと戦うこと、躊躇してるんじゃないの?」
まさかこの後に及んで、アニが女型の巨人なのは気のせいかもしれないなんて思ってるの。あなたはさっき、目の前で何を見たの?」(ミカサ)

 

「じゃあ、戦わなくちゃダメでしょう! それとも、何か特別な感情がさまたげになってるの?」(ミカサ)

 

「仕方ないでしょ。世界は残酷なんだから!」(ミカサ)

 

「でも大丈夫。代わりに私が食ってあげるよ。お前からほじくり返した情報をね!」(ハンジ)

 

「正しいかどうかなんて考えてる暇は無い。とにかく動け、きれいごとで終わろうとすんな! そう、世界は残酷なんだ!」(エレン)

 

25話 壁

「戦いは、気合でどうにかなるもんじゃないよ。ジャンだって知ってるでしょ。あのアニを凌ぐには、もっと!」(アルミン)

 

「人類の、勝利のためだ! その一歩になると信じている!」(エルヴィン)

 

「そんな化物になって巨人を駆逐したとして、それは人類の勝利なのか?」(ジャン)

進撃の巨人 Season2

26話 獣の巨人

「想像していた者などいない。知らない者と知っていた者がいるだけだ」(エルヴィン)

 

「いいか、お願いはしてない。命令した、話せと! そしてお前が無理なら次だ。何にせよ、お前一人の命じゃ足りないと思っている!」(ハンジ)

 

「いいや、まだだ! 人は戦うことを止めた時、初めて敗北する。戦い続ける限りは、まだ負けてない!」(ミケ)

 

27話 ただいま

「弱くてもいいから、あなたを助けてくれる人は、必ずいる。すぐには会えないかもしれないけど。それでも、会えるまで走って!」(サシャ)

 

「さあ、行って! 走って! 走らんかい!!!」(サシャ)

 

28話 南西へ

「いや、巨人の恐ろしさは数の力だ。集団で来られたら、ここも突破されてしまうだろう」(リコ)

 

「状況は絶望のどん底なのに、それでも希望はあるもんなんだね」(ハンジ)

 

「出来そうかどうかじゃねえだろ。やれ! やるしかねえだろ!」(リヴァイ)

 

29話 兵士

「でもやることはいつもと同じさ。生きてる内に最善を尽くせ、いいね!」(リーネ)

 

「だからこれはただの、私の願望なんだがな。お前、胸張って生きろよ! 約束だぞ、クリスタ」(ユミル)

 

30話 ヒストリア

「私は、大勢の人の幸せのために、死んであげたい。でも、その時に心から願ったことがある。もし、生まれ変わることが出来たなら、今度は、自分のために生きたいと!」(ユミル)

 

「死ぬな、ユミル! こんな所で死ぬな! 何、いい人ぶってんだよ、バカ! そんなに格好良く死にたいか、このアホが!」
「いまさら天国に行けるとでも思ってるのか、自分のために生きろよ!」(クリスタ)

 

31話 戦士

「ただね。彼女自身は単純でも、この世界の状況は複雑すぎるみたいなんだよね」(ハンジ)

 

「そうか……その通りだよな。何を考えてるんだ、俺は。本当におかしくなっちまったのか?」(ライナー)

 

32話 打・投・極

「いいか。彼らを捕らえることは、もう出来ない。殺せ。ためらうな!」(ハンジ)

 

「お前の正義感にあふれたあの面構えを思い出すだけで、吐き気がしてくんだよ。この、でけえ害虫がぁ! 俺が今から、駆除してやる!」(エレン)

 

「降参? 降参なんかしてないで、学習しなよ。力の使い方と、女の子との話し方を!」(アニ)

 

33話 追う者

「だがあれで中央の連中は考えるであろうぞ。古臭い慣習と心中する覚悟が、自分にあるのかをのう」(ピクシス)

 

「アルミン。なんで、エレンはいつも、私たちから遠くに行くんだろう? 私はただ、そばにいるだけでいいのに……それだけなのに」(ミカサ)

 

「ただな。勝った所はついぞ見たことねえが、負けて降参した所も見たことが無かった。そんな奴が、ただ大人しく連れ去られていくだけだと思うか?」(ハンネス)

 

「やっぱり俺は、役立たずの飲んだくれ兵士で十分だったよ。俺も行くぞ。お前ら3人がそろってねえと、俺の日常は戻らねえからな!」(ハンネス)

 

34話 開口

「決めたぞ。とにかくだ、情報を集める。まず出来るだけこいつらから情報を引き出して、この状況を切り抜ける。そのためにも今は……感情を噛み殺せ! 身体を修復しろ!」(エレン)

 

「ライナー、君は、兵士じゃ無いだろ。僕らは、戦士なんだから」(ベルトルト)

 

「そうだな。俺がまだ、甘かったんだ。俺は、頑張るしかねえ。頑張って、お前らが、出来るだけ苦しんで死ぬように、努力するよ」(エレン)

 

「エレン。あの2人をやっつけて終わりだと思ってんのなら、それは大きな勘違いんだ」(ユミル)

 

35話 子供達

「クリスタの未来を奪うことになっても、私は生きて、あいつに会いたいんだ。こんな人間だと知っても、優しく笑ってくれるんだぜ、あいつは!」(ユミル)

 

36話 突撃

「事情があって話せないことがあっても、何があっても、私は、あなたの味方だから!」(クリスタ)

 

「私が尊重できる命には限りがある。そして、その相手は6年前から決まっている、ので、私に情けを求めるのは間違っている。なぜなら今は、心の、余裕と、時間が無い!」(ミカサ)

 

「そんなもの分からなくていい。こいつの首をはねることだけに集中して。一瞬でも躊躇すれば、もうエレンは取り返せない。コイツラは人類の害、それで十分!」(ミカサ)

 

「人類存亡の命運は今、この瞬間に決定する!」
エレン無くして人類がこの地上に生息できる将来など、永遠に訪れない。エレンを奪い返し、そく帰還するぞ! 心臓を捧げよ!!」(エルヴィン)

 

「何を……何を捨てればいい!? 僕の命と、他に何を!?」(アルミン)

 

37話 叫び

「ユミル。あなたが私に言った通り、私たちはもう、人のために生きるのは止めよう! 私たちはこれから、私たちのために生きようよ!」
「何だか不思議なんだけど、あなたといればどんな世界でも、怖くないや!」(クリスタ)

 

「何にも! 何にも変わってねえな、お前は! 何にも出来ねえじゃねえかよ! 何にもぉぉぉーーー!!!」(エレン)

 

「エレン、聞いて。伝えたいことがある」
私と、一緒にいてくれて、ありがとう。私に、生き方を教えてくれて、ありがとう。私に、マフラーを巻いてくれて、ありがとう!」(ミカサ)

 

「そんなもん、何度でも巻いてやる! これからもずっと、俺が何度でも!!」(エレン)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
「進撃の巨人」Season1 Blu-ray BOX
「進撃の巨人」Season 2 Vol.1 [Blu-ray]

 

→進撃の巨人(ミカサ)
→進撃の巨人(アルミン)
→進撃の巨人(リヴァイ)
→進撃の巨人(エルヴィン)
→進撃の巨人(ハンジ)
→進撃の巨人(ピクシス)
→進撃の巨人(サシャ)
→進撃の巨人(アニ)
→進撃の巨人(ジャン)
→進撃の巨人(リコ)
→進撃の巨人(ハンネス)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました