「チェンソーマン」姫野の名言・台詞まとめ

アニメ「チェンソーマン」姫野の名言・台詞をまとめていきます。

チェンソーマン

5話

「やっぱり銃野郎の肉片食べてたかぁ。雑魚悪魔にしちゃあ強かったからなぁ」
「食べたのか、食べさせたのか?」

 

「(褒美?) よっし! 私がひと肌脱いでやろう!」
「今回の悪魔を倒した人にはなんと、私がほっぺにキスしてあげまーーす!」

 

「男の子からかうのがいっちばん面白えや」

 

「私のバディ、君で6人目。全員死んでるの。使えない雑魚だから全員死んだ」
「アキ君は死なないでね」

 

「私は幽霊の悪魔と契約してるの」
「私の右目を食べさせた代わりに、ゴーストの右手を使えるってわけ」
「私のゴースト、透明で力持ちで便利でしょ」

 

「力を知ってた方が連携取れやすいでしょ」
「それに切り札は隠してるからオッケーオッケー」

 

「武器を引っ込めな」
「悪いことしたらいつでも首を締め殺せるぞ」

 

「面倒くさいから仲良くやろうよ」

 

6話

「コベニちゃん。悪魔は恐怖が大好物だからね、怖がってたら相手の思うつぼだよ」

 

「今アキ君が頑張ってるから、私はゆっくり休んでていいの。後ニコチンの力」
「依存できるもんがあるといいよねぇ。何かに寄りかかって生きたい人生ですよ」

 

「(アキ君が)なんで公安来たのか当てたげる。銃の悪魔を殺すためでしょ?」
「公安に来る暗めの人は全員そうだから」

「公安だけが銃野郎の肉片持つこと許されてるもんね」
「デビルハンターなんて、短命なんだから(タバコ)吸っちゃえばいいのに」

 

「(簡単には死なない?) そうしてね。バディが死ぬのは面倒だからさ」

 

「死んだバディの遺族とかと、トラブルになるのはよくあること」
「悪魔に仕返し出来る力がないから私に当たるの」
「まあ、そういうのもデビルハンターの仕事の内だって思うことにしてるけど」

 

「そういや師匠が言ってたなあ」
「悪魔が恐れるデビルハンターは、強い奴でも勇敢な奴でもないって」
「頭のネジがぶっ飛んでる奴だって。だからアキ君は長生き出来そう」

 

「悪魔が使う契約って言葉には強い力があるの」
「契約を片方が守れば、もう片方も絶対に守らなければならない」
「守れず破った方は死ぬ」

 

「その刀を使えば外には出られるだろうけど、使うと契約でアキ君の寿命がかなり減るの」「アキ君はまだやらなきゃいけないことがたくさんあるんだ」
「だからごめんね、デンジ君…」

 

7話

「銃野郎を殺そうとしてる人が、まともなわけないじゃないですか」

 

「銃の悪魔と戦ったら、絶対アキ君は殺される」
「私達がまだ実力不足だからでも、相手が一瞬で何百人も殺せる悪魔だからでもない」
「だってアキ君はかっこよくて、真面目で優しくて…みんなみたいに普通の人だから」
「でも……この男なら…」

 

「この最高にネジがぶっ飛んでる男なら、銃野郎を殺せるかもしれない」

 

「それがさあ、コベニちゃんと荒井君が公安辞めるっつってんだよねえ」
「悪魔が怖くなっただけじゃなく、デンジ君を殺そうとしちゃって悔いてるんだろうけど」
「そんくらいで辞めちゃうんだわ、今の子は」
「ずうずうしく生きましょうよねえ」

 

「(キスの件?) シラフじゃ恥ずかしいからさあ、もっと酔ったらしてあげる」
「濃いやつかましてやるからさあ、デンジ君をみんなで殺そうとしたこと許してね」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
チェンソーマン 1-12巻セット (コミック)

 

→チェンソーマン
→チェンソーマン(デンジ)
→チェンソーマン(マキマ)
→チェンソーマン(早川アキ)
→チェンソーマン(パワー)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました