「機動戦士ガンダム」レビルの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム」レビルの名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム

23話

「(大破?) いや、そう思われてこの作戦も上手くゆくのではないのかな?」
「なあ、マチルダ君」
「後は君の隊が、ホワイトベースのエンジンを直せるかどうかに懸かっているわけだ」

 

24話

「”しかし”?  軍は実行あるのみではないのかね!」

 

「いや、問題はその後だ。黒い三連星が新型モビルスーツで…来た」
「ルウム戦役の時に私を捕虜にした兵士達だ。手強いぞ、これは…」

 

26話

「君達はもともと軍隊で一番大事な秘密を知ったのだ」
「本来なら、一生刑務所に入ってもらわねばならんところだ」

 

「いや、やられる時はどこにいてもやられるものだ」
全軍を指揮する者が弾の後ろで叫んでいては、勝つ戦いも勝てんよ」

 

「全てモビルスーツ、モビルスーツか…時代が変わったな」

 

「勝ったな、ガンダム」
「敵が勝っているのなら、また攻撃を始めている」
「もっとも、相打ちということもあるが…」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム [Blu-ray]

 

→機動戦士ガンダムのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました