「怪獣8号」四ノ宮キコル(しのみやきこる)の名言・台詞まとめ

アニメ「怪獣8号」四ノ宮キコル(しのみやきこる)の名言・台詞をまとめていきます。

 

怪獣8号

2話

「受験番号2016番…四ノ宮キコル、趣味は怪獣殺し」
「覚えときなさい」

 

3話

「ふ~ん…ただの通過儀礼のつもりで来たけど、少しは楽しめそうじゃない」
「吠え面かかせてやるわ、日比野カフカ」

 

「私のいる戦場で、犠牲者(リタイア)なんて出させない」

 

4話

「私、完璧にやれたわよね…パパ」

 

「避難…避難たってこんなの…」
「誰かがこいつを足止めしないと、何人も死ぬじゃない!」

 

「まだ動ける…まだ戦える…」
「私のいる戦場で犠牲者なんて出させない!」
「私は完璧でないといけないよの!」

 

「ごめんなさい…パパ」
「私、完璧でいられなかった…」
「ごめんなさい…」

 

5話

「事もあろうにこの私を助けたあげく、上から目線で心配までして…」
「屈辱!」

 

「怪獣姿のことも問い詰めてやりたいし」
「このまま私の前から消えるなんて許さな…」

 

「(治せるかも?) その線はないわね」
「たとえ処分を逃れたとしても、毎日検査や実験の日々」
「あんたの防衛隊員としての道は絶たれるわ」

 

「あんたには助けられたし、一旦黙っててあげる」
「その代わり…もしあんたが人類に害する怪獣だって分かった時には」
「私があんたを殺すから」

 

6話

「(急所が不明? 慎重に?) 了解」
「慎重に急所っぽい所、全部ぶち抜きます」

 

8話

「(逃がした?) わ…私は別にいいわよ、自分で殺すから」

 

9話

「(背後を取れない?) もう1つ手があるわよ」
「私が…圧倒的なパワーで…正面からぶち抜けばいいのよ!」

 

「(専用武器) プロトタイプにしちゃ、威力はまあまあね」
「難を挙げるなら…無骨すぎて私に似合わないことかしら」

 

「さて、怪獣共…私のいる戦場でこれ以上、好き勝手させないわよ」

 

「レノ、援護させてあげる」
「ついてこれるならだけど」

 

10話

「クソッ…今の私じゃ、傷すら付けられない!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
怪獣8号 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→怪獣8号のインデックス