「ゆるキャン△(2期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「ゆるキャン△(2期)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

ゆるキャン△(2期)

1話

「(初めてのデイキャン) 少し寒いかも? 焚き火してみようかな」
「(枯れ木)結構いっぱい落ちてる、燃やし放題だぜ」(志摩リン)

 

「このままキャンプ飯の定番、カレーを作るぞ」
「出来上がったルーはこちらになります」(リン)

 

「(焚き火でついた鍋の煤) 落ちねえ!」(リン)

 

「もう夕方か? 全然うまくいかないし、本読む時間なかった」
「おしり痛い」(リン)

 

「(カレーめん) こんなに美味しかったっけ?」(リン)

 

「いろいろ調べてきたつもりだったけど、やってみると全然違ったな」
「本も読めなかったし」(リン)

 

「腹が減っては戦(バイト)は出来ぬ…だよ」(各務原なでしこ)

 

「そういえば私、最近キャンプ動画見まくっててさ」
「いろんなキャンプ道具が出てくるんだけど」
「もう気になって検索が止まんないんだよね」(斉藤恵那)

 

「圧倒的、時間貧乏…」
「なぜだ? 私の冬休みはもう死んでしまったのかあ?」(大垣千明)

 

「はい、これ」
「旅のお供にカレーめん」(なでしこ)

 

2話

「うお~、海だあ!…と、なりそうになるのをグッとこらえて」
「いいな…海。いい眺めだ」(リン)

 

「ここ来るまでの海の写真、50枚近く撮ってるし」
「これが海なし県民のさがか」(リン)

 

「今回はバッチリ予定組んだから、前回のような失態はない…多分」(リン)

 

「海沿い走るの気持ちいい」
「けど、風超強くてさみい!」(リン)

 

「(秘蔵(ひめくら)? 熟成茶?) よく分からないけど美味しい」(リン)

 

「このお茶セット、異常に落ち着く」
「駒ヶ根の温泉を思い出すな」
「これはあれだ、飲む入浴だ」(リン)

 

「ああダメだ、もう動きたくない」
「ここにテント張りたい…」(リン)

 

「(ちくわとのお別れ?) すっごく怖いし、そうなったら悲しいけど…仕方ないと思う」
「だから今いっぱい遊んであげて、楽しかったって思ってもらいたいよ」(恵那)

 

「富士山…小さいけど、本当にこっち(磐田)からでも見えるんだ」(リン)

 

「(フェザースティック) こんなに火がつきやすいなら、もう着火剤はいらないな」
「さらば松ぼっくり」(リン)

 

「やはり辛めの汁物は、冬のキャンプ飯から外せないな」(リン)

 

「海に憧れるのは梨っ子の習性なんだよ、なでしこちゃん」(恵那)
「せやでー。なでしこちゃんかて富士山いっぱい撮ってまうやん」(犬山あおい)

 

「今年の後半は、あいつのおかげで騒がしかった」
「いつもキャンプは1月までだけど、来年は暖かくなっても続きそうな気がする」
「免許も取ったし」(リン)

 

「今日は残りの薪燃やして、チェックアウトまでまったり本読むか」
「で、お昼になったら名物の豚足カレー食べてのんびり帰ろう」(リン)

 

「いかんいかん! ここで腹を満たしてどうする」
「ピザに負けるな私」
「お腹をすかせただけ、おもろカレーは何倍も美味しくいただけるんやあ!」(リン)

 

3話

「(420円?) 安! 有料キャンプ場でここまで安いのは初めてだ」
「けど非常に助かる」(リン)

 

「(砂)浜で1日本読んで、温泉つかって…贅沢な時間の使い方だ」(リン)

 

「初日の出見て、日の入り(夕日)見て…本当にのんびりした元日だったな」(リン)

 

「舘山寺(温泉)到着。う…うなぎの圧力が」
「けどそんなの食べたらお財布が即死してしまう」(リン)

 

「(ゆりかもめ) 人馴れしてるな」
「犬もいいけど、鳥もかわええ」(リン)

 

「(うなぎ屋?) ん? 待てよ」
「もしやお手頃価格だったりするのか?」(リン)

 

「そうか、産地だから輸送費がかからない分、ほかよりきっと安いんだ」
「そうだ、そうに違いない! うなぎが食える!」(リン)

 

「匂いだけですでに美味い」(リン)

 

「大丈夫、お代は私に任せて!」
「”リンちゃんもおばあちゃんち来る”ってうちのお父さんに言ったら」(なでしこ)

 

「”なでしこがいつも世話になってるからな」
「そいつ(1万円)で浜名湖のうなぎを食らわせてやるんだぞ!”って」
「お金出してくれたんだよ」(なでしこ)

 

「ということだから、心配せず味わってくれたまえ」(なでしこ)

 

「(目を隠す) 私、血がダメなんだよ」(なでしこ)
「なんでカウンター座ったんだよ」(リン)

 

「ダメだ…」
「こんな味(特上)を覚えたら…また浜名湖まで来なきゃいけなくなる」(リン)

 

「ホント、なでしこって美味しそうに食べるよねえ」(土岐綾乃)

 

「さほど美味しくないものでも」
「なでしこが食べてると”ひと口ちょうだい”って言いたくなるもん」(綾乃)

 

「いいかげん食うのをやめろ、豚野郎!」(各務原桜)

 

 

「でも私は丸っこいなでしこが美味しそうに食べてる姿好きだったけどなあ」(綾乃)

 

「まっ、痩せてもほっぺの柔らかさは変わんないね」(綾乃)

 

「外ご飯はキャンプの醍醐味なんじゃよ」(なでしこ)

 

「いや、3日ぶりの布団だったから快適すぎて」(リン)

 

「クリスマスのあと、ソロでキャンプして改めて思ったよ」
「私はやっぱり、1人のキャンプも好きなんだって」(リン)

 

「同じキャンプでも1人だとまったく別のアウトドアで」
「見たものとか食べたもののこととか、1人でゆっくり物思いにふけったり」(リン)

 

「なんていうか、ソロキャンは寂しさも楽しむものなんだって」(リン)

 

「私、なでしこが山梨でキャンプ始めたって聞いた時、ホントはさ」
「”こんな寒い時期にわざわざキャンプって何やってんだよ”って思ってたんだけど」(綾乃)

 

「今日2人と話して、ちょっと分かった気する」(綾乃)

 

「リンちゃん。あったかくなったら私も山梨遊びに行くよ」
「リンちゃんみたいに頑張って原付きでさ」(綾乃)

 

4話

「(ランタン買うの)待ち遠しくって、こないだもカリブーで眺めてきちゃったよ」(なでしこ)

 

「あとさ、薪をもっと安く手に入れる方法がないか調べた方がいいよな」
「1束300円でも、がんがん燃やすと結構いくじゃん」(千明)

 

「私さ、買った薪で焚き火してるとよく見えるんだよ」
「水道とか電気みたいに、課金メーターがクルクル回ってんのが!」(千明)

 

「あかん…あの(温玉揚げ)サクサクトロトロがフラッシュバックしてまう」(あおい)

 

「犬用寝袋探してたら偶然見つけてさ、気づいたら(犬用テント)カート入れてた」(恵那)
「すげえ…その辺の安テントより全然クオリティー高いぞ、これ」(リン)

 

「(1億あったら?) とりあえず上に寝袋敷いて寝てみる」(リン)

 

「みんなとするキャンプも大好きだけど…」
「私もリンちゃんみたいにソロキャンプやってみたいな」(なでしこ)

 

5話

「温泉を外さないところがナイスやで、あき」(あおい)

 

「人が働いてる時にするキャンプほど、楽しいもんはねえぜ」
「キャンプ場着いたら、写真送ってやろう」(千明)

 

「あれ(木皿)な……いろいろあってな、今は元気にサボテンの鉢やってるよ」(千明)

 

「温泉は冬が1番だね」(恵那)
「いや、夏に汗を流して入る温泉も捨てがたいで」(あおい)

 

「つまり、温泉はいつ浸かっても最高ってことや」(あおい)

 

「やっぱり来てよかった」
「自分でもビックリだけど、キャンプって言葉に考えないまま飛びついちゃった」
「前のキャンプ、すっごく楽しかったし」(恵那)

 

「なんかキャンプ前のアイス習慣になってもうたな」(あおい)

 

「行儀悪っ!」
「ていうか、こんなとこで横になると、ほっとけや温泉の二の舞になるで」(あおい)

 

「(なでしこちゃん鍋スキル高い?) さすが”鍋しこ”ちゃん!」(恵那)

 

6話

「タープを張ると本格的だね」(恵那)
「ベテランキャンパーっぽいよな」(千明)

 

「そうだ! この楽しさを働いてるあいつらにも伝えてやらんとなあ」(千明)

 

「そういえば、寒い所だとバッテリー減るの早いって聞いたことあるかも」(恵那)

 

「(寒い?) マイナス2℃って…まだ4時半だぞ」(千明)

 

「クリキャンした朝霧のキャンプ場は標高600mやけど、山中湖はほぼ1000m」
「もっと寒いに決まっとるやん」(あおい)

 

「今マイナス2℃ってことは、夜になったらどんだけ…」(あおい)

 

「うちら、ちょっと冬キャンに慣れ始めて油断しとったんかも…」(あおい)

 

「ほっといたら死んでまうでな」(飯田さん)

 

「先生。千明たち今、山中湖でキャンプしてるらしいんですが」
「夜中マイナス15℃行くときもありますし、かなり心配で…」
「なぜか電話も繋がらなくて」(リン)

 

「いいですか、皆さん」
「この辺りは標高差が大きく、少し場所が変わるだけでも気温が全然違います」
「あの装備だけでは、山中湖の冬に対応しているとは言えません」(鳥羽美波、先生)

 

「ちゃんと下調べをして十分に備えなければ、冬のキャンプは本当に危険なんです」
「もしかしたら事故になっていたかもしれないんですよ」(鳥羽先生)

 

「私もごめんなさい」
「キャンプに行くことを知っていたのに、きちんと行き先まで確認すればよかった」(鳥羽先生)

 

「これからキャンプ場を決める時は、私にも相談して下さい」
「せっかく顧問になったんですから」
「はぁ…何もなくてホントによかったわ」(鳥羽先生)

 

「リンちゃんにちょっと相談があるんだ」
「あのね…私もリンちゃんみたいに、1人キャンプやろうと思うんだよ」(なでしこ)

 

7話

「リンが先生に知らせてくれたおかげだよ」
「これからは感謝と尊敬を込めて、しまりん様って呼ばなくちゃいけないね!」(恵那)

 

「知らないうちに(ソロキャンを)焚きつけてたのか」(リン)

 

「キャンパーさんのブログ見るのもいいよ」
「実際に行かないと分からないことまで書いてあるし」(リン)

 

「ソロキャンだから、バスと電車使って歩きで行こうと思うんだ」
「それにお姉ちゃんに1人でキャンプするって言ったら、絶対反対されると思うし」(なでしこ)

 

「(なでしこが免許?) すぐこけそう、ガス欠で立ち往生しそう」
「道間違えて遭難しそう」(リン)

 

「(免許は)顔がダメって言ってるよ」(なでしこ)

 

「(電波が通じないと)何か困ったことが起きた時、助けも呼べないし」
「知りたいことがあってもネットで調べられないから」(リン)

 

「(じっくり下調べ) 冬に水道が止まっているとか」
「トイレがひどかったりとかあるから」(リン)

 

「気温グラフも見て、いつ何℃になるか調べるとかさ」
「千明たちそれでちょっと危ない目に遭ったんだし」(リン)

 

「ソロキャンは目的がないと時間を持て余す」(リン)

 

「日本酒、日本酒…あった。飯田さんのテントでいただいたのはこれね」
「お鍋によく合う美味しいお酒だったわ」(鳥羽先生)

 

「なでしこは週末ソロキャンか」
「やれやれ…私も週末、バイト休みだったんだけどな」(リン)

 

「1人でキャンプに行くですって?」
「気をつけて行くのよ」(桜)

 

「スマホ出しなさい」
「途中に美味しい焼きそばの店あるから寄ってみたら?」(桜)

 

「(古民家カフェ) いい所だな…」
「ていうかなんだろう? この妙な自宅感は」
「こたつのせいか?」(リン)

 

「富士山と青い空と、真っ赤な鳥居が最高だ」
「晴れてよかった」(なでしこ)

 

「あれ? そういえば私、1人で外食するの初めてだったかも」
「お1人様って大人な感じ」(なでしこ)

 

「な…なでしこがいないとなんとなく気まずい(桜と2人っきり)」
「何かうまい話題は?」(リン)

 

「(1人でドライブ?) たまにね」
「旅番組で特集された所とか、月イチくらいでかしら」(桜)

 

8話

「だいぶ登って来たかな」
「いい景色…あっ!」(なでしこ)

 

ここで見ちゃったら、キャンプ場から見下ろした時の感動が薄れるんじゃあ」
「何も見えないよ」(なでしこ)

 

「ほかにキャンパーがいると安心するな」(なでしこ)

 

「”ソロキャンは目的がないと暇”ってリンちゃん言ってたから…」
「私はやっぱり…これかな、アウトドア実験料理!」(なでしこ)

 

「美味しかったらみんなでキャンプする時、レパートリーに加えられるし」
「私だけだから失敗しても迷惑かからないしね」(なでしこ)

 

「知らずに来たらがっかり以外の何物でもないけど、こうして見ると趣深い気がする」
「これも”わびさび”って言うのかな」(リン)

 

「やっぱり好きだな、静かな湖」(リン)

 

「やっぱり温泉は、少し熱いくらいが最高だな」(リン)

 

「なでしこは電波通じないだけ」
なでしこは電波通じないだけ」
「なでしこは電波通じないだけ…本当に?」(リン)

 

「(キャンプっぽくない?) そんなことないよ」
「私もキャンプで食べるカップ麺とか大好きだよ」(なでしこ)

 

「初めは、お肉焼くだけでもいいんだよ」
「キャンプで作る料理って楽しいよ」
「それに失敗して変なのが出来てもちょっと面白いし」(なでしこ)

 

「やっぱり電波が届かなかっただけか」
「もう誰かと仲良くなってるし」
「すご
いよな、なでしこは」(リン)

 

「もしかして、なでしこのこと心配してくれたの?」
「ありがとね、リンちゃん」(桜)

 

9話

「でも、(ソロキャンは)ご飯食べ終わってからちょっと暇だったかな」(なでしこ)

 

「キャンプ場が圏外だったから、景色見ながらボーッと考えごとしてたんだけど…」
「そしたら、またみんなとキャンプ行きたくなっちゃった」(なでしこ)

 

「これからはソロキャンとグルキャン、交互にやって行きたいと思います」(なでしこ)

 

「リンってやっぱいい奴だよね」
「なでしこちゃんを心配して、キャンプ場まで見に行っちゃうなんて」(恵那)

 

「(3月4日?) なんだよ、お前ら2人とも大塩平八郎と同じ誕生日だったのか」
「よっ、大塩コンビ」(千明)

 

「あの、先生」
「私、原付で行ってもいいですか?」(リン)

 

「実はお正月に原付で伊豆へ行く計画を立ててたんですけど、行けなくて」
「それからずっと、伊豆の道を走ってみたかったんです」(リン)

 

「リンちゃんは”原付の旅”がやりたいんだよね、ねっ!」(なでしこ)

 

「まっ、美味いもん食って…」
「みんなで楽しんでこい」(各務原修一朗)

 

「多分リンにあげるためにわざわざ買ってきたわね」
「かっこつけてても、孫にいろいろしてあげたいのよ」(志摩咲)

 

「先生。私達がテスト終わるまでキャンプを我慢するんですから」
「先生も3月までお酒を我慢して下さい!」(千明)

 

「リン、途中まで一緒に走らないか」(リンの祖父)

 

「まさかリンと走れる日が来るとは…思ってもみなかったよ」(リンの祖父)

 

「そういえば、今はもう暦の上では春なんだよな」
「これからだんだん暖かくなって…もうすぐここにも春が来るんだ」(リン)

 

10話

「海辺の鳥居ってなんかいいよな」(リン)

 

「なでしこいじめんな、ホラ吹き姉妹」(千明)

 

「これ(キンメバーガー)前から食べてみたかったんだよね」
「もう思い残すことはないよ」(恵那)

 

「(トンボロ?) 豚トロの仲間やで」(あおい)

 

「下田産・極上、地キンメダイの干物!」
「今日はこれを使って、久しぶりのキャンプご飯作るよ!」(なでしこ)

 

「(先生) お酒はまだダメです」(あおい)

 

「キンメダイも伊勢エビも高級食材、両方買ってしまえば明らかに予算オーバーだ」
「そこで私は考えた」
「先生に禁酒をさせて、余った金で伊勢エビを買わせようと」(千明)

 

「今日は久しぶりにお昼から外でお酒が飲めると思ってたのに…」(鳥羽先生)

 

「もう笛吹の急坂でくたばった私とは違うのさ」
「年末年始のバイトで、めちゃくちゃ足腰が鍛えられたんだよ」(千明)

 

「今こそお前らに進化した私を…見せてやるぜ!」(千明)

 

「登山か…すごい荷物背負って頂上目指すガチなやつはあんまりだけど」
「登山者用のキャンプ場は一度泊まってみたいかな」(リン)

 

11話

「(大人げない?) ライオンはウサギを捕まえる時も本気を出すんです」(なでしこ)

 

「志摩リン、島根で島キャンプ」
「しましましまキャン」(恵那)

 

「分かってはいたけど、伊豆広すぎだ」(リン)

 

「いいのいいの」
「こんくらいのゆるさが、野クルクオリティーってもんよ」(千明)

 

「最初の予定どおりキャンプ出来てたら、こんな景色見られなかったですよね」(恵那)

 

「風呂上がりはこれ(まじうまミルク&コーヒー)に限るぜ!」(千明)
「おっさんがおる」(あおい)

 

「(今からキャンプご飯?) 分かってる分かってる…分かってるから、まあ落ち着け」
「疲れたからこうやって、ちょっと目を休めてるだけだよ…」(リン)

 

「あおいちゃん、リンちゃんが旅立ってもうた」(犬山あかり)

 

「最高! 伊勢エビにはやっぱり日本酒ね」(鳥羽先生)

 

「クリスマスの失敗を生かして、今日は料理に合うお酒…」
「持って来てますから!」(鳥羽先生)

 

「(お母さん?) ママしこだ」(千明)

 

「私、ずっと海の近くに住んでたから、波の音ってやっぱり落ち着くんだ」(なでしこ)

 

「みんなでキャンプするようになって思い始めたんだけどさ」
「私、18になったら車の免許取りたいんだよね」(恵那)

 

「犬を連れて、自転車とか電車とかでどこか行くのって限界があるでしょ」
「だから早く免許取って、ちくわをいろんな所に連れてってあげたいんだ」(恵那)

 

「ちくわは幸せ者だね」(なでしこ)
「私が連れていきたいだけだけどね」(恵那)

 

「なんか…なでしこちゃんが越してきて、いろんなことが変わった気がする」(恵那)
「私も、みんなに会っていろいろ変わったと思う」(なでしこ)

 

「(早朝の)抜け駆け温泉…気持ちよすぎ」(リン)

 

12話

「もう泣くなよ、なでしこ。いつでも連絡取れるんだから」
「それになでしこならすぐ友達できるって」(綾乃)

 

「せっかく新しいとこ行くんだから、なんかやってみたら?」(綾乃)

 

「”トンボロ”っていうのは食べ物じゃなくて」
「引き潮で道が出来る自然現象のことなんだよ」(恵那)

 

「嘘やったんやなあ、あおいちゃん!」(あかり)

 

「あんたがあまりにもトンボロを楽しみにしとんの見とったら、言い出せんかったんよ」
「けどなあかり、これはキャベツとレタスと同じなんや」(あおい)

 

「子供の頃、キャベツとレタスの区別がつかん子っておるやん」
「でも大人になると、ちゃんと分かるようになる」(あおい)

 

「トンボロもそう」
「トンボロが食べもんやないと分かるようになるなんて…」
「あかり、あんたも大人になったんやなあ」(あおい)

 

「大人にならんでいいから、トンボロ食べたい!」(あかり)

 

「1時間で海から道が現れて、1時間後にはまた海に消える」
「自然の不思議ね」(鳥羽先生)

 

「(西伊豆スカイライン) 去年走った、長野のビーナスラインに似てる」
「空の上を走ってるみたいだ」(リン)

 

「お父さん達も、ここをバイクで走ったんだろうな」
「めっちゃ寒いけど、来てよかった」(リン)

 

「ホント、伊豆は展望台地獄だな」(千明)
「全部回るには何度も来ななあ」(あおい)

 

「富士山見ると地元に帰ってきたって感じがして、なんかホッとするんだよね」(リン)

 

「お昼からお・さ・け」(鳥羽先生)

 

「えっ!? 2人とも誕生会やるの知っとったん!?」
「あきちゃん達、サプライズ下手くそやん…」(あかり)

 

「ここまでしっかり祝ってもらうと、なんか照れてまうなあ」(あおい)

 

「(顧問)ちゃんとしてるのかはなんとも言えないけど」
「私、初めは部活の顧問になったら時間がなくなるし」
「あまりやりたくないって思ってたんだけど…」(鳥羽先生)

 

「生徒達の成長をこういう形で見ていられて」
「今は引き受けてよかったって思うのよね」(鳥羽先生)

 

「(達磨山) まるで龍の背中みたいや」(あおい)

 

13話

「恵那ちゃん、そろそろちくわ不足やな」(あおい)

 

「大室山からも見える、安心の富士山だねえ」(なでしこ)

 

「実は富士山と大室山は、祀られている神様が姉妹なんですよ」(飯田さんの娘)

 

「でもものすごく仲が悪くて、大室山の上で富士山を褒めるとたたりがあるとか」
「ただの言い伝えですけどね」(飯田さんの娘)

 

「(そろそろおしまい?) いやいや」
「まだまだうちへ帰るまでは、伊豆キャンは終わらないよ」(なでしこ)

 

「家を出てから400キロも走ったのか。帰ったら450キロ超えて、記録更新するな」
「おじいちゃんの言ったとおり、伊豆は広かったずら」(リン)

 

「1人で走るからなのか、それとも夜の景色がそう思わせるのか」
「少し寂しい」(リン)

 

「でも…ほどよい疲れと、家に近づく安心感」
「この感じ、すごく好きだな」(リン)

 

「(富士山…) 戻ってきた」(リン)

 

「なんか、旅が終わっちゃうのって寂しいね」(なでしこ)
「でも、私はそういうのも嫌いじゃないよ。また行けばいいんだよ、どこかに」(リン)

 

「でも…やっぱり、寂しいは寂しいよ」
「だって、すっごく楽しかったから」(なでしこ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
ゆるキャン△ [Blu-ray]
ゆるキャン△ SEASON2 [Blu-ray]
ゆるキャン△ SEASON3 1巻 [Blu-ray]
映画 ゆるキャン△ [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ゆるキャン△のインデックス