「ダンまち」アイズの名言・台詞まとめ

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」アイズ・ヴァレンシュタインの名言・台詞をまとめていきます。

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

5話

「何でいつも逃げちゃうの?」

 

7話

「アイズ、アイズでいいよ。みんな私のことをそう呼ぶから」
「嫌?」

 

「やっぱり、戦おう!」

 

「君は臆病だね。身を守るために臆病でいるのは、大切なことだと思う」
「でもそれ以外にも、君は何かに怯えている」

 

「やけになっちゃダメ。死角を作っちゃダメ。視野を、広く」
「技とか駆け引きとか、君にはそれが少し足りない」

 

「昼寝の特訓をしようか?」

 

8話

「私もありがとう。楽しかったよ!」

 

11話

「ベルは、いつも緊張してるね」

 

ダンまちⅡ

1話

「ダンスを踊ったのは、初めて」
だから嬉しい。ありがとう」

 

2話

「ファミリアの事情はあるけど、君を見捨てるのは違うと思う」

 

3話

「隙に飛びついたね」
人は隙を見つけると、動きが単純になることがある。さっきの君みたいに」

 

私はこう教わった」
「トドメの一撃は、油断にもっとも近いって」

 

追い込まれたその先が、一番の好機にもなる」
「忘れないで」

 

12話

「これは神なんかじゃない」

 

ダンまちⅢ

5話

「私はモンスターが危害を加えてくるなら」
「ううん…モンスターのせいで誰かが泣くのなら」
「私はモンスターを殺す」

 

10話

「フィン。あの子は私が見張る」
「見逃したりはしない。あの子が変なマネをしたら、私が止める」
「モンスターも現れたら、倒すよ」

 

「またまた女の人。女の人ばっかり」
「ベルって、不良なの?」

 

11話

「私の答えは変わらない」
「モンスターのせいで誰かが泣くのなら、私はモンスターを殺す!」

 

「そのヴィーヴルがまた暴走した時、君は同じことが言える?」
「私にはそんなこと出来ない」

 

「強くなったね。もう手加減できない!」

 

「(モンスターが一緒にいたい?) そんなことさせない」

 

「私はもう、そのヴィーヴルを殺せない」
「君は、君達は間違っていないと、そう思ってしまったから」

 

12話

「なんでだろう?」
「ここに来れば、君に会える気がしたから」

 

「(また戦い方を教えてほしい?) あんなことがあったのに?」
「君はズルいね」

 

ダンまちⅣ 深章 厄災篇

12話

「深層? 怖い場所…かな」
「口で言っても分からないと思う。でも、行けば分かる」
「もし、君があそこに行けるようになったら、その時は…」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ダンまち 1-10巻 セット (コミック)

 

→ダンまちのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました