「僕のヒーローアカデミア」麗日お茶子&蛙吹梅雨の名言・台詞まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア」麗日お茶子(黒色)&蛙吹梅雨(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

 

僕のヒーローアカデミア

11話

「反省するより、次どうするかじゃないかしら?」

 

僕のヒーローアカデミア(2期)

14話

「私は絶対、ヒーローになってお金稼いで、父ちゃん母ちゃんに楽させたげるんだ!」

 

17話

「何より、(騎馬戦は)仲いい人とやった方がいい!」

 

21話

「みんな、将来に向けて頑張ってる。そんならみんな、ライバルなんだよね」
「だから…決勝で会おうぜ」

 

26話

「でもこないだの体育祭で、爆豪くんと戦って思ったんだ。」
「強くなればそんだけ可能性が広がる。やりたい方だけ向いてても見聞狭まる、と」

 

僕のヒーローアカデミア(3期)

46話

「どれほど正当な感情であろうと、また戦闘を行うというのなら、ルールを破るというのなら、その行為はヴィランのそれと同じなのよ」

 

 

57話

「この気持ちは、しまっておこう…」
「デク君の、目標のためにいっぱいいっぱいで余裕のない姿を、かっこいいと思ったから」

 

僕のヒーローアカデミア(6期)

123話

「事態がよくならない、悪化していく」
「あの日から、まるで日が沈むにつれて影が伸びていくような」
「みんな…」

 

「(助け方) 手荒でごめんね」

 

「私…私は今、1人でも多くの人を助けたいの」
「トガヒミコ。邪魔するなら! 今すぐあなたを捕まえる!」

 

124話

「ごめんね。あの時より強くなってるから」

 

「私は、人を落として幸せを感じたりしない」
「さっきから何がいいたいの!」

 

「これ以上時間を取られるわけにはいかない。直線的に仕掛けても避けられる…なら!」
「ゼロ・サテライツ!」

 

「それは…それはしまっとくんだ!」

 

「トガヒミコ!」
「好きに生きて人を脅かすなら、その責任は受け入れなきゃいけない!」

 

「なんでトガヒミコがここに?」
「(梅雨ちゃん?) その呼び方、やめてと言ったはずよ」

 

127話

「助けるんだ。手の届く範囲…みんなを!」

 

「まだ救える命が…ここにはある!」
「だから、全力で!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
僕のヒーローアカデミア 1-35巻セット (コミック)

 

→僕のヒーローアカデミアのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました