「劇場版 呪術廻戦0(ゼロ)」の名言・台詞まとめ

劇場版「呪術廻戦0」の名言・台詞をまとめていきます。

 

劇場版 呪術廻戦0

「完全秘匿での死刑執行…あり得ないでしょ」(五条悟)

 

「未成年…16歳の子供ですよ。逆に何人呪い殺されるか分かりません」
「現に2級呪術師が3人、1級呪術師が1人、返り討ちに遭ってるんです」
「だから僕にお鉢を回した。それをお忘れですか?」(五条)

 

「ええ、乙骨憂太は…呪術高専で預かります」(五条)

 

「ナイフ…だったものです」
「死のうとしました。でも、里香ちゃんに邪魔されました」(乙骨憂太)

 

「もう誰も傷つけたくありません。だからもう、外には出ません」(乙骨)
「でも…1人は寂しいよ」(五条)

 

「君にかかった呪いは、使い方次第で、人を助けることも出来る」
「力の使い方を学びなさい」
「全てを投げ出すのは、それからでも遅くはないだろう」(五条)

 

「(転校生?) ふ~ん…まっ、生意気ならシメるまでよ」(禪院真希)

 

「これなんかの試験?」
「おい! お前、呪われてるぞ」
「ここは呪いを学ぶ場だ。呪われてる奴が来る所じゃねえよ」(真希)

 

「日本国内での怪死者・行方不明者は、年平均1万人を超える」
「そのほとんどが人の肉体から抜け出した負の感情、呪いの被害だ」
「中には呪詛師による、悪質な事案(もの)もある」(五条)

 

「呪いに対抗できるのは、同じ呪いだけ」
「ここは呪いを祓うために呪いを学ぶ、都立呪術高等専門学校だ」(五条)
「事前に言ってよ…」(乙骨)

 

 

「憂太を…いじめるな!」(祈本里香)

 

「約束だよ」
「里香と憂太は、大人になったら結婚するの」(里香)

 

「ってな感じで、彼のことがだ~い好きな里香ちゃんに呪われてる」
「乙骨憂太君で~す! みんな、よろしく~!」(五条)

 

「お前、イジメられてたろ?」
「図星か。分かるわぁ、私でもイジメる」(真希)

 

「呪いのせいか?」
「”善人です”ってセルフプロデュースが顔に出てるぞ。気持ち悪い!」(真希)

 

「なんで守られてるくせに被害者ズラしてんだよ」
「ずっと受け身で生きてきたんだろ」
「なんの目的もなくやってけるほど、呪術高専は甘くねえぞ」(真希)

 

「すまんな。あいつは少々、他人を理解した気になるところがある」(パンダ)

 

「大勢の思い出になる場所にはな、呪いが吹き溜まるんだよ」
「学校、病院、何度も思い出され、その度に負の感情の受け皿となる」
「それが積み重なると、今回みたいに呪いが発生するんだ」(真希)

 

「そんじゃ、くれぐれも…死なないように」(五条)

 

「覚えとけ。呪いってのはな、弱い奴ほどよく群れる」
「まっ、そりゃ人間と同じか」(真希)

 

「無駄にでけえな!」(真希)

 

「誰かと関わりたい」
「誰かに必要とされて…生きてていいって、自信が欲しいんだ」(乙骨)

 

「じゃあ、祓え」
「呪いを祓って祓って祓いまくれ!」
「自信も他人も、その後からついてくんだよ!」
「呪術高専は…そういう場所だ!」(真希)

 

「里香ちゃん…」
「力を貸して」(乙骨)

 

「まだ、倒れるな…まだ!」
「ここで変わるって、決めたじゃないか!」(乙骨)
「頑張れ…憂太」(里香)

 

「少し、思い出したんです」
「里香ちゃんが僕に呪いをかけたんじゃなくて」
「僕が里香ちゃんに呪いをかけたのかもしれません」(乙骨)

 

 

「これは持論だけどね」
「愛ほど歪んだ呪いはないよ」(五条)

 

「先生。僕は、呪術高専で…里香ちゃんの呪いを解きます」(乙骨)

 

「(暴走していたら?) そうなりゃ命懸けで止めましたよ」(五条)

 

「あのね、私等があの呪いについて言えることは1つだけ」
「”出自不明(わからない)”」(五条)

 

「呪術師の家系でもない女児の呪いが、どうしてあそこまで莫大なものになったのか」
「理解できないものをコントロールすることは出来ません」
「まっ、トライ&エラーってね。しばらく放っておいて下さいよ」(五条)

 

「そうなれば、私が乙骨側につくことも…忘れずに」(五条)

 

「大体さぁ、若人から青春を取り上げるなんて、許されていないんだよ」
「何人たりともね」(五条)

 

「祈本里香ほどの大きな呪いを祓うのは、ほぼ不可能」
「だが、”解く”となれば話は別だ」
「何千何万もの呪力の結び目を読み、1つずつほどいていく」
「呪われている君本人にしか出来ないやり方だ」(五条)

 

「甘えんな、常に実戦のつもりでやれ」
「痛みがあるのとないのとじゃ、成長速度がダンチなんだよ」(真希)

 

「まっ、見た方が早いよ」
「呪いを解くなら、まずは呪いを知らなきゃね」(五条)

 

「残念、噂の里香ちゃんを見に来たのに。同じ特級、早く挨拶したいなぁ」
「落とし物も届けなきゃだし」(夏油傑)

 

「知らねえ。呪力のことは私に聞くな」(真希)

 

「(処分?) いや、いい。相手が悪すぎた」
「夏油傑。4人の特級呪術師が1人」
「百を超える一般人を呪殺し、呪術高専を追放された…最悪の呪詛師(じゅそし)だよ」(五条)

スポンサーリンク
 

 

「仏様ね…よく分かってるじゃないか。呪術も扱えない猿共め」(夏油)

 

「猿にはね、それぞれ役割があります」
「金を集める猿と呪いを集める猿。あなたは前者」
「お金がないなら用済みです」(夏油)

 

「穢らわしい。本当に同じ人間ですか?」(菅田真奈美)
「だから言っているだろう。非術師(かれら)は猿だ」(夏油)

 

「時が来たよ、家族達。猿の時代に幕を下ろし、呪術師の楽園を築こう」
「まずは手始めに、呪術界の要、呪術高専を…落とす」(夏油)

 

「(杞憂?) 学長、残念ながらそれはあり得ないです。直接現場を確認しました」
「僕が傑の呪力の残穢を間違えるわけないでしょ」(五条)

 

「お前らこそ何者だ? 侵入者は許さんぞ、憂太さんが」(パンダ)
「こんぶ」(狗巻棘)
「殴られる前にさっさと帰んな! 憂太さんに」(真希)

 

「初めまして、乙骨君。私は夏油傑」
「君はとても素晴らしい力を持っているね」
「私はね、大いなる力は、大いなる目的のために使うべきだと考える」(夏油)

 

「今の世界に疑問はないかい?」
「一般社会の秩序を守るため、呪術師が暗躍する世界さ」
「つまりね、強者が弱者に適応する矛盾が成立してしまっているんだ」
「なんて嘆かわしい」(夏油)

 

「万物の霊長が、自ら進化の歩みを止めてるわけさ…ナンセンス!」
「そろそろ人類も生存戦略を見直すべきだよ。だからね、君にも手伝ってほしいわけ」
「非術師を皆殺しにして、呪術師だけの世界を作るんだ」(夏油)

 

「僕の生徒に、イカれた思想を吹き込まないでもらおうか」(五条)

 

「発言には気をつけろ」
「君のような猿は、私の世界には要らないんだから」(夏油)

 

「ごめんなさい。夏油さんが言ってることは、まだよく分かりません」
「けど…友達を侮辱する人の手伝いは、僕には出来ない!」(乙骨)

 

「宣戦布告さ」
「お集まりの皆々様。耳の穴かっぽじって、よ~く聞いていただこう」
「来たる12月24日、日没と同時に我々は”百鬼夜行”を行う」(夏油)

 

「場所は呪いのるつぼ、東京・新宿、呪術の聖地・京都」
「各地に千の呪いを放つ。下す命令はもちろん”鏖殺(おうさつ)”だ」(夏油)

 

「地獄絵図を描きたくなければ、死力を尽くして止めにこい」
「思う存分、呪い合おうじゃないか」(夏油)

 

「このまま行かせるとでも?」(五条)
「やめとけよ」
「かわいい生徒が私の間合いだよ」(夏油)

 

「それでは皆さん、戦場で」(夏油)

 

 

「”弱者生存”、それがあるべき社会の姿さ。弱気を助け、強きを挫(くじ)く」
「いいかい、悟。呪術は、非呪術師を守るためにある」(夏油)
「それ正論? 俺、正論嫌いなんだよね」(五条)

 

「君は”五条悟”だから最強なのか?」
「最強だから”五条悟”なのか?」
「もし私が君になれるのなら、このバカげた理想も地に足が着くと思わないか?」(夏油)

 

「生き方は決めた。後は自分に出来ることを精一杯やるさ」(夏油)

 

「(雑魚ばかり?) そこが逆に怖いところですね」
「あいつが素直に負け戦を仕掛けるとは思えない」(五条)

 

「ガッデム! OB、OG、それから御三家、アイヌの呪術連にも協力を要請しろ」
「総力戦だ!」
「今度こそ夏油という呪いを、完全に…祓う!」(夜蛾正道)

 

「お互い本気で殺り合ったら…こっちの勝率は、3割ってとこかな」
「呪術連まで出てきたら、2割にも満たないだろうね」(夏油)

 

「だが、そのなけなしの勝率を9割9分まで引き上げる手段が…1つだけあるんだよ」
「乙骨憂太を殺して、特級過呪怨霊”祈本里香”を手に入れる」(夏油)

 

「学生時代の嘘(ブラフ)をまだ信じているとは、めでたい連中だ」(夏油)

 

「勝率の高い戦で、高専が乙骨というカードを切ることはない」
「下手を打てば、敵も味方も全滅だからね」
「百鬼夜行の真の目的は、乙骨を孤立無援に追い込むこと」
「さあ…新時代の幕開けだ」(夏油)

 

「私は性格わりいかんな」
「呪いも見えねえ奴が1級術師として出戻って、家の連中に吠え面かかせてやるんだ」
「そんで、内から禪院家をぶっ潰してやる」(真希)

 

「いや、真希さんらしいと思って」
「僕は…真希さんみたいになりたい。強く真っ直ぐ生きたいんだ」(乙骨)

 

「バカか、私は…認められた気になってんじゃねえよ」(真希)

 

「悪いが…猿と話す時間はない」(夏油)

 

「夏油は今、高専にいる。絶対、多分、間違いない!」
「勘が当たれば、最悪憂太と真希、2人死ぬ」
「僕もあの異人を片付けたらすぐ行く、2人を守れ」
「悪いが死守だ!」(五条)

 

「悪いけど…今忙しいんだ」(五条)

 

「”帳(とばり)”が下りてる! 悟の勘が当たったのか…」
「俺が”帳”を破る! 後は最短で、行くぞ!」(パンダ)

 

「おっと…誰かが”帳”に穴を開けたな。何事もそう思い通りにはいかないもんだね」
「侵入地点からここまで5分ってとこか。無視するべきか、片付けておくべきか?」
「迷うね」(夏油)

 

「全ての壁をぶち破って最短で来たか…やるね!」(夏油)

 

「ワンパターンだよ」(夏油)
「フェイントだからな」(パンダ)

 

「惜しかったね」(夏油)
「お前もな」(パンダ)

 

「素晴らしい…素晴らしいよ。私は今、猛烈に感動している」
「乙骨を助けに馳せ参じたのだろう」
「呪術師が呪術師を自己を犠牲にしてまで、慈しみ! 敬う!」
「私の望む世界が…今目の前にある!」(夏油)

 

「本当はね…君にも生きていてほしいんだ、乙骨」
「でも全ては呪術界の未来のためだ」
「君を殺す」(夏油)

 

「来い、里香!」
「ぶっ殺してやる」(乙骨)

 

「何をしている、里香」
「その人は僕の恩人だ。蝶よりも花よりも、丁重に扱え!」(乙骨)

 

「僕等の敵は、あいつだよ」(乙骨)

 

「これで50体、撃破数のインセンティブはクリア」
「満額ボーナス目指して、もう少し働こっかな」(冥冥)

 

「君達、歳は?」
「(15?) まだ子供じゃないですか。今ならまだ引き返せます」
「善悪の区別もついていないでしょう」(伊地知潔高)

 

「知るか、僕の1秒の方が勝ってる。それだけだろ」(五条)

 

「生まれて初めての激情、呪力が体に満ち満ちているね」
「身体能力の向上、万能感、五感が研ぎ澄まされているだろ」
「烏合共では相手にならないね。直に叩くとしようか」(夏油)

 

「人は食物連鎖の頂点に立ち、さらに高位の存在を夢想し”神”と呼んだ」
「おかしいと思わないか?」
「夢想せずとも、我々呪術師がいるというのに」(夏油)

 

「結局、非術師(さるども)は、自分より秀でた存在から目を背けたいだけなのさ」(夏油)
「神になりたいなんて、子供じみたことを言うなよ!」(乙骨)

 

「論点がズレてるよ、乙骨」
「私が望むのは”啓蒙”ではない、”選民”だよ」(夏油)

 

「数が多いというだけで、強者が弱者に埋もれ虐げられることもある」
「そういう猿共の厚顔ぶりが、吐き気を催すほど不快だと、私は言っているんだ」(夏油)

 

「やるじゃないか」(夏油)

 

「分かんないよ! 高専以外の呪術師のことなんか知らないし!」
「お前が正しいかどうかなんて、僕には分かんない!」(乙骨)

 

「でも僕が、みんなの友達でいるために…僕が、僕を生きてていいって思えるように!」
「お前は、殺さなきゃいけないんだ!」(乙骨)

 

「自己中心的だね…だが、自己肯定か」
「生きていく上で、これ以上に大事なこともないだろう」
「ならばこちらも、全霊をもって君を殺す」
「もう質も量も妥協しない」(夏油)

 

「知っているかい?」
「特級を冠する人間は4人、呪いだと16体存在する」
「これはそのうちの1体、特級過呪怨霊”化身玉藻前”」(夏油)

 

「さらに私が今所持している4461体の呪いを1つにして、君にぶつける」
「呪霊操術、極ノ番”うずまき”」(夏油)

 

「8時からのトーク番組。クリスマス特別生スペシャルに、高田ちゃんが…出る!」
「こんな所で、モタついてられるか!」(東堂葵)

 

「乙骨、君が”祈本里香”を使いこなす前に殺しに来て…本当によかった」(夏油)

 

「里香」
「いつも守ってくれて、ありがとう。僕を好きになってくれて、ありがとう」
「最後に、もう一度力を貸して。あいつを止めたいんだ」(乙骨)

 

「その後は、もう何もいらないから」
「僕の未来も、心も体も、全部里香にあげる」
「これからは、本当にずっと一緒だよ」(乙骨)

 

「愛してるよ、里香。一緒に逝こう」(乙骨)
「憂太! 憂太! 大大大大、大好きだよおぉーー!!」(里香)

 

「自らを生贄とした、呪力の制限解除!」
「そう来るか! 女たらしめ!」(夏油)
「失礼だな…純愛だよ」(乙骨)
「ならばこちらは、大義だ!」(夏油)

 

「素晴らしい…本当に素晴らしいよ。まさに世界を変える力だ」
「里香さえあれば、せこせこ呪いを集める必要もない」
「次だ…次こそ手に入れる!」(夏油)

 

「遅かったじゃないか、悟。君で詰むとはな。私の家族達は無事かい?」
「まあね。君と違って、私は優しいんだ」(夏油)

 

「そこは信用した」
「お前のような主義の人間は、若い術師を理由もなく殺さないと」(五条)

 

「信用か…まだ私にそんなものを残していたのか」(夏油)

 

「誰がなんと言おうと…非術師(さるども)は嫌いだ」
「でも…別に高専の連中まで憎かったわけじゃない」
「ただこの世界では、私は心の底から笑えなかった」(夏油)

 

「最後くらい、呪いの言葉を吐けよ」(夏油)

 

「全部、僕のせいじゃないか」
「里香ちゃんをあんな姿にして、たくさんの人を傷つけて」
「僕が夏油に狙われたせいでみんなが死にかけた」
「全部…全部、僕が…」(乙骨)

 

「憂太、ありがとう。時間もくれて、ずっとそばにおいてくれて」
「里香はこの6年が、生きてる時より幸せだったよ」(里香)

 

「バイバイ、元気でね」
「あんまり早くこっちに来ちゃダメだよ」
「またね」(里香)

 

「それから、これ(学生証)」
「いや、(拾ったのは)僕じゃない。僕の親友だよ」
「たった1人のね」(五条)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
劇場版 呪術廻戦0 [Blu-ray]

 

→呪術廻戦のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました