「夜のクラゲは泳げない(ヨルクラ)」の名言・台詞まとめ

アニメ「夜のクラゲは泳げない(ヨルクラ)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

夜のクラゲは泳げない

1話

「夜の渋谷を歩くのが好き」
「知っている人がいない街をクラゲみたいにふわふわ~って漂っていると」
「誰の目も気にしない私で…いられるから」(光月まひる)

 

「(盗撮?) だってリアルJKの寝顔が世界で1番需要あるんだよ」
「これはバズる!」(光月佳歩)

 

「(紹介してた?) それを普通の人がマネしたら…」
「量産型」(佳歩)

 

「(はっきり言う?) まあな。そこが竜ヶ崎ノクス様人気の秘訣だから」(渡瀬キウイ)

 

「言えないから困ってるの!」
「本音言って否定されたら痛いし…」(まひる)

 

「私みたいな普通の女子高生はさ、選ぶより選ばれるだけで精いっぱいなのよ」(まひる)

 

「クラゲってさ、1人じゃ泳げないんだよ」(まひる)

 

「おい! 私の好きな絵を汚してんじゃねえ!」(山ノ内花音)

 

「曲はまだ借り物だけど、詞を書くのは好きなんだ」
「この子(JELEE)はね、本当の私を表現するためのもう1人の私なの」(花音)

 

 

「私はさ、私をバカにした人もみ~んな歌で見返すんだ」
「それが私って分からないまんま、私を嫌った人もみ~んな!」(花音)

 

「感動させて、この歌に救われたって泣かせてやりたいの!」(花音)

 

「目指すはフォロワー10万人!」
「私は何があっても自分を貫くって決めたんだ」
「それが私なりの仕返し!」(花音)

 

「ひらめいた! JELEEにヨルの絵があったら最高だと思わない?」
「私とヨルのコラボだよ!」(花音)

 

「けど、冗談で言ってるわけじゃないよ」
「一緒に…やってみない?」(花音)

 

「私…逃げてばっかり」(まひる)

 

「私ね…あの壁画を友達にバカにされたことあって、その時とっさに他人のふりしたんだ」
「それから絵を描かなくなって…」(まひる)

 

「私は負けたくないんだ」
「誰かに負けて自分が自分じゃなくなるのが嫌なの」
「量産型にはなりたくないから」(花音)

 

「私、ヨルのクラゲの前で歌いたいな」(花音)

 

「皆さん! え~私は…いや私達は、謎の覆面アーティストJELEE!」
「イカでもタコでもないクラゲのイラストが目印だから、そこんとこよろしく!」(花音)

 

「クラゲってさ、自分では泳げないし輝くことも出来ないけど!」
「外から光をため込んだら、自分でも輝けるようになるの!」(まひる)

 

「だから私も…私も!」
「花音ちゃんのそばにいたら輝けるかな?」(まひる)

 

2話

「花音ちゃんってもしかしてすっごくバカ?」(まひる)

 

「(パトロン?) はい、推しごとをしに来ました」(高梨・キム・アヌーク・めい)

 

「声を聴いてもしかしてと思いました」
「けど歌い方も違ったし確信が持てませんでした」(めい)

 

「でも…ここです! このフェイスライン、すっと通った鼻筋」
「このクレオパトラのような顔のよさはののたんしかいません!」(めい)

 

「認めません」
「私は認めません! ののたんはサンドーで歌い続けるんです!」
「金髪じゃなくて黒髪清楚で!」(めい)

 

「私が援助するのでバイトも辞めて下さい」
「足も出し過ぎだからすぐにしまって、解釈違いです!」(めい)

 

「残念だけど、”橘ののか”はもう…いないんだ」(花音)

 

「あ~もう私ダメだなあ」
「こんなに本気で好きでいてくれてたのに、冷たく対応しちゃって…」
「アイドル失格だよ」(花音)

 

「(辞めた?) そうだけど…」
「ファンを大切にしたいって気持ちは今も変わってないっていうか…」(花音)

 

「私、もう一度あの子と話したい」
「この曲のこともそうだけど、いろんなこと確かめなきゃいけない気がしてきた」(花音)

 

「拒絶されるかもだけど、私が話したいんだ」(花音)

 

「私が作った曲を山ノ内さんが歌うのは…解釈違いです」(めい)

 

「もちろん! だって私はね、ファンを絶対に独りぼっちにしないって決めてるんだ」(花音)

 

「友達がいなくても、好きなものがなくても」
「私と私の歌だけはあなたを独りぼっちにしないから」
「約束だよ」(花音)

 

「推しが…私の演奏を聴いてくれてる」(めい)

 

「私も…一緒にやりたい!」
「私の曲…歌ってくれる?」(めい)

 

「(解釈違い?) 大丈夫です! 私、橘ののかと山ノ内花音の両推し」
「つまり、ののたん箱推しになったので!」(めい)

 

3話

「もうこんな時間か…明日もあるし、そろそろ終わろうかな」
「それじゃ、グッバイ世界!」(キウイ)

 

「とりあえずやってみるって、私はすっごく好きだよ」(花音)

 

「キウイちゃんは私の憧れで、スーパーヒーローだったんだ」(まひる)

 

「(変な名前?) うらやましいだろう!」
「変な名前ってことは、私は世界に1人だけってことなのである」(キウイ)

 

「(手伝う理由?) 気まぐれだよ」
「理由なんてなんだっていいだろ」(キウイ)

 

「生きづらい、生きづらい、生きづらい!」
「私はなんも変わってない!」
「勝手に変わったのは、みんなのくせに!」(キウイ)

 

「クソッ! なんで?」
「間違ってんのはお前らの方だろうが!」(キウイ)

 

「あいつ、くっつき虫だったくせに」
「私の最後の居場所…なくなっちゃったな」(キウイ)

 

「アマテラス様!」
「どうかその暗い所から出てきて下さい!」(まひる、演劇)

 

「アマテラス様が引きこもっていると、私の世界は…私の世界は!」
「暗いままなのです!」(まひる、演劇)

 

「あなたは私にとってのスーパーヒーローだから!」(まひる、演劇)

 

「ねえ、私が昔からずっとキウイちゃんのどこが好きだったか分かる?」
「(人気者?) 違うよ」(まひる)

 

「誰が見てる前でも、”自分は最強”だとか”主人公”だとか」
「堂々とハッタリかませちゃうところだよ」(まひる)

 

「ずっと嘘ついてたんだとしても、全部作り話だったんだとしても」
「最後はかっこよく決めてくれるって…私知ってるから」(まひる)

 

4話

「そっか…じゃあ一緒だね!」
「私もほとんど行ってないんだ、学校」(花音)

 

「つまり! JELEEは普通のJKが2人に登校拒否のJKが2人という」
「とてもバランスの取れたグループってことだね!」(花音)

 

「終わったこと…ね」(瀬藤メロ)

 

「ねっ、それよりもまずはさ…親睦を深めましょう!ってことで」
「集団作業っていうのはこういうのが大事なんだから」(まひる)

 

「お姉ちゃん、どうしよう」
「私最近、毎日が楽しすぎる」(花音)

 

「寂しい人間は、そんなにぎやかな所息苦しいよな」
「花音がいるのは多分もっと…」(キウイ)

 

「私はさ…小学校まではクラスのスーパースターだったんだ」
「けどそこからの転落はひどいもんでさ」(キウイ)

 

5話

「一度聴いてしまえば、ののたんの魅力にはあらがえません」(めい)
「出会いはきっかけでしかないもんね」(まひる)

 

「ヨルが言ってくれたじゃん、私がJELEEのリーダーだって」
「だったらちょっとくらい、頼ってよ…」(花音)

 

「(普通?) そんなことない。言ったでしょ?」
「私が…私がヨルの絵のこと大好きなんだって!」(花音)

 

「だって全部だよ…全部ヨルの絵から始まってJELEEにつながってるんだよ」
「ヨルの絵がなかったら私…今頃歌ってなかった」(花音)

 

「私はヨルの絵を信じてる」
「だからヨルも自分を信じて」(花音)

 

「(絵が)好きってだけ?」
「じゃあさ…あの人と私の絵、どっちの方が上手いと思ってるの?」(まひる)

 

「ヨルってさ、結構めんどくさいよね」
「めんどくさい女」(花音)

 

「嫌だ!」
「私だけ置いてけぼりになりたくない!」(まひる)

 

「JELEEのための絵を邪魔だなんて思いたくない」
「自分の絵を好きだって思いたい」(まひる)

 

「初めてだね…初めてだね! 私達が私達の力で動画をヒットさせたの!」(花音)
「これで私も、ちょっとは輝けたのかな」(まひる)

 

「描く理由、取り戻したんだな」(キウイ)

 

「あのさ…そういえば私、直接伝えてないなって。だから1つ言わせて」
「私にもう1回、絵を描かせてくれてありがとう」(まひる)

 

6話

「うちはね、親子っていうより仕事のパートナーって感じだったかな」(花音)

 

「私がデビューしてからは、娘の早(はや)…山ノ内花音としてじゃなくて」
「アイドルの橘ののかとして見られてた気がして…」(花音)

 

「分かります!」
「独りぼっちを救ってくれるのは、いつだって推しなんですよね!」(めい)

 

「誰かを好きであることがおかしいなんて、絶対にありません!」(めい)

 

「私は大切な言葉をもらったから、救ってもらったから…信じたんです」
「私がその人のことを好きな気持ちだけは、絶対に間違いなんかじゃないって」(めい)

 

7話

「(三者面談) もう3年生になったからね」
「ついにJKブランド消失かあ!」(まひる)

 

「だって人生で3年間しかない特別な期間だよ」
「知らない間に恩恵を受けていたに違いない」(まひる)

 

「(進路?) 私か?  私は早曽田(わそだ)の教育学部に行こうと思ってるぞ」
「(聞いてない?) 言ってないからな」(キウイ)

 

「”いつの間に”って言われても…私には考える時間がたっぷりあるからな」(キウイ)

 

「(高校卒業?) いや、出席足りないだろうから高認試験は出願済み」
「過去問解いた感覚、合格率は低く見積もって9割ってとこですねえ」(キウイ)

 

「私はみんなと違う道を歩こうとしてるからな」
「その分、しっかり考えないと人生詰むだろ」(キウイ)

 

「ののたんがキウイさんと2人でお泊り(バイク免許合宿)…胸が苦しい」(めい)

 

「(プロのピアニスト?) はい、そのつもりです」
「少し前はどうしてピアノを続けてるんだろうって迷ったこともあったんですけど」
「弾く理由をもらえたので」(めい)

 

 

「(イラストレーター?) 正直、そこまで決心したわけじゃないんだよね」
「私、ずっと絵を描くのが苦しかったんだ」(まひる)

 

「けど…最近はだんだん楽しくなってきて」(まひる)

 

「(友達少ない?) 中途半端な友達で人間関係が薄まってないだけです」(キウイ)

 

「中学の頃、私がだんだん馴染めなくなった時、担任の先生と話すことになって…」
「その時、そっか…私って普通じゃないんだって」(キウイ)

 

「そしたら急に学校が…全部が怖くなって」(キウイ)

 

「まっ、今だったら言えるよ」
「普通ってなんだよ! そんなの大人が勝手に決めたルールだろうが!」
「…ってパンクバンドみたいにさ」(キウイ)

 

「で思ったわけ」
「私くらい、独りぼっちの生徒の味方になってもいいのかなあ…なんて」(キウイ)

 

「それより多分、救った気分になりたいだけなんだよ」
「あの時世界に立ち向かえなかった…弱い私をさ」(キウイ)

 

「(学校…) やっぱ世界…ムズいなあ」(キウイ)

 

「いいんだよ、変なぐらいで」
「普通よりはマシでしょう?」(花音)

 

「学校に行った意味…ですか」
「私って基本的に周りに興味のない人間じゃないですか」
「けど違ったんです」(めい)

 

「私いつも実技でトップだったのに、ある時2位を取ってしまったことがあって」
「その時、驚いたんです」
「私”悔しい”って思ってるって」(めい)

 

「それから私は初めて本当の意味でピアノに向き合えるようになった気がして」
「今までと違う自分を見つけられたのかなって」(めい)

 

「まあ、自分が向かってる先を見るのって怖いことだけど…」
「気づいたら知らない場所にいて戻れなくなることの方が…よっぽど怖いよ」(小春)

 

「じゃ、オン(ライン)で遊びましょう」
「まあ根っこが引きこもりなんだ」
「それに…バイクより光ファイバーの方が速いっすから」(キウイ)

 

「これ、(バイクで)どこに向かえばいいの?」(花音)
「知らな~い!」(まひる)

 

「けどさ! どこでもよくな~い?」(まひる)
「そっか…どこでもいいね!」(花音)

 

「(進路?) 進学にしたよ、美大に」
「やれるだけやってみる」(まひる)

 

「私さ、自分の絵を好きになりたいんだ」
「けどそれだけじゃなくて」
「もっとすごい絵を描いて喜んでほしい人がいるんだよね」(まひる)

 

「恩人っていうか…迷った時に私がしたいと思ってたことを教えてくれて」
「絵が上達した時には自分のことみたいに喜んでくれて」(まひる)

 

「私って意外と、恩はちゃんと返したいタイプなのかも」(まひる)

 

「歌う理由…か。あの時言ってくれたよね」
「絵を描けなくなってた時、”だったら私のために描いて”って」(まひる)

 

「今度は私の番」
「花音ちゃん、私のために歌ってよ!」
「私、花音ちゃんの歌が大好きだから!」(まひる)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
夜のクラゲは泳げない 1巻 [Blu-ray]

 

→夜のクラゲは泳げないのインデックス