「サマータイムレンダ」小舟澪(影ミオ)の名言・台詞まとめ

アニメ「サマータイムレンダ」小舟澪(黒色)&影ミオ(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

サマータイムレンダ

1話

「ちょっと汗かいたから、水浴びしようか思て…」

 

「でも、(夏休みは)知らん人ばっかり増えるよ」
「最近な、知ってる人でも知らん人みたいに見える時あるわ」

 

「慎ちゃん、メッチャ標準語やな」

 

「これ、お姉ちゃんが最後に着けてたネックレス」
「慎ちゃんが持ってた方がええと思て…」

 

「なあ、慎ちゃん」
「お姉ちゃんに、もう二度と…会えやん…」
「そんなん嫌や…嫌や!」
「許せやん。お姉ちゃんを殺した奴…」

 

「いつまでも湿っぽかったら、お姉ちゃんに怒られるわ」
「泣くんは今日でお終いにせな」

 

「しおりちゃん、最近様子おかしかったんよ」
「ちゃうねん」
「その(事故の)前から、先週かな、変なこと言うとった」
「タカノス山でな、虫採りしてる時に見たって」
「しおりちゃんそっくりの女の子」

 

「(迷信?) うん、そやけどな…私、見たんよ。お姉ちゃんの影」

 

3話

「慎ちゃんはいつまで島にいてるん?」
「ず~っといてたらええのに」
「な~んてな! 言うてみただけやし!」

 

4話

「(私を好き?) 気持ちは嬉しいよ」
「あ…でも、やっぱりごめん。窓君とは私、ええ友達でおりたいから」

 

「違う…」
「そいつは、お姉ちゃんと違う!」
「バケモンや!」

 

「教えたんか? あの裏切り者が」
「見過ごせやんな。計画の大詰めで邪魔されたら困るんやわ」
「調べて。こいつどこまで知ってる?」

 

「もう、やめてよ慎ちゃん。かっこよすぎ」
「でもな、もう手遅れやで。もうじき、オカアサンが起きてくる」

 

6話

「2年ぶりに帰って来て最初に聞くことがそれ(パンツの色)!?」

 

「そう、お父さんも知らんの。ホンマ、どこ行ったんやろな…お姉ちゃん」

 

8話

「まさか、お姉ちゃんおる?」
「だって、慎ちゃんこれお姉ちゃんの分も作ったんやろ?」
「きっといてるよ、お姉ちゃん」
「日都ヶ島では亡くなった人の魂は、家に帰ってきて守り神になるんやって」

 

11話

「(凸村さん)ありがとうございます。しない善よりする偽善ですよね」

 

14話

「ごめん、バケモンなんていうて…お姉ちゃんは必死に戦ってたのに」

 

「お姉ちゃん、私も戦う。慎ちゃんやお姉ちゃんに守られてばっかりは嫌や」

 

「慎ちゃん。やれれてばっかりは嫌!」

 

15話

「やって、お姉ちゃん。私の影を…仲間に」

 

16話

「なんで私が慎ちゃんのこと”お兄ちゃん”て呼ばへんか、考えたことある?」

 

「あのさ、命令通り澪のことは守るよ」
「でもな、ホンマに澪のこと守れんのは、慎ちゃんだけなんやで」

 

「それ、絶対嫌。慎ちゃんの心の中ら、分かりたないし」

 

17話

「なんや、私か。何の用?」
「えらい冷たいなあ。そらそうか。私、自分のこと大っ嫌いやもんな」

 

「ぜ~んぶ嫌い。だって、全部お姉ちゃんの逆やもんね」
「外見だけちゃうよ。成績も、性格も…」
「あんたこそ、お姉ちゃんの影やん」

 

「いつまで我慢するつもり?」
「せめて自分の気持ちを伝えなよ、慎ちゃんに」

 

「慎ちゃん。後で私、話あるから。絶対無事で帰ってきてよね」

 

19話

「落ち着いて、慎ちゃん。いろんな可能性を考えやな」

 

20話

「気にすんな。私があんたでもおんなじことしてた」

 

21話

「好き…ん…なん…よ。私、慎ちゃんのこと」

 

「あ…別にその…へ…変に思わんといてな。ただ言いたかっただけなん」
「明日、死ぬかもしらんやろ、私ら」
「この気持ち、慎ちゃんに伝えんまま死ぬん嫌やってん」
「だから、ただ伝えたかっただけやから」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
サマータイムレンダ 全13巻セット (コミック)

 

→サマータイムレンダ
→サマータイムレンダ(網代慎平)
→サマータイムレンダ(小舟潮)
→サマータイムレンダ(菱形窓&朱鷺子)
→サマータイムレンダ(南方ひづる)
→サマータイムレンダ(根津銀次郎)
→サマータイムレンダ(ハイネ&シデ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました