「サマータイムレンダ」小舟潮(影ウシオ)の名言・台詞まとめ

アニメ「サマータイムレンダ」小舟潮(青色)&影ウシオ(黒色)の名言・台詞をまとめていきます。

サマータイムレンダ

1話

「(島に)帰ったらみんなによろしく言うといて」
「私は行けやんよ。慎平、ちゃんと私のこと見つけてよ」
「澪のこと、守っちゃってね」

 

4話

「そっか…死んでしもたんか、私。じゃあ私って、なんなん? ゆ…幽霊?」
「幽霊って、ちゃんと足あんねんやね」

 

「1個だけ、思い出した」
「私最後に思った、もう一回会いたかったなって。慎平に会いたいよって」
「せやから、戻ってこられたんかな。嬉しい」

 

「私な、もう一回慎平に会(お)うたら言おうと思ってたことあんねん」
「好き」
「私な…慎平が好き!」

 

「慎平のあっぽけぇ!」
「ごちゃごちゃ屁理屈ばかりこねて! その口ひね切っちゃろか!」

 

「(後悔だけはしたない?) 意味分からんちゅうねん」

 

「ええもん見せてもろた!」
「おい、窓! ドンマイ!」

 

8話

「あっ、大丈夫。誰にも見られてへんで」
「私、バケモンみたいやからな。もう誰にも見つかれへんようにする」

 

「やっと作ってくれたな、よかった」
「また慎平のカレー食べられて…生きててよかった」

 

「このまま24日になったら、またおんなじことが起きんの?」
「私も手伝う」
「日都ヶ島の夏祭りが、あんなバケモンにメチャクチャにされんのは嫌!」
「澪やみんなが消えてまうんは、もっと嫌!」

 

「なんや、ニセモンは勘鈍いやないか」
「私は慎平が好き。好きな人の味方で、なんか文句あんのか!」

 

「立て! 窓! これで気い済んだか!?」
「私らはあんたを頼りにしてんねんで! いつまでもグジグジすな!」

 

9話

「慎平がこれを見てるってことは、私はもうこの世におらんてことやな」

 

「(どっちが本物?) そんなんどっちでもええか。どっちも私やもん」

 

「もう分かってると思うけど、その子は他の影と違(ちご)て、悪い奴ちゃうから安心して」
「慎平の味方、それは私が保証する」

 

「記憶だけちゃう、力も戻った」
「私の最後を見てほしい。真実を…記憶のデータから過去を再生してみる」
「行こう。7月21日のプライベートビーチへ」

 

「ごめん、潮…私は、しおりちゃんを守れやんかった」
「私は、慎平と一緒に影をやっつける。24日の夏祭りから、みんなを救う」
「それで、ちょっとは借り…返せるかな…」

 

10話

「これ(スクール水着)は私の戦闘服や! なめとったらあかんぞ、こらあ!」

 

「怖ないよ、慎平と一緒なら。行こう!」

 

「私は分かっとったよ、絶対当てるって。昨日一睡もせんと練習してたんやもん」

 

「メッチャ嫌な感じ。黒板に爪立てる音が聞こえてくるみたいな」

 

「(慎平は)見て来てるからな。このままなんもせんかったら、起きてまう未来を」

 

11話

「私は平気や! とことん進むで! 中途半端がいっちゃん嫌いや!」

 

12話

「私の知ってる朱鷺ちゃんは、こんなこと喜んでやる子やない」
「あいつは利用してるだけや」
「朱鷺ちゃん達の弱みにつけ込んで、自分の空腹を満たしたいがために、朱鷺ちゃんの気持ちもてあそんでる」

「それを納得して生きてけ? 絶対無理やから!」
「妹の大事な親友をなめくさりやがってよ」
「神様かヒルコ様か知らんけどな…人間なめんな!」

 

「慎平が…命懸けてる時に…寝てる場合や…ないんじゃあ!」

 

「私…何回でも、どこへでも行く。慎平と一緒に」

 

13話

「条件はイーブンや。勝てるよ、私らなら!」

 

14話

「慎平はこの島が好きや。みんなのことも大好きや」
「慎平はみんなの味方や。好きな人の味方して、なんか文句あんのか!」

 

15話

「追ってくると思てたよ。お前らは罠やて分かってても追ってくる」
「そうやって余裕ぶっこきながらな!」
「それで上から俯瞰してるつもり?」
「慎平のが上や!」

 

「わりけど、私は興味ないわ。死ぬつもりらないからな!」

 

16話

「ええねん、ええねん。ホンマは一昨日死んだ命やしな」
「今まで生きられたんがラッキーっちゅうか…今がボーナスタイムみたいなもんやし」

「その時間でみんなを救えるんやったら、そうしたい」
「ハイネ1人倒して全部解決ってことやんな」
「そらええこと聞いと。それなら私は喜んでハイネを倒す!」

 

17話

「私、慎平と14年前の記憶を見たんです。先生とハイネが出会ったところを」
「先生はあの時…ぺたんこやったのに! ちょっと触ってみてええ?」

 

18話

「慎平は優しいからきっと後悔したよ」
「人として見てるやろ。私のことも、こんな奴のことも」
「汚れ役は、全部私に任しとき!」

 

21話

「思い出した。慎平ならやってくれるて思てた!」

 

「大丈夫。完全完璧! 大復活じゃぁぁぁーーー!!!」

 

22話

「殴る。何発でもぶん殴って、私が壁ごとかち割っちゃあそ」

 

「でも、ごめん。私らは、分かりあえやん」

 

「なんでやろ? 慎平」
「悪もんやっつけたのに…これで終わったのに…涙、止まれへん」

 

23話

「(好きな奴と一緒におりたい?) あっぽけ」

 

「いや、死なんで私は。澪からもろたあれがある」
「何が起きても2手目で決める。全部終わらせる。私の髮が燃え尽きる前に!」

 

「刺し違えてもお前を殺す!」

 

24話

「やり直したいんとちゃう。終わらせてほしくて、私をここに呼んだんやろ」
「おやすみ…バイバイ」

 

「ここでお別れみたいやな、慎平」
「(お前と一緒に消えたい?) あっぽけ」

 

「この3日間ね、いっぱい怖くてめっちゃ不安やったけど…」
「でもそれ以上に、慎平と過ごせて嬉しかった」

 

「ちゃんと私のこと、見つけてよ。澪のこと、守っちゃってね」
「ほなな、もう行くわ。たどり着いてね、この結末に」

 

「最後の最後に、みんなが待ってるよ。私が…待ってるから」

 

25話

「よかった…慎平が無事でよかった」

 

「あんな、変な夢見てん。一昨日の晚…慎平に二度と会えやんようになる夢」
「やっぱり、慎平のこと見送り行かんかったから、バチ当たったんやわ」

 

「でな、このまま離ればなれになるんは嫌や~って思たら…手ぇが勝手に電話してしもてて」
「ホンマごめん」

 

「(影を)捕まえた!」
「もう動けやん」

 

「大丈夫。悲しくて寂しくて…そんで今嬉しい!」

 

「おかえり」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
サマータイムレンダ 全13巻セット (コミック)

 

→サマータイムレンダ
→サマータイムレンダ(網代慎平)
→サマータイムレンダ(小舟澪)
→サマータイムレンダ(菱形窓&朱鷺子)
→サマータイムレンダ(南方ひづる)
→サマータイムレンダ(根津銀次郎)
→サマータイムレンダ(ハイネ&シデ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました