「こみっくがーるず」の名言・台詞まとめ

アニメ「こみっくがーるず」の名言・台詞をまとめていきます。

こみっくがーるず

1話

「(リアリティのない女子高生?) 女子高生なのに…」
「ゴミのようなマンガをすみませんでした」(萌田薫子、かおす)

 

「私は毎日マンガ描けるだけで満たされてるよ」(勝木翼)

 

「女子マンガ家寮、甘美な響きです!」(かおす)

 

「人気なきゃ描く意味ないって思っているのか?」(翼)

 

「自分の理想に近づくには書き続けるしかないと思う」
「いや、書き続けるしかないのだ!」
「己の理想に近づきたくば!」(翼)

 

「締め切り」(かおす)
「バタバタ」(恋塚小夢)
「プロっぽい!」(小夢、かおす)

 

「このコマに暗黒のエネルギーを解き放ってくれ」
「おまえはこのコマに漆黒の紋章を刻んでくれ」(翼)

 

「弱音は終わってから言え!」(翼)

 

2話

「都会、怖いです」(かおす)

 

「私、買ってきます!」
「(寮にある?) いえ! 自分で買わないと意味ないので!」(小夢)

 

「なあ、(学校で)無理に人と話さなくてもいいと思うけど」(翼)

 

毎日、こんなたくさんの人と会えるのは学生時代だけだし」
マンガのための人間観察だと思いなよ」(翼)

 

「こんなにアバアバして、いろいろ怖いことが一杯なんですね」
「なんてダメな子」(かおす)

 

3話

「考え直してください、全面的に…」(編沢まゆ)

 

「よくよく考えてみれば」
「私、リアルな女子高生と言うものがよく分かってないのかもしれません」(かおす)

 

こんなに毎日リアルな女子高生に囲まれて、ドキドキウハウハの生活してるのに」
「なんでダメなんでしょう?」(かおす)

 

「ダメです! 長い髪は私の唯一の成長の証」
「身長は小4で止まったけれど」(かおす)

 

「て言うか、別にダサくてもよくない?」
「個性でしょ」(翼)

 

「アメとムチじゃなくて、ムチとムチ!」(小夢)

 

「確かに胸は重要です」
「でもそんなことより胸の小ささを気にして恥じらう姿」
そんな姿に我々は…我々は!」(かおす)

 

4話

「琉姫さん、真面目に生きれば生きるほど…」(かおす)

 

「ルッキーのエッチな妄想、全国の書店で既に販売されてるから諦めろ」(翼)

 

「(自宅で描く?) 自宅で爆弾を製造するようなスリルを思い出すだけで…」(色川琉姫)

 

「すごい、(キーボード)見ないで打ってる!」
「かおすちゃんてプロのパソコニストなの?」(琉姫)

 

「で…原稿は?」(翼)

 

「ルッキー。あの時の気持ち、少し思い出した方がいいんじゃない」(翼)

 

「女の子はねえ、お化粧で違う自分になれるのよ」(花園莉々香、寮母さん)

 

「何か、生まれてきて1番うれしい日だった」
「マンガ、描いてよかった!」(琉姫)

 

5話

「(なんで海に?) 夏だからだよ!」(小夢)

 

「想像力だって高めればいいマンガ描けるし、連載だって出来る」
「現に私は、ろくに…と言うか、ほとんどと言うか…まったく経験ないけど」(琉姫)

 

「(コスプレ?) 勘違いしないでください」
「これは私の勝負服です!」(編沢)

 

「小夢はそのままでいいんだよ」
「思いっ切り楽しんで描けるのは、小夢のいいところなんだから」
追いつくとか考えなくても」(翼)

 

6話

「かおすちゃんの悲鳴を聞くと、いい絵が描けるの」(怖浦すず)

 

「分かっています」
「私…私も皆さんに混ぜてもらえなかったら、独りぼっちだったので」
放っておけません!」(かおす)

 

「よく見ると綺麗な人」
「あれなんでしょうか? このギャップ」(かおす)

 

「あれ? 普通に扱われるの、なんか気恥ずかしい…」(すず)

 

「心配してくれてありがとう」
「2
人はちゃんと嫌がってくれるから落ち着く!」(すず)

 

「どっちにしても私は口止めされてる」
「女子高生が作者だと少年マンガのイメージに合わないって」
ウイング・Vの正体は…誰にも秘密」(翼)

 

「とにかく主人公がかわいいじゃないですか!」
なまいきで半ズボンがかわいいんです!」
「ひざこぞう最高です!」(虹野美晴、先生)

 

「それとあの…嬉しかったです」
「初めてファンの人の生の声を聞けて」
「応援ありがとうございます」(翼)

 

7話

「あんまり人と話す機会がないから、方言が染み付かなかったのかも」(すず)
「分かります。友達多い子の方が方言強かったですよね」(かおす)

 

怖くて異質な物を描きたかったら」
「まず正常な世界を描けないとダメだってアドバイスされてね」(すず)

 

「私が…神聖で崇高なるメガネキャラの一員に…」
私にはメガネ重すぎます!」(かおす)

 

「天国!」
「発売日に買えるありがたさ!」(かおす)

 

「小夢ちゃんはもっとシンプルでもっと油断した感じの眼鏡を」
部屋着におさげだと最高」(かおす)

 

「やっぱ眼鏡かけた方が先生っぽいかな~って」
「眼鏡先生デビューしたかったなあ」(先生)

 

「いろいろ理由はありましたが」
「好きなアニメを少しでも高解像度で見たいと思って」(編沢)

 

「線がよく見える」
「やっぱり、まだまだ下手くそだあ!」
「眼鏡、封印!」(かおす)

 

8話

「これじゃ、マンガ家じゃなくて恥製造機!」
「いえ、私そのものが生き恥!」(かおす)

 

「つらい時期ね、でも描かなきゃ!」
「描き続けたら絶対、かおすちゃんのよさ分かってくれる人が現れるから」(琉姫)

 

「みんな、生き恥! みんな一緒!」(小夢、琉姫、翼)

 

「主人公になりきるのが難しいなら、ファンのこと思って描いてみるとか」(翼)

 

私も虹野先生がファンだと知って」
「つらい時は先生が原稿待っててくれると思って、頑張るようにしてる」(翼)

 

「大丈夫だよ、かおすちゃん」
「私、勉強はしないから!」(小夢)

 

「(1221年?) わんにゃんにゃんわんまつり!」(かおす、小夢)

 

「必殺技のようにポーズをつけると覚えやすい」(翼)

 

「褒めてどうするんですか? つまらないのに」(編沢)

 

「やめろ! 明日、死にたくなりますよ」(編沢)

 

9話

「ダメだ、ダメだ!」
「かおスパイラルです!」(かおす)

 

「でも、今はマンガのことを1番に考えよう」
「でなきゃ一生後悔するもん!」
「私らしく生きる、マンガのために!」(小夢)

 

「保護して、面倒見たい!」(先生)

 

10話

「仕事しなよ、ルッキー」
「寮のすぐ前でうろうろしてたって」
「クリスマスを一緒に過ごしたい王子様は現れないからね」(翼)

 

「憎しみのエネルギーをペンに乗せて、世界中にばらまいて」
「幸せそうな人間全員呪ってしまいたくなるよねえ」(すず)

 

「(プレゼントは)プリティ・プロジェクトの孤高のビューティプリンセス」
「ルカにゃんこと姫野川ルカのクリスマスライブ衣装にょっぱれ恋泥棒バーション」(かおす)

 

「何、言ってるの?」
「マンガ家なんだからたくさんあるでしょ、いらない燃料」(寮母さん)

 

「はぁ…私、このイベント嫌い!」
共に戦った日々を忘れない、さらば!」(翼)

 

「まさか。私がネームとか、いつまでも取っておくわけないじゃない!」
「済んだ仕事は即処分」(琉姫)

 

「人間いつ倒れるか分からないのよ」
「恥は手元に残さず!」(琉姫)

 

「でもまあ、燃やすしかないよね」
「焼き芋が美味しく焼けるためならば!」(小夢)

 

「これがホントの、ボツや~きいも!」
おいも~!」(かおす)

 

11話

「この設定じゃ売れないとか、読者が共感できないとか」
「そんなことばっかり考えてたら、なんか楽しくなくなってきちゃて」(寮母さん)

 

「いちいちお宝に感心してたら、今日中に終わらないわよ!」(寮母さん)

 

「もうすぐ寮に来て1年で、このまま終えると自己嫌悪で潰れてしまいそうで」(かおす)

 

「人生のピークが来たんです」
もう悔いはありません!」(かおす)

 

12話

「私が描いてないところ…恥ずかしい!」
「私はやっぱりヘッポコマンガ家です!」(かおす)

 

「夢? いや現実になりかねません」
「後編も頑張らないと!」(かおす)

 

「身体の緊張はほぐれたのに頭が真っ白です!」(かおす)

 

「つらい時も締め切りが待ってくれないって」
「マンガ家さんぽくって、ちょっと嬉しい…」(かおす)

 

「自分を受け入れてくれる友達が周りにいること、当たり前じゃないんです」
「みんな一緒にマンガを描ける日々は、1日1日奇跡なんです!」(かおす)

 

「でも、売れっ子マンガ家さんの気分が味わえた気がして」
「ちょっと楽しかったです」(かおす)

 

「こんな暖かな世界に私がいたなんて」
「神に感謝です!」(かおす)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

こみっくがーるず 1巻 [Blu-ray]
こみっくがーるず 全9巻セット (コミック)
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※