「山田くんとLv999の恋をする」木之下茜(きのした あかね)の名言・台詞まとめ

アニメ「山田くんとLv(レベル)999の恋をする」木之下茜(きのした あかね)の名言・台詞をまとめていきます。

 

山田くんとLv999の恋をする

1話

「(好きな子できた?) うん、まあ…最近なんか冷たいな~とは思ってました」

 

「ちょっとゲーマーだなとは思ってたけど、まさかゲーム内の女と浮気するなんて」

 

「そりゃね…フラれたからって死ぬわけじゃないから、日常は続くし」
「大学もあんまサボれないし、そろそろバイトもしたい」

 

「あっ、ちゃんとフレンド削除されてる」
「抜かりないな~」

 

「てか、どうせ別れるなら課金しなきゃよかった」

 

「っていうか”どうも”と”はい”打つのに、なんで2分もかかるの?」

 

「ついイライラして、見ず知らずのアフロに八つ当たりを」

 

「山田、嫌い!」
「山田がいなくなってからログアウトしてやる!」
「これだからゲームする男なんて!」

 

「そのイベントに、恐らくあいつも来るんだよね」
「美しくなった私を見て深く後悔すればいいわ」

 

「なんだろう、この感じ…」
「試合に勝って勝負に負けた…みたいな?」

 

2話

「(山田の部屋?) これは…どういうこと?」

 

「私…私まさか…まさか一夜の過ちを!?」

 

「(見えます?) いや、あんまり!」

 

「やらかした…しかも初対面の男の人の部屋に泊まってしまった」
「群馬のお母さん、ごめんなさい」

 

「あれ以来ゲームにはログインしてないけど、嫌味アフロ、元気に廃人してるかな?」

 

「あんた、ゲームより人の心の機微をもっと学ぶげきでは?」

 

 

「取捨選択…」
「大切だったもの、ぜ~んぶ取っておくことは出来ない」

 

「でも…あとは全部捨てる」
「もう…いらない物だから」

 

「傘もそうなんだけど、あとは…お礼言いに来た」

 

「(暇があれば?) ん…する! すぐする!」
「帰って即インする!」

 

3話

「(合コン) すみません、時期尚早でした。帰りたいです」

 

「そういえば…山田ってあんま他の人と絡まないのに、瑠璃姫ちゃんとはよくしゃべるよね」
「2人ってもしかして、彼氏彼女だったり…」

 

「なんで私…ちょっと落ち込んでるんだろ?」

 

「まあ、山田かっこいいし…彼女の1人や2人、いないわけないって思ってたけどね」
「なのに…なんでこんなにモヤモヤするんだろう」

 

「まあ、ギルドのメンバーと会うなんてレアだし、せっかくの機会だもん」
「楽しもう!」

 

「案内してくれるって言うからついてきたけど」
「新手のキャッチとかだったらどうしよう…」

 

「よかった、ただのゲーマーだ」

 

4話

「(ネカマ?) 私、携帯教えて失恋の相談とかしてたんですけど?」

 

「(理由) 言えるよ! イベントで知り合っただけだよ!」

 

「山田、前に彼女いないって言ってたから…あれ嘘かと思っちゃった」

 

「うん! そうだよね、よかった!」
「あれ? 私、今なに言って…」

 

「ヤバい…ていうか、ビックリした」
「どうしよう…絶対今、顔赤い」

 

「(好き?) そういう風に見えたのかな?」
「いかんいかん! 山田は大事なネトゲ友達!」

 

「プリンは(食事じゃなく)デザートだよ!」

 

5話

「あっ、そっか!」
「だから今日、瑠奈ちゃん来られなかったんだ」
「なんだ、そっか!」

 

「瑠奈ちゃんってレベルいくつ?」

 

「じゃあ今度一緒に狩り行こうよ!」

 

「なんか変だとは思ってたけど…」

 

「お説教は、お兄ちゃんに任せたいかな」
「私今日は、瑠奈ちゃんと仲良くなるために来たから」

 

「みんなすごくいい人達で、私このギルドに入れてよかったなって最近思ってた」
「でも、瑠奈ちゃんの大事な仲間なんだよね」

 

「だから今日は、私も仲間に入れてって言いに来たんだ」
「瑠奈ちゃんに」

 

「まあでも見ててよ」
「私恋愛は下手だけどさ、女の子と仲良くなるのは結構得意なんだよ」
「だからきっと仲良くなれるよ、そのうちね!」

 

6話

「ヤバイ! 焦って顔をわしづかみにしちゃったけど」
「もしかしてすごく嫌がってたのでは?」

 

7話

「なかなか桃ちゃんの理想のメンズは現れないなあ」
「でも、出会った瞬間理想の人なんてこと、現実にありえるのか?」

 

8話

「背中刺されそ、離れて歩こ…」

 

「いや、もう半端ない! 視線がすごいの!」
「彼女じゃないから余計に釈然としないっていうか」

 

「きっとあの場合は…」
「”はいはい、冗談はその辺で”」
「こういうのが正解だったんだ」

 

「なのに…何を私は訳の分からんリアクションを!」
「恥ずかしい!」

 

「私の名前…初めて呼んだ」
「ホントだよ! 絶対初めて!」

 

「ま…待って。別に怒ってないから、この話やめよ」

 

「ていうか…」
「ちょ…ちょっと恥ずかしかったっていうか」

 

「もしさ! もし私が瑛太君の冗談真に受けて、じゃあ山田と付き合うって言ったら…」
「もしそうしてたら…山田って、どうしてた?」

 

「なっ! なんてね!」
「そういう風に真に受けちゃう子もいるかもしれないから」
「ああいう恋愛ごとは冗談にしない方がいいんだよ」

 

「(高嶺の花?) えっ…それ真面目に言ってる?」

 

「あと山田って結構面白いよ」

 

9話

「確かに、出会った頃から比べると、山田はすごく心を開いてくれたような気がするし」
「本当はすごく優しい男の子なんだなって…思ったりもする」

 

「たかがゲームのつながりでも、そんな風に仲良くなっていけるのが嬉しくて」
「でもそれって、瑛太君や瑠奈ちゃんにも言えるんだよな」

 

「無自覚に優しい男って、恐ろしいと思わないか?」

 

「うっかり気を抜くと、”あれ? もしかして私に惚れてるのでは?”と錯覚するけど」
「本人全くその気がなく、ただ優しさを発揮してるだけっていう恐ろしい罠なのよ」

 

「(新メンバー?) ふだん知り合うきっかけもない人と友達になれるかもって思うとさ」
「ちょっとワクワクするよね」

 

10話

「嬉しい…ありがとね、山田」
「ホント1人でしんどくて、命の恩人だよ」

 

「もう山田に足を向けて寝れない」
「天使!」

 

「こんなに優しいのに冷たいなんて言ってごめんね!」
「山田は最初から優しかったのに」

 

「いつか、どうせ思い出にされて懐かしむ時に」
「泣きわめく私より、笑ってる私を思い出してほしいし」

 

「いい女がいたなって、惜しいことしたなって思わせたい」
「なんかそっちのがよくない?」

 

「もしここにいるのが山田じゃない男の人だったら、メチャクチャ焦ったんだろうな」

 

「なんなんだろ?」
「この山田が醸し出す安心・安全な感じ」

 

11話

「うん、用件っていうか…声が聞きたかったの」
「それだけ!」

 

「手…手が…震える」

 

「ちゃんとその…恋愛的な意味でさ、前に進むためにも」
「私に何かすごいダメなところがあるなら直したいというか」

 

「なんか自覚がないだけで、すごい悪い癖があるかもしれないじゃん!」

 

「誰と恋愛してもそこ直さないと意味ないみたいな」
「致命的な欠点あるかもって思ったら怖くて」

 

12話

「いつ…好きになったのか?」
「考えても、あんまり思い出せないな」

 

「このまま余計なことは言わないまま、ずっと優しさに甘えちゃおうか…」
「なんて気持ちを隠したまま」

 

「そんなのは、ちょっとズルい」

 

「そんなことより…なんか今日元気ないじゃん、どうしたの?」

 

「(普通?) え~、全然違うよ! 声に覇気もないし」
「まあそれはいつもだけど」

 

「あとあんましゃべらないし」
「まあそれもいつもだけど」

 

「よく分かんないけどさ、元気出して」
「いつもの飄々とした山田に戻ってよ」

 

「う~ん…私はさ、山田が時々鋭くつっこんでくるのとか、結構その…好きだし」

 

「みんなといる時黙ってても、周りを見て気を使ってるのとか」
「誰かが困ってたら助けようとしてるの知ってるよ」

 

「私もたくさんそうしてもらったから」

 

「つまんなくないよ、面白いって言ったじゃん」
「信じていいよ、本当だよ…ね!」

 

13話

「や…山田って私のこと、す…好きなの?」

 

「明日…朝、起きたら…電話してもいいかな?」
「絶対夢だったかもって…不安になると思う…から」

 

「そうしても…いい?」

 

「なんか大人の女うまくいかない」

 

「(言いたかったこと?) つまり…一緒に歩く時は、手をつなぎたいなって言ってた」

 

「(難解すぎる?) 改善しとくね」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
山田くんとLv999の恋をする 1-7巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→山田くんとLv999の恋をするのインデックス