「娘の友達」の名言・台詞まとめ

マンガ「娘の友達」の名言・台詞をまとめていきます。

 

娘の友達

1巻

「あの、ありがとうございました」
「私…まだ接客に慣れてなくて、本当に助かりました」

「こんど、何かお礼をさせてください」(如月古都)

 

「もう全部疲れた…」(市川晃介)

 

「もしかしてみーちゃんのお父さんですか…?」(古都)

 

「私…あの…お父さんの力になりたいです…だから、その…」
「LINEを…交換していただけませんか…?」(古都)

 

「はい、娘の美也です(嘘)」
「父がいつもお世話になっております」(古都)

 

「美也ちゃんのお父さん、本当に私のお父さんになっちゃったみたい」
「よく頑張りましたね」(古都)

 

「お父さんを、元気づけたくて…」(古都)

 

「疲れませんか?」
「毎日上司でいたり、お父さんでいたり、疲れませんか?」(古都)

 

「しかもその頑張りが報われないなんて疲れますよね」
「そんなにボロボロになるまで頑張ってるのに」(古都)

 

「そんなに…ボロボロになるまで」(古都)

 

「今日だけは『係長』も『お父さん』もおやすみして」
「『晃介さん』になってみませんか?」(古都)

 

 

「こんなトコで何やってんだ、俺」
「し…しっかりしろ! 娘の友達だぞ…!」(晃介)

 

「カラオケってこんなに暑かったっけ…煙草の匂いに混じって、甘い石鹸の匂いが…」
「駄目だ、クラクラする──」(晃介)

 

「自分に素直になるのって、そんなにダメなんでしょうか」(古都)

 

「そんなに苦しくて辛くても自分を押さえつけて」
「我慢して耐えるほうが正しいんでしょうか…?」(古都)

 

「じゃあどうして今日、私に会ってくれたんですか?」
「たまには…ワガママになっちゃったっていいと思います」(古都)

 

「私にだけは甘えてください」(古都)

 

「辛い気持ちも嫌な気持ちも全部、私の中に吐き出してください」
「全部受け止めますから…」(古都)

 

「晃介さんが、今一番やりたいことはなんですか?」(古都)

 

「係長でもなく、お父さんでもなく」
「晃介さんが今本当にやりたいことはなんですか?」(古都)

 

「…ここから、逃げ出したい…」(晃介)
「おいで」(古都)

 

「気が付いたら俺は、新青森行きの新幹線に乗っていた」
「そして…なぜか隣には娘の友達」(晃介)

 

「間違いなく俺は…道を踏み外そうとしている…」(晃介)

 

「(電話は)いいんです」
「…晃介さんも電源切りましょうか」(古都)

 

「逃げましょう、一緒に」
「できるだけ遠くまで」(古都)

 

「これで(ネクタイを外せば)係長の晃介さんはサヨナラです」(古都)

 

「これでもう…美也ちゃんは関係ない…ですか?」(古都)

 

「あの…私…キス初めてだったんです」(古都)

 

「何が間違ってるかなんて一体誰が決めるんでしょうか」(古都)

 

2巻

「この子は正直、何考えてるかわからないし、俺はただ振り回されてるだけだ…」
「でも俺ひとりだったらこんな冒険…絶対にできなかっただろう」(晃介)

 

「…なんか、こんな安らかな気分は久しぶりだな…」(晃介)

 

「また遊びましょうね」(古都)

 

「話しかけないで…」
「あなたには何も期待してないから」(市川美也)

 

「お父さんは結局、家族より仕事の方が大事なんでしょ」(美也)

 

「俺は…弱い、弱い人間だ…本当に…ダメな父親だ…」
「…でも俺は…俺は今一番やりたいことは…美也と一緒に幸せになることだ」(晃介)

 

「この子と出会って自分自身に素直になったら、見える世界が変わった」
「少しずつだけど…家族とも仕事ともちゃんと向き合えるようになった」(晃介)

 

「如月古都が人生を変えてくれた」
「俺には…この子が必要なのかもしれない…」(晃介)

 

「俺…やっと…わかったよ」
「かっこつけて理想の自分を演じてるだけじゃダメなんだって」(晃介)

 

「如月さんがそれを俺に教えてくれたというか…」
「これからは家庭も仕事ももっと上手くいくような気がするんだ」(晃介)

 

「だから…ありがとう」(晃介)

 

「お父さんはすっごく…すっごく努力してるのに」
「報われなくて自分が嫌になるときってある?」(美也)

 

「私は授業に付いていくだけで精一杯なのに、周りは余裕そうで…」
「学校のみんなは気付いてないかもしれないけど、私ずっと孤独だった」(美也)

 

「…でもそう言ってくれるのなら…初めて会ったとき」
「助けていただいたお礼がやっとできました」(古都)

 

「わかってます。私たちのことは美也ちゃんには内緒ですよね?」
「ナイショのほうが楽しいですもんね」(古都)

 

「人ってみんな…どうしたら自分が愛されるかってことしか考えてないんですよ」(古都)

 

「もし私が何かに悩んでるとしたら…晃介さんは何をしてくれるんですか?」(古都)

 

「私のお願い…聞いてくれますか?」
「家に…帰りたくないです……」
「晃介さん…私のこと…好きですか…?」(古都)

 

「…私…小さい頃から」
「みんなが思う『良い女の子』にならなきゃいけないってずっと思ってました」(古都)

 

「疲れませんか? そういうのって…」
「今だけ私、悪い子になります」(古都)

 

「でも…良いとか悪いって一体なんなんでしょうか…誰が決めるんだろ、バカらし…」
「良い子と悪い子、晃介さんには私はどっちに見えますか?」(古都)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
娘の友達 全7巻セット (Kindle)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※