「WIND BREAKER(ウィンドブレイカー)」の名言・台詞まとめ

アニメ「WIND BREAKER(ウィンドブレイカー)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

WIND BREAKER

1話

”これより先 人を傷つける者 物を壊す者 悪意を持ち込む者”
”何人も例外なくボウフウリンが粛清する”(立て看板)

 

「好きなものは強い奴、弱い奴には興味がない」(桜遥)

 

「弱いのに自分が強いと勘違いしてる奴は…」
「ヘドが出る」(桜)

 

「俺の顔と名前よく覚えておけ」
「弱い奴は俺を避けるように、強い奴は俺を見つけるように」
「俺は…風鈴高校・桜遥だ!」(桜)

 

「(ありがとう?) 別にお前を助けたわけじゃねえし!」
「さっきの奴が気に食わなかっただけだし!」(桜)

 

「ケンカにナリは関係ねえ」
「だから俺は風鈴に来た」(桜)

 

「偏差値は最底辺、ケンカは最強」
「落ちこぼれの吹き溜まり、毎日が派閥争いに下剋上」(桜)

 

「盆も正月もケンカがない日はないって話」
「俺はそこでてっぺん獲る」(桜)

 

「ケンカしか取り柄のないド底辺の嫌われ者が」
「1番懸けてケンカするなんて最高じゃねえか」(桜)

 

「まさにクズ中のクズを決める戦い…俺にピッタリだ」(桜)

 

 

「桜、あんた風鈴選んで正解だったよ」
「でもね…あんたに風鈴のてっぺんは獲れない」
「絶対にね」(橘ことは)

 

「あんたは…1人だから」(ことは)

 

「離れていくのは”他人(そっち)”だろ!!」
「これが…これが俺なんだよ!」(桜)

 

「クソ…かばいながらじゃらちが明かねえ」
「つうかなんで俺かばってんだよ」(桜)

 

「誰かのために何かをしても、ろくなことにはならねえじゃねえか」(桜)

 

「ほら見ろ…だから他人に構うもんじゃねえんだ」
「ホントに俺…何やってんだ? 何がしたいんだ?」(桜)

 

「おい、てめえら」
「この街でこんなもん(金属バット)振り回すことがどれほどのことか…」
「分かってんだろうな!」(柊登馬)

 

「この街はちょっと前までいろいろなチームやらギャングやらの抗争で」
「街の治安は最悪だって言ったわよね」(ことは)

 

「正確には2年前、その時から街は変わったの」
「変えたのは風鈴高校の生徒達」
「彼等は初めに街の入口に看板を立てた」(ことは)

 

「それはもともと風鈴高校の名の下に書かれていたけど」
「いつの間にか街の人達は彼等に名前を付けたの」(ことは)

 

「街を守るためケンカする彼等に」
「”防風鈴(ボウフウリン)”、この街の盾”ウィンドブレイカー”と」(ことは)

 

「あんたは他人を諦めてない…諦めなくていい」
「少なくとも、私は桜を向いてる」(ことは)

 

「だからあんたもこっちを向きな」
「そうすればきっと…あんたが望んだものになれるよ」(ことは)

 

「何が”ボウフウリン”だ、何が”街の盾”だ!」
「めちゃくちゃかっこいいじゃねえかあ!」(桜)

 

2話

「まあ…(入学式)ワクワクしていいんじゃない?」
「面白い奴たくさんいるしね」(ことは)

 

「確かにかっけえよな、街を守る正義の味方」
「強い奴も結構いるみたいだし」(桜)

 

「そんな中で1番になれたら…満足できそうだから」(桜)

 

「ああやって見た目ばかり作ってる奴等は、ケンカになりゃ逃げ出すんだ」
「ダセえことこの上ない」(桜)

 

「(決めつける?) 見てきたからな、腐るほど」(桜)

 

「1つの方向から見ただけじゃ本当の形は分からない」
「思うことは自由だけど、決めつけるのは早いんじゃない」(ことは)

 

「ちゃんと話して、ちゃんと見て、分かろうとしなきゃ」
「その人のこと分かりっこないでしょ」(ことは)

 

「助ける? 仲間? 勘違いすんなボケ」
「弱いくせに強いと勘違いしてる奴が気に入らないだけだ…吐き気がする」(桜)

 

「俺…中学の頃、毎日毎日パシられて・殴られて、言いなりになるしかなかった」
「そんな俺を助けてくれたのが風鈴の人だったんす」(楡井秋彦)

 

「普通なら絶対怖いとしか思わないような人が…かっこよかった」(楡井)

 

「俺もああなりたいって…強くてかっこよくなりたいって風鈴に来たんすけど…」
「全然…ダセえなあ」(楡井)

 

「ケンカが弱えくせにメソメソしてんなよ、余計弱く見えるぞ」
「でもまあ…ダサくはねえんじゃねえの?」(桜)

 

「ケンカでは力になれないかもですが、街のことや人のこととか案内しますよ」
「てっぺんまで!」(楡井)

 

「別に、(学校全体を)敵に回したって構わねえだろ」
「俺はケンカで、てっぺん獲りに来たんだぜ」(桜)

 

「ヤバい奴? 俺は好きだぜ」(桜)

 

3話

「狂信者ね。要は自分じゃ何も考えられない…1人じゃ何も決められないってことだろ」
「そんな奴に…俺がやれるかよ」(桜)

 

「お前ら…青春しろよ、青春!」
「せっかく高校へ来たんだからな、たくさん思い出作って有意義に過ごせよ」(梅宮一)

 

「まあそれでな、これだけは言っとかねえとな」
「お前ら…街を守れ」(梅宮)

 

「俺達がもらった名前は”防風鈴(ボウフウリン)”」
「その名に違わず、人を・物を・思いを・大切なものを守れ」
「それがここの唯一のルールだ」(梅宮)

 

「(握手?) ケンカ以外で人に触れるのは…妙な感じがする」(桜)

 

「とにかく、ことはちゃんはあの場にいなかった」
「そして昨日のことは一切話すな」
「さもねえと…俺が血を吐くことになる」(柊)

 

「どういうつもりでわざわざ外から来たか知らねえが」
「とんでもねえ大将のとこに来ちまったな、おめえ」(柊)

 

「(街を)歩いてるだけでも意味があるんだよ」
「俺達がこの制服を着て歩くだけで、小さいチームの連中はだいぶ寄り付かなくなった」(柊)

 

「俺達のケンカは守るケンカだ」
「俺達の方から手を出す必要はない」(柊)

 

「ケンカじゃねえと楽しくねえか?」
「気持ちは分からんでもないがな、俺達も前まではそうだったし」(柊)

 

「けどよ…言葉を交わしたり、必要としたりされたり」
「そういうのもなかなか楽しいもんだぞ」(柊)

 

「ここはちょうど、ボウフウリンと別のチームのシマ境なんです」
「絶対この高架の向こうで問題起こしちゃダメですよ」(楡井)

 

「国の法律が違うように、向こうではこちらのルールは通用しない」
「この先を仕切っているチームの名は…力の絶対信仰”獅子頭連”」(楡井)

 

「ふ~ん、”力の絶対信仰”…」
「いいね、そういうの好きだぜ」(桜)

 

「(手を出す?) 何言ってやがる。こいつが身内なら…」(桜)
「手を出されてる」(桜、杉下京太郎)

 

「(仲間?) 誰が? こいつは違うよ、負けたから」
「負けるってことは弱いってこと」
「弱い奴は…獅子頭連にはいらな~い」(十亀条)

 

4話

「笹城。ありがとな」
「火種になったっつうけど、それは笹城が街と人を守ろうとしてくれた結果だろ?」(梅宮)

 

「なら、謝ることなんてない」
「あとのことは…お兄ちゃん達に任せなさい!」(梅宮)

 

「桜、昨日の大通りの話聞いたぞ」
「今日も笹城を助けてくれた」(梅宮)

 

「家族を守ってくれてありがとう」
「頼もしい弟が増えて嬉しいわ」(梅宮)

 

「この街にいる奴はみんな家族だと思ってんだ、俺は」(梅宮)

 

「ダメだ…足が前に進まない」
「さっきまでのあいつと本当に同じ人間か?」(桜)

 

「よ~し、梅ちゃん。タイマン、タイマン!」
「先にそっちがちょっかい出してきたんだもんねえ」
「やる理由は十分だよね」(兎耳山丁子)

 

「ケンカしたいっていうより…梅ちゃんが欲しい」(兎耳山)

 

「俺…てっぺんになってからなんでかつまんなくて」
「でも梅ちゃんは同じてっぺんなのにいつも楽しそうでヘラヘラしてる」(兎耳山)

 

「そんなのズルい」
「だからフウリンを梅ちゃんごと俺のものにする」(兎耳山)

 

「タイマンなら邪魔しねえけどよ」
「囲むのは気に食わねえんだよ!」(桜)

 

「明日話せば分かるさ」
「いやいや…ケンカは対話よ、桜君」(梅宮)

 

「拳は時に言葉より相手を知る言語になる」
「まあ俺達にしか通じない言葉だがな」(梅宮)

 

5話

「いいか、お前ら」
「こんな大ごとになっちまったが、本命は俺と兎耳山のタイマン」(梅宮)

 

「お前達の勝ち負けは勘定には入らない」
「気楽にいってこい」(梅宮)

 

「ふざけんな!」
「勘定に入ろうが入らなかろうが、負ける気なんてさらさらねえ」(桜)

 

「桜君、何言っても無駄だ」
「こういう子達は、自分がやられないと分からないんだよ」(蘇枋隼飛)

 

「桜君」
「君が”てっぺん獲りに来た”と話した時、バカっぽい人だなって思った」(蘇枋)

 

「もっと空っぽだと思ってたんだ」
「けど、君の言葉や行動には芯がある」(蘇枋)

 

「そんな君を、俺はかっこいいと思ってる」
「だから君に負けないように俺も頑張るよ」(蘇枋)

 

「自分が被害者になった時だけわめくなんて、我慢を知らない子供のようだね」
「つらかったでちゅねえ、ボクちゃん」(蘇枋)

 

「かんしゃく起こして”かわいい”で済むのは、せいぜい小学生までだよ」
「さあ…俺と一緒に大人の階段上ろうか」(蘇枋)

 

「大人になるために必要なもの」
「想像力だよ」(蘇枋)

 

「その想像力を強固なものにするために、必要なものってなんだと思う?」
「それはね…想像が現実になること」(蘇枋)

 

6話

「柊な、今ボウフウリンで四天王張ってんの」
「その中でも多聞天っつう名の頭をやってもらってる」(梅宮)

 

「多聞天の別名ってなんだか知ってるか?」
「多聞天とは別名…毘沙門天」
「戦をつかさどる武神の名だ」(梅宮)

 

「(強い奴?) そりゃもちろん」
「うちの理念は”力の絶対信仰”、強い奴が認められる」
「強ければ強いだけ上に行けるよ」(十亀)

 

「こいつの処遇はお前のタイマンが終わってからでもいいんじゃねえのか?」
「何が起こるかなんて分からねえんだからな」(柊)

 

「それ話したいのか?」
「なら聞きたくねえな」
「話したくなったら話してくれよ」
「それが俺の聞きたい話だ」(梅宮)

 

7話

「桜! たっくさん(ケンカで)話してこいよ」(梅宮)

 

「それにしても…強い奴とやる時の高揚感だけじゃねえ」
「これがなんなのか分からねえが」
「けどまあ…”任せろ”って言っちまったしな」(桜)

 

「(さっさと始めよう?) そんなに焦らなくてもいいじゃない」
「速いってことは悪いことではないんだけど…」
「場合によっては物足りなかったりするでしょう?」(十亀)

 

「特に今回は…ゆっくり楽しみたいんだよねえ」(十亀)

 

「え~、これで速いの?」
「このスピードでえ、ゆっくり付き合ってもらうから」(十亀)

 

「オセロ君さあ、トンネルで俺のこと”ダサい”って言ったよね」
「ホント…イライラしたよ」(十亀)

 

「え? もうのびちゃったの?」
「今の君の方が圧倒的にダサいよね」(十亀)

 

「人に好き勝手言ったり、かっこつけたり、それは力のある奴にしか許されない」
「君が偉そうに出来るのは、強い群れの中にいるからでしょ」(十亀)

 

「風鈴の笠が割れれば静かになるみたいに、1人じゃ何も言えないんでしょ」(十亀)

 

「確かにおめえの言うとおりだ、自由は力のある奴にしか与えられない」
「力がなきゃ、自分なんて押し通せねえ!」(桜)

 

「でもお前には俺が、そう…見えてるんだな」
「俺の1番…嫌いな人間に」(桜)

 

「だったらおめえには…死んでも負けらんねえわ」(桜)

 

「てめえが俺に負けるってことは、てめえの言ったことが間違いだってことだよな」
「てめえのとこのなんちゃって信仰の理屈なら、そういうことだろうがよ!」(桜)

 

「お前に”獅子頭連”の何が分かる」
「ここにいる全員が常に上を目指し…自分を押し通す誓い」
「それが”力の絶対信仰”だ」(十亀)

 

 

「ヒーローごっこやってるお前らとは…力の重さが違うんだよ!」(十亀)

 

「だから、言ってることと…やってることがちげえだろって」
「”弱い者いじめクラブ”に…改名しろよ」(桜)

 

「倒れてる奴ボコるような…中坊追い回すような奴等に…」
「負けられっかよおーーっ!」(桜)

 

「”力の絶対信仰”って、どういう意味か知ってる?」
「あのねあのね、”誰にも屈することなく自分を押し通す誓い”なんだって」(兎耳山)

 

「”力は…自由になるためのもの”なんだって!」(兎耳山)

 

「(スゲえ?) そりゃあ、1番の自由人目指してるもん」
「こんなところで負けてらんないよ」(兎耳山)

 

「”力は自由になるためのもの”だって…チームに入る時教えてもらったでしょ」
「だから”1番強い人は1番自由な人”…なんだって」(十亀)

 

「1番自由って、なんか楽しそうじゃない?」(兎耳山)

 

「もともとは人といるのが苦手だった俺が、丁子といるとみんなの輪に入れた」
「楽しかった…自由になれた気がした」(十亀)

 

「そんな丁子が頭取になれば、チームは絶対もっといいものになると思った…」
「思っていた」(十亀)

 

「ねえ亀ちゃん。俺、頭取になったんだよね?」
「頭取って、1番強くて自由なんだよね?」
「全然…楽しくない」(兎耳山)

 

「それでね、俺考えたんだ」
「チーム全体が俺と同じくらい強くなればいいんだって」(兎耳山)

 

「やられっぱなしで帰ってきたの?」
「やめてよ、そんなんじゃ強くならないじゃん」(兎耳山)

 

「そしたら自由になれないじゃん、楽しくないじゃん」
「弱い奴は…獅子頭連には要らない」(兎耳山)

 

「分かったよ。でも…丁子の考えは俺からみんなに伝える」
「皮を剥ぐのも俺がやる」
「だから丁子は…みんなと笑っててよ」(十亀)

 

「泥をかぶると決めた」
「太陽はみんなから愛されなきゃいけない」(十亀)

 

「たとえ自由になるための力でみんなを縛ることになっても」
「今の獅子頭連を存続させる」(十亀)

 

「太陽がまた…顔を出すまで」(十亀)

 

「ホント…何がしたいんだろうねえ」(十亀)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
 
 
アマゾンリンク
WIND BREAKER 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※